« 食事を変えなきゃな・・・ | トップページ | おひなさま »

2006年2月19日 (日)

次はこの人!

母が演歌歌手の水森かおりさんのコンサートに行ってきてご機嫌です。
生で見るとたちまちファンになってしまう母なんですよね。
テレビに映るたび「お母さん、この人と握手したの!」と嬉しそうな顔をして、思い出を語りだします。今日から水森さんがテレビに映るとまた始まるんでしょうね。

今までも美川憲一・香田晋・今井雅之(俳優)・金本浩二(プロレスラー)・小川直也(プロレスラー)などがありました。

行く前にイカと里芋の煮物をガスにかけたまま、鍋を真っ黒焦げにしてしまいました。イカが化石みたいになってる!(気をつけないと火事になるよ・・・)コンサートを前に浮かれていたのでしょうか。家じゅう焦げ臭い匂いが充満しています。そんなことをすっかり忘れている母でした。

|

« 食事を変えなきゃな・・・ | トップページ | おひなさま »

コメント

キッチンです。
お母様の記事なのに、ごめんなさい。
相談にのって下さい。

実は小学2年生の下の子のことなのですが、
指しゃぶり・爪かみ・おねしょなどをします。
まだ、赤ちゃんだった頃から、私の具合が悪く暴れていたせいだと思うのです。

今回、家の処分の関係で引越しを余儀なくされてます。
引越しをすると、学区域がかわってしまい、転校になってしまのです。
一回限りの転校です。
転校先には、保育園時代の友達もいます。
私の父は80歳に近いのですが、かわいそうだからと毎日の送迎をすると言ってくれているのですが、父が急にダメになった時に、うつの私は対応が出来ません。
どうしたら、いいのでしょうか・・・。

kenjiさんにも相談にのってもらいました。
kenjiさんは「一回限りなら・・・」と仰ってくださいました。

たかこさんのご意見をお聞かせ願いませんでしょうか?

本当にすみません。
お母様の楽しい記事にこのようなコメントをしてしまったことをお許しください。

投稿: キッチン | 2006年2月19日 (日) 20時32分

うちの父親も水森かおりさんのファンです^^
CDの録音を頼まれたので名前を知っていました。
鳥取砂丘って歌を歌っている人ですよね。
きっと魅力ある方なんでしょうね♪

投稿: クロミン | 2006年2月19日 (日) 23時19分

>キッチンさん

睡眠薬が入ってます。でも全力で書きます。
こういうことになると熱くなってしまって(^^ゞ

詳しく深い事情は分かりませんが、一回限りの転校だったらいいと思います。
しかし、お子さんの意見を絶対に優先してください。

>私の父は80歳に近いのですが、かわいそうだからと毎日の送迎をすると言ってくれているのですが、父が急にダメになった時に、うつの私は対応が出来ません。
どうしたら、いいのでしょうか・・・。

お父様が急にダメになる先の事は考えずに、いまだけのことを考えてください。お父様にお願いしましょう。
心配せずにキッチンさんはご自身のお体を大切にしてください。無理しないでください。お母さんが元気だと子供も喜びますからね。

お父様がダメになったら、学校の先生方に家庭と子供の事情を理解していただき、送り迎えしてもらうこともできます。私の学校はそれが出来ました。
上のお子さんが送り迎えするのは無理なのでしょうか?
助け合うために親戚や地域の人はいるのですから、一人のひとだけにお願いしなくても都合のいい方々にお願いしてみるのはいかがでしょうか。
まあ、私の経験上の話しですが、それに応じたお礼をして他人にお願いした事はあります。


>指しゃぶり・爪かみ・おねしょなどをします。
まだ、赤ちゃんだった頃から、私の具合が悪く暴れていたせいだと思うのです。
私も母がイライラして、一時期、ひどく怒られたり、叩かれたり、ヒステリックになって暴れられたことがありますよ。恨んだ時期もありますが、その後、色んな人からアドバイスをもらった母は、私が一人ぼっちだった事に気づき、愛情を注いでくれるようになりました。私はそれで再び母を愛せるようになりました。

そんなことをされても、子供はお母さんが好きです。「あの時はごめんね」と謝り、暴れていた姿を払拭するような強い愛情を子供さんに注いでください。甘やかしとは違った優しさで接してください。小さい子供が頼るのは親しかいませんから。きっとお互いが良くなっていきます。


お子さんの事キッチンさんのブログでいろいろと読み返してみました。

まずひとつひとつ整理していきたいと思います。

(長くなりそうなので、時間があるとき、調子の良い時に読んでください)

>今子供さんが通っている学校(クラス)に乱暴な男子がいる。
その子のことが苦手。
登校前になると「学校に行きたくない!」と言い、大量の鼻血をだす。

転校すれば、この苦手な男子と別れる(会わなくてすむ)わけなので、お子さんがストレスを感じる事は減るでしょう。

一番良いのは転校して、お子さんが心機一転して通えるようになれば、それに越したことはありません。保育園時代の友達(顔見知り)が仲の良い子だったら、なおさら心強いでしょう。

ただ心配なのはこれから述べる事ですね。

学校を変えても、どこにでもいじめっ子はいます。また同じ困難に立たされた時が心配ですね。

それに転校しても学校というところには、苦手なプールや、焼いも大会などの行事(その中でゲームをする事)や、苦手な給食もあるわけです。
だから登校前に緊張から腹痛を起こしたり、鼻血を出す事がまたあるかもしれません。転校しても学校という場所に変わりはありませんから。

