« 失礼致しました... | トップページ | 愛しい人よ »

2005年11月30日 (水)

諏訪へ

朝、早速ローソンへ行き、週プロとゴングを立ち読みする。
やっぱり、午前中に行くといい。表紙が汗で湿っていないし、折り目もついていない。表紙がピンと張っている。手にしたときのネトッとした感じが毎回気持ち悪いので。

その後、諏訪市へ。
まず日赤病院に行く。
前回行ったのは、今年の5月だった。
その時は、窪塚洋介主演の映画「同じ月を見ている」のロケ隊がいた。

かつて4年近く通った思い出深い場所。
治療を受けるためではなく、懐かしくて行ってみたくなったのだ。
広い駐車場の向こう側に大社せんべいの工場がある。車を降りると、甘く香ばしい香りが漂ってくる。
電車で通っていた頃は、なんせ田舎なので電車の本数がない。診療を終えると早歩きで腕時計をにらみながら駅へ向かったものだ。

診察に待たされて、電車を一本遅らせてしまったら、いつもある行動に出た。
4階から8階は病棟である。入院している方、看護師、見舞い客、その他職員等、さまざまな人間模様をこの目で眺めたくてエスカレーターに乗る。

今日も病棟へ行ってみた。
最上階のラウンジからは、諏訪湖が一望できる。
「ここは諏訪湖花火大会の特等席だよなあ」毎回そうつぶやく。
*諏訪湖花火大会は、毎年約45万人の観客で賑わい、見物のために一年前から各宿泊施設に予約が入るらしい。

左側に中年男性がひとりテレビを見ていた。右側のテーブルに目をやると、国語辞典のとなりに右肩をホチキスで止められた、手書きの原稿用紙があった。
名前で男性だとわかる。楷書のとても優しい筆跡だった。
表面の文字をざっと読んでみた。胸に染み入るものがある。(勝手に読んでしまって申し訳ない)
外来患者のように外出の自由がない。外の世界に思いを馳せた内容であった。ボールペンの文字ひとつひとつに心が投影されているようだ。

いつだったか、このラウンジで中年男性の患者が、大きな笑い声を上げて将棋をさしていた。横にいる看護師さんに「○○さんたら」って突っ込まれながら。

この病棟。ひっそりとした佇まいとは裏腹に、毎日24時間様々な出来事があるだろう。笑顔、喜び、痛み、苦しみ、孤独。別れ......。
それをこの病棟はいつも目撃している。全てを知っている。

外来患者には計り知れないものが存在する場所。良い意味でも良くない意味でも。ラウンジの窓から覗く、群青色の湖面に患者はなにを思うだろう。

私は、病棟へ足を運び、五感を研ぎ澄ますことで、いろいろなことを悟る。

上諏訪駅を降り、病院まで歩いた道にも行ってみた。
冬も夏も、風を感じて通った道。

諏訪市は私が大好きな街。
楽しみと、症状という名のスリルをいつも持っていた。行っても症状がでた場合、帰れなくなる事もある。
「そのときは、そのときだ。駅の公衆トイレで一泊しよう。いや、病院にお願いして空き部屋があったら一泊させていただこうなどと考えた」

電車に乗っても上諏訪にたどり着けるか、病院についても待合室で無事に待っていられるか。行けても帰りの電車でパニックにならないか。

楽しみと不安は紙一重。症状がでたら事態は一変する。

四季折々の景色を眺めながら。薬局のお兄さんのことを思い浮かべながら。今晩の夕飯は何をつくろうかしら・・・。そんなことを考えながら歩いた。
冬の寒さは慣れている。歩くうちに体が温かくなる。
夏は、照りつける太陽。30度を越す猛暑。駅から病院にたどり着く頃は汗だくになっていた。水分補給をしないと脱水症状を起こしてしまう。
そんな時は自然とDEENのSUNSHINE ON SUMMER TIME が頭の中に流れ、口ずさむことで紛らわせた。

そんな思い出に浸った後、買い出しに鮮魚市場に行った。
新潟・寺泊直送の鮮魚類である。
師走に入ると大変混み合い、駐車場が満杯になるので、平日のそれもお昼時間に行くのが望ましい。といってもけっこう混んでいた。
年末が近づくにつれ商品の値が上がるので、冷凍できるものは今のうちに買っておいた。

諏訪の地理はある程度知っている。

「左に見えますのが、高島城でございます。その裏に○○ベーカリーという美味しいパン屋さんがあります」

「右前方に見えますのが、○○文学賞でおなじみ○○新聞社でございます」

「皆様、お体の調子が悪くなりましたらご遠慮なくお申し出くださいませ」

助手席でバスガイドの真似をして、ドライバーを楽しませた。

ここのコンビニは電車を待つ間、雑誌の立ち読みをして時間をつぶした場所だ。

ここのコンビニは、バイト前に友達と朝食を摂ったんだよな。

えっと確かここは、予約時間より早く着きすぎて、安全ピンを買ったところだな・・・。

言ったらキリがないが、車で通り過ぎるたびに、その場所のエピソードが次々浮かび上がるのである。

車だったが、
中央東線から飯田線に乗り換える場所、上諏訪駅から2つ目の岡谷駅周辺にも行った。
しかし、お目当てだった駅前のマックはつぶれ、ショッピングセンターも空き店舗が多い。
随分来ないうちにさびれてしまった。
そのかわり、少し離れたところにローソン、ファミレス、長野にしては珍しい
ファミリーマートができていた。
上諏訪駅前のマックもつぶれてたから、諏訪地域のひとはマックを食べる機会が減ったと思う。

そんなわけで、今日は思い出にひたり、買い出しをした日であった。

さて、夕食の準備だ!

|

« 失礼致しました... | トップページ | 愛しい人よ »

コメント

自分も昨日週プロ立ち読みしました。西村さんの記事が出ているので即買いでした♪
諏訪湖は一度行ってみたい場所の一つです。新潟直送の鮮魚が手に入るてのがうらやましいです><群馬は鮮魚弱いんで^^;
夏の暑い時期にSUNSHINE ON SUMMER TIMEが頭の中にかかるという部分に感動。だって、ファンじゃなければなかなか知らない曲だと思いますから。季節はずれですけど聞きたくなってきました♪

投稿: クロミン | 2005年12月 2日 (金) 16時12分

長文を読んでいただいて嬉しいです(*^-^)

西村さんのドイツ遠征の模様が載っていましたね。活躍が励みになります。

SUNSHINE ON SUMMER TIMEが何度も頭の中で流れる事で、夏の暑さを乗り切って行けました。

またそちらにも、伺います。

投稿: たかこ | 2005年12月 2日 (金) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪へ:

« 失礼致しました... | トップページ | 愛しい人よ »