« これが私の青春 | トップページ | 連絡 »

2006年1月 4日 (水)

心優しき力持ち

プロレスを見るようになって今年で4年。
まだまだ試合がどうだったとか、あの選手はどうだとかプロレス論を語れるレベルじゃない。昔のプロレスを詳しく知らないから、比べようがない。長年のファンの方々から話を伺う事で、改めて録画してみると新たな発見がある。

私は、プロレスラーの人間性に目がいって、そこからプロレスの奥深さを学んでゆく感じだ。格好つけている選手より、人間味のある選手が好きだったりする。まあ、どの選手が良いとかはっきり言えず、それぞれの個性があって、異なる同士が戦ってできる作品だと思うから。団体ごとの特色と色んなキャラクターがいるからこそ楽しい。

レンタルビデオはプロレスしか借りない時期があった。一覧表みたいなものがあったら、ずらーっとプロレス、プロレス、プロレスで凄いことになってるだろうな。女子プロも借りたし、キラー猪木なんていうのも借りた。テレビも深夜のプロレス中継しか見ない時期があった。
熱しやすく冷めやすいのではなく、こればっかりは永遠に続くかもしれない。

プロレスが縁で昨年の後半から友人・知人がどっと増えた。これは私のかけがえのない財産である。一生死ぬまでのお付き合いにしたい。そう思っている。
やる側である選手との触れ合いも出来た。これは自分の人生にとって大きな収獲である。ブラウン管越しではない。同じ地に、同じ空気を吸い立っている。優しい表情で、温かく大きな手を差し出す。握手をする事で、これは夢ではなく、現実世界に私はいる。周りの風景に自分だけが浮いているのではなく、溶け込んでいるのだ。生きてる歓びを味わえる瞬間だ。

生で接して感じた事はまさに「心優しき力持ち」ということだった。営業とか、ただのサービスじゃなく理屈ぬきで素晴らしい。深い話も聞いてくださり、意見をくださったのは『心』があるからだと思う。決して表面的じゃなかった。

私は一生かかってもそんな人間になれない。1ミリでも近づける人間になりたいと思う。丈夫な身体と精神。その両方が揃ってなくても、精神的な部分でのプロレスラーを今後ともバイブルにしたい。

|

« これが私の青春 | トップページ | 連絡 »

コメント

自分もたかこさんとファン暦が同じくらいで、
一時期漁るようにプロレスのビデオ見まくってました(^O^)
その人の人間性にまでほれ込むから試合も発言も面白くなる。
技の一つ一つが趣深くなる。プロレスって奥が深いですよね!
点でなく、線だから飽きません。
あと、遅くなってしまいましたが100記事おめでとうございます♪

投稿: クロミン | 2006年1月 5日 (木) 01時17分

男性の視点から見たプロレスというのも非常に気になります。
>点でなく、線だから飽きません。

なるほどな~。その表現がまた勉強になりました。

100回記念のコメントもありがとうございます。

投稿: たかこ | 2006年1月 5日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心優しき力持ち:

« これが私の青春 | トップページ | 連絡 »