« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

名前は消えても記憶に残る

東京は桜が満開だそうですね。
こっちはまだまだといった感じです。日中は暖かくなってきたのですがここ数日は朝晩冷え込みます。氷点下になります。
その影響で開花も少し遅れるでしょうか。平年からいって4月中旬~下旬が見ごろになるでしょう。
全国各地、それに限らず穴場だとか、人それぞれ思い入れのある桜ってあると思うのですが、私の地元の桜の名所といえば高遠です。有名なのに、私は8年まえに一度しか行ったことがありません。もうすでに散り始めでしたが、人を見に行ったかんじでした。
この時期になると高遠に向かう多くの県外ナンバーで国道はごったがえします。10分くらいで行けちゃいそうなとこが1時間くらいかかるでしょうか。だから地元の人は、避けていて、それぞれ穴場で花見というのが多いんです。
あっそうそう高遠といえば、本日市町村合併して、町の名前はなくなりました。しかし、全国の人々から桜の名所として高遠という名は永遠に残りつづけるんでしょうね。

私は新宿御苑で花見をするのが憧れです。心を惹きつけてやまないところ(場所)があるからです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

今日のセンバツ

今日の甲子園球場。再試合として行われた関西対早稲田実業。
死闘を繰り広げた彼らの横顔は美しかった。試合終了と同時に漆黒の空から白い雪が降ってきた。ライトに照らされ、選手達の肩に優しく降り注ぐ白い雪は健闘を称える小さな小さな天使のようだった。
私は昨日の彼らの熱戦に感銘を受けていなかったら、この場面に出くわすことができなかった。高校野球を見ることがなかっただろう。たった数分間という時間の中で熱くなり、心臓が高鳴り、ヒヤヒヤし、肩を落としたことがこれまであっただろうか。試合が終わったあとは涙が止まらなかった・・・。

彼らの日焼けした肌に真っ白い雪は似合った。
私の肌には昨シーズン、高校野球県大会を観戦した時の日焼けのあとがまだ微かに残っている。あんなに純粋で、頑張って、試合に負けても現実を恐れずに受け入れている彼らとお揃いの小麦色の肌。普段なんの接点もない彼らと同じ思い出が私の肌に焼きついているようで、お風呂に入るたび眺めていた。今年も彼らとの思い出を作りたくて、炎天下の野球場へ観戦しに行きたくなった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

今夜ためしに・・・

睡眠薬をもう一種類出してもらった。新しい薬はハルシオン。
睡眠薬はブロチゾランしか飲んだ事がない。ブロチゾランは医者からも、その日の状態に応じて量を加減するように言われている。
いつも書いてるようにブロチゾランを多めに飲んでも効かない日がある。

ハルシオンは薬のしおりには「ねつきをよくするおくすり」としか記載されていない。インターネットで検索してみたらブロチゾランが短時間型で、ハルシオンは超短時間型。弱い薬だ。
しかし「強い不眠症でも一日に2錠しか飲んではいけない」「副作用がブロチゾランより出る」ということだ。どんな感じになるか試しに今晩飲んでみようと思う。

今夜は正月以来となる飲酒をした。その後抗うつ剤とじんましんの薬を飲んだが、いまのところ何ともない。先日見たテレビ番組によると、飲酒後2時間くらいたっていればあまり問題ないそうだ。睡眠薬だったらむしろ効果が高まるらしい。

不安と言うより、ワクワクしている。飲んでじわりじわりきた頃に読書をして寝たりする。そうじゃないと、このところ、集中力がなく落ち着かなくて本を読むのにも苦労している状態だ。トホホ・・・。
でも大丈夫!病院の帰りはマックなのに、今日はケンタッキーにした。こんなボリュームのあるものを食べられる元気があるから。

P.S 昨夜、ブログを書いた矢先から、8日ぶりに例の人からメールが入った。
文面から今までと違い趣向をこらした内容だ。でも、共通の知り合いは何人かいるし、もしもの時の対処法はある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

思い込み

先月からメールや電話を一方的にかけてくる人がいた。
異性関係には気をつけるよう親や周りからも言い聞かされている。「自分は大丈夫だ!そんな心配はない!」と心の中で思いつつも、念のために誤解を与えるような言動・態度をしないように気をつけていた。年頃の女の子はみんなそうだろう。
相手が執着し、物事が複雑にならないうちに私は忠告した。相手は深く反省している様子でここ一週間連絡が来ない。このまま何事もなく終わってくれればいいと思う。私一人で解決できる問題だったら、まだマシだけど親や周りを巻き込みたくない。純真な人ほど思い込んでいて断われた時の衝撃が大きいと言う。後に態度が豹変して悪事をはたらく場合もある。実際そんなトラブルを聞く。

イカンね、物事を悪い方向に考えちゃ。せっかく落ち着いたのだから前向きにゆかないと。それが自分の悪い癖なんだよな。思考転換にペンションガイドを見よう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

ビジネスホテル

心と体が落ち着く場所ってどこですか。
私は”ビジネスホテル”なんです。子供の頃から安上がりな人間です。
病気の関係で長旅はめったにできないので、日帰りできるような近い場所でも少しでも旅行気分を味わいたくて泊まることがあるんです。
最近泊まったのは、車で1時間ほどの場所です。オーナーが感じのよい中年夫婦で、ホテルに入った瞬間から心が穏やかになってゆくのが分かりました。ひとつの建物の中で宿泊客のいろんな方言が飛び交っていて、この人は大阪だな、この人は九州だなって当てるのも楽しいです。
部屋は4Fのシングルルーム・セミダブルベッド。小さなバスルーム、シンプルな机と椅子、小さなテレビ、ふつうの家庭のようなセミダブルベッド。冷蔵庫なし。大きな窓の下に向かい合ったソファ。国道沿いだったので、絶えず喧騒があってこれがまた私は好きなんです。国道の反対側にとんこつラーメン屋がありそこで食事をしました。会計をしてくれたお兄さんが素敵で、私の部屋の窓からラーメン屋が見えるので、ソファから眺めていたりしました(笑)。本当にビジネスホテルは落ち着く。一生そこで暮らしてもいいくらい好きです。

今度は機会があったらペンションに行ってみたいです。蓼科、清里、小淵沢、軽井沢・・・。いまからガイドを見てシミュレーションしています・・・。母と行けたらいいなあ。思い出作りをしたいから。

いろいろ用事があってこっそり出かけているんです。決して家出ではないですよ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

私の走り書きノートから

婦人科の薬と睡眠薬の副作用なのか、吐き気がします。
食道のあたりがヒリヒリして・・・オエッて、キーボードの上に吐かないように気をつけます。

私は感情をノートに走り書きします。ノートから精神の不健康さが伝わってくるような、震えたり、つながったりした字でとても人様には見せられません。
いつ書いたかも分からない走り書きたちを今夜は紹介したいと思います。
意味不明なものが多いので、意味が通じそうなものだけ載せます。

『たしかにあの場所で私は笑ったことがある

でも、学校にいる私は私と認めたくない』

『冷たい涙の海で溺れて死ぬか

愛する人の腕の中で微笑んで死ぬか

私の未来の行方はこのふたつに分かれるだろう』

↑の2つは暗い感じですが、次の走り書きは前向きで明るいかな。

『苦しいことを経験するとどうしてこんなに景色が美しいんでしょう

あなたと出逢えたおかげで小さな幸せを感じることが多くなった

私が過去に経験したことすべて悲観していない

苦しみも喜びも悲しみも怒りもすべて今の私という感性を形成してくれました

その感性があなたと出逢わせてくれたのです

その感性があなたに惹かれていったのです

あなたは私の心にいつも住んでいる

あなたと私がつまった心大事に大事にします』

↑ちなみに今私は彼氏がいません・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

人間なんだから人間くさくていいじゃない

人間なんだから人間くさくていいじゃない

あなたは人から 「遠回りの人生ね」と言われてる
確かにカッコイイ人生とはいえない

でも
あなたは自分の人生けっこう気に入っているんでしょ

だったら自分の基準でいいじゃない

人からとやかく言われても雑音だと思えばいいのさ

泣くのも 悲しむのも
ムカツクのも
嫉妬をもつのも 恨みをもつのも
人間だったらあたりまえ
だから
思いっきり泣いて 悲しんで
思いっきり悩みましょ

そう出来るのも人間の特権よ

人間なんだから人間くさくていいじゃない

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

絵手紙

親戚にちょっとしたお礼状を出すため、初めて絵手紙というものを書いてみた。むかし美術部にちょっとだけ入っていたことがあるが、絵をかくことは大変神経を使う。最近は人に頼まれないとかかない。
官製はがきの右上に虹、左上にお日様、右下にコアラ、左下にウサギ、を黒いペンで書き、乾いてからクレヨンで塗った。(絵具の色が足りなかったのでクレヨンを代用)なんだか小学生時代を思い出す。上手いとはいえないが、良くしていただいている親戚なので気持ちが伝わればいいと思う。愛嬌があって和ますようなイラストにした。
しかし今日は雨降り。にじんでしまう。そういうときは、文字の上にロウソクを塗る。ロウソクが水をはじいてくれる。
親に頼まれて、お中元、お歳暮、年賀状を出す時に親戚の住所を書くくらいで、ふだん滅多に書かない。
珍しいことをすると新鮮な気持ちになる。PCがほとんどで、文字を書くこと自体が減っているし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

