トップページ | 生きてるって素晴らしい »

2005年8月25日 (木)

おならとともに吹き飛んでいった?青春

初めまして。こんにちは。

台風が来ていますね。皆さん、外を歩く際はお気をつけください。

記念すべき第一回のテーマが”おなら”だというのには、わけがあります。

人間生きていれば、どんな美人も、ハンサムも陰ではこっそりブブッとやってるわけですから。恥ずかしがらずに行こうと思います(笑)

この世におならが原因で、学校中退した人、会社をやめた人、失恋した人、一発のおならで人生が台無しになった人どのくらいいるんでしょうか。

私は学校を自主退学しました。

何らかのプレッシャーや緊張感があるとすぐお腹にきて、便意をもよおし、頻繁におならが出そうになる。物心ついた頃からこの症状があります。

おなら恐怖症が、対人恐怖症につながり、もっと深く掘り下げると自分の性格の問題。心の病の範疇にはいってしまうんですよね。通院を始めて6年になります。安定剤、頓服を常用。最近は、6時間持続する睡眠薬も常用しています。

医学的にはどんどん出したほうが良い。西洋では人前でゲップする方が失礼だと言われてますね(だからといって、おならを平然と出してよいというわけじゃないけど)。

おならをしても平気な国があるのなら行きたい。おならをしても音が出ない防音パンツなるものが存在したらなあ、誰か開発してくれないかなあなんて昔は散々考えました。でも最近はこんなものがあるそうですよ↓

http://www.onara.co.jp/gbgmir.html

欲しい・・・。

本を読みあさり、病院をはしごし自分で出来る工夫はやり尽くしてきました。まだまだ生活に支障が出ています。電車に乗ること、エレベーターに乗ること、昼TVをつけると「笑っていいとも」やってますが、観客が定位置について観覧している、それ自体が私には信じられないことなんです。

自分はいつも人中にいる時、自分の周りにどれくらい音が存在しているか耳をすませています。
おならを我慢すると、お腹の空気が動いてグルッとなるし、もしおならが出てもそれに勝るほどの音が存在するならば、おならやお腹の音は消されてしまうわけなので。
つまり、静かでも自由に歩きまわれて出入りが自由な場所だったら、OKなのですが、静かめで「そこにじっと居なければならない」定位置についていなければならない場所は私にとって地獄です。

なのでここ8年旅行らしい旅行もしてないし、外に出ても行く場所が限られてきます。他の人と比べると行動範囲がかなり狭いです。そんな生活も定着してきました。

私と同じような経験のある方、今実際に苦しんでいる方お返事ください。(メールは受け付けてませんが)コメントなどで。

自分は小さな頃から漠然と表現者になりたいと思っていました。

企業とか一般社会じゃなく芸術やエンターテイメントに自分の身を置いたときとても、楽になれそうな気がします。

最近ある編集者と出会い、自分の生い立ちから現在まで自己紹介し、何回かメールの交換をして自分のことを認めていただきました。

プロの方にほめていただくのは、とても大きな収獲です。

原稿を送ることになっています。いつになるか未定だけど。

原稿、どんな形の文章にしようか構想はねっているのですが、かなり迷っています。体験記となると赤裸々に書かなきゃいけない、エッセイにしようか、私小説のようにして自分のプライバシーを守れる形の本にしようか、色んな本を読んでひとりで研究しているのですが、アドバイスいただけたら大変嬉しいです。

わたしはまだ20代になったばかり。世の中大変な状況の中で生きてらっしゃる方は沢山います。私の体験(詳しい事はかけませんが、けっこう山あり谷ありな)を書いて、世の中にメッセージを発信できたらなんて思います。文章という形で少しでも、人のお役に立ちたいとも考えております。

原稿書くなら、やはり出版社側に認めていただき本として世にでるのが理想です。

本にするというのは、定価をつけて、読者に買ってもらう。不特定多数の人に読んでもらう作品にしたときに、どういう文章を書くのか、それから、構成力はあるのか、描写力はあるのか、あるいは企画そのものが、読者にとって魅力のあるテーマなのか・・・いろいろ求められます。
無料出版(企画出版)はかなり難しいらしい。
自費出版はかなりお金がかかるので、私が相談した出版社は企画出版のみの会社です。

これからどんなブログになるか予測もつきませんが、自分のスタイルを貫けるような日記にしていきたいと思います。(それに人間誰もが持っている喜怒哀楽を表現してゆきたい)これから日記をつけていくうちに、私がどんな人間か、毎回毎回その一部分が表れていくことでしょう。私という人間を少しずつ知っていただき、忌憚のない様々なご意見・ご感想お待ちしています。ただし、明らかに不快だと感じたコメントは予告なく削除してゆきます。

皆さん読んでいただきありがとうございました。

|

トップページ | 生きてるって素晴らしい »

コメント

はじめまして。
わたしもそれで悩んでいます‥。

人前でおならしちゃったことはないんだけど、高校生のときに、いつもおならを我慢してて、我慢するたびになんかグーとかプーみたいな音がお腹の中で鳴るんですよね。我慢して鳴る音がいやでした。夏はセミがうるさいし、がやがやしてるからいいんだけど、冬はすごい静かだから大変なんですよね・・・。どうにかならないかなぁって思ってます。常に。

投稿: おたま | 2006年1月16日 (月) 01時55分

おたまさん、初めまして。コメントありがとうございます。

私もガス・おなら恐怖症で苦労してきました。

おならを我慢してお腹がなるのは、たまったガスが動くときに出る音なのだそうです。
高校生の時期って恥ずかしさも大きいですからね。男の医者に話すのでさえ抵抗があったので、友人・知人には内緒にしておきました。しかし、おならは生きていれば誰でもするもの、というのを頭に入れ、告白し理解してくれたのをきっかけに話せるようになりました。

おたまさんもご自分で出来る対処法と言うのはいろいろ試していると思います。
食事をよく噛まないで食べたり、早食いをすると、空気をたくさん飲み込んでおならの量が増えます。
あと、食事の食べ合わせが悪かったり、下痢をすると派手な音が出ます。
我慢するとお腹が痛くなりますし、精神的にもきついですよね。
おっしゃるように、お腹がなっても、それを打ち消すような音(セミの音、周りのがやがや)があればそんなに気になりません。
自分で出来るのは、やばくなったら、人前から離れることくらいですよね。
あと、音はどうにもならないですが、夜用のナプキンをして匂いを防ぐ事は出来ます。

でも、おならを我慢する事がストレスになったり、生活に支障をきたすようになれば、苦痛のない生活に改善する事が必要になってきます。
そして、身近にいい相談者・理解者が現れるといくらか落ち着いてきます。

私は現在も心療内科に通院中です。おなら恐怖症になる背景には、その根本となる病気があったんです。

自分の経験でしか書けないので参考にならないですが・・・。


投稿: たかこ | 2006年1月16日 (月) 22時57分

はじめまして!

私は今高校生で、同じように苦労しています。

クラスの女の子達は何も言わないでいてくれるんですけど、

男子達がくさいくさいってうるさくて、色々とこそこそ言うんです。

惨めにもなりますし、キレてやりたくもなります。

これになったのは最近で、ある男子が友達にくさいって言っている

のを聴いてから症状が出始めました。

私はこのHPを見て、ああ、私だけじゃないんだなと思い、

気分がすっと軽くなりました。

もしあなたが望むように、このHPが本になってくれたら、嬉しいです♪

お互い大変ですが、頑張りましょうっ!

投稿: リエ | 2008年10月10日 (金) 12時43分

リエさん、コメントありがとうございます。

告白するのは勇気がいることです。
高校生だったらなおさらです。
書き込んでくれた勇気をたたえます。

臭いは、ねぎ類や肉、玉子などの動物性たんぱく質を控えることでおさえられます。
いも類は、出る回数が増えますが、臭いはありません。

あとは、夜用のナプキンをする方法もありますね。

あまり無理をせずお過ごしください。
深刻なようだったら、心療内科で診てもらうのもいいかもしれませんね。

投稿: たかこ | 2008年10月10日 (金) 13時15分

アドバイスをどうもありがとうございます。
まずはアドバイスにそって、
自分でできることををしてみたいと思います。
私は一番前の席なのでわかるのですが、
先生も授業をしながらおならして、それで平然としています。
みんなも出てしまうんだろうなと思いました。
一日でも早く治るように頑張りたいです。

投稿: リエ | 2008年10月30日 (木) 15時03分

自分の場合、対人恐怖も大きな原因となりました。他の病気もすでにあったのかもしれません。

自分の経験でしか話せませんが、少しでも良くなりますよう願っています。

投稿: たかこ | 2008年11月 3日 (月) 23時18分

はじめまして、よしみと申します。

私は高校に入ったばかりの時
授業中にどうしても我慢できずおならをしてしまい、それを後ろの席の人が学年中にばらしたことがきっかけでこの病気になりました。

いつも隣にいてくれる友達のためにも早く直さなければと焦るほどに悪化して、今では立っている時も座っている時も気がつくといつも気にしていて休まる時がありません…


いっそ退学してしまえば楽になれるのでしょうか…?
アドバイス、頂けたら嬉しいです

投稿: よしみ | 2009年1月25日 (日) 01時57分

はじめまして。コメントありがとうございます。

それは、精神的にとても辛い出来事ですね。よく頑張りましたね。
でも、それを受け入れてくれて支えてくれる友達がいるのですね。

毎日まいにち我慢しているとお腹が痛くなるでしょう。
それに授業の時間がとてつもなく長く感じると思います。

心配なのは、今の状態をつづけると、引き金となって別の心の病になるのではないかということです。

私自身も高校生の時に経験しました。

生きていれば誰でもすること。恥ずかしいことではないです。

よしみさんにとって、いま一番、精神的に楽になれる選択をしたらどうでしょうか。
退学という手段も含めて。

私は退学をしました。生き地獄から解放されました。

私の実感としては、生きていく手段はいくつでもあるのだなあと思います。
としをとって、治ってから学校に通うこともできますね。

理解をしてくれる友達の存在も大切ですが、よしみさんが苦しんでいることを話せば、きっと理解してくれるでしょう。

いつもご自分の身体の一番の味方であってください。

投稿: たかこ | 2009年1月25日 (日) 21時41分

せっかくアドバイスをいただいたのに、返信遅れてすいません;

…そうですね。
たかこさんのアドバイスを見て気がつきました。

私、現実から逃げていたんですね。
…私が一番の見方でなければいけないのに…


もっとしっかりしなければいけませんね。


とりあえず、一回友達に相談してみます。
行動しなければ何も変わらないとわかりましたから


アドバイス、本当に感謝してます!
ありがとうございました!!

