« おひなさま | トップページ | パシャリ »

2006年2月22日 (水)

現実のつづき

火曜の深夜はオールナイトニッポンを聞きながら寝るというのがいつものパターンなんですが、夕べは色んなことをしたせいか夢と現実が混ざって、目が覚めたときアレッって思ったんです。

睡眠薬を口に含み、メールチェックとコメントの確認をしました。その後ネットサーフィンをして深夜2時過ぎに布団に入りました。
オリンピック中継を見ようとしましたが、火曜だという事に気づき、ラジオをつけたんです。深夜3時にオールナイトニッポンが終了し、波田陽区の番組を聞く日もあるんですが、フィギュアスケートが見たくてテレビをつけたんです。なかなか始まらないので、配達された新聞と広告をざっと読み、やっと眠りについたんです。
すると夢の中に自分の姿が・・・。私自身が動き、話している姿が映像になっているのです。夢の中でもパソコンに向かいメールチェックをしていました。はっきりと白い画面に文字が羅列していた。さらに確かテレビ画面も出てきて「フィギュアまだかな、まだかな」と待っている私がいました。
そして、夢の中は昼間になり、日が差した明るい障子に近所の子供たちの影が映り、はしゃぎ声が聞こえました。ここで夢と現実が混ざった感じになり「アレ?いまは夜中だよ、なんで遊んでるの?」と思い、目が覚めました。

布団に入ったまま、不思議な感覚になり、しばらくして夢の中の出来事だったんだと気づきました。寝る前の私がしていた行動がそっくりそのまま夢の中に出てくるんですもの・・・。あまりない体験です。

今朝、そちらのブログに私がコメントした方々、何か間違った文章になっていたらごめんなさい。

|

« おひなさま | トップページ | パシャリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現実のつづき:

« おひなさま | トップページ | パシャリ »