« 懐かしい恋心と写真 | トップページ | プロレスが取り戻してくれた絆 »

2005年10月17日 (月)

秋の夜長にブログ

”たかちゃん”改め”たかこ”にしました。

今後ともよろしくお願い致します。

処方薬の影響で飲み会の回数がめっきり減った私(おかげでブログが日課)。
いつも声をかけてくれる男友達とも電話だけで済ませることが多くなった。

「俺は、酒と女とペットがいたら最高だから」

と話す友達は年下なのに、セカンドバッグを小脇に抱え、口調は近所のオジサン。ちょっかいをかけられても、どこか憎めない愛嬌が彼にはある。今度ペットショップを始めるとか。うまくいくといいね。

いつも居酒屋が定番だったのに、誘われるがままにクラブらしき所に連れて行かれ「○○ちゃん、いつもの!」ってボトルキープしてあった焼酎を飲む様は、君は中堅サラリーマンか!とツッコミを入れたくなる。
そこは、ほとんどが常連客。雰囲気になじんだ私は、書きたてホヤホヤの原稿をホステスさんや友達に読んでもらった。酒の場が”黙読会”にはやがわり。でも真剣に読んでくれるからありがたいね。
私より若いホステスさんがいる。年配のお客さんの十八番にあわせて、昔の曲をたくさん知っているのはさすが!石原裕次郎、川中美幸・・・が流れている環境で育った私もわからない、そうとう昔の曲だ。相手をよい気分にさせる話術と、どんな客にも臨機応変に対応している姿に感心させられる。

5月の末以来行っていない。みんないい人たちだけど、私はタバコの煙が苦手である。居酒屋だけだったらいいんだけど、二次会で帰ってくると服にタバコやら、味の濃い料理やら、いろんな臭いが染み付いてくる。

彼から電話がかかってきた。

「久しぶりに飲まない?」

「いいよ、薬飲んでるから。飲酒してはいけないことになってるんだよ。彼女はできた?」

「ぜーんぜん。たかちゃんが紹介してくれないからさ」

「みんな彼氏いるんじゃないかな。ほとんど地元にいないしさ」

「でも一人くらいいるでしょ!」

「うーん・・・。でも恋愛経験豊富だから、○○くんならすぐにできるよ」

「いいや、俺シャイだから」

「なに言ってんの! (笑) だってほら前、両手に花よ、つって携帯画面見せてくれたじゃない」

きっと私など頼らなくとも自力で彼女が見つけられるんじゃないかな。

昨年は彼のおかげでプロレス観戦が出来た。来月も誘おうかな。
気の置けない友達の一人であるから、飲みすぎには気をつけてもらいたい。

今日の薬 アナフラニール メデタックス 正露丸

|

« 懐かしい恋心と写真 | トップページ | プロレスが取り戻してくれた絆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長にブログ:

« 懐かしい恋心と写真 | トップページ | プロレスが取り戻してくれた絆 »