« 諏訪へ | トップページ | 拝啓 レイザーラモンHGさま »

2005年12月 1日 (木)

愛しい人よ

苦しいことを経験すると、どうしてこんなにも景色が美しいのでしょう。

小さな幸せを感じることが多くなりました。

私が経験したことすべて悲観しているわけじゃない。

苦しみも、喜びも、悲しみも、怒りも、すべて私という感性を形成してくれました。

その感性があなたと出会わせてくれたのです。
そしてあなたに強く惹かれていったのです。

あなたは私の身体の一部。
あなたという存在は、いまの私のすべて。

|

« 諏訪へ | トップページ | 拝啓 レイザーラモンHGさま »

コメント

こんばんは。
小さな幸せ。自分がいつも探している物でもありますが、見つかったときは本当に嬉しいものですね。自分などは、散歩中の犬と出会って、こっちを見て尻尾を振ってくれただけでも嬉しくなったものです。
想い人がいるというのは、羨ましい事です。自分なんて、ここ30数年そんな人いないですよ(苦笑)。自分にはわからない世界ですが、きっと大事なものだと思うので、その想いは大切にして下さい。

投稿: kenji | 2005年12月 1日 (木) 19時15分

そうですか。
心の支えになる人がいない時は、やはり犬がなついてくるだけでも嬉しいものです。犬が大好きなので、時間が経つのを忘れて見つめ合った(笑)こともありますよ。

この愛しい人とは、対象の人だけでなく、いま自分が大切に思う人々も含まれています。

投稿: たかこ | 2005年12月 1日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛しい人よ:

« 諏訪へ | トップページ | 拝啓 レイザーラモンHGさま »