« 陽だまりのような | トップページ | 心が屈折していたのは... »

2007年9月 9日 (日)

母の笑い声

母に誘われて「浅草21世紀」お笑いステージを観にいってきました。

パンフレットに「平成16年度文化庁芸術祭大賞受賞」とあったので、面白いのはお墨付きだろうなと思いました。

第1部は、お笑いバラエティーで、コントやマジックショー。

第2部は、爆笑軽演劇でした。

渥美清さんや萩本欽一さんは知っていますが、浅草のお笑いの歴史を知らない私でも、とても楽しめました。

母とふたり隣同士で笑っていました。

退院してから、優しくなり、親子関係がよくなった。

母の笑い声は特徴的です。

腹の中にボールでも入っているかのように、弾んだ声で、甲高く笑います。

毎日の何気ない会話が、すべて思い出となっていく。

死ぬのは母が先で、私が後で・・・。

また、結婚する相手の条件がつきました。声を出して笑う男性です。

|

« 陽だまりのような | トップページ | 心が屈折していたのは... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の笑い声:

« 陽だまりのような | トップページ | 心が屈折していたのは... »