« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

ありがとう高校球児

ここのところブログの更新が遅れてしまっています。パソコンの不調が原因です。私自身はおかげさまで元気にやっています。

私の母校は惜しくも準決勝で負けてしまいました。監督は私が在籍していた当時からいる先生です。同じ学年の先生でした。その時から病気の前兆があったので、きっとほとんどの先生方が私の名前を知っているかもしれません。
野球部は3年前にベスト4に進出してから、部員数が増えてきたみたいです。今年は大雨で試合が中止になったり、グラウンドは使えないし、厳しい状況ではありましたが、試合中にベンチ入りの選手が一列に並んで手を繋いで、ピンチを見守ったり、純真なプレーに私も元気をいただけました。
諏訪湖スタジアムで試合があったので、私も応援に駆けつけて、生で観たかったですが叶いませんでした。
また来年ですね。甲子園に行けたらいいなあ。

信州の梅雨明けはまだですが、暑い日がつづいております。
でも、もっともっと暑い場所に住んでいる皆さんもいるわけですから、くれぐれも体調管理にお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

お知らせ

このブログを利用してお知らせしてしまって悪いですが、パソコンの調子が悪く、メールの送受信をするのに、ものすごい時間がかかってしまいます。
なので私にメールをくれる方、返事が遅れてしまいますが、お許しくださいませ。急ぎの方は電話をください。

以上連絡でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

大雨から6日

天竜川の堤防の決壊は応急復旧工事を終え、仮堤防設置工事にはいったそうです。決壊箇所はテトラポットの山です。
そして決壊した場所にある鉄塔が万が一倒壊したときのことを想定して、その場所から少し離れた西側の田んぼだったところに、仮の鉄塔を建てています。
鉄塔がつくられるのを見るのは生まれて初めてです。ビル5階くらいの高さで仕事をしている方々どうか無事故で・・・。そう願わずにはいられません。
そういった皆様方全員のおかげで私たちの暮らしは守られているので、頭が下がります。母も「なんだか寝るのが申し訳ないね」と言っています。

川に近いところに家がある人たちは、4日間ほど公民館で過ごしました。
避難指示から避難勧告にかわり、帰ってきた住民もいるようです。

胸が痛むのが、私が前に通っていた病院の近く、岡谷市や諏訪市の深刻な被害です。もう次にあの場所へ行く時には、見慣れた風景はもうないのか・・・。
土石流で家をなくした人々、家族まで失った人々。その心境を思うと言葉が出ません。避難所生活の人々の中には夜眠れず、睡眠薬を飲んでいる人もいるそうです。精神病を抱えた人がその中にいたとしたら、どんな生活を送っているのでしょうか・・・。

計り知れない不安、恐怖、悲しみ。
その人たちのことを思うと私の今の悩みはちっぽけなものだ。

私の住む町から被害が一番ひどかった町へ行くには、道が通れなくて行けません。寸断しています。線路も土石流がおそいました。

被害にあった町にある公立高校野球部は町の皆さんのためにも勇気を与えたいといっています。甲子園を目指して県大会が行われています。県内の公立高校の野球部の中でも強豪校とここ最近言われるようになりました。
私の学校生活なんてあってないようなものでしたが、いい友達・いい先生に出会えた私の母校でもあります。
校歌は忘れてしまったけど、ぜひぜひ頑張っていただきたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

天竜川の堤防決壊

この記録的な豪雨。各地でたくさんの被害がでていますね。

ニュースご覧になりましたか?

頻繁に放送されている「天竜川の堤防決壊」なんですが、この現場がうちの目と鼻の先なんですよ(TOT)
昔の人は”暴れ天竜”なんて呼んでいますが、うちから見える天竜川はまさに暴れ天竜と化しています。濁流がゴウゴウいって流れてます。

昨日、私はのんきにブログの記事を書いてましたが、そのときはすでに決壊しはじめてたんですね。我が家は高台にあるので、上から天竜川を見下ろすといった感じです。
下の地区の住民は昨日の早朝から避難指示がだされ、近くの公民館で一夜を過ごしています。下の住宅地は閑散としていて真っ暗です。店は全て閉まっています。たまに犬が淋しげに吠えるくらいで、濁流の音のみが響いてきます。

昼間は家の前の国道が消防車や国土交通省の車、放送局の中継車、パトカー、などでごった返しました。ヘリもたくさん飛んできました。
ニュースを見た、遠くの親戚や知人から電話がひっきりなしにかかってきました。あと、下の住民は皆避難していないし、地図上から見てうちが一番現場に近いとのことで朝日新聞社から電話がかかってきて、取材を受けました。

報道ステーションを見た方ならわかると思いますが、その決壊した場所に高圧線の鉄塔がたたっています。それがうちの近くの高圧線の鉄塔に繋がっているのです。もし、濁流の勢いで鉄塔が倒れたりしたら、うちの近くの鉄塔も家に向かって倒れてくることになるので、東京電力の方から頻繁に電話が来て、最悪の場合を想定して「ここから離れてください」といわれました。

しかし、ニュースを見たら、現場では建設会社の方々が倒れないように懸命に処置をしています。それに安心して、避難せずに済みました。(東京電力の方も大丈夫だとうちにやって来ました)。

いまも夜を徹して建設会社等の皆さんが必死で土のうを積んでいます。

家のすぐ近くで起きていることなのですが、当然のことながら立ち入り禁止なので、まったく川の様子がわかりません。ニュースで全て情報を手に入れています。

近くの町では死者や行方不明者がでています。
私は、天災の恐ろしさを目の当たりにして言葉になりません。ただ、ただ怖い。濁流のせまった危険な場所で働く人々がどうか無事故で、怪我をする事がないように、これ以上被害が広がりませんように・・・・。
祈るばかりです。

寝ていても濁流の音が部屋の中にまで響いてきて、仰向けになった布団の奥底に川が流れているんじゃないかという感覚に襲われます。
私は濁流のうえに仰向けになって浮いて流れているような感じ・・・。

これから祈るような気持ちで布団に入ります。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

大雨&私のカラダ

こんばんは。久しぶりです。

私の住んでいる地域は大雨が降っています。山崩れの危険性がここ10年間で最も高いそうです。
近くの川もこれ以上ないくらい水位が上がって、濁流が流れてます。ときどきサイレンも鳴ってますね。
となり町は1000人くらいの住民が公民館に避難したそうです。
まだまだ降り続くそうで大事にならなければいいですが・・・。

先日書きましたが、この夏泳ぐかもしれないと思って、早速脱毛剤を使いました。値段高めで効き目のある、やっと手に入れた商品でした。
しかし、睡眠薬が入っている状態で試してみたため、塗って30分以上もおいてしまいました。気づいて、慌ててシャワーで洗い流しましたが、かなりかぶれてしまいました。両足が赤く腫れあがり、ひりひりしている状態です。
しばらくはお風呂に入れそうにありません。

あとは、また月経痛になりました。昨年の12月に失神しそうな激痛におそわれましたが、今回は早めに鎮痛剤を飲んだのとホカロンをしたのが良かったのか、軽くすみました。

悪いのは今の病気だけで充分なのになあ・・・。

そんな一日でした。

外はどしゃ降りになってきました。川が氾濫しないといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

プリンタープリンタープリンター

記事を投稿しようと思って、ココログトップページからログインしても、なかなか次の画面に変わらないんですよね(TOT)
新しい記事の投稿(白いページ)に辿りつくまで30分から1時間くらいかかりました。私はてっきりうちのパソコンの不調が原因かと思ったら、他の人もそうだったみたいですね。

ホントに頑張ってください!niftyさん(┘゚∀゚)┘

うちのパソコンにはプリンターがついてません。なのでいいHPを見つけても、文章をコピーできれば助かるのですが、全部ノートに手書きで写しています。
青空文庫というHPの昔の作家の随筆もみな、プリンターがないおかげで全部手書きなんですよ。

この前、うちのブログの昨年8月から今年6月までの記事を全部、ワードにコピーしました。もちろんコメントくださった方々の文章もすべて。
そして、CD-Rに保存しました。うちのパソコンが壊れてしまうまえに。
自分の心の記録と皆さんとの交流は宝物なので、このCD-Rは永久保存します。

うちのパソコンが壊れたら、友人のパソコンを借りて、約一年間の心の交流をじっくり眺めたいと思います。

しかし、プリンターがあれば便利ですよね。過去の自分の記事をいちいち手書きで写さずに済むのですから・・・。
誰か不要になったプリンターありませんか?
とりあえず、原稿をコピーできたら助かるな~と思っています。
いやっ、でもね・・・ネットで譲っていただける方を募ってもトラブルがあったりしますから遠慮しときます(^m^*)

だったら最初から書くなって感じですね。自分にオイってツッコミいれちゃいました(ノ><)ノ

まあ、とりあえずCD-Rに保存したものをプリンター持っている友達にコピーしてもらおうかな。

私は未だに原稿はすべて手書きです。国語辞典は手放せません(;^_^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

あり合わせのもので

毎日暑いですね。夏バテなどしていませんか。

このパソコンのある部屋っていうのが、夏暑く、冬寒いという、パソコンにとって良いとはいえない環境にあります。無人になると冬でマイナス5度くらい、夏で30度以上いくでしょうか。パソコンの寿命がちぢまないといいのですが。

夏になって助かる事はお風呂です。胸元が苦しい状態で湯船につかるというのはちょっとしんどく、シャワーだけで済むというのがいいです。
あと、洗物や洗濯をするとき、水に手をひたすのが気持ちいいですね。
柔軟剤の香りはさらに癒してくれるような気がします。

暑いからといって冷たいものばかりを食べていると良くないと思い、昨日と今日、連日でこんなものを作りました。
材料は、キャベツ、チンゲン菜(だと思う。青菜だった)、玉ねぎ、にんじん、豚のひき肉です。
野菜をコンソメスープで茹でます。
そこに、豚のひき肉にしょうがのすりおろし、ほんだし、昆布茶(粉末)をいれ、よくまぜ、丸めて、片栗粉をまぶし、入れます。すぐにできます。
うちは肉よりも野菜を多く入れます。特にキャベツをどっさり入れました。簡単にできて、一品でたくさんの栄養がとれるので、母にも好評でした。
材料も調味料も好みの量だったので、小さじ一杯だとか、野菜に対して肉がどれだけとか、細かく書けないですが、美味しくいただきました。

ありあわせのもので作ったものだから、もっと他に工夫をしたら、さらに美味しくいただけるかもしれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

実現しますように

パソコンを開く回数がここ最近へってしまってます。

一昨日、夕食後にブラジル人の友達から電話が入り、深夜まで話をしていた。和食チェーン店で飲み物だけで3時間もねばってしまった(;^_^
会わないうちに、ずいぶん会社での立場が変わって、110何人の面倒を見ているのだそうだ。20代前半の若さで、日本人でもあまりいないのに、凄いとしか言いようがないが、友人として誇りである。昔からそうだが、きっと私の前と変わらない誠実さと信頼性で、会社からも皆に慕われているのだろう。語学能力がすごく高く、のみこみが早い。計り知れない努力をしてこられたのであろう。しかし、内容を聞くにあまりにハードで体調を壊しはしないかと心配だ。食事も飲み物がコーラで、お菓子を食べ、肉が好きだという。野菜は食べないらしい。(日本人とブラジル人とでは食生活が違うけれど、これで大丈夫なのか?)人に何かを頼まれても断われない性格。たいしたことはしてやれないけれど、充分に気をつけるように言った。

その後も車のなかで会話をする。信号が青にかわって、急にスピードをあげ20キロ、30キロ・・・80キロ、ワァオ~。これでもし事故ったら、この人と新聞に載るのか、ニュースで名前を読まれるのか。いつも縁起の悪い事が頭をよぎってしまう。

もし時間があったら川で泳ごうってことになったが、考えてみれば、子供が泳いでるくらいだな。女性は子供が泳いでるとこを見ながら、川に足を浸してるくらいだ。でも童心に戻って、魚を捕まえ、きれいな小石を拾うのも、またいいな。いっそビキニ姿で目立っちゃえ!しかし、気をつけないとカモシカがでるぞ・・・。いろいろ想像はふくらむが、健康にならなければならない。

実現すればいいと思う。

泳げる川って少ないですよね。泳げるくらいきれいな川ってありますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

心の中に花を咲かせてくれた人

*昨夜の11時に載せるはずの記事でした。
なかなか次の画像へ変わらず、載せるのに苦労しました。トホホ(;^_^
パソコンの不調は続いてます(ノ◇≦。)

うちの地元にちょっと珍しい農産物直売場がある。
野菜や果物などの品が豊富で価格も安い。反対側に植物・園芸がある。
お世辞にもきれいな店内だとは言えないが、広くて、いつも混んでいる。
外には店主の趣味で、いろんな動物がいる。ヤギ、ダチョウ、クマ、イノシシ、サル、ポニー・・・。キツネがいたときもあった。なんでも店主が捕まえてきて飼育してるらしい。小さな子供達にはちょっとした動物園感覚か。私も時間があるときは眺めたりしている。

そこに行ったら、ちょうどテレビ信州の取材班が来ていた。カメラがあったので気がついた。近くに女性アナウンサーがいた。可愛らしい方がいるなと思っただけで最初は近すぎてわからなかった。テレビでも肌が綺麗だったが、実際も肌が綺麗で艶があった。失礼だからそんなにじっと見なかったが、ピンクのアイカラー・チークカラーが健康的で表情に柔らか味があった。
店内の品を興味深そうに眺めていた。飾らず、どこにでもいるお姉さんのように店員と話をしていた。
いままでもアナウンサーに出くわす事はあったが、一番の好印象だった。

女性から見ても惹きつけられる同性っていますよね。

今度テレビで見かけたら、この方を自然と応援しているかもしれません。

このアナウンサーのように可愛らしい花が、心の中にぱっと咲くような出来事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

真の優しさ

昨日、プロレスラーであり、役者でもある方からメールのお返事を頂いた。
彼はスペイン語番組にこのあいだまで出演していて、私もテレビを見ながら一緒に勉強します、とメールで約束していた。それで今度お会いした時はスペイン語で挨拶しますよ、と言っていたのである。
3日前、試合で長野市にきたのだが、同じ県内でも遠くていけなかった。
それについての連絡をしたのだった。

それと次のように近況報告もした。
「私は今年で通院8年目になります。薬は手放せないし、寝たきりの日もあるんです。でも、人の痛みがわかり、人に優しくできるのなら、治らなくてもいいとさえ最近思います」と。

それに対し「貴方は俺よりはるかに強くたくましい心をもってますよ」
中略「人間としてお金より価値ある人ってどういう人をいうのか、たまに考えます。そんな人になりたいですよね」
私はその返事を見たとたん、パソコンの前で考え込んでしまった。パソコンの前からしばらく動く事ができなかった。

彼とは昨年、出演する舞台にご招待していただいてからたまにメールするようになった。たいへん律儀で優しい人格者である。今年の2月に家の近くに試合にきたときも、挨拶をすると立ち止まって話に応じてくださった。

その素顔と違い、リングに上がると強くて華麗な戦う男にかわる。そのギャップに目を見張ってしまう。
彼の職業、人柄、オーラ。すべてが雲の上の存在。

会って話してるとき、メールをしているとき、私は夢のつづきでも見ているような錯覚におちいる。

私は昨夜、友人から以前いただいた彼のタイトル戦の試合をビデオで見た。
何回も何回も見ているのに涙が止まらなかった。プロレスってそういうものなのに、相手の技を受ける、イスで痛めつけられてるのを見て、こっちまで構えてしまう、身体が痛くなってきた。
その後も魔法にかかったように頭がボーっとしてしまい、薬を飲むのも忘れて、朝まで起きていた。

そして今私はここで誓いたい。

なんとしても生きよう。最後に目を瞑るとき、私の人生に後悔がないように・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

確かめないと

このブログによく”マック”がでてくるので、しょっちゅう食べている印象があるかもしれませんが、食べる時で週3回、食べないとなると2、3ヶ月くらい間があきます。ふだんの食がブログに書くには、あまりに普通すぎる、地味なので全国各地にある”マック”を出すことにより共通の話ができればなあと思って・・・。

普段だと一日に必要なカロリーにとどかないのか、栄養がかたよっているのか、月経不順になるのです。いつから気づいたか忘れましたが、それ近くになって重点的にマックを食べると必ず来るのです。女性の機能がちゃんと働くのはうれしいことです。

今日も行きました。頼んだのは、たまごダブルマックとえび・・・なんだっけ(笑)。頼んでおきながら名前を忘れてしまった。その2つをお願いしました。そして手渡されるとき店員が「ソースはいいですか」と聞いてきたので「はい」とこたえました。でも、頼んだのは、たまごダブルマックとえび・・・で(その場ではちゃんと商品名を言いました)おかしいなとは思ったのですが、商品を間違えられる事は今までになかったので、そのまま行きました。
それでもと思って、中を確かめるとたまごダブルマックと”チキンマックナゲット”が入ってるではありませんか。引き返してレシートをみせ、えび・・・に換えてもらいました。

今度からその場で確かめるようにしなければいけませんね。

私が行くお店は、開店して早めに行くと、待っているあいだドリンクのSサイズ・ウーロン茶をサービスしていただけます。まえにそのようなことがありました。どこのお店もそうなのかな。
スマイル0円はありません。

結局たべておきながら、えび・・・バーガーか最後まで名前を思い出せなかった(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »