« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

退院

今日のBGMは、ZARD
多くの曲を聴けるだけ聴きたい。
母が腰痛でうなされてる隣の部屋で、イヤホンでZARDの曲を毎晩、聴いていたから突然のことにビックリ。ご冥福をお祈りいたします。

好きな曲たくさんあります。
DEENへ提供した曲なんか好きですよ。一時は歩きだすと必ず頭の中で流れ出してきたりしました。
ご本人のは挙げきれないですが、よく聴いてたのは、My Baby Grand~ぬくもりが欲しくて~、Brand New Love 永遠、こんなにそばに居るのに、ですね。

母がおかげさまで昨日退院してきました。親戚の車に乗せられて。
親戚にはずいぶんお世話になりました。まいにち通ってくれて、献身的に看病してくれました。
私は接してきた皆様のおかげで影響を受け、親戚が母に「たかこ、素直になったなあ」といってくださいました。以前、このブログで親戚は厳しいなんて書いた自分を猛省します。

腰痛はまだ残り、血圧も高いです。
しばらくは、母の手と足にならなければなりません。普段、すごいにぎやかい母なので、一人のときは、静まりかえっていました。しかし、帰ってきた母は家の懐かしさと、6人部屋で気を使い、疲れた様子で無口です。たまに顔をしかめるので心配です。これから、お風呂に入って身体を洗ってやりたいと思います。

血圧は心配です。一時230あったそうですから。
食事管理には、まかせろの私です。親戚から母に「たかこの言うことをよく聞いて、食後の甘いものをやめ、ウーロン茶をちゃんと飲むように」言われてました。母も説得されたようです。私が言っても聞きませんからね。

入院して、一人のとき、たくさんの人に助けられました。このブログでも御礼申し上げます。
コメントをくださった方もありがとうございました。

お礼の連絡は昨夜(メールやTELで)しましたが、改めて。

私が出会ったときは編集長。現在社長(良くしてくださってる友人です)にも退院の連絡をし、喜んでくださったので、それを伝えた母のコメントったら「そんなお偉方に言われてうれしいわあ~」だって。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年5月27日 (日)

最終日

期間限定ひとり暮らし11日目。

今日のブログを書きながらのBGMはMr.ChildrenのAny

天気がいいので洗濯。黄砂の影響で、軒下に干す。
黄砂って凄いですよね。中国から飛んでくるのだもの。
砂とともに、中国の風景や人々生活まで一緒に乗ってくるようで、なんだか黄色く霞んだ空に想いをはせてしまいます。私が知っている中国の情報、テレビの映像だとかが次々と浮かんできます。
それが被害になってるそうですが、窓越しの空に旅行気分です。

さて、昨夜の土曜の夜はケータイ短歌に番組内では紹介されませんでしたが、プロの歌人に選んでいただけて、番組ホームページに載っています。

番組HP http://www.nhk.or.jp/tanka/
5月26日放送分です。

よかったら見てくださいね。

ひとり暮らしも今日で終了。母と長く離れて暮らすのは初めての経験ではないでしょうか。
中学生の時もありましたが、もっと早く退院してきたと思います。ちょっと淋しいです。

今日も昼間は女友達と外出してきました。
明日、親戚の車に乗せられて母が帰ってくるので、それに備えた買い物をしました。
ご馳走なんて、とんでもない。お茶菓子です。

外出先でタイプではないけど、相談に乗ってもらいたい印象の顔見知りの男性に連絡先を教える。
さて、お返事はくるでしょうか。

最近トラックバックが多いです。許容範囲が広い自分ですが、意にそぐわないTBは削除しますのでお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月26日 (土)

長電話

期間限定ひとり暮らし10日目。

いい天気なので、大量に洗濯する。いつもだったら面倒くさがって、仕上げの柔軟剤は使わないのだが、気分がいいので使う。
ジーンズが独特のにおいがするので、なんとか消臭できないか。香水だと汗のにおいが混じったときに、変な匂いになりそうだし・・・。やっぱファブリーズかな。いい方法、知っている人は教えてください。

さっきまで、友達とドラッグストアへ買い物へ行ってきた。
友達は赤ちゃんがいて、一緒に車に乗って行った。生後8ヶ月の女の赤ちゃん。人見知りをせず、私と目が合うとニコニコ笑って、表情豊かでとても可愛い。指で触るとけっこう強い力で握り返してくる。それに私の時代にはなかった、赤ちゃん好みのぬいぐるみだとか、しゃぶっても大丈夫なデザインがいいおもちゃがあって驚き。
ドラッグストアは家から遠く、重いものを提げて歩くにはちょっとキツイので助かった。

ひとり暮らしの淋しさを紛らわす手段は電話。
昨夜も長電話してしまった。相手は60代のご夫人。5年前にタウン紙の心に病を抱えた方、友達募集みたいなので、知り合ってからの付き合い。最初は文通だったが、私の感性と文章に惹かれたなんていってくださってたまに会っている。娘さんは一時ひどく、洗剤を食べてしまったり、乾電池を飲み込んだりして、24時間目が離せなくて、付きっきりで入院していたそうだ。
それが、子供の頃からの憧れの地ニューヨークに行ってから、まったく症状に悩まされることがなくなって、今では現地の人と結婚して子供もいるそうだ。

私と会話をして、いろいろな私の変化に気付いてくれる。声のトーンが上がったことや、とても明るくなったことなど。
出会ったばかりの時はできなかったことが、今は当たり前のようにできているので自分の進歩に大変よろこんでくれた。
「ステージが上がってる」とか「ここまできたんじゃない」と言う言葉には、よけい伸展を感じさせてくれる。自分では気付かない変化を教えてくれる人間は嬉しい。

そして、今日も買い物から帰ってきて電話。
今年大学を卒業して、学校の保健室に臨時で着任した友達。面識は何十回もあるが、電話したのは初めて。やはり、心配してもらい、励まされ勇気をいただく。

母が入院してから、30本は電話をしてるだろうな・・・。

そんな生活も、あと3日で終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月25日 (金)

カチン

期間限定ひとり暮らし9日目。

母の退院が決定!28日の月曜日です。

さきほど電話がありました。まだまだ痛みがあるとはいえ、よくなって良かった。

先日、痛み止めの注射を打ったら、気分が悪くなってしまったそうで、母の言い方をかりれば「半分あの世にいっちゃった」そうだ。看護師が深く謝罪したが、病気を治すために入院しているのに腰や血圧いがいの症状(この場合事故)が起こるのはどうしたことか。

私は一日なんとか元気でした。

家庭科の教科書で一日に必要な栄養と言うのがあったが、充分足りていると思う。
本を見ればだいたいの料理は作れる。花嫁修業中なのでね。

今日ちょっとカチンときたことが。
うちの敷地内にワラビが生えるのだが、雨がざんざん降ってる中、黒いかっぱを着た男の人が、入り込んで長い時間とっていた。
それに、その近くに決まった生ごみ捨て場があるのだが、(その男がやったかわからないけど)その中から、抜き取った人参のしっぽが、庭先に落ちていた。
これはカラスや猫の仕業じゃない。その男が来る前に外にでたけど落ちていなかった。

かっぱのおかげで顔が隠れて見えなかった。

今度来たら、延髄蹴りでも見舞ってやりたい(冗談)気分だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

人の温度

期間限定ひとり暮らし8日目。

昨夜寝る前にウォッカを飲んだあと、ハーブティーを多く飲んだため、朝起きたら顔がむくんでいる。

とくに瞼の腫れがひどい。瞼の皮を伸ばしたり、冷却剤で1時間かけて、元に戻した。
夜あまり水分を多くとるもんじゃない。

先週につづき、太陽光発電のセールスマンがくる。男性2人。一人の男性ちょっと弱そうだがカッコイイ。誰かに似ているな・・・そうだ!塚本高史。 歳も近そうだ。名刺には東京本社の電話番号が書いてあり、個人の携帯番号が書いてないのが残念。
母がまだ退院して来ないので、再度来ることになった。

その後、セブンイレブンでセシールの払い込みをし、行きつけのフリーマーケットに寄る。
目的は買い物じゃない。オーナーのおじさんと顔見知りだが、感じのよさそうな方なのでおしゃべりをしたくて近寄った。50代半ばで、東北出身で人生経験豊富なお話しに、つい長い立ち話になってしまった。私の病気のことや、いま母が入院してひとり暮らしのこと、執筆活動のことを熱心に聞いていただき、たくさんのアドバイスをいただいた。
全国あらゆるところに住み、都会と私の住んでいる町の違い、町のよさを教えていただく。
私はふだん自分の街にはあまり関心がない。おじさんは、かえるの鳴き声、青い空に浮かぶ雲の形、木の上の葉っぱと下の葉っぱの心境の違い(上の葉っぱは陽が当たって、下の葉っぱは日陰になって可哀想だとか)の話しをしてもらい、観察眼に感心する。
特に地方弁についての話が興味深かった。ズーズー弁が軽視されてることを淋しがっていた。
確かにズーズー弁、私は違和感を感じるが、短い言葉で意思疎通できるのは凄いと思う。
「その感性、文章になりますよ」と私が言ったら、むかし同人誌に入って散文詩を書いていたそうだが、自分には向いてないそうだ。
ありがたいお話しをしていただき、会話の中で生きるヒントをみつけたかも。
通ってもいいことを言われてうれしい。

私はメールでの人間づきあいもいいが、最近はそれが飽きていて、直接人に会って体温を感じ、コミュニケーションをとることを強く求めている。
母の入院をきっかけにそれが広がってる感じ。昨夜は中学の担任と長電話。

帰り、スーパーでソーダ水、ジンジャーエール、電球、レモン2個、豆乳2本、ホテルパンを買って帰宅。

私の通院している医院は、医者と電話で会話をすれば、薬を郵送してくれる(最近知った)ので、それが届いた。

さてさて、今日も夕食の時間。メニューはご飯、味噌汁、またもや鯵(笑)、豆乳です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

7日目

期間限定ひとり暮らし7日目

今日のブログを書きながらのBGMはMy Little LoverのDestiny

ひとり暮らしをしていて、気持ちが悪くなったときは困る。
月経前は普段より動悸・息切れがある。深く沈む。おとといから今日にかけてそんな状態になるが2時間ほどすれば治まる。よっぽどのことがあったら救急車を呼ぶしかないが。

親戚と連絡を取り、母の検査は異常なし。
明日あたりからリハビリを始めるという。しばらくは退院できないと思う。
今月一杯は入院するんじゃないかな。

母の自動車税を納めに行く。そこで保健婦さんと会い、近況を話す。困ったときは連絡するように言われる。
帰り道、小学校から中学校のとき、行き来した通学路を歩く。よく夢に出てくる場所だ。もしかしたら、10年ぶりくらいかもしれない。家々はほとんど新築されているが、面影は残っている。魚をつかまえた川には、草がぼうぼう生えていた。幼少の頃は、登校時は心臓をドキドキさせながら歩き、下校時はホッとしながら歩いた。行きと帰りでは、風景が全く違って見えた。森や家でさえ、帰り道は自分を誉めていてくれるよな感じを受けた。
今日歩いてみたが、懐かしさを感じることが多く、暗い思い出が頭をもたげることはなかった。

昨夜寝る前にビールとウォッカをソーダ水と蜂蜜とレモンで割って飲んだ。爆睡できた。
しかし、お酒を飲んだ翌朝って顔の毛穴が開いているんだよな。化粧でごまかせるからいいか。
今夜はウォッカをジンジャーエールで割って飲む。

また明日!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月22日 (火)

涙。

期間限定ひとり暮らし6日目。

午前中はいつものように近所のスーパーで買い物。
グレープフルーツ2個、レモン2個、豆乳2本、野菜ジュース、ビール(キリン・ザ・ゴールド)、またもや鯵、ウォッカ、ソーダ水。
なんだか、久しぶりにお酒を飲みたい気分になったから。

昨夜、母と電話で話した。

「お母さんも頑張ってるから、たかちゃんも頑張って!」

公衆電話越しの母の声が途切れ途切れになる。鼻をすすっている。

ブーッと音が鳴るたび、10円玉を放り込むカラ~ンという音。緑色の公衆電話の上に10円玉を積み重ねて話す母の姿が浮かぶ。

このとき、母が家からいなくなり、ひとりになって解放された気分になっていた自分を反省した。
私は深い関係を持った友人が何人かいる。将来、結婚するかもしれない。
しかし、母は父が死んでから私を育てることを励みに生きてきた。そして、老後を迎える母が頼るのは私しかいない。だから、電話の母を弱々しく感じた。

「大丈夫。ご飯はきちんと3食たべているし、家をしっかり守っているから、お母さんも完全に治してきて」私は平静を装い、語気を強めていった。

入院するまでの家で寝ていた一週間は、四六時中ふとんに横たわったままで、食事を運んでいっても興味をしめさず、30分ほどかけて食べていた。
上半身を起こすのも辛く、苦痛にゆがむ表情に眉間に深く刻まれたしわは痛みに耐えてきた時間を物語る。ただ天井を見つめるだけの母は、いくぶんか小さくなり、白いパジャマが、このまま一生治らないんじゃないかという暗い気持ちを誘った。
天井を眺めることに飽きると、カラオケの歌詞集をもっていってやり、母は昔の歌を黄色い声で歌っていた。その歌声は深夜にも私の部屋に届く。

電話を切った後のプープーが、私の意識を母のいる街の入院先に急がせた。離れてもつながってるからね。

昼間、我が家の花壇に咲く、種類は違えど、白いつつじ、マーガレット、名前は知らないが、アジサイに似た白い花が満開なのを母に見せてやりたいと思った。すべて母が植えたものだと思う。緑色の山と近代的な色とりどりの新興住宅街をバックにそれぞれカメラにおさめた。
退院したら見せてやろう。

今週の木曜に退院してくる予定だったが、長引くかもしれない。
今日はMRAの検査をするという。もう、結果がでたのだろうか。親戚に先ほど電話をしたところ、明日また電話を入れるように言われた。

今日、また腰が痛み出し、痛み止め注射をして、静まったかと思ったら、気分が悪くなってしまったそうだ。心は健康でひとりで3人分賑やかい母の体は意外と繊細だ。

さっきまで友達に電話をした。みな結婚をしている。困ったことがあったら、連絡するように言われた。本当に助かる。このブログを書いている間も、先日メールした友人が北海道から帰ってきたついでに寄ってくれた。

母の入院をきっかけに女友達とのつながりが増えている。

今夜はもう夕食を終えて、パソコンに向かっています。

寝る前にビールとウォッカを飲みたいと思う。ちなみにウォッカを飲むのは生まれて初めて。というか、ジンを買ったつもりが間違えてウォッカを買ってきてしまった。ちょっとしか飲めないと思う。

この心境のままだとビールの味はいっそう苦く感じそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月21日 (月)

主婦気分

期間限定ひとり暮らし5日目。

昼食を終え、ウーロン茶を飲みながらブログを書いています。
You Tubeでスキマスイッチの全力少年を聴いています。

今朝は、晴天なので、昨夜お風呂に入ったついでに洗った洗濯物を干す。
私は風呂に入りながら何かやっていないと落ちつかない時があります。湯船につかりながら、歯を磨いたり(おっさんか!)、雑誌を読んだり。
受験勉強をしていたときは、英語の単語や歴史の年表をマジックで紙に書いて、それをビニール袋に入れて、タイルに貼って、湯船につかりながらぶつぶつ声を出して暗記していたりしました。

朝食後、買い物へ。
今日はたくさん寄るところがありました。

まず、ホームセンターに行ってプリンターのインクタンクを買いました。
スーパーに行き、ヒレカツ、カキフライ、野菜ジュース、大葉、プロセスチーズ、チリメンコウナゴ、豚ハツ、牛肉肩ロース焼肉用、(レタスの代わりに)サンチュという野菜を買いました。
母がいるときは、何種類もの野菜を食べますが、家まで運ぶには重いし、親戚からもらったトマトがたくさんあるし、代わりに野菜ジュースだったらコップ一杯半で一日分の緑黄色野菜がとれるというのでそうしています。
家に豚肉の薄切りがあるので、豚肉の上に塩コショウをふり、大葉をしき、細長く切ったプロセスチーズを乗せてまく。ソテーしてもいいし、オーブンレンジで焼いてもいいです。簡単にできます。今日の食卓は肉、肉ですね。

いったん買った食材を家に置きに行き、あと何件か用事があるので再び外へ。
6年前に購入し、私の汗と思い出がつまった、私と一緒に同じ時間を刻んできた愛用腕時計Baby-G。
顔が鮮やかな緑色でお気に入りの品の電池を交換しに行く。わが街の時計屋さん。店内はお洒落なつくりで、親切な60代前半のおじさんが直してくれる。2年は大丈夫だと言ってくれる。