投稿: よしみ | 2009年1月31日 (土) 12時51分

そう言ってもらえて幸いです。

投稿: たかこ | 2009年2月 1日 (日) 23時27分

はじめまして。
私も今ガス・おなら恐怖症でとても悩んでいます。

静かでも自由に歩きまわれて出入りが自由な場所だったら、OKなのですが、静かめで「そこにじっと居なければならない」定位置についていなければならない場所は私にとって地獄です。

↑私もまったく同じです。

今、高2なのですが、授業中は本当に辛いです。
緊張で心臓がどきどきして、とても耐えられません。
我慢できなくてトイレにいっておならをしても、教室に戻るとまたすぐにガスがたまってしまい、結局おならしてしまいます。
周りの友達は何も言いませんが、恥ずかしくてとても顔をあげられません。

保健室に逃げ込みたいけど、単位がかかっているのでそれもできません。
学校をやめてしまいたい、といつも思います。

こんなんじゃ受験勉強もまともにできません。
毎日が辛いです。

愚痴みたいになってしまってすみません・・・

投稿: ゆう | 2010年1月 9日 (土) 16時41分

コメントありがとうございます。
たまたまパソコンを開いたら、ゆうさんのコメントが入っていたので、早く気づいてあげられてよかったです。

愚痴なんかでは、ありません。
勇気を持って悩みを打ち明けること、とても大切なことだと思います。

私も高校時代はゆうさんと同じような毎日を送っていました。
辛くて、辛くて心も身体も限界で消えてしまいたいと思ってました。

受験を控えているそうで、勉強も大切ですが、まずは自分の身体のことを優先に考えてください。おならを我慢することは身体にもよくありませんし、心もかなりダメージを受けてると思います。

いつも自分の身体と心の味方になってください。
私は、スクールカウンセラーか、専門家に相談して適切な処置をとるべき、とも思います。
場合によっては心療内科に通うことになるかもしれません。
私は心療内科で出してくれた薬のおかげで、下痢や軟便になることはなくなり、いくぶんかですが、心も安定してきました。薬の量は多めですが、今では、おなら恐怖症に悩まされることは昔よりはありません。

長い人生です。
これから高校3年になり、大学生活を送るとしても、毎日おならのことはつきまといます。
生き地獄の毎日を送るよりは、勇気のいることかもしれませんが逃避するのも大切だと思います。

それに、自分が信頼できる人に症状を話し、周りに理解者をつくることです。いつも悩みを打ち明けられる人がいると心強いです。
心身の様子を見ながら、通信制高校に入る道もあるし、もし自主退学しても、将来、高卒認定試験を受けて、大学などに入る道もありますね。

学校は歳をとっても行けますよね。

長々と持論を書いてしまいましたが、判断するのは、ゆうさんです。
くれぐれも無理しないように、ゆうさんが楽しい毎日を送れるよう、最良の手段をとってください。

私も見守っています。


投稿: たかこ | 2010年1月 9日 (土) 17時51分

早いお返事ありがとうございます。
コメントを見ていただけてすごく嬉しいです。

やっぱり誰かに相談することって必要ですよね・・・
私は気が小さいので親にも友達にも相談できずに悩んでました。
でもこうしてネットを見ていると、自分だけじゃないんだと思えて、心の支えになります。

今度、覚悟を決めて親に相談してみようと思います。
ずっとおなら恐怖症で悩むなんてやっぱり嫌ですから・・・

アドバイス、ありがとうございました。
自分と同じ境遇に立ったことのある方の話を聞くととても心強いです!!
また何かあったら書き込みさせてください。

投稿: ゆう | 2010年1月 9日 (土) 20時52分

そう言ってもらえてうれしいです。

勇気の一歩を踏み出すと、次の一歩も楽に行ける場合があります。

相談した相手も、きっと「今まで気づいてあげられなくてごめんね。相談してくれて、うれしいよ」って感じてくれると思います。
自分のことを助けてくれる人の存在って心強いです。

私でよかったら、いつでも相談にのります。

気軽に書き込んでくださいね。

投稿: たかこ | 2010年1月 9日 (土) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おならとともに吹き飛んでいった?青春:

» ガスおなら恐怖症 [生理痛原因]
ガスおなら恐怖症をわずか5分で治す方法をご紹介! [続きを読む]

受信: 2007年10月 3日 (水) 00時47分

トップページ | 生きてるって素晴らしい »