« 祈り | トップページ | 陽だまりのような »

2007年9月 1日 (土)

かわりもの?

今週、11年前の日記が出てきた。

96年元旦の筆跡が目にとまる。

一人で留守番をし、イラン映画を観ながら、しゃぶしゃぶを食べるとある。
当時の年齢13歳。

タレはごまだれ、主人公の男の子を見て、感情移入をし、箸がとまった。

変わった正月だったので、すぐ思い出した。

その頃から、人と変わったことをすることに密かな楽しみを覚えていたんだなと思う。
一人での過ごし方も工夫をすれば、ちっとも淋しくない。

タウンページを読書がわりにし、社会見学をした気分になった。

母の寝室に侵入し、性描写のある小説を読んだ。

マカロニに絵の具を塗って、乾いたら、その上に透明のマニキュアを塗って光沢を出し、ブローチを作った。

家の中の身近にあるものが、楽しい教材へと化けた。

いまも、一人の時間を工夫することで、楽しく過ごしているが、当時のほうが好奇心に満ちていた。

人脈が増えた分、ひとりになると誰かと長電話。You Tubeを見たりしている。

最近の一人だからこそ、楽しめたのは、一人試飲会。

ビールと発泡酒を3種類並べて、味比べ。

ギネスビールよりもマグナムドライが好きなのは、経済的。

夜眠くなるまで、真っ暗に電気を消して、男友達から借りた男性用ビデオを観たり・・・。

きっと、客観的に見たら、自分から引いていくかもしれない(笑)。

あと、気分転換として、うちには4種類のシャンプーとリンスがある。

いろんな香りがして楽しい。その日の気分によって使い分ける。
(これは、まともだな)。

これからも一人の時間を楽しみたいと思います。

|

« 祈り | トップページ | 陽だまりのような »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かわりもの?:

« 祈り | トップページ | 陽だまりのような »