途中、工場の玄関先に赤いリードでつながれた、柴犬風の雑種がいる。
今月上旬に書いた「清里へ」でも、分かるとおり私は大の犬好きだ。散歩している人の顔を見向きもせず、犬ばかり見るような人。おそらく一匹の犬の動きを半日くらい観察していても飽きないだろう。痩せ気味の犬で、人懐っこくて、鼻をクンクンさせるだけで、舐めない。
ずっと触っていたいが、きりがないのでバイバイする。

赤いリードといえば、犬だけじゃなく、国道に飛びださないようにということだろう、おばあさんに赤いリードでつながれた幼児にも出会った。可愛らしいが、なんか可笑しかった。

古本屋へ行き、文庫本のコーナーを物色するが、目的のものが見つからない。
谷川俊太郎の詩集があったので購入する。

フリーマーケットにも行った。
洋服から雑貨、家電、化粧品まである。
下に長袖の白と黒のボーダー模様のボートネックを着て、その上に黒いトレーナを着たような一枚で重ね着しているみたいな服があったので購入。左わき腹あたりに、白とピンクとベージュ色のクレヨンで描いたようなキュートなドクロの画がプリントされてるのもいい。LLサイズとなっているが実際はMサイズくらいの大きさだった。着てみたらちょっと袖が長いもののピッタリだった。

最後にローソンへ。
蟹マヨネーズと梅のおにぎりとベリーアンドホイップクリームを買って帰宅。

田んぼのあぜで今年第一号となるヘビを発見。体長40センチほどのシマヘビ。
尻尾の部分を軽く足で踏んで触ろうとしたが、動きが早い。しゅるしゅると田んぼの中に入って泳いでいってしまった。ウナギみたい。シマヘビは食べると美味しいというが本当か。

私はヘビは昔は大の苦手で(いまも怖いが)、悲鳴を上げていたのに、友人が爬虫類屋をやっていて、ペット用のヘビを何匹も触らせてもらい、首にもまかせてもらい、少し慣れた。
しかし、野生のヘビは怖い。我が家に3年ほど前から節分に食べるすしの太巻きくらいの幅で2メートルのアオダイショウ(大げさじゃなくて本当に出る)が木に巻きついていたりするが、今年も出るのだろうか。前回は捕まえようと思って、スプレーをかけてイジメてしまったが、今年はなんとかして捕獲してみたい。

夜ひとりで歩いていて気をつけなくちゃいけないのは、痴漢やスリじゃなく、草むらにいるヘビだ。ヘビって夜活動するのか?何も知らずにアスファルトをあるいていて、ぐにゃっ、足首にシュルシュル。きゃあ~考えただけで怖い。

今日の夕食は・・・ご飯と鯵と味噌汁の定食だな。肉は昼に食べたから。っていうかブログ読んで魚は鯵しか食べてない人みたいになってるな。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年5月20日 (日)

支える

期間限定ひとり暮らし4日目。

この始まり、テレ朝の黄金伝説みたいだな。

今日は天気が良いので布団を干す。薬が切れていた間、汗がよくでたのでシーツにしても掛け布団にしてもいくらか湿っていると思う。

メールをたくさんの人に送る。返事を期待する時間も楽しい。

さっきまで、カウンセラーの人と長電話。私の近況を伝える。
相手は、不登校児の相談を行っているので、現在の不登校児にたいする世間の反応など興味深く聞いた。私が不登校をしていたとき(10年前にくらべて)学校にはスクールカウンセラーもいるし、中間教室のような行政の受け入れ施設もあって、私の時代よりも心のケアもできているし、世間の風当たりもやや弱くなってきているらしい。
それはいいことだ。学校にも地域社会でも家でも居場所がなくなったら子供の繊細な心はつぶされてしまう。せっかく子供に才能があっても、大人が偏見を持っていたら、貴重なつぼみを摘み取ってしまう、芽を出さずに大人を迎えてしまうことになる。学校だけじゃなく生きる選択肢は多様にあることを知って楽しく、健やかな生活を送ってほしい。

私は学校帰りの淋しげな子供を見るとちょっと心配になる。

私がかつてそうだった。一番は親の理解。親しか自分を守ってくれる人はいない。
世間体など気にせず、子供の命が一番と考え、世間から子供を守り、支え、いつも子供の心の叫びを優先して欲しいと思う。
いじめ自殺の影響もあり、テレビを見ていても、そこまでして(自殺や心の病になるまで)学校に行く必要はないと言っている。
ただ、年配の方を主に「学校に行っていない子なんて」と差別するのはある。
私も成人しているとはいえ、子供の部分もあるが、病気になった自分の経験からして、子供の心と体の安全を常に切実に願う。

あと、どうしてもお伝えしたいことが。今年の3月に「廃人」という記事を書きました。
そのときコメント欄に「通りすがりの猫」さんというお名前で、お母様がやはり病を患っていて、弱っている私に対して親切にレモングラスのハーブティを飲むことをすすめてくださいました。

山梨の清里高原に行ったとき、ハーブティーを買い、一日に多いときで3回、一日1回は必ず飲んでいます。おかげさまで香りがよく、とても心が落ち着きます。

ドラマの中でよくある台詞ですが、「せめてお名前だけでも」といいたいです。
ブログ上ですが、通りすがりの猫さん、ご本名をご住所を知りたい気分です。命の恩人みたいなものですから・・・。

それに、いつもコメントで自分を支えてくださる皆様にも感謝感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

これはどうしたことか

期間限定ひとり暮らし3日目。

家にぽつんと一人でいるとパソコンを開けるのが楽しくてしょうがないな。

中学3年生のちょうど高校受験の2週間前くらいに、母が心臓を悪くして入院したことがありました。
その頃は、家の近くに店がほとんどなく、食料は担任の先生や友人、知人、親戚が届けてくれました。ありがたかったな。そのおかげで食料品が冷蔵庫に入りきらず、母が退院してきても、買い物しなくていいほどでした。

今日もお昼に近所のスーパーへ買い物に行ってきました。
冷蔵庫に何が入っているか、いつも把握していて、足りないものを買いに行きました。
そこで友人に会って「大変だねえ」なんて心配してもらう。ぶらっと出かけた先で知り合いに会うのは嬉しいですね。ひとり暮らしで淋しいのでなおさら。

最初トイレットペーパーとボディーソープを買って、いったん家に置きに行き、また店に戻って、あきたこまち2キロと鯵2匹、人参、アイスクリーム、カップ麺を買う。
(また今日も手抜き料理なことがバレちゃうな)。
今日はまだ良かったけど、汁物(牛乳、果物、野菜など)をたくさん買った日には、それを提げて、家にたどりつくまでの坂道を上がるのは結構きつい。
道で小学生に会うがみな挨拶をしてくる。えらいな。先生からしつけられてるんだろうな。

それで今、パソコンを開けてブログを書いているわけですが、メールチェックしたときにビックリした。なんと今日の未明にセシールで下着を頼んでいたのだ!
「え~私、注文した覚えないよ、午前2時か・・・私その時間寝てたよ・・・」
インターネットから通販のセシールに知らないうちに下着を注文していたのです。さっきも買い物から帰る道、下着が足りないから注文しなくちゃと昼食を終えて、パソコンを開いたら、ご注文内容の確認のメール。

やばい・・・。自分でやったことなのに、注文した覚え全くない。
睡眠薬が効いてるとき夜な夜な起きてきて、インターネットを観覧していたってことだな。
いま、思い出そうとしてもぜんぜん思い出せない・・・。

睡眠薬が入っているときに文章を書いたり、ブログを書いて、翌日目が覚めても忘れてるってことはありません。

これは、どうしたことだろうか。
薬が切れた状態で母の介護を続けて、一昨日から再び6種類の薬を飲み始めました。一昨日も昨日も爆睡でした。

こりゃ、若年性痴呆か??

でも、家の戸締りや火の始末はしっかりやれます。やれなきゃ困るから。

ちょっとショック。今度、医者に聞いてみようと思う。

P.S 昨日のブログのトラックバックすごいな。ごっつあんです!ハゲに関するTB、私は多毛症の傾向にあります。化粧品のオルビス、化粧下地を使っていますよ。ドモホルンリンクルを使うのはまだ早いかな。

期間限定ひとり暮らしのたかこへ励ましのコメントもお待ちしております。

| | コメント (3) | トラックバック (12)

2007年5月18日 (金)

2日目

期間限定ひとり暮らし2日目。

友人と会う約束をしていたがキャンセル。

朝食を食べようとご飯をよそおうと思ったら、昨晩、炊飯器に電源を入れるのをすっかり忘れて、炊けておらず(トホホ)。かわりにバナナ一本を食べる。

昨夜洗っておいた洗濯を干した後、買い物と美容室へ。

洗面所の棚をチェックしたら、残りあとわずかなものがいっぱい。
近くのホームセンターで、クレンジングオイル、化粧水、リップクリーム、クセ毛直しムースを買う。愛用品のDHCのアセローラローションがなく残念。

食料品調達のため、全国チェーン店のスーパーへ。
生ラーメン、チャーシュー、お惣菜のコロッケ2つ、カツサンドウィッチ、プリンアラモード、コージーコーナーのシュークリーム、野菜ジュース、バターロール購入。
(これで、手抜き料理なことがバレちゃいますね・笑)。
店で働く知り合いのおばちゃんに母が入院したことを話し心配していただく。
さっきのホームセンターになかったDHCのアセローラローションがある。

美容室へ。カットの値段が1000円もあがった。
ヘアカタログからカラーコピーしたものを持参し、美容師に見せる。バッサリと切って梳いてもらう。夏に備えて、シャギーを入れてもらい、ショートカットにする。私の地区では老舗の美容室。本当に時間をかけて丁寧にカット&セットをしていただいた。仕上げに、頭を揉んでくれて、肩を叩いてくれる。うなじから背骨も叩いてくれた。気持いい。これは、美容室によってしてくれないところもありますよね。

爬虫類屋(笑)を経営する友人の家へ行くが、就寝中とのこと。

セブンイレブンへ。おにぎり2つ購入。化粧品のコーナーにDHCのアセローラローションがある。それも60ml。いつも買っているのが40mlだから、すぐになくなってしまう。100mlは、店では売っていなくて通販で買わなきゃ手に入らないのかな。

母から電話が来る。
腰だけではなく、血圧が高いので合わせて治療しているそうだ。
腰の痛みはだんだんひいてきたみたいだ。
血圧が200あったそうだ。母は、私と食べ物の好みが逆転して、しつこいものや甘いものを食べる。
母はカレーを食べて、私はうどんとか。食べた後「甘いもの持ってきて~」といってチョコレートやカリントウを別腹といって食べる。
あと、ふつうにしゃべればいいのに感情的で怒ったような喋り方をするので、私は大丈夫かなと以前から心配していた。漬物をよくたべるので塩分の摂りすぎも。
退院したら、徹底的に食事を変えさせようと思う。塩で味付けするところをレモン汁にしたりだとか。
夕食は腹八分目にするように。

夕方、太陽光発電のセールスマンが来る。東京が本社でいまはこの地域を回っているそうだ。
相手がセールスマンであろうと集金のものであろうと、家に人が来てくれるのが嬉しい。母だったら断ってしまうところをじっくりと話しを聞く。男性二人。結婚しているだろうか・・・とかいつも関係ない想像をしてしまう。名刺をもらって、これで逆ナンしちゃおうか(ウソ、ウソ)とか心をときめかせたり・・・。

うちの近くにはアパートがいっぱいある。県外ナンバーが目立ったりもする。独身男性一人ぐらししていて、料理でも作ってあげたいな~なんて思う。数年前まで異性にほとんど興味がなかった。こういう気持がおきるのも健康な証拠かな。

さて、今日も夕飯の時間。

メニューは、上に書いちゃいました。手抜き料理です。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2007年5月17日 (木)

母、入院

母が今日から一週間入院することになりました。

あれから様子を見ていましたが、痛みは治まらず、見ているこっちのほうも痛々しく可哀想なので、親戚に母を迎えに来てもらい、昨夜は親戚の家で一泊しました。
今日、病院へ連れて行ってもらい、診断はぎっくり腰。たいしたことなさそうで良かった。

中学以来の期間限定ひとり暮らしになります。
淋しいですが、母の好みに振り回されることなく、自分のペースで家事ができるのは楽しいですね。

そうそう、介護をしている間、私は薬を切らしてしまいました。
薬を急に止めたので、汗がにじみ出てきたり、消化液が一気に増え、胃がピチャピチャ、不眠が続いていました。薬が入ってないと電車に乗ることが不可能な私は、保健婦さんにお願いして、薬を自宅まで届けてもらいました。

ひとりだと知ると、いろいろ協力してくださる人がいるのは、ありがたいですね。
メールでも励ましてもらいました。

さて、夕食だ!

今夜のメニューは・・・ご飯に味噌汁、アジの開き、山椒と小魚の炒め物です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

次は母が

母が腰痛になり、世話をしています。

もう一週間くらいになるでしょうか。

いつも3日くらい寝ていれば、治っていたのですが、今回は重いようです。

病院にいき、薬をもらって毎食後、飲んでいますが、痛みは治まりません。

激痛で起きるのも辛く、口元にご飯を運んであげないと食べられないときもあります。

でも、自分でトイレに行けるだけはいいですね。

私が良くなったと思ったら、今度は母が。

二人家族って、こういう時、孤独ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

清里へ

GWいかがお過ごしでしょうか。

私は、つい一週間ほど前まで過去これ以上にないほど、体調が悪く、どうなることかと思っていました。ブログも痛々しい内容になってしまって・・・。

それが、ここ数日、とても調子がよく、体もスムーズに動きます。健康のありがたさを身にしみています。

昨日、山梨県清里高原に行ってきました。

なんていうか、夢の続きのような、すっごい幸せなひとときでした。

朝6時に目が覚めた私は「やっぱり清里に行きたい」と、早速、インターネットで電車の時刻表を調べ、ちょうど電車の接続がいいと分かると、あわてて着替え、化粧しました。

飯田線で岡谷までゆき、そこから中央東線に乗り換え、小淵沢までゆき、小海線の八ヶ岳高原列車1号に乗り、清里で降りました。

私は、電車で諏訪から、東京よりに乗ったことがほとんどありません。諏訪を過ぎて茅野に入るあたりから、車窓の風景にくぎづけでした。

中央東線に乗ったとき、隣の席のあんちゃん二人が、ちょっと怖そうなひとで、いでたちはヘビーメタル風。
会話を聞いてると
「俺、もうすぐ500万入る」
「じゃあ250万俺にくれよ」
とか
「よ~しS○Xするぞ~」と周りの乗客に聞えるような声で言ってました。
なんというか、ああいった脱力感、ちょっと憧れちゃったりして・・・。

小海線の高原列車に入ると客層は一転して、みな穏やかで、いい人そうに見えたな。

清里について、まず寄ったのが「磯善」という和食の店で、そば定食竹といって、ざるそばに、いなり寿司、サラダ、お漬物がついたものをいただきました。打ち立てそばなのかな、美味しかったですよ。

そして、萌木の村へ向かいました。

観光客でにぎわっていましたね。

森の中にペンション風の可愛い建物が点在していて、その建物の正体は、おしゃれなカフェだったり、オルゴール体験工房、アーティスト専属の雑貨屋、ガラス工房、レストランでした。

くわしくは、萌木の村で検索すると公式HPがあって様子が分かると思います。

村内は、犬をつれて入れるので、たくさんのわんちゃんがいました。一日にあんなに多くの種類の犬と触れ合えるなんて、犬大好きの私にとっては楽しかったです。
ありとあらゆる種類のワンちゃんを触らせてもらったり、だっこさせてもらったりしました。
昨日、萌木の村で犬を触りまくっていた人を見かけたら、それ私ですよ(笑)。

メリーゴーランドの周りにテーブルがあって、子供がメリーゴーランドに乗る様子を見ながら、カフェする家族もいましたね。

クッキーやケーキのある、カフェに入り、グレープフルーツジュースとレアチーズケーキをいただいたんですが、その店のウエイターが平井堅に似ていましたね。ハーフかな。

といったわけで、都会から来たおしゃれな服装の人、いい男、犬をつれた優しい人、萌木の村につどう人々はとっても素敵で平和な時間が過ごせました。
「あっこの人に声かけたい」と思ったら、背後から彼女が出てきたり、家族がいたり・・・。
まあ、男一人で行くとこじゃないですからね。

でも、ここはカップルで来るところだな、次回行くときは、伴侶を連れて行くのが夢です。

おみやげは、ポストカード2枚、手作りチーズケーキとレモングラスやカモミールの入ったティーセット、清里の駅で峠の釜飯を買いました。

旅をした後は、その日の夜、今日はこんなことがあったな、あんなことがあったなと振り返る時間も私は好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »