« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

大きな音が苦手

最近になって気付いたんですが、この病気を持ってると、大きな音が苦手になりますね。

大きな音がすると、頭がガンガンする。

ひどい時は、大きな音を出している人やモノに対して怒りが込み上げてくる。爆発的に。

こんなことってありませんか?

特に、母がデカイ声で、いつも自分に注意をするんですが、それが一番いやです。

カ~ッとなります。

中学生の頃、おとなしかったというか、その頃から物事に無反応なところがありました。

そのせいか、私に近づいてきて、耳元で鼓膜が破れるんじゃないかというくらいの大声で「アァ~~」って叫ぶ人がいました。(にしおかすみこみたいに)。

嫌だったな。

相手は、私が大きな音が苦手だということを知っていてワザとやったのでしょうか。

いまだったら、相手をしばいてやるんだけど。

これも、完全ないじめですよね?

むかついた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

募集しています。一読を。

今朝はマイナス12度になりました。

長野は、今シーズン、もっとも寒い日となっています。

ブログを初めて約2年半になります。

ブログ用に言葉を選んでいますが、私のありのままの文章を綴ってきました。

前半のほうは感情的な文章が目立つかもしれません。

それは私の心の叫びであり、真実です。

うちのブログに前から訪問している方は、すでに分かっていると思いますが、プロフィールをご覧ください。

私の人生の25年の中で起きた様々な出来事を記しています。

世の中には、もっと大変な状況の中で必死に生きている人々がいます。

そんな人々からすれば、私は恵まれているかもしれません。

しかし、私は悲劇を味わいました。

どうして自分だけがこんな目に遭わなければいけないのか何度も運命を呪いました。

何不自由なく生きている人々に対して、深く嫉妬し、犯罪を起こす一歩手前にもなりました。

そのひがんでいる気持ちは、まだ私のなかにくすぶっているかもしれません。

母に、どうして私を産んだのか、産まれなければ、こんな目に遭わずに済んだのに、感情をぶつけたこともありました。

私は、いま病魔と闘っています。

症状に苦しまされ、薬を飲まなければ、この現実世界に地に足をつけてたっていられない状況のときもあります。

私の体重は30数キロしかありません。

でも、このブログ上で、その他の執筆活動で、光を見る日を夢見て、キーボードを打ち、ペンを走らせています。

05年に優秀な編集者と出会いましたが、その会社は、持ち込みの原稿を受け付けてなく、編集者が目を光らせた人でないと前向きに本の出版に対するアドバイスをしてくれません。

今年に入って、症状が落ち着いています。

今年は、私の気持ちを受け止めてくれて、実際に、私という存在を世に出してくれる人を探しています。

書く分野に限らず、私の持っている可能性を引き出してくれて、人々のお役に立てる私に育ててくれる人も募っています。

私に理解を示し、認めるだけではなく、表現する場に公に送りだしてくれる人も募っています。

私に興味を持ってくれた方は、コメント欄に会社名やお名前など、連絡手段を書き込んでください。

実際にコンタクトが取れて、意思疎通ができる人が現れてくれればいいなと心から望んでいます。昔の文通ではありませんが、いつも、メール交換ができるような人間関係がまずできたらいいですね。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

