« ぶらっとね | トップページ | 次は母が »

2007年5月 4日 (金)

清里へ

GWいかがお過ごしでしょうか。

私は、つい一週間ほど前まで過去これ以上にないほど、体調が悪く、どうなることかと思っていました。ブログも痛々しい内容になってしまって・・・。

それが、ここ数日、とても調子がよく、体もスムーズに動きます。健康のありがたさを身にしみています。

昨日、山梨県清里高原に行ってきました。

なんていうか、夢の続きのような、すっごい幸せなひとときでした。

朝6時に目が覚めた私は「やっぱり清里に行きたい」と、早速、インターネットで電車の時刻表を調べ、ちょうど電車の接続がいいと分かると、あわてて着替え、化粧しました。

飯田線で岡谷までゆき、そこから中央東線に乗り換え、小淵沢までゆき、小海線の八ヶ岳高原列車1号に乗り、清里で降りました。

私は、電車で諏訪から、東京よりに乗ったことがほとんどありません。諏訪を過ぎて茅野に入るあたりから、車窓の風景にくぎづけでした。

中央東線に乗ったとき、隣の席のあんちゃん二人が、ちょっと怖そうなひとで、いでたちはヘビーメタル風。
会話を聞いてると
「俺、もうすぐ500万入る」
「じゃあ250万俺にくれよ」
とか
「よ~しS○Xするぞ~」と周りの乗客に聞えるような声で言ってました。
なんというか、ああいった脱力感、ちょっと憧れちゃったりして・・・。

小海線の高原列車に入ると客層は一転して、みな穏やかで、いい人そうに見えたな。

清里について、まず寄ったのが「磯善」という和食の店で、そば定食竹といって、ざるそばに、いなり寿司、サラダ、お漬物がついたものをいただきました。打ち立てそばなのかな、美味しかったですよ。

そして、萌木の村へ向かいました。

観光客でにぎわっていましたね。

森の中にペンション風の可愛い建物が点在していて、その建物の正体は、おしゃれなカフェだったり、オルゴール体験工房、アーティスト専属の雑貨屋、ガラス工房、レストランでした。

くわしくは、萌木の村で検索すると公式HPがあって様子が分かると思います。

村内は、犬をつれて入れるので、たくさんのわんちゃんがいました。一日にあんなに多くの種類の犬と触れ合えるなんて、犬大好きの私にとっては楽しかったです。
ありとあらゆる種類のワンちゃんを触らせてもらったり、だっこさせてもらったりしました。
昨日、萌木の村で犬を触りまくっていた人を見かけたら、それ私ですよ(笑)。

メリーゴーランドの周りにテーブルがあって、子供がメリーゴーランドに乗る様子を見ながら、カフェする家族もいましたね。

クッキーやケーキのある、カフェに入り、グレープフルーツジュースとレアチーズケーキをいただいたんですが、その店のウエイターが平井堅に似ていましたね。ハーフかな。

といったわけで、都会から来たおしゃれな服装の人、いい男、犬をつれた優しい人、萌木の村につどう人々はとっても素敵で平和な時間が過ごせました。
「あっこの人に声かけたい」と思ったら、背後から彼女が出てきたり、家族がいたり・・・。
まあ、男一人で行くとこじゃないですからね。

でも、ここはカップルで来るところだな、次回行くときは、伴侶を連れて行くのが夢です。

おみやげは、ポストカード2枚、手作りチーズケーキとレモングラスやカモミールの入ったティーセット、清里の駅で峠の釜飯を買いました。

旅をした後は、その日の夜、今日はこんなことがあったな、あんなことがあったなと振り返る時間も私は好きです。

|

« ぶらっとね | トップページ | 次は母が »

コメント

こんにちは。根岸のねこです。
楽しいたびになりましたね。
伴侶といかずともボーイフレンドなら今でも連れて行けるのではないでしょうか。
楽しい時間は道連れがいるともっと楽しくなります。
楽しそうなところですね、私もいつかいけたらいいな。

投稿: 根岸のねこ | 2007年5月 7日 (月) 21時33分

清里は、関東方面からの観光客が多かったですね。多摩とか品川ナンバーがありました。
小海線の高原列車でゆくのも(各駅停車で乗る時間は長いですが)外の風景が楽しめていいですよ。

ボーイフレンドね・・・古い言い方ですが、友達以上恋人未満といえる人は何人かいるんですが(笑)。遠くに住んでいる人もいるので・・・。

このコメントを読んだあなた!次はあなたと行く番です!メール待ってるよ(ちょっと本気)。

投稿: たかこ | 2007年5月 8日 (火) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清里へ:

« ぶらっとね | トップページ | 次は母が »