« 愛しい人よ | トップページ | 師走ですね~ »

2005年12月 2日 (金)

拝啓 レイザーラモンHGさま

HGさんの「フォ~!」が流行語大賞のトップテンに入りましたね。
皆さんにとっては、想定内でしたか?

先日行われたサイン会には、老若男女約1000人ものファンが訪れたそうです。きっと彼の誠実な部分を知っているからこそ、これだけのファンが足を運んだのでしょう。

最初、バク天で目にした時には、ごはんを食べていた箸が止まってしまいましたが、気がつくと私も彼のファンになっていました。

それから、新聞のテレビ欄にHGとか、レイザーラモン、の文字があるとビデオ録画をしていたものですが、最近は露出度があまりにも多く、録画しきれない、というのが現状です。
ビデオの整理をしていたところ、「世界の中心で愛を叫ぶ」の後にHGが登場してきて爆笑してしまいました。
ちゃんと、これはHG用(笑)これは映画用、これはプロレス用と分けて撮らなければいけませんね(^^ゞ

今回は「フォ~!」ランクインを記念して、私が選ぶHG名場面集トップ5をお送りしたいと思います。

1位 細木数子氏 VS HG 「ズバリ言うわよ!」

ヒヤヒヤしましたが、憤慨した細木氏の前でも、キャラを貫き通し、腰を振っていた勇気を称えるべきでしょう。後日あれは、スタッフから収録前に「HGさん、遠慮なくどんどんいっちゃって下さい」と促されていたことが判明。しかし、細木氏の態度が一変したため、スタッフは慌てて「HGさん、抑えてください」とADがカンペを出した模様。収録後HGはたいへん落ち込んだようです。

2位 江頭2時50分 VS HG 「アメトーク」
   
先輩芸人の江頭氏はトーク番組に慣れていないため、堂々としたHGとは違って終始あたふた。そんな中でも先輩芸人の貫禄を見せてくれました。HGに贈った「1クールのレギュラーより1回の伝説を作れ!!」
これは名言です。素晴らしい!

3位 のら猫 VS HG 「バク天」

ある土産店の店主から「店のベンチを一日中占領する猫を退治して欲しい」との依頼を受け早速向かったHG。
観光客が触ろうが、声をかけようが、持ち上げようが一向に動こうとしない野良猫。しかし、スヤスヤ眠っている野良猫目がけ「フォ~!!」と一撃したところ、猫は慌てて退散。
任務を終えたHGであったが、「なんか、わたくし、心が痛いですね」の一言に思いやりを実感しました。

4位 「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦に出場」したHG
   
平松愛理の「部屋とYシャツと私」を熱唱。
歌い終えた後の「実はわたくし、平松愛理さん好きなんですよ」との告白に女心を知る方なんだと感動。これはまさしくハードゲイではなく、住谷正樹さんに戻った瞬間です。

5位 ヨン様 VS HG 「バク天」

日本で売れてテングになっているんではないかと疑問を抱いたHGは、それを確かめるべく来日中のヨン様のイベントに乱入し「ヨン様あなた何様のつもりですか?」と尋ねようという企画。
厳粛な会場でひとり浮きまくりのHG。フォ~!の奇声には、ヨン様も苦笑い。結局、尋ねることはできなかったが、HG乱入で大混乱。
ヨン様笑顔凍りつく、との見出しで東スポの大きい記事になる。
沿道を埋め尽くしたヨン様ファンは、HGが乗ったロケバスが通り、ヨン様だと間違え、騒然となる。
まどから顔を出したのはHGだったが、ヨン様ファンもまんざらでもない様子で手を振ったり、携帯で写真を撮っていた。

拝啓 レイザーラモンHGさま

貴方の活躍をテレビで拝見する事で、大いにパワーをもらっています。常用薬のデパスの100倍効き目があります。
どうか、これからも伝説を作っていってください。

数日前「レイザーラモン」を初めて拝見しました。相方RG(出渕誠)さんも学生プロレス出身なので随所にプロレス技をおり込んだコントでした。なかなか面白かったです。

太く短くではなく、末永いご活躍を期待しています。
プロレスも出来るし、イラストも上手いし、誠実で頭も切れる方なので大丈夫だとは思いますが・・・。
貴方は「いましか流行りませんよ」と悟ったことを言っておりました。

遠い将来的には、たまにしかテレビに出ないけれども、知名度があって、強烈なインパクトのある林家ぺー・パー子夫妻を手本にしてみてはいかがでしょうか。

|

« 愛しい人よ | トップページ | 師走ですね~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓 レイザーラモンHGさま:

« 愛しい人よ | トップページ | 師走ですね~ »