« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月26日 (火)

日給100円の現実

昨日ある方に相談しました。

勇気のいる事ですが、皆さんに告白します。

最後までしっかり読んでくださいね。

友達から、なにか信念を持つといいよと言われました。

みなさんはすでに知っていると思います。

文章を書くことでしたね。

ブログをはじめたのも、編集者の人に出会ってから、書く習慣を持とう、文章で自分の過去を告白したり、表現することで少しでも人のお役に立ち、自分も人間らしい心を取り戻そうとしてです。
文章を書いて死んでもいいと思いました。

中学時代、不登校で3ヶ月の受験勉強で高校に入りますが、病気があらわになり、自主退学を促されたこと(心神耗弱状態で退学を促した学年主任に法的に訴えようと考えたり)。
中卒の学歴でハローワークに行き、病を抱えていることで味わった深い傷。
当時はお先真っ暗で自殺も考えました。

学年主任を恨んでいて、最近、恨みを晴らすために当時の担任と連絡を取りました。
世の中に生きる希望をなくしたのはずっと昔。
(希望を取り戻しつつありますが)。学歴をカバーしようと人間性を磨くことで努力してます。

私の詳しい生い立ちはプロフィールを見てください。

文章で生きる希望、信念を見出したのが2年前。
当時編集長、現在、社長との出会い、メールのやり取りを交わし、私の人間性を認めて
くれてからです。

文章だけ見ると中卒に見えないねなんて言われたりします(苦笑)。
どうなんだろう?

7年前、大検の受検の際、
教育委員会と相談し、当時「対人恐怖症」との医者からの診断書を
同封し、文部科学省に別室受験の許可をとりましたが、
今までに前例がなかったのか、許可が下りるまで時間がかかりました。
結局、失望し受験しませんでした。
国にも見放された気分。

一昨年の12月に、抑うつ神経症、妄想型の統合失調症と診断されました。

精神に病を抱えている以上、学歴については諦めなきゃいけないのかな。

大卒で、文才があり、受賞していても、精神障害者で作業所の日給100円
という現実の中で生きている人と出逢い失望したり・・・。

世の中、淋しいことだらけですが、私なりに頑張ります。

一日いちにちを悔いなく生きます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

うるうる

早朝から、地域の草刈りに参加してきた。

そこに、例の男性もいました。
電話やメールのやり取りをし始めてからは、初めて会うことになります。

前のブログで「今度、会うとき、どんな表情をしているか楽しみ」と書きました。

もともと普通の表情でも笑ったような顔をしている人なので、ごく普通に接してくれました。
そのとき、昨年、私の不登校体験が全国紙に載った記事を渡す。
「はいっ。どうも」と受け取ってくれました。

一緒に草刈りをした女の子の話しによると、彼には、小学生の女の子と男の子の子供がいるそうだ。
それを聞いて、ますます沈む。涙がでちゃう・・・。

たまった草を大きなビニール袋に入れて運ぶのも、「重いから運びますよ」と受け取った。
その優しさが、私をますます悲しくする。

今日の彼は、いつもより素敵に見えた。涙でかすんだ。

電話で彼が言った「何年かかるかわからないけど」がずっとずっと耳の奥に残っている。

でも、恋愛に発展できないんだよね・・・。辛い。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

罪な人

母は腰痛の薬を飲まなきゃ痛い。でも、薬を飲むと胃が気持ち悪い。

そんな状況で母娘そろって睡眠薬を飲んでいます。

もちろん私のほうが断然多いけど。

例の男性からは、メールの返事が来ない。電話を何回しても出ない。

どういうこっちゃ。

家庭があるんだっら、思わせぶりな視線を何回も送ってくるな。

本当に罪な男です。

結婚している素敵な男性に言いたい!独身女性に、思わせぶりな視線を送らないでください!

女性のやわい心を傷つけます!

母も病気、私も病気。

こうなったら、身近の男という男に甘えまくりたい。もう25だもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

話題満載

16日(土)に母が今度は、血尿を出し、病院で緊急に診てもらう。診断結果は膀胱炎。
薬を飲み始めたら、一日目で即治る。

腰痛のほうはだいぶ良くなっているが、手をのばせない母に合わせて台所のボールだとか、調味料だとか手の届きやすい位置におく。しゃがむのもあまり良くないそうで、それらは全て私がやる。
もともと母は、前々から足の痛みも訴えていて、4月頃、足の水を抜いた。足が悪いと歩き方がおかしくなるので、その負担が腰にきたのだろうか。

私はというと、昨年婦人科で診断された月経前困難症の影響で情緒不安定だった。
先月の中旬の母の看病と、入院などなれない生活が続いたためか、月経が2週間おくれた。

母娘そろって下半身が受難です。トホホ。

明日から雨になるらしい。それに合わせて、お昼に多めの買い物へ行ってきた。
私の足で歩いて5分くらいの場所にスーパーがある。
今年の夏は恋をしたいとコメント欄に書いたように、外出をすると、男性に目がいってしまう。
しかし、昼のスーパーはガラガラ。
母のメモを見ながら買い物を終えかえってきて、ごきげんようの板尾創路を見ながら昼食。

今日から半袖を着るようになりました。
いつも日焼けを気にしていた私ですが、今年は日焼け止めなどつけず、健康的な小麦色になりたいと思います。
「色白は七難かくす」と教わったのは、中学の男の担任の先生からでした。それから私は、日焼けを避けるようになりました。
しかし、「色白は七難かくす」の 七難って何だかわかりますか?
わかる人、教えてください。

例の男性(よき相談相手)は、私が3回メールしても返事が来ない。携帯しても出ない。

そのメールの内容は、だいたいこんな感じ。抜粋じゃないよ。ブログ用に手直しはしています。

○○さんと私はお互いがお互いを思いやれる素敵な関係にしたいと思っています。私は純粋な友人関係を○○さんに求めてます。言葉のキャッチボールをしましょう。私の言っている意味わかりますよね?

こうやってメールでやりとりしていることは誰も知りませんし、漏らす事も一切ありません。私は電話でも言いましたが、○○さんの対応、笑顔に心が救われます。心が安らぎ、何回助かったでしょうか。薬を飲んでますが、人に傷つけられた心は人の優しさによって治ると思います。そしてリーダーシップがとれる○○さんにはそんな広いお心があると思います。お忙しそうなので、しょっちゅうじゃなくていいですので、今後とも交友をよろしくお願いします。

前回のメールで私の○○さんへの思いは伝えきりました。お立場もあるでしょう。それも視野に入れての私の思いでした。時間がある時に○○さんの見解もメールで聞かせてください。待っています。返事が来ないのでちょっと不安になっています。

もしかしたら、来週、お会いする機会があるかもしれません。
こんなやり取りがあってから、会うのは初めてです。男性が私と会ったとき、どんな表情をするか楽しみです。

母も男性のことは知っています。

今年の1月、見かけたときの会話です。

私「ねえねえ、あの人が私のことよく見てるの。」

母「あの人は、全然、たかこの好みじゃないじゃない。あの人、筋肉ないもの」

でした。

しかし、私は男性の対応の素晴らしさ、きっと背景にご苦労もあるだろうにそれを感じさせない笑顔を私に見せてくれました。
私が歩いていて、横に誰か気配を感じるなと思ったら、男性がちょっと顔を覗きこむような感じで、満面の笑顔で「こんにちは~」と声をかけてくれました。

自分のタイプとは遠く、細身ですが、心は広く、たくましく、知性を感じさせてくれます。
なにより、いつも明るいのがいい。

可愛らしい動物と触れ合ってる時のような、静かな午後にハーブティーを飲んでいるような、私にとって凄く心が平和になり、癒される存在であります。

いい関係が末永く続くといいな。私の周りにいる、男の親友と同様に。

今日は話題が多いブログになってしまいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月15日 (金)

生の交流

6月12日の記事ですね。

誤解を招くような印象を与えてしまいましたね。

いまもコメントをしましたが、そんな深い恋愛感情じゃなく、自分で自分の首を絞めるような恋愛なんてしません。

もっとも、これから将来のある自分がそんな自分で自分の夢を破壊する行為はありません。
恋は盲目といった記事を書いた頃と比べますと、まったく心境が違い、いまは先の将来を見据えて行動を起こそうとしています。

母の入院、一人暮らし、その他の人間関係のゴタゴタがあり、身近に相談するひと、新鮮な感性を求めて、例の男性には相談に乗ってもらいました。
突然のことでビックリされた様子でしたが、同情もあったのでしょう。真剣に相談に乗ってくださいました。

また、これは恋愛だと(淡くても)、報告できるいい縁にめぐり合えたら良いですね。

ただ、私は感性が男性に近いのか、男性のお友達は身近にたくさんいますが、お互いがお互いを思いやれる純粋な友人関係です。

父の香りを知らず、女性との接点が多い親戚のなかで男性との交流と言うのは非常に新鮮で、貴重なことです。

最近は、自分の人間性を磨くためにも、ネットのほかにも地域での人間関係に力を入れてます。

人間との生の交流。

人からもらえる愛が、過去の自分の苦い体験を薄めて、心も身体も健康な自分になれますよう望んでいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

頭を悩ませてきた人

私は、地域のある会に入ってるんですが、そのメンバーで長きにわたって私の気に障るような行為、言動をしてきて、困った人がいました。
それを一昨日、他のメンバーに相談し、今後しばらくは私に近づくことを控えてもらう措置をとってもらいました。

その加害者は、私だけではなく他のメンバーも頭を悩ませてきました。
高校生時から制服を着たまま、街中で喫煙し、補導されたり、妊娠中絶をしたり、葬式に行って死人の顔を携帯で撮影するなど問題行動があとを絶ちませんでした。
私自身も、その人が加え煙草をし、男性と腕を組んでデートをしているところを見たことがあります。

許せないのは、心の病を抱えた共通の友人に本人(加害者)は相手を思いやってした行為なんでしょうが、会社をすぐに辞めてしまうことを責め立て、結果的に(それだけが原因とは断言できないけど)友人は自殺してしまいました。その葬式で、友人の死に顔を携帯で撮影したんだから、とんでもありません。

あと、相手の欠点を見つけると必要以上に責め立て、相手を不安な気持ちに陥れてしまう傾向がありました。

その会に長くからいるボス的な存在で、身体も大きく、いつも怒ったような表情をしていて、問題行動があっても、逆上されるのが怖くて見てみぬふりをしてきたメンバーもたくさんいます。

でも、本人のやっていることは、メンバーのみならず、地域の人々も知っているので、今回の決断をしました。

私が睡眠薬を増量したのは、文章を書くこと以前に、この加害者が原因なんですね。
病気が悪化しました。

以前にも2年前かな、我慢してきた思いが爆発して、メンバーに相談して、今回と同じような措置(しばらく私に近づかないように)をとってもらったことがあります。
私が唯一ちいきで、同世代の女の子と交流する場だったのに出れなくなってしまって、とても残念でした。

頭に血が上って、拳でぶん殴ろうとしたことは山ほどあります。(でも、そんなくだらない人間のために怪我をするのも嫌だからね)。

30歳にもなるという人がホントに困ったことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

これは期待してよいのか

例の男性との電話の会話で、気になる言葉が2つあった。

「他にも男性がたくさんいるのに、わたくしを選んでいただけて、うれしかったですよ」

「何年かかるか分からないけれど・・・」

このぼそっと言った「何年かかるか分からないけれど・・・」が、ひっかかるんですよね。

私との交際を視野に入れているということでしょうか?(考えすぎ?)
このまま相手を好きでいていいのでしょうか?

相手には家庭があります。これだと、ねこさんが仰ったように不倫になってしまいます。

実は最初に相手が私に興味を持ってくれたんですよね。よく、視線を感じていました。

私と会うたび、満面の笑顔で挨拶をしてくれました。

それで、もしかして自分に興味を持ってくれたのかなあと思い、その疑問を晴らすために彼と連絡先を交換したのです。

営業の仕事をやっているので、返事は「了解しました」「大丈夫ですよ」「分かりました。また連絡しますね」とか事務的なんですよね。
もっと、私への思いをこめたメール内容であってもいいと思うのですが、恋に関しては不器用な人なのかな?
やっぱり、家庭を持っている身なので、そのような返事をせざるを得ないのかな?

なんか意味不明のブログになってますね。睡眠薬が入ってるもので・・・。

この辺にしときます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

機関銃

なんだか、ゴタゴタしていて先月の中旬から曜日感覚がありません。

明日は・・・火曜日。そう思って、たまった可燃ごみをさっき出してきました。

母の腰痛は快方へ向かっています。昨日は一ヶ月ぶりに車を運転することができました。

しかし、元気になったのは良いのですが、口やかましいのがまた始まりました。

人の10倍、モノを言う人ですからね。口が休まる暇がありません。

普通にしゃべっていても、怒ったような口調で機関銃のようにしゃべります。頭がガンガンしてきます。これも高血圧の原因でしょうね。

こうなると母の言ってる内容よりも「よく動く口だな」と唇に意識がいったり、顔のシミの数を数えたり、首の青筋を眺めたり、笑い声がオバハンになったなあと思ったり・・・。おもわず、一発で静かになる注射を打ちたくなります。

口やかましいのは今から始まったことじゃありませんが、トイレの戸を開けたまま入るのと、口で返事をする代わりに、おならやゲップするのはやめて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

母の病名

明日から天気が崩れるようなことを聞いたので、洗濯。
その後、友人からプレゼントされた素敵な夏服を着て、買い物へ。
肉、魚、野菜はあるので、小女子、ワカメ、パンなどを買う。
いつも行ってるスーパーだけどお洒落な服を着てゆくと、気分が違う。

今日はいま、ブログを書いてるので、昼食は遅めです。

母の病名は「きょうさくしょう」といっていたので、ネットで調べたら「腰部脊椎管狭窄症」という病名にたどりついた。治る病気なのか?
母は、薬を飲み、安静にしている。

昨日は、家の周りの草が伸びきっているので、草刈りと買い物をしてきてもらった。
とても助かった。

例の男性は、30代後半だった。比較的うちの近くに住んでいる。
忙しそうなのに頻繁にメールをしてくれる。

今年の夏は恋をしたい。思いつめない程度に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

泳いでみよう

買い物と昼食と洗い物を終え、ブログを書いてます。

今日のBGMも、ZARDの「この愛に泳ぎ疲れても」

例の男性とは頻繁にメールをしています。

電話が中々できなくて申し訳ないと言っていた。

仕事に家庭にその他にも・・・忙しい人。

この前電話してきてくれたのは、同僚が帰って一人きりになった職場からでした。

私が好きになる人は、どうして結婚している人ばかりなんだろう。
向こうが自分に好意があれば、相手ばかりオイシイ思いをして、ずるい。
自分は深みにはまっていって、けっきょくは成就しない。そんなの嫌です。

相手は家庭があるから、好きと言う感情を深めないように、今はコントロールしているところです。

奥さんはどんな人?彼に愛されてる奥さんに嫉妬。奪い取りたい、危害を加えたい。
そう思い始めたら、堕落の道。自己破壊になります。

でも、けっこう自分、ガンガン言ってるから、相手はタジタジ?
そんな反応を読み取るのも自己満足だったりして。

だから、恋は、苦しい、痛い、重いイメージがあります。

いつか健全な恋をしたいものです。

私は「いいな」と思った人に自分から行くほうです。

25という節目の年に記念を残したい。

それは幸せ一杯の。

これ以上、傷を深めたくない。

いままで生きてきて怪我した心の傷は、人の愛により、治療してゆきたい。

そんな気分です。

いまはZARDの「永遠」に曲が変わりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

恋は盲目?

今日のブログを書きながらのBGMはZARDの「この愛に泳ぎ疲れても」

天気がいいので、母の入院中の洗濯をたくさんして、スーパーで食料品の買い物をし、昼食を終え、パソコンに向かっています。

母の腰痛は快方に向かっています。激痛に悩まされることはなくなり、歩くことが出来るようになり、行動範囲も増えてきました。
前回の記事に腰痛についてのトラックバックをくれた方、ありがとうございました。

母は私の言うことをちゃんと聞き(笑)血圧が下がるように願って作った食事を食べています。

日曜日だったかな。このブログで相談相手になって欲しい男性に連絡先を交換したようなこと書いたと思います。あのあと、すぐメールが来て、電話でも長時間お話ししました。
年齢は30代半ば、営業の仕事をされてる関係で、さすがに誠実で機転が利き、気さくな印象を持ちました。心が曇っているので、彼の明るさにすごく助けられてます。

しかし、彼は結婚されてるとのこと。それまで軽やかに喋っていた彼ですが、電話で声を小さくして「・・・実はですね、いちおう結婚はしていましてですね」と告白されました。
私は「ああ、そうでしたか」とちょっとショックを受けて、間ができてしまいましたが、気を取り直して会話を続けました。

その夜、家庭を持ってらっしゃったことが、やっぱり悲しくて泣きました。

彼にも、電話を切ってからメールで

『私は昨夜、うれしかったのですが、結婚されてることを聞き、泣きました。ちょっと本気だったから。恋は盲目ですね。こんなの何年ぶりだろう・・・。でも○○さんが幸せならそれでいい。これからも良き相談相手でいてください。お兄さん役になってください』

↑実際に送ったメールを抜粋しました(苦笑)。

彼の服装、見た目ですね。この人は結婚しているか、していないか勝手に判断しました。
ファッションセンスがちょっと・・・(苦笑)。もっと彼に似合う服装があって、それを着れば、外見がよりよくなるのに、よかったら彼が服を買う機会があったら、一緒についていって、服を選んであげようと思いました。

奥様がいたら「あなたそんな服装で外歩かないで。ねっ!私の言うような服装にして」って、ダンナさんに似合う服をコーディネートすると私は思うんですよね。

見事に自分の判断は外れました。

いろんな空想を膨らませていた私ですが、外回りが多い彼は、外で会うことは控えて欲しいと言われました。

でも、いいんです。自分はまだまだ若いから。今回の彼は自分の相談相手になってくれることを約束してくださいましたし、残酷な失恋じゃありませんから・・・。

きのう、女友達に相談しました。そしたら、失恋すればするほど素敵な人間になれる。
これから出会う運命の人のために女を磨きましょうと、言ってくださいました。
まさに仰るとおりですね!

実は今夜も電話がかかってくる予定です。自分の言うことに対しての彼の反応が楽しみです。
自分は率直に言います。
「私はあなたに好意を持っています。そうじゃなきゃ、相手に自分をさらけ出すことなんてありません。信じきって、まっすぐに心を注いでます」と。

・・・でも、今回のは恋愛に発展させるのは無理なんだよね。単純に言葉のキャッチボールを楽しもう。男性の感性を学び取ろう。素敵な女性になるために。

彼の声は甘い。相槌の打ち方がちょっと中性的で(笑)、でも、ホント心救われる。
何時間でも話していたい。受話器で体温を感じていたい。

なんか照れくさいから、今日はここまでにしよう・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »