« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月27日 (火)

素顔を暴きます②

うちの親戚、とくに母方は昔気質で、考え方に柔軟性がなく・・・もうほぼ私とはここ数年ちゃんとした関係がないです。年賀状の交換と、冠婚葬祭で顔を合わすくらいです。
父をなくし、お世話になっていますが、不登校をした頃から雲行きがあやしくなってきましたね。

母が今日、葬式に参加して来ましたが、やはり「どうせ、たかこは、毎日パソコンやってるんだろう。ったく、どうしようもないな」と呟いてたそうです。

文章で身を立てたい、それ相応の結果がでてるのは、認めてくれてるんですが、とにかく「家にこもる」というのが気になるらしいです。心配するがゆえの言葉とは重々理解していますが。

私の両親の親戚の暗黙のルールがあります。すこし挙げてみますと

①箸の上げ下ろしにも、緊張感をもってしまう。特に幼少時。

②言葉づかい。とにかくきれいな日本語を使うこと。マジ、などという言葉は当然許されない。

③たとえ彼氏ができても人前でイチャイチャするのもひかえる。手をつなぐのも気に入らない。
肉体関係は、本当に大切な人、結婚すると誓った人としかしない。
親戚のなかには、できちゃった婚の人もいるが、みっともない、世間体が悪いと容赦ないバッシングが飛んだ。16、7才で子供ができた人には、非国民的扱い。

④外見。私が思春期の頃、ニキビひとつできたことでも注意がきましたね。

とにかく世間体を気にします。人を差別します。

私は心の病ですが、親戚の中に精神病の人がいるのが、みっともないという発想もありますね。

もちろん、親戚の良い面もありますが、特に私が気になる点を挙げてみました。

心の病って、ただでさえまだ理解がありませんからね。自分の田舎は、○○様がうつ病ってこと自体に「あんなもん、贅沢病だ!」と言う、おじさんはざらにいます。

ホント悲しいことだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

呼ばれ方

普段、男性から私はこう呼ばれてます。頻度で言うと

1位○○さん

2位あなた

3位○○ちゃん

子供の頃は、ちゃん付け、あるいは呼び捨てだったのですが、年を重ねることで、おそらく振舞いも、話し方も、声も大きく変わり、男性も私への態度が変わってきたのでしょう。

なので、男性から、めったに呼ばれないちゃん付けで呼ばれると、一瞬その人を好きになってしまうほど恍惚してしまうのです。

だから、私を呼んで。

たかこちゃん。

たかちゃん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

このブログも素顔です。

ああ、もうボロボロ。でも今から始まったことじゃない。

このブログに今まで綴ってきたことは、ブログ用に言葉を選んだとはいえ、真実だし、素顔。

生身の人間の身体の中で実際に起きていることで、心の叫び。

最近パワーは出てきたし、過去について振り返るなかで、訴えれば勝てる要素はたくさんあるんじゃないか。

泣き寝入りはしたくない。

人生の勝利者になることを目標に。

いまに見てろよ、自分に傷を負わした奴ら。

いまのうちに美味しいものを食べて体力付けとけ。

ってプロレスラーのマイクか(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

私の素顔を暴きます①

事情でブログ記事をときにオブラートに包んで、書くときがあります。
この人、どんな人なんだろうと素顔が見えにくくて、気になっていた人へ。
私の素顔を何回かに分けて暴きますね。可能な限り。

まずは、私の病気から紹介しますね。

精神科・心療内科に通い始めて8年になります。
私のはっきりした病名を告知されたのは一昨年の12月でした。

抑うつ神経症

統合失調症の傾向があるということでした。

このなかの主な症状は

●自生思考
とりとめのない種々の雑念が勝手に浮んでくる。自分の意識と無関係に発作的に押し寄せる。頭の中がごちゃまぜとなってまとまらなくなる。

●自生視覚表象                     
明瞭な視覚表象が自然と頭の中に浮ぶが、それは過去の体験や空想以外のものである。

●自生内言ないし考想化声
言葉が浮んでくる。それは自然に出てくるがその言葉の内容は全く考えていない事であったり、考えている事の逆の事であったりする。

●自生空想表象
続に言う白昼夢と呼ばれるもので、物語性の展開を有する空想的情景表象である。主として視覚性であり、典型例では患者はそれに没入し気が付くと1時間とか長い時間がたっていたりする。

●固有感覚性気付き亢進                  
自分のすることに知らず知らずのうちに意識的になる。無意識にできない。ただ、手を前に出す事や、自分の声を出す事に。

中2のときが一番強かった。今も断続的に続く。

●音楽性幻聴
テレビのCMや小学校唱歌などのメロディーが自然に頭の中に鳴り響く。

好きでもないメロディーが小さく流れる感じ。

●面前他者に対する注察・被害念虜
周囲に人がいる場所で、人から見られている。あるいは人が自分の事を悪く言っている、と感じられるが、被害妄想とは異なり確信度は半信半疑である。

これは子供の頃強かったな。今も人中に行くとたまにあらわれる。

これが私の病気です。

あと自分の推測ですが、人格障害の症状にもあてはまるんじゃなかという症状もありますね。

喜怒哀楽が激しいブログですが、改めてこれからもよろしくお願いします。

あのう、コメントのしようがない記事もありますが(苦笑い)、気軽にコメントしてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

克服

今日久しぶりに会に参加してきました。

そこで本を読み上げることをしてきました。子供の頃の私なら、赤面し、その場から逃げたくなるほど緊張していたのですが、今日は堂々と皆の前で読みきることができました!

子供の頃の弱点を、知らず知らずのうちに克服できてました。

あとは、ゴキブリも怖くなくなった。お化けもあまり怖くなくなりました。

今日の人前での読み上げは自信がつきました。

克服できたことたくさんあります。

だから、あなたもあきらめないで。
(自分が言うのもおこがましいですが・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

廃人

なんだかトラックバックがすごい数だな。

今の私は、それすらも削除する気力もありません。

薬大量に飲んじゃった。母は寝てる。正装して近くの深夜2時までやってる、飲食店に飛び込もうかしら。

このブログの読者で、プロフィールも見てる方なら、私がいま窮地に立たされてることは察知できるでしょう。

ああ、ちょっとの間、廃人にさせて。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月14日 (水)

都合により削除しました

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ねこさん、ありがとう。

最近の私の小さな幸せは、思い出のカセットテープが見つかったことでした。
3年ほど前でしょうか、うちで法事をやるといって、千葉や埼玉などからたくさんの親戚が集まるので家じゅうを大掃除しました。
そのとき以来行方不明になっていたのです。もう、あきらめていましたが、数日前、物置の中で見つかりました!

尾崎豊に、ミスチル、相川七瀬、ザード、GLAY、華原朋美、岡本真夜、ミーシャなどが入ったテープです。私が思春期によく聴いていた曲です。
尾崎豊の15の夜、I LOVE YOU、OH MY LITTLE GIRL に大号泣です。

あともうひとつ嬉しいことが。よくコメントを下さる「ねこさん」の紹介でYou Tubeというサイトを知りました。

もう、好きなミュージシャン、芸人を無料で見放題ですから、テレビを見る時間が減りました。
私のおススメは、ドリカムのやさしいキスをして、DEENのLIVE映像、コーネリアスのTV出演映像、板尾創路の素顔が垣間見られる番組、ふかわりょうのガキツカでの奮闘ぶりなどなど。

生きる楽しみができました。ねこさん、ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

人間の特性だもの

自己レス

前の記事、刺激が強かったかな。削除しようかと思ったけどそのままにします。

載せちゃったのに、数分後に後悔しちゃうこと。自分のブログならまだいいけど、某プロスポーツ選手の掲示板で先月そうしちゃいました。たいした内容(誰かに不快を与えるとか)ではありません。ただ自分の気分の問題です。

人間、表もあれば裏もある。
明るい部分、恐ろしい部分、暗い部分、変態な部分(笑)・・・いろいろあっていい。
人間は感情の動物だもの。ほかの動物にはない特性、財産だから。

自分をそう解釈してるから、貴方のあらゆる部分、躊躇せずにいろいろ見せてね。

寛大な気持で受け止めます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

今のうちに

25歳から一気に老化していくというイメージがあるので、若いうちに、まだ辛うじて20代前半に見えるうちに様々な出会いをしておきたいと思います。
鏡でじーっと眺めます。すっぴんだったら、高校生で通用するか。いや微妙だな。

最近のくせはコンビニのトイレで用をたした後、身体を洗面所の鏡に映すこと。頭にてっぺんから、太ももまでは映るから。変態か?いや、もうすでに変態です。
成人式の写真も撮ってないから、見合い用の写真、あとついでにヌー○写真でも撮るかな。(コラッ!バー○ンがそんなことしちゃいかん!)。親と親戚の許可が第一おりん。

ヌー○じゃなくても、精神病の波乱万丈オンナの肌をみたいマニアックな人いるでしょ。

冗談はさておき、親が今夜はコンサートを観に行くそうだから、なにを食べようかな。

素朴にごはんと味噌汁にするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

ミス

薬を今の量で服用し続けても、将来に悪い影響はないそうです。と主治医は言っています。

それでも、薬のせいにしちゃいけないのはミス。今日の未明にミスをしてしまいました。
コメントくださった方が宮崎にお住まいだと自己紹介されてるのに、「お住まいは九州ですか?」って聞いちゃいました。ごめんなさい。

もともと、自分の天然ボケっぷりを気にはしていたものの、「こういうキャラが一人いることで周りの空気が和めばいいや」などと良いほうに解釈していました。

重大なミスがでないように気をつけないと・・・。

皆さん、こんな私を許してね。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年3月 4日 (日)

薬とアルコールの関係

こんばんは。

昨夜は、いつもの睡眠薬、頓服合わせて10錠に、和田アキ子がCMやってるマグナム・・・なんだっけ。ちょっと待ってください・・・わかりました!ゴールデンドライ500mlを薬と一緒に飲みました。
効くのが早くて、あっという間に安息の地へ誘われ爆睡。
起きてるのが苦しくてたまらなくて、薬と酒を一緒に飲まないと楽しい場所へ行けないなんて。

念のために言っておきますが、昼間から酒なんて飲むことはありませんよ。私の大切な皆さんが勤めている時間ですもの。罪悪感があります。

アルコールと睡眠薬の危険性。
それは色んな人に相談してみましたが、危険ですね、という人と、薬の効果が消えてしまいますよという人、タウン紙の正しい薬の飲み方のコーナーには、血液中の薬物濃度が上昇し、重篤な副作用が出ることがあるます、とありました。

しかし、私は主治医の意見を取り入れています。

「先生、薬とお酒いっしょに飲んだら危険ですか?」

「そうですね、あまり飲み過ぎなければ大丈夫ですよ」

「あまりって、どのくらいの量のことを言うのですか?」

「ビール3本くらいですよ」

「350mlのビール3本ということですね」

350ml3本といったら、1ℓをこえるから、500mlだったら大丈夫かしら。

私はそう勝手に解釈し、ゴールデンドライ500mlを飲みました。

翌朝はしっかり目が開き(笑)、普段と変わらない体調でした。

でも、布団に入るとき心配ですね。どうか、明日の朝も目が開きますようにと祈る気持で寝ます。

そういえば、ゴールデンドライが出たおかげで、近所のスーパーでマグナムドライ350mlが110円で売ってる。これはまとめ買いしなければ。

でも、このブログを読んだ皆さん、薬とアルコールの関係は、主治医や薬剤師にきちんと聞いてから、節度を守って、付き合ってくださいね。

成長盛りの良い子のみんなはマネしないでね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ふかわさんへアタック

2月28日、25になったぞい!

年齢ばれちゃったな。

お祝いのメールやコメントありがとうございました!

なった当日は「もう、25か。私。なんだか泣けてくる」そんな気持で布団からなかなか出られませんでした。

オバハン?じゃないですよね?

だって、シャワー浴びるとちゃんと水が弾くもの。まだまだピチピチですよ。ちと痩せすぎですが。

あとそう、重大発表があります。

私は8割方オトコ友達なのですが、実は25年間、彼氏と呼べる人がいないんです。
一時期は恋愛感情さえもなくなりました。女性にとって大切な月経も止まりました。

25年間、バー○ンの女、いまどき貴重ですよ。

彼氏を今年は作れるでしょうか。候補はいくつか挙げています。

いろいろ考えた中で、ふかわりょうさんにアタックしてみたいです(笑)。

テレビではいじめられキャラです。この間見た、バラエティでも酷な扱いを受けてました。

しかし、10年ほど前はヘアバンドをし、イケメン高学歴芸人として、今では考えられないような扱いでした。
そう、あなたは、イケメンで慶応ボーイで、優しいご両親の音楽一家で育ち、ピアノが弾け、DJもでき、週刊ふかわでは文才ぶりを発揮しております。
ジェネジャンでの話しっぷりと、出演者の女の子の辛い過去の告白に、その大きな瞳をウルウルしていたとこ見逃しませんでした。

ある晩、いつものように薬を飲み、効いてくるまで、私がとった行動は、なんと・・・。
マイピクチャに入ってる、ふかわりょうの写真をカラーコピーしまくっていたのです。
気が狂ったように、ふかわりょうを集めました。
次の日、私の部屋はふかわりょうのコピーで埋め尽くされていましたとさ(苦笑)。
おかげで、インクの量が一気に減りました(-_-;)

何がいいって上に上げたことと、物欲がない、犬が好き、細身でありながら、けっこう筋肉がある、学生時代陸上部だったので走るのが速い。
物欲がないのが、ポイントで、どんどん貯金できる。そして安定した老後を送ることができそう。

あと、愛車のフォルクスワーゲン・ニュービートルの助手席に乗せてください。

心の病持ってるけど、わたし将来はあるよ(多分)。
身体が弱い分、美味しい料理つくって、洗濯して、いつもきれいな部屋で過ごせるよう、努力して、穴埋めするから・・・。

ふかわさん、「週刊ふかわ」と「ふかわりょう」で検索すればここに辿りつきますから、待ってますよ。

私の妄想はふくらむね。

皆さんマイナーなネタにつき合わせちゃってごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »