« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

イライラ

腰痛が続いています。昼間は普通の生活ができるのですが、夜になると痛みが増します。母は長年の腰痛もちで、年に一度はひどく病みます。今回自分が味わう事で母の苦労が分かりますね。
ほかにも肋骨、骨盤、ひざを指で押してみると「痛きもちいい」感じです。しばらく様子をみてみようと思います。

女性の方、月に一度のものがある前にイライラすることはありませんか。
身体の節々の痛みと重なって、夕べ、母と口げんかをしてしまいました。普段だったら丸くおさまるような小さな出来事にもカチンときてしまいます。腰が痛いというのに、落ち着かず、家の中を徘徊し、貧乏ゆすりが大きくなります。手も口も動かしてないと気がすまないのです(苦笑)。
自分でもよくあんなに口が動いたものだ、短時間によくあれだけの内容が話せたものだ・・・。心臓が躍ったのと「土曜プレミアム人体再生ロマンSP」を見てるうちに、そんな気がなくなってしまいました。
その番組がきっかけで、母と私は病気について真剣な話しをはじめ、まるで嵐の後の静けさです。仲直りをしました。

イライラしている時って、一緒にいる相手も嫌な気分になってしまうし、いきり立っている自分自身も苦しいものね・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

いぬ、いぬ

昨日、花見に行ったつもりが、動物を見に行ったような出来事がありました。
真ん中に人工の湖があって、その周りを桜の木が取り囲んでいる、地元では穴場スポットです。水面に10匹ほどのカモ、数匹のアヒル、(多分)1匹の白鳥。子供がアヒルを指さし「アフラック、アフラック」と言ってるので、何だろうと思ったら・・・「よーく考えよう♪お金は大事だよー♪」のアフラックですね。なるほどです(笑)。

その時間は犬の散歩が多く、次々にやってきます。(諏訪湖のようだな)。シンプルな柴犬から、リボンをつけて洒落たシーズー犬まで気持ち良さそうに芝生の上を歩いてます。

木の幹にリードを結ばれて佇んでいる犬がいました。ベージュのゴールデンレトリバー、黒いラブラドールレトリバー、白黒のボーダーコリーの3匹。
私を見るなり、しっぽを振ったので慌てて駆け寄っていきました。
肩に飛び乗ろうとしたり、身体をクンクンしたかと思ったら、手を見つけるや、ベロンベロン舐められました。好き放題にされ、ジャケットがよだれと毛まみれになりました。
飼い主がフリスビーを楽しんでるのをいいことに、たっぷり犬たちと戯れました。人なつっこい犬で、3匹ともおりこうさん。(噛まないからね)。
私は犬が大好きで、犬を見ると理性を失ってしまいます。とくにゴールデンレトリバーはからだの割りに目が優しく、おとなしいので家に連れて帰りたくなってしまいました。毛でふんわりとしていて、じかに触って温もりが伝わるのがいいです。

犬だけでなく、桜もしっかり見ました(笑)。
日向の桜は散り始め。3日後からゴールデンウイーク。
花見客でにぎわった後の信州は休む間もなく、観光客でにぎやかい日が続きそうです。
我が家は、近くの穴場へ出かけるのが毎年の恒例行事になっています。遠出をしなくとも、地元で今まで知らなかった場所に行くのも良いものです。

花見といっても、夕方になると気温が一ケタ台で寒かったです。身体を冷やしたのか昨夜から腰痛になりました。
前屈みになると痛みます。女性は毎月このような症状で悩んでいる人もいると思います。数日すれば治ることを祈って・・・。

寒暖の差が激しいので皆さんもお体を大切に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

桜色の笑顔

桜が満開です。明日あたりからチラホラと散り始めるのではないでしょうか。
ケツメイシの「さくら」に乗せて、花びら舞う中、物思いに浸りたい。
そう、昨年の悪酔いの思い出を薄めるためにも(笑)。

2ヵ月ぶりに大切な女友達と再会。健康的な笑顔で私を迎えてくれた。
作り笑いじゃなく、この人は心の底から微笑んでいる。彼女の言葉から汲み取れる。私に明るい笑顔を届けてくれた。別れる最後まで。
気をつけてね、と手を振ってくれた。
きれいに咲いて、きれいに散る。桜の花みたいじゃない・・・。

その後、その女友達と私の共通の友達からメール。すぐ私と会った情報が伝わったようだ。再会の約束をする。なんだか嬉しくなるね。

散りゆく花びらに今年はいい思い出を重ねられそうです。もちろん、このブログの皆さんも入ってます。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

ブログを書く理由

ブログを書き続けるのは

言葉を忘れないため

人間の心をもち続けるため

一人称の言葉でも

この向こうに人々がいて

私の想いが伝わりますように

今しか伝えられない言葉

今じゃなきゃ伝えられない言葉

明日の気まぐれに消されてしまわぬうちに

あなたに伝えたい

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年4月19日 (水)

わたしの特効薬

また私のノートに書きとめた散文を紹介します。
いつ書いたのかは不明です。

『汗や涙でしめった枕に
顔をうずめてシーツを握りしめる

過去の記憶に頭をかかえ
闇に包まれた未来は見えない

布団から起き上がる 
冷たい空気がパジャマのすき間から入り込む
汗で濡れた肌がひんやりとする

結露でくもった窓ガラスを拭く 
夜の空があらわれる

人に傷つけられた心は
人の愛でしか治らない

涙は中空をさまよっている

この夜空のした私の涙を受け止めてくれる人はいますか?

この冷えた手を温めてくれる温かい手はありますか?

この心が凍りついてしまう前に誰か温かい胸で私を包んでください

病んだ心を癒すのは
白い錠剤でも強いアルコールでもないのよ

人の愛

それが何よりも勝る特効薬なの・・・』

私はいま、幸せです。

ブログ上で手を繋ぎ、心を温めてくれる人々が現れたから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

繋がっている

母はパソコンの使い方もわからず、もちろん”ブログ”がなんなのか、を知りません。しかし、私がインターネット上で文章を書いていて、それに対して、コメントを下さる方がいることを知っています。
母に詳しく話したら「それはすごいわね。良かったね。」と笑顔で返事をしてくれました。
間をおいたあと、淋しげな表情に変わり「お母さんは、誰にも相談できる人がいない。ひとりぼっち・・・。」と呟きました。
私はその言葉に考え込んでしまった。胸が痛くなった。

母はじっとしているのが苦手な人間で、よく動き、よく働きます。
筆不精で、字を書くのも、すべて私まかせです。
母は、忙しいばかりで、深い人間関係をもてません。悩みを打ち明ける人、心許せる人がいません。一つ屋根の下に暮らしていれば、気持ちを汲み取る事ができます。

娘の私に漏らすのは、ほんの一部分にすぎないでしょう。ここでは書けませんが、内輪の悩みが多々あります。だから、いつも私は笑顔をこころがけて、母の気持ちを受け止めたい。助けてゆきたいと思います。

その笑顔の源になるのは、やはり、コメントを下さる方々のお言葉です。
パソコン上だけではありません。コメントから心が伝わり、私の胸に焼きつきます。生涯、宝物となるでしょう。

母がブログを書けたなら、もっと明るい母になるでしょうか。
書けなくても、私が皆さんから元気を頂き、その元気は母にプレゼントをする事ができます。

皆さんのコメント→私→母。というように心は数珠のように繋がっているのです。

いつも元気をありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

めざせ!健康オタク!

今日の未明にみぞれが降り、昼間はたしか70%の予報だったのに、起きてみれば晴れ。いい天気です。

我が家は、インターに近いので、家の前の国道を観光バスが通ります。
桜の咲き具合は・・・金曜日からあまり変わりがなく、まだ咲き始めといったところです。

週末のチラシを集め、お買い得品のチェック。
いつかこのブログに書いたような気がしましたが、これが習慣なんですわ。何が切れていて、何を補充するか、自分が注意してないといけないのです。
買うものを紙に書き上げ、ドライブがてら買い物へ。2つの店に寄って帰ってくる予定でしたが、近くに開店したばかりの店があって急遽よりました。
「あら、こっちのほうが60円も安い」
グレープフルーツがこっちのほうが安かったのです。(だから、おばさん扱いされるんだよな)。
生き残っていくためにはこうでなくちゃね。
豆乳と納豆をまとめ買い。

家に着いたら、燃料タンクに、18リットルの灯油を3~4回に分けて入れます。3本を入れ終えてきました。このあと、夕食のしたくです。

最近、甘いものをほとんど食べてません。納豆にも相変わらず、タレを入れず、今日は卵と鰹節を入れて練ったのをごはんにかけました。

健康的な?一日でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

この時季がやってきました!

先日ブログに書いた「桜の名所」へ向かう車で国道が混雑する前に、薬をもらいに行ってきた。私が通う病院は、この方面にある。

山の麓の桜は日増しにつぼみがふくらんでピンク色が濃くなってきている。
町中の日向にある桜はもうすでに8分咲きのものもある。
だが、見た感じは7割ほどの木はこれから。来週の頭ごろ満開になるだろう。

交通量はというと普段とそれほど変わらなかったが、やはり、県外ナンバーが目に付いた。開花情報を耳にし、早くも観光客が駆けつけている。ラジオも車の混雑具合を伝える。正午の情報では桜の名所である城址公園の駐車場は満車だった。
助手席で注意深くナンバーをチェックする。中京・関東方面が多い。行きの車と帰りの車で、一番遠くから来たナンバーはどこか眺めていると、滋賀→神戸→愛媛とかわり、最終的には佐賀になった。フェリーで本州に渡ってきたのか。それにしても、すごい距離である。

この光景を目にすると、春がきたのだと実感する。

今年はどこで花見をしましょうか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

こんなガキでした

私は小6のとき、違うクラスの先生に恋をしまして、それがきっかけで年上の人に憧れるようになりました。そんな初々しい想いを大切にしたいですね。

『年上の人に恋しても子供だから相手にしてもらえない

子供でも好きという気持ちは大人より大きいのに

子供だからってこの大切な芽を摘み取ろうとしないで

そんなんだったら早く年を取りたい

大人になって認めてもらうようになりたい

子供であるのが居心地悪いよ

早く年を取りたい』

私はいまでも子供です・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

今年初めての・・・

瞼を蚊に刺されてしまいました。そんなに広い範囲が赤く腫れ上がっているわけではありませんが、じょじょに腫れて、痒みがでてくるでしょう。以前そうでした。

我が家の周辺は冬でも蚊がいます。
窓を開け閉めするときや、洗濯物を部屋に入れるとき、気をつけています。それでもあの独特の音が耳元でして、気がつく事が多いです。

いつものように睡眠薬を飲み、効いてきたところで右瞼がチクチクとしました。小さな刺激です。髪の毛の先が瞼にかかったのかと思って、払いのけたのですが、遅かったようです。

今日はファンデーションで何とか隠すことに成功しました。
ひどいとパンチを食らったボクサーのように腫れあがってしまう場合もありますね。

もう5センチくらい離れたところに刺してくれればよかったのですが・・・。

今夜はアイマスクをして寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

ヒュルリーラ 

昨日は黄砂がすごくて空気が黄色味がかっていました。花粉と間違えてしまいそうですね。車に黄砂が積もっていて、きゅうきょ濡れ雑巾で拭きました。母はそういうのをすごく気にします。ほんのちょっとのお出掛けで、人に車を見せるわけでもないから大丈夫だといっても、聞き入れませんでした。
コンビ二の駐車場に車を止め、他の車を見ると、みな表面に黄砂が積もっている。むしろうちの車のほうが目立っている感じでした。(購入して9年。いい車ではありませんが・・・)

CDを借りてきました。ケツメイシのケツノポリス4。その中に入っている「さくら」は昨年の春、私のテーマ曲となりました。曲を聴くと思い出が蘇るんです。男友達に、タイプだという女の子がいる飲み屋に連れて行かれ、日本酒を浴びるほど飲まされました。フラフラ状態で立ち上がり、薄暗い店内から、オレンジ色の蛍光灯が眩しいトイレに入り、吐き気と戦っていました。その時に流れていたのが「さくら」なんです。歌詞と旋律に神経を集中している間に、一時的にですが吐き気が和らぎました。その日から脳内に「さくら」が流れるようになりました。思い出は日本酒と吐き気とトイレの灯りと・・・7日酔い。

今年は「さくら」によい思い出を重ねたいものです

ヒュルリーラ ヒュルリーラ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

Thank you for your message

今週からスタートしたNHKの語学番組に私がよく知っている人が出ています。その番組は毎月進級テストがあって成績が悪いと落第(次回から番組に出れなくなる)らしいです。本人は笑顔がぎこちないなんていうようなことを言ってましたが、そんなことはありません。いい笑顔でした。普段あまり笑わない人がニコニコすると見惚れてしまいますね。

それぞれの人生を精一杯がんばっている人を見ると元気が湧いてきます。私も使命を持って生きていきます。あくまでも私なりのペースで。

長野の桜はこれから。桜の木の下で瞼を閉じて、いままでにもらったメッセージを思い出したい。そしてしばらく恍惚に浸りたい。桜の花に負けないくらい心が美しく、ピンク色になるでしょう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

このブログのファンているのかな....

只今の時刻午前1時半を過ぎました。
ブログを書きたい衝動に駆られてパソコンの部屋(居間)にやって参りました。

いつもいつも気になっている事があるのですが、このブログ「心のシグナル」のファンだという方はどれくらいいるんでしょうか。お世辞でもいいので「ファンです」と言ってくれる人が出てきてくれたら、私は死んでもいいです(笑)。これほど私にとって嬉しいことはありません。だって私はこの世に生きている意味があると言う事なのだから・・・。

ファンの理由、感想などコメント欄に下さったなら、その人が絶対に幸せになれるよう祈り続けます。もし、あなたが生きていく中で困難に出合ったときは、私を恨んでください(怖いから冗談です・笑)。
しかし、幸せを掴むのは自分自身の努力。その力添えになるよう、どこに住んでるかも、名前も、性別も、顔も知らないあなたのために思いをこめて幸せを祈ります。

過去9ヶ月のブログの記事の中でこれが好きだ、あなたのお気に入りだと言う記事がありましたら教えてください。

いつでもいいです。どこの記事にコメントしてくださってもけっこうです。

また、皆さんにわがまま言って、甘えてしまってごめんなさい・・・。

でもそのコメントだけで、私は生きてゆけます・・・。
そしてその恩返しのために、私はその人の幸せをずっとずっと祈り続けます。約束します。

たかこ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

調味料は要りません!?

昨日の記事で思い当たりました。
納豆をほぼ毎日2パック(100g)食べています。いつから開始したのか分かりませんが、もう結構長いですね。しかも付属のタレとからしを入れず、よく練ったものをご飯にかけるだけです。味なし。ご飯と納豆が一体化してます。塩分は味噌汁とおかずです。素材の味を楽しみたいから、なにも添えずに納豆ごはんを食べる事もあります。
むかしはタレ、からし、ねぎ、かつおぶし、マヨネーズを入れていました。調味料が日増しに減ってゆき、いまでは随分さっぱりしたものです。

手作りのお菓子も同じで、バナナケーキを作るにも砂糖は一切入れません。バナナの甘味のみです。好みで蜂蜜をつけて食べますが私はなにもつけません。
Yahoo!グルメのレシピ情報でみつけた「軽いスポンジ生地」を作りましたが、やはり砂糖を入れませんでした。材料は全卵と小麦粉のみ。美味しかったですよ。ただ、焼きすぎてしまい、表面がかたく、サクッとしていました。全卵をしっかり泡だてたのに小麦粉を入れるとき、どうしても泡が消えてしまいます。
私はいままでスポンジケーキをうまく作った覚えがありません。お店のようにはいきませんね。

納豆になにも入れないこと、手作りのおやつに砂糖を入れないこと。この習慣も続いてゆくかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

節度

一度マックを食べると週2,3回食べ続ける。飲酒をするとその翌日も。滅多に食べないアボカドを買うとまた買う・・・。
私はある食べ物を口にすると続けて口にする傾向があるようです。
反対に、寝る4時間前は一切食べものを口にしないと誓うと胃腸のバランスを守るため、それが何年も続いたり、連日飲酒したから今日を最後に明日からはしばらく断酒と決めると半年間アルコールを口にしなくなります。
悪酔いをしたとか特にトラウマになるようなことではなく、健康のために、女性としての美しさを保つために自ずから始めるのです。

マックを昼に食べたならば、夜はご飯と温野菜のみ。付き合いで続けて飲酒となると調子にのって飲み過ぎないように、百薬の長といえる程度に抑える。
どこかとりすぎたと思えば、無意識的にどこかをおさえるようになります。
昔は両極端だったのでいいと思えば影響を受けやすく、極度におさえていましたね。

いまは薬ですね。どこまで飲んだら危険か。それを分かっていてやっているので大丈夫だと思っています。若さを過信しているのかもしれません。限度を超えないのは愛する親や人々がいるから。使命があるから・・・。でしょうか。それが結果的にブレーキになっているのかもしれません。平穏な状態の”今”だから言える言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 2日 (日)

手を繋ぎたい人はいますか?

あなたは手を繋ぎたい人がいますか?

あなたは手を繋いでくれる人がいますか?

あなたは手を繋いでいて幸せを感じる人はいますか?

私は空想の中で色んな人と手を繋いでるんですが(笑)実際に私と手を繋いでくれる人は・・・母です。母の手、厚みがあって浅黒くてきめが粗いのですが、いつも温かな手です。

「おまえの手、薄っぺらくて優しい手だね。なんて冷たい手しているの」

「手は冷たいけど心は温かいんです」

母は忙しいのでしょっちゅう繋ぐわけではないのですが、
母の手に私の手が包まれた瞬間(とき)「産んでくれてありがとう」
という気持ちで胸が一杯になります。私は一瞬幼児になりますね。

母の手は苦労を重ねてきた彼女の歴史が詰まっているのです。

あとはですね・・・たまーに男友達にお願いして手を繋いでもらいます(笑)。彼は外国人。手を握った瞬間「わたし、異文化コミュニケーションしとるわぁ。彼の汗ばんだ大きな手に萌え~~」ってなります(鼻血)。
彼と手を繋いでいる時は、私の体全身にラテンの血が循環しまくってます。

好きな人だったら、どんな殺風景でも、手を繋いだ瞬間、辺りが冬のソナタの風景に早変わり。

そんな人が現れてくれればいいですね。

私は病気の治療として、信頼する人々と手を繋ぎたい。精神疾患がすっ飛んじゃいますよ(多分)。心療内科でも”手つなぎ療法”ってのがあれば助かるのになぁ。

そこで私と手を繋いでもいいよっていう人を男女問わず募集します。
実際繋ぐことはなくても、このブログを昨年の8月からやってきて記事を読んで私がどういう人か、だいたい分かると思いますので「まあ、こいつだったら5秒ぐらい繋いでもよいかな」って人は、コメントか、メールを時間があるときにください。

手を繋ぐと嫌な事がみんな吹っ飛んでいきますよ。私だけかな?

すみません。なんかおかしな記事になってしもうた・・・。
でも真面目にバカをやるのもいいですよ^^

ハルシオン2錠、デパス1錠(飲んでも飲まなくても一向に効果が出ない薬)入ってます(*^^)v

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »