« 表情 | トップページ | やっぱりふかわ »

2007年10月25日 (木)

告知

私の親戚は昔気質で感情的な人たちなんです。

学校に行けなくなったのを知ったとき

泣き崩れて、寝込んでしまった。

その後もさんざん責められた。

学校に行っている私も

行っていない私も

同じ一人の私なのに。

どうして差別するんだろう・・・。

通院していること、薬を飲んでいることは知っています。

あの時よりも自分の人間性を理解してくれて、関係はよくなりつつあります。

だからこそ、病名を告知することに迷いがあります。

薬の量が15錠いっちゃってることも。

あのときの状況から考えて、告知した時の反応は予測できます。

取り越し苦労をして、隔離されるんじゃないかって不安

自分のせいで親戚を混乱させてしまう申し訳なさもあります。

毎日の中で幸せを感じることもありますが、

これが前に書いた慢性的な孤独の原因の一つかもしれません。

結局、墓場まで持っていくのかなあ。

風の便りで知るのかなあ。

それから、ちゃんとしたことを説明しようか。

というわけで、親戚に告知することを悩んでいます。

|

« 表情 | トップページ | やっぱりふかわ »

コメント

『昔気質で感情的な親戚』・・・
そう言えば私にも一人いました。

私の親戚の場合は、自分の身内に障害を持って子供が生まれたことがどうにもこうにも認められなかったようで・・・
あまり付き合うこともなく、多分ずっと見下されてました。
そんな彼女も、晩年は経済的にも精神的にも追い詰められ、結局『アンタのお父さんがいいって云うから・・・』とウチを頼っていましたが。

大変冷たい言い方ですが、私はある時から自分を認めない人を視界に入れることを辞めました。
だから正直、彼女がウチを頼ろうが頼るまいが、というか、早い話どうなろうとどうでも良かった。
ただ、昔の事をひた隠し必死にすがってくる老婆が哀れだった。

たかこさんの話からは大分反れた気がしますが、どんな感情を持っていたとしても、視界から外していたとしても、『哀れだ』と認めてしまう親戚という距離は難しいモンですねと一言言いたいと思いました。

投稿: sanchan | 2007年10月26日 (金) 23時32分

sanchanさんの経験を書いてくださり、ありがとうございます。

親戚がもし、自分のことを認めてくれないようだったら、視界に入れることを辞める。そうするかもしれません。

それまでには、まだまだ段階がありますが。

人生を楽しく生きたいので、差別する人をいつも気にして悶々としてるより割り切ったほうがいいのかな。

病気があっても今までと変わらず接してくれる親戚以上に頼りになる友人がいます。そのへんは心強いです。

今度、そちらに行った時、この内容の延長線上の話しもいろいろしたいと思います。


投稿: たかこ | 2007年10月27日 (土) 15時18分

ええ、お待ちしていますね。
いつも100%個人的な感情に任せて書いているので・・・
そう言ってもらえて嬉しいです。

投稿: sanchan | 2007年10月27日 (土) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 告知:

« 表情 | トップページ | やっぱりふかわ »