私の経験からいうと、登校を嫌がる原因というのは、お子さんが口に出す事以外にも、非常に細かくて複雑な原因があると思えてなりません。
小学校2年生くらいだと、まだ自分の気持ち、学校であった出来事・ストレスに感じる事などをうまく口で表現する力がないでしょう。
口でうまく説明できないので、イライラするし、小さくても母親の苦しんでいる姿を見ているわけですから「お母さんに心配をかけたくない」という子供なりの気づかいもあり、ストレスがどんどん溜まってゆきます。

腹痛の原因は、「お母さんの期待にこたえて登校しなきゃ」というプレッシャーと、クラスでの友達関係の不安、給食を残さず食べなきゃいけないプレッシャー、他のみんなと同じように水泳をやらなきゃいけない、などのストレスでしょう。心のストレスは体の病気(腹痛)となって表れます。
相当心の重みになっているはずです。

このようなストレスが爆発し、子供は全身を使って大人に助けを求めます。
うまく言葉に出来ない心の悲鳴を「大泣き」というかたちで表現しているのです。「わたし苦しくてしょうがないの。だからお母さん助けて!」と涙は語っているのです。

なのでこれだけはお願いしたいと思います。

ただ、キッチンさんの心身の負担にならない程度にです。

不登校の背景に心の病が存在しているかもしれないのです。
それを悪化させるような事は無理にしないでください。

つまり、お子さんの将来のことを考え、親が子を思う気持ちもあるのですが、義務教育だから行かせなきゃいけないと嫌がるものを強引に登校させたりしないでください。将来、心の病にならないためにも、私のように子供時代の出来事が後になって悪化して、病気になって、苦しく辛い思いをこれ以上ほかの子供には味わってほしくないのです。
トラウマというのは残るものですから。

学校に行ける事に越した事はありません。
しかし、勉強や友達づきあいは学校以外でも出来ます。学校に設けられた専門教室、市の中間教室、フリースクールなどです。
ここでは登校し早退する時間も自由。だから給食をとらず、家で昼食をとってもいい。勉強はその日の気分に応じてできるところまで学習する。気分が乗らないのであれば、勉強をせずその子の好きな事をやらせたりします。その子の意思を尊重し、個性を大事にするのです。
いくらでも融通が利きますから、学校より居心地が良い事は確かです。
しかも数分でもその場にいれば学校に出席した扱いになります。

私の町・時代はそれが出来ましたから、いまはあれから10年以上経って、子供へのケアは進んできたでしょう。

まずは子供の意見を優先してください。子供が口にする言葉、心の声にしっかりと耳を傾けて、学校で何が起きているのか?この子の心の中で何が起きているのか?少しでも気づいた事はスクールカウンセラーや市・区・町などの保健婦さん、または心療内科の医師に相談することです。そして子供に適した対処法を見つけるのです。

勉強はいくらでも取り返しがききます。友達関係も心配した事はありません。
子供だってちゃんと考えているでしょう。どうにかなります!

私は登校拒否をしたことに後悔はありません。人間生きようと思えば、どんな生き方だってあります。自分を周りと比べず、世間の基準というものに振り回されないくらい自分をしっかりもっていれば、充実した人生を送ることができると思うのです。

長々書いてしまって、的から外れた部分があったらすみません。
あくまで私の意見であるので、キッチンさんとお子さんに合うとは限りませんので(^^;)

参考にならないかもしれませんが(苦笑)。

私が不登校になったときは、母はちょうど更年期で一時期ノイローゼになって会社をやめました。母には申し訳ないですが、母の支え、理解があったからこそ今の私があるのです。

キッチンさんのブログから、お子さんへの愛情がたくさん感じられました。
まわりが敵になったら子供を守るのも、愛すのも親しかいません。今以上にお互い愛し合い、いたわり合ってください。

また私で力になれることがあれば、質問してください。
タイトルや記事の内容に関係なく、いつでもなんでも書いてくださいね。


投稿: たかこ | 2006年2月20日 (月) 06時04分

>クロミンさん

水森かおりさんは歌唱力も抜群で、トークはもうこれ以上にないくらい楽しいそうです。母曰く「素晴らしいエンターテイナー」でもあるそうです。

鳥取砂丘はいい歌ですね。母は家に帰ってきても酔いしれてました。
感想を聞いて私も行きたかったと思ったくらいです。

投稿: たかこ | 2006年2月20日 (月) 06時10分

生理前なのか、頭がガンガンします。
コメント、ありがとうございます。

投稿: キッチン | 2006年2月20日 (月) 08時45分

改めて、何回も読み返しました。
睡眠薬が効いているときに、全力でありがとうございました。
子供の声を尊重するのですね。やってみます。
本当にありがとうございます。

投稿: キッチン | 2006年2月20日 (月) 14時02分

長すぎましたね(^^ゞ

少しでもお役に立てて嬉しいです。
お子さんの声を尊重してやってください。

キッチンさんもご無理なさらず、お体を大切になさって下さい。

投稿: たかこ | 2006年2月20日 (月) 16時23分

キッチンです。
深刻な相談にのっていただいて、疲れてしまったのでしょうか?
ごめんなさいね。

でも、助かりました。

投稿: キッチン | 2006年2月21日 (火) 15時32分

そんなことないですよ。
何かお役に立てたら嬉しいと思っていました(*^_^*)

ブログの更新は先月から遅れる日もあるんです。

元気なのでご安心ください^^


投稿: たかこ | 2006年2月21日 (火) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次はこの人!:

« 食事を変えなきゃな・・・ | トップページ | おひなさま »