« ふかわさんへアタック | トップページ | ミス »

2007年3月 4日 (日)

薬とアルコールの関係

こんばんは。

昨夜は、いつもの睡眠薬、頓服合わせて10錠に、和田アキ子がCMやってるマグナム・・・なんだっけ。ちょっと待ってください・・・わかりました!ゴールデンドライ500mlを薬と一緒に飲みました。
効くのが早くて、あっという間に安息の地へ誘われ爆睡。
起きてるのが苦しくてたまらなくて、薬と酒を一緒に飲まないと楽しい場所へ行けないなんて。

念のために言っておきますが、昼間から酒なんて飲むことはありませんよ。私の大切な皆さんが勤めている時間ですもの。罪悪感があります。

アルコールと睡眠薬の危険性。
それは色んな人に相談してみましたが、危険ですね、という人と、薬の効果が消えてしまいますよという人、タウン紙の正しい薬の飲み方のコーナーには、血液中の薬物濃度が上昇し、重篤な副作用が出ることがあるます、とありました。

しかし、私は主治医の意見を取り入れています。

「先生、薬とお酒いっしょに飲んだら危険ですか?」

「そうですね、あまり飲み過ぎなければ大丈夫ですよ」

「あまりって、どのくらいの量のことを言うのですか?」

「ビール3本くらいですよ」

「350mlのビール3本ということですね」

350ml3本といったら、1ℓをこえるから、500mlだったら大丈夫かしら。

私はそう勝手に解釈し、ゴールデンドライ500mlを飲みました。

翌朝はしっかり目が開き(笑)、普段と変わらない体調でした。

でも、布団に入るとき心配ですね。どうか、明日の朝も目が開きますようにと祈る気持で寝ます。

そういえば、ゴールデンドライが出たおかげで、近所のスーパーでマグナムドライ350mlが110円で売ってる。これはまとめ買いしなければ。

でも、このブログを読んだ皆さん、薬とアルコールの関係は、主治医や薬剤師にきちんと聞いてから、節度を守って、付き合ってくださいね。

成長盛りの良い子のみんなはマネしないでね。

|

« ふかわさんへアタック | トップページ | ミス »

コメント

はじめまして。たびたび覗かせていただいておりましたが、今日初めてコメントさせていただきます。
僕は宮崎県に住んでいて、自分のブログで「人間の存在意義を絶対的に保障する哲学」の考案・考察をしております。
「人間とは『勝つ意思』のカタマリである」というのが僕の持論ですが、
気分のいい時、気が向いた時にでも、たまにフワリと訪れていただければ幸いです。

僕も以前、精神的にどうかなった時代がありますのでね・・・。
ぼちぼち、生きていくとしましょうか。

こちらでは、菜の花が満開でとてもきれいです。
そちらにも、春の気配、ありますか?

投稿: e-wwill | 2007年3月 5日 (月) 23時01分

e-wwillさん、初めまして。コメントありがとうございます。

そちらのブログ拝見しました。なんか、高尚な印象を受けました。
私、ついてゆけるかな・・・。

まあ、e-wwillさんがよければ、ざっくばらんに色々お話ししましょう。

>菜の花が満開でとてもきれいです
この時期に菜の花ですか。お住まいは九州あたりですか。

長野は、雪がまったく降らず、暖冬ですね。

>春の気配、ありますか?
うちの庭にフキノトウができてました。フキ味噌にして美味しくいただきましたよ。

これからもよろしくお願いします。


投稿: たかこ | 2007年3月 6日 (火) 01時21分

e-wwillさん、私、前のコメントでミスしました。
すみません。

>お住まいは九州あたりですか。

お住まいは宮崎なのですよね。

薬がはいっていました。

失礼いたしました。

私も、おこがましいですが、ハタからすると人生の失敗、挫折と思える部分も、その人自身が強くなり、解釈のしようによって、いくらでもプラスにひっくり返せれると思います。

そう信じて生きています。

これからもよろしくお願いします。


投稿: たかこ | 2007年3月 6日 (火) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬とアルコールの関係:

« ふかわさんへアタック | トップページ | ミス »