« プロフィール見てください | トップページ | 失礼致しました... »

2005年11月29日 (火)

苦しいよ~

布団に入っていたが、動悸と息切れが激しくて窒息しそうになった(>_<)

誰か助けてくれ~~

手元にある睡眠薬2錠飲めば治まる。でも依存するから控えている。

一体いつまで続くんだろう?

一生治らないのか?

自殺した友達も、全く同じ症状で、一生治らない病気だと知って悲観していたらしい。

背中をさすってもらいたいけど、母を起こすのは悪いし、鳩尾さすりながらパソコン打っています。

ブログしか助けを求められない。甘えるのもブログしかない。

孤独な戦いですo(>0<o)))

|

« プロフィール見てください | トップページ | 失礼致しました... »

コメント

こんにちは。自分が頂いたコメントの中に、思うところのあるものがあったので、一部改変の上転載します。

いつまでたっても症状が良くならない人は、自分の置かれた状況を嘆き悲しんでいる所から抜け出せないようです。

みていると、その人だって沢山の幸せを持っているのに。と思ってしまう、自分がいたりします。

こんなこといったら怒られると思いますが、結局自分しだいなのでは、とも思います。生きていることに感謝。ご飯が食べれる事に感謝。眠る布団があることに感謝。

私も一時期つらい時があって、安定剤なしではいられなかったけど、もうどうでもいいや。 命さえあれば。と思ったときから、少しずつ元気が出てきたような気がするんです。

たかこさんだってそのままで、素晴らしいと思います。変わる必要なんかない。人は思うように、自然に変わるものですよね。良くなる事を信じて、良くなる事だけ考えていたら、きっとその日が来ますよ。諦めないで下さいね。

投稿: kenji | 2005年11月29日 (火) 07時05分

ご心配おかけしてすみません。
そして励ましのお言葉ありがとうございます。

>結局自分しだいなのでは、とも思います。
そうなんですね。自分の心の持ち方一つで人生楽しくもなり、苦しくもなるんです。

>生きていることに感謝。ご飯が食べれる事に感謝。眠る布団があることに感謝。
「不自由を常とすれば不足なし」これを胸に刻んで生きているんです。

実を言うと、今日の未明の症状や情緒不安定になるのは、ある理由があるんですね。
ネットという事でプライバシーの問題もありますし、書けないんですけど。

またお話しします。

投稿: たかこ | 2005年11月29日 (火) 16時11分

気付いてあげられなくてごめんね……――そんな気持ちになりました。
わたしがそばにいたら、手を握って抱きしめて落ち着くまでいつまでも背中をさすっていてあげたかった。

こんなときはお母さまに頼られてもいいのでは……難しいでしょうか。
もちろん、お母さまもお仕事がおありで、たかこさんが起こすのも遠慮なさってしまうのはわかりますが、親というのはいつまでも親でありたい、子どもに頼られるのがうれしいものです。そういった点のお母さまのご理解、支えがあるといいのですが……。

投稿: 大川内 麻里 | 2005年12月 1日 (木) 09時23分

>気付いてあげられなくてごめんね……――そんな気持ちになりました。
わたしがそばにいたら、手を握って抱きしめて落ち着くまでいつまでも背中をさすっていてあげたかった。

そのお気持ち、お言葉だけで充分です。ありがとうございます。
大川内さんの文章だけで救われます。

昨年の4月に、発狂し、暴れる姿を母に見せてしまいました。母は、私の背中をさすってくれましたが、その後心臓が痛いと言っていました。
今は、落ち着いているのですが母は一時期心臓を悪くしてしまいました。
それがあって、母を夜中に起こす事ができなくなってしまったのです。

なので、お酒を飲むか、睡眠薬を飲むなどして紛らわすしかないんですね。

投稿: たかこ | 2005年12月 1日 (木) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦しいよ~:

« プロフィール見てください | トップページ | 失礼致しました... »