アチョー

やっぱり凄い!
昨日と今日にかけてブルース・リーの燃えよドラゴンを観終わりました。
でも睡眠薬が入ってないときにまた何回も何回も繰り返しみたいです。

同じ香港映画でも、自分は純愛ものが好きでよく見ていたんです。
「つきせぬ想い」は、もうビデオテープが擦り切れるくらい観たと思います。
私はブルース・リーという人に以前から興味を持っていて、いつかこの人の映画を観てみたいと思いました。先日もレンタルビデオ屋のアジア映画のコーナーに行くとつい習慣で恋愛作品の前にいました。私は「ラヴソング」というビデオを手にとり、その横の棚にふと目をやるとブルース・リーの作品がいくつかありました。どれを借りようか迷いましたが、いちばん有名な「燃えよドラゴン」にしたのです。

今調べて判ったのですが、ブルース・リーは「燃えよドラゴン」公開直前に32歳の若さで急死したそうです。
公開されたのが73年ですから、いま生きていれば65歳になります。
死因は長年背中の古傷に使っていた痛み止めと亡くなる直前に服用した頭痛薬の副作用と言われているそうです。

若くて、体を鍛えていて、あんなに強い人が、僅かな薬で簡単に亡くなってしまうなんて・・・。
色んな薬を常用している自分からすると、非常にショックです。

これからもブルース・リーの作品をたくさん観たい。そして彼のことをもっと知りたいと思います。

ちなみにリーが出演した香港映画は、どれも吹き替えなんだそうですが、唯一
「燃えよドラゴン」だけは彼の肉声だそうです。
もちろん有名な「アチョー」も彼の叫び声ですよ。
初めて借りる彼の作品が肉声だったとは非常にラッキーでした。

あぁ、今夜も眠れない・・・。いい意味でですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

ない・・・

私の周りに長年のプロレスファンというよりオタクの方が増え、お話を聞いていても「ああ、そうですか~」「ほぅ~」などと絶えず頷いている状態です。
そのうちいつか首がゴキッてなります。きっと。
01年のビデオ天龍VS武藤、川田VS天山の試合が入ったビデオを下さいました。日をかけてじっくり見たいと思っています。
ありがたいことです。

それで話をいろいろ聞いているうちに昔の映像が見たくなって、久々にレンタルビデオ屋に行きました。それが・・・商品整理をするためか、空の棚がいくつかあります。プロレスビデオがあったはずの場所も、なにひとつない。他の場所をいろいろ探してみたのですが、PRIDEのビデオがいくつかあるだけで片付けられてしまったようです。私が最近借りなくなってしまったからだ~。
レンタルビデオ屋にプロレスのプの字も見つからず、しょうがないので以前から関心のあった「燃えよドラゴン 」を借りてきました(笑)。一週間あるのでじっくりじっくり見ます。

ただの商品整理だったら良いのですが、このままプロレスビデオが消えることになれば、相当さみしくなります。
昔の試合を見ることで、選手の奥深さ、歴史を知り、ますます尊敬心が湧いてきます。「自分はこんな凄い方とお話をしているのか・・・」と改めて確認できます。とはいっても内容のほとんどがプロレスとは全く関係ないことなのですが・・・。連絡するにも急に緊張してきます。

P.S 今夜の夕食はとんかつです。卵でとじる所もあるそうですが、うちのほうはご飯の上にキャベツの千切りをのせ、その上にソースかつをのせます。
最近は決まりきったような食事しか作ってないので、珍しい料理を作ってみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

皆さん宝物

心臓がバクバクして、どうしても目が覚めてしまいます。
パソコンの前に座り、また貧乏ゆすりが始まってしまいました。
これらの症状は以前からあることでして特別な悩みではないんですけどね・・・。でもちょっと動いただけで、すぐに息があがってしまいます。

眠れない日々が続くからといって別に死ぬわけじゃないのですが、私の場合眠れないと日中に症状が重くなるんです。やっかいな体ですね。

今夜はさらに睡眠薬を飲むのではなく、幸せな気分になるようなことをしているんです。私が心から大切に思う人々に間接的に接するのです。分かりにくいですか?
つまり大切に思う人々の顔を思い出したり、このブログにコメントをくださる皆さんのことを頭に浮かべていると心がホッと温かくなり、いい気分になります。皆さん私にとって宝物です。今頃何をされているかと考えています。

「寝ておられるかな」
「この時間もお仕事されているのかな」
「症状が出て苦しんでいるのだろうか。私にできる事だったら力になりたい」

私は皆さんに幸せになっていただきたい。

このブログの文章だけでは伝わりにくいかもしれませんが、
今まで「心のシグナル」のたかこに真剣にコメントをくださった皆さん、読んでくださっている人全員が楽しい毎日を送られますよう朝晩祈っています。
なぜそこまでするかって、皆さん全員が私の宝物であるからです。

人の幸せを祈っていると、私自身も幸せな気分になってきました。
この時間にパソコンの前に来て良かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

先のことを考えて・・・

睡眠薬を常用していて、それが蓄積して将来体にわるい影響がでなければいいです。そうなる前に私も気をつけなければいけないなって思っています。医師は知っていて処方してくれたんですが、明日から女性特有の症状に効く薬を飲み始めるからです。心療内科の薬とは時間をずらして飲むんですが、なにかおかしいことがあったら即座に止めたいです。
とりあえず新しい薬を飲んで良い効果が得られて常用し続けることになったら、睡眠薬を減らしたいと。
薬が効いて寝付けるまでに2時間かかります。それまで頭の中に沸いては消え、湧いては消える雑念に気をとられないように寝息を聞く事に集中しています。雑念に気を取られてるときって眼球が絶えず動くので、そういったときは再び寝息を聞く事に集中します。
私はひとりになると貧乏ゆすりが始まってしまうのですが、布団の中でも足をゆすってしまうんです。それも両足。寝る直前までしているかもしれません・・・。睡眠薬を飲むようになってからひどくなりましたかね。中毒になる前に改善しなくては。

今日も私の独り言に付き合っていただきありがとうございます(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

おヒマな時に教えてね(^-^)

昨日が誕生日でした!またひとつ歳をとっちゃいました(^_^)v
この歳まで生きてこれたのは、親、ブログの読者、プロレスファンの会のメンバー、その他私を支えてくれている人々のおかげです。
いつもいつも本当にありがとうございます。

先週やった少し早めの誕生祝。昨日届いた素敵なプレゼント(女性からですよ)。プロレス観戦。母の手料理。
私って幸せですよね0(^-^)0  0(^-^)0  0(^-^)0  0(^-^)0  0(^-^)0

プロレスを間近で見ると興奮しちゃうんですよね。3日経っても、寝ようとして瞼を閉じても試合が蘇り、心臓がバックンバックンして、疲れているのに眠れない。睡眠薬がやはり必要なんです。

場外乱闘で、でかいレスラーが相手レスラーの首を捕まえて私のほうに向かって来た時には、怖くなって逃げ回ってましたよ、私。その逃げる際に前にいたヤ○ザ集団の足を踏みそうになったので、ヒヤッとしました(´Д`)
もし踏んでいたならもう一週間くらい立ち直れないですよ(苦笑)。ちょっとつま先をかすったくらいですみましたけど。まあ人の良さそうなヤ○ザだったから本当に良かった。
戻ってみると座席がめちゃくちゃになっていて、皆さん自分の席に着くまで手間がかかっていました。他にも客の野次に激昂したレスラーがリングから降りて、前の客の飲み物を奪い取り、野次に向かってまき散らしてました。なんだか怪しいスプレーも噴射してましたね。リングサイドのお客さんは怖かったでしょう。悪玉が出る試合はこんな感じです。でも善玉が応戦するたび、歓声があがってました。
ちなみに善玉は小島・雷陣選手。悪玉は諏訪魔・TARU 選手です。
この日のいちばんのお気に入りの試合はカズ・ハヤシ・TAKAみちのくVS中嶋勝彦・石森太二のタッグマッチです。

地上波で放送されてるプロレス中継は深夜。見る機会が少ないと思います。
普通の時間帯なら、バラエティー番組などにでるレスラーもいますから、知ってる人もいますよね。
私が観に行った試合に出ていたのは、武藤敬司、小島聡、佐々木健介たちです。武藤敬司は通りかかった一般の人も「武藤かっこいいな~」と見惚れていたんです。佐々木健介は、やはり人気で握手攻め、サイン攻めにあってました。

このブログを読んでいる皆さんにお聞きしたいです。もちろんおヒマだったらです。

知っているプロレスラーはいますか?

好きなプロレスラーはいますか?

カッコイイと思う(見た目だけでも、生き様でも、試合でもいい)プロレスラーはいますか?

もしよかったら、教えてください。

と言ってもプロレスファン歴4年の私です(^ー^;;;

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »