« おならとともに吹き飛んでいった?青春 | トップページ | 眠れない »

2005年8月31日 (水)

生きてるって素晴らしい

こんばんは。

動悸、息切れがつづき、鳩尾をさすりながらパソコンを打っています。

よくある症状で、あまりにひどい時は睡眠薬を一錠多く飲んで寝るようにしているんですが。でも、ブログを初めてからは、パソコンの前に座るとなんか落ち着いてきます。

世の中大変な状況の中で、精一杯生きている人がたくさんいます。

それは、一昨日の24時間テレビを観て改めて感じた事です。今年のテーマは”生きる”。いつも私の頭の中にある言葉の一つです。

観ていて涙が止まりませんでした。

人の寿命は生まれた時から決まっているなんて言われています。私が、自分は生きているって感じる瞬間は、ギャグを言って人を笑わせた時、真白なパソコン画面にありったけの文章力・表現力・ボキャブラリーを駆使して自分の心模様を、黒い活字として表現できた時など・・・。

パソコンの画面は何でも聞いてくれる。このブログは、コンテストの審査員という関所を通らなくても私という人間を世界に向けて自由に発信できます。

書くということは、自分と向き合うこと。時には自分でも知らなかった自分にキーを打っていると出会わせてくれる。背伸びせず素直に自分の心が表現できると、この上ない優しい気持になれる。自分の心と体はつながっている。精神と肉体でひとりの私。自分を愛せないと他人も愛せない。そのような、素直な文を書いている瞬間は、自分の体を大切にしなきゃと気づかせてくれる。

心を病んで苦しくて、私は時に体に悪い事をしてしまった。なれないお酒を痛飲した。一時は苦しみから解放できる。でも、翌日に残るのは二日酔いと自責の念。

過去を悔やんでも過ぎてしまったことを変えることはできない。頭を真白にするとはどういう感覚をいうのか。自分の思考と関係ない、自分を強迫したり、責めたてる雑念が次々と湧き出す。泉から水が絶え間なく湧き出るように自分の意思ではコントロールできなくなる。自分の太ももを叩いて、その痛みで紛らわせようとした。

でも、それも生きているということ。

苦しんだあとは、人の優しさがやけに身にしみる。それは、孤独な自分と闘ったご褒美のようだ。頑張った自分へのプレゼント。

地域の人と笑顔で挨拶を交わす。知らない人の笑顔と優しい声が耳から入って、スーッと心にしみこんでいく。

生きているって素晴らしい。

自分は人から言わせれば他の同世代より遠回りな人生を送っているかもしれない。世間がどう思おうが、自分はカッコ悪いと思っていない。

表面でしか物事を見ない一部の世間の人々に、ビクビクし自分がその波に飲みこまれてしまったら私の魂はこの世からいなくなる。それでは自分が可哀想。

自分は自分で守るしかない。

生きている。いつも自分は自分でいること。

今日の薬 アナフラニール10mg メデタックス1mg デパス0.5mg

このあと、ブロチゾランという睡眠薬を飲んで寝ようと思う。

|

« おならとともに吹き飛んでいった?青春 | トップページ | 眠れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きてるって素晴らしい:

« おならとともに吹き飛んでいった?青春 | トップページ | 眠れない »