厳しい寒さ

今日も長野は厳しい寒さです。

最低気温が氷点下10度ですって。

寝る前に暖房つけますが、寝室は日陰なので、朝は室温マイナスいってます。

電気毛布がなかったら、凍死しますよ。

唇のヘルペスは治ってません。

唇が怪物みたい?いや、そこまで酷くありませんが・・・。

でも、今夜は人前に出なくちゃいけないんです。

あまり、そばに人が近寄ってきませんように。

朝青龍つよいですね。このまま優勝しますように。

あのふてぶてしさ好きなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

ヘルペス

喜怒哀楽のあるブログですが、よろしくお願いします。

青春真っ盛りなので、色々ありまして・・・。

一週間ほど前から唇にヘルペスができて、悩まされてます。

水泡状の細かいぶつぶつがいっぱいできてます。

とてもかゆいのですが、かくこともできずに舐めています。

今までにも何度かできましたが、数日すれば、自然に治ってゆきます。

まあ、それまでの辛抱です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

目覚める母

母が吉本お笑いライブのチケットを買ってきた。

午前9時発売だが、午前6時から並んでいた人もいたそうだ。

公演は3月。

私の知っている芸人があまりでてないので、母は友人と行く。

今日も気温は氷点下。

こんな寒い中行くなんて、母もお笑いが好きだなあ。

母もホームレス中学生を読んだ。

こんな面白い本はないと言っていた。

号泣していた。

最近、読書に目覚めた母。

私の本棚からいろんな本を手にとっている。内海隆一郎がお気に入り。

いまは、私よりも読解力があるんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

おばさん

「おばさん」という言葉に敏感になってます。

以前だったら、年下の男の子にいくら「おばさん」っていわれても、全く気にならなかったのですが、最近は、先月の忘年会の記事でも触れたように大人扱いされることが多くなりました。

たしかに、白髪が生えてきたし、小じわもできるようになりました。

10代後半のころは、お店なんかで同世代の子がいると、お互い意識して、顔を見合わせます。
「知ってる子かな」っていう確認もあるのですが、まあ、同世代の他の女の子が気になる時期でして。

最近はそれがほとんどなくなりました。10代後半の子が私を見ない。私も相手が気にならない。

きっと彼女らの中では、私はお姉さん、いや、おばさんの部類に入っているのでしょう。

淋しいな~。たしかにあの、肌のきめ細かさ、ピチピチ感ってどんなメイクでもごまかせないし。

若いってつくづく素晴らしいことですよ。

今年に入って一日も欠かさず続けていることがあります。

新聞を読むことです。

薬害肝炎救済法が成立、良かったな~。

トヨタ、すごいな~。

環境問題、うちでできることはエコバッグを持つことと、ハイブリッドカーに乗ることくらいかな。

蘇民祭のポスター、私は全然OKよ。

おばさんというか、おっさん化していきそうな気が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

おおっこれは!

母のお友達が4人きました。

おばさんの笑い声って好きだな。

母の笑い声は特にいい。

ワライカワセミという鳥の鳴き声に似ています。

目立つわ~。

母の作ったおしるこ、ポテトサラダ、野沢菜が好評だったそうです。

ケーキを持ってきた人がいて、3つもあまりました。

イチゴとメロンがのったショートケーキです。

地元の老舗のケーキ屋さんのものです。

クリスマスで食べたばかりなのに、また食べられるなんて。

今日はついてる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

うちの変わったペット

うちには、ペットがいます。

エサをあげる心配もなければ、トイレのしつけをする心配もいりません。

ただ、好きなときにうちに来て、動き回って帰ってゆきます。

天井から音がするのが多いのですが、いつだったか枕元で、小早い音がしたかと思ったら、頬に風を感じました。

電気をつけると音がしなくなりました。

しばらく耳を済ませていると、父の残した6畳間の4分の一を占めるステレオの裏から、コロコロッと音がしました。

その正体はネズミです。

音からして子だと思います。

家のどこから入って、どこから抜けてゆくのか全くわかりません。

「あけましておめでチュウ!」

昨日、今年に入って初めて天井から快活そうなネズミの駆け回る音がしました。

過去に何度か捕ったことがあります。

ネズミの進入口が家の電気ブレーカーの裏側だと知ったときです。

たまたまあったサツマイモのてんぷらをえさにかごのネズミ捕りを夜、仕掛けました。

布団に入ってからも、意識は台所へ集中してます。

翌朝5時くらいに目が覚めました。

ガタガタガタ・・・。

行ってみると大人のネズミが引っかかっていました。

母によると、亡くなった父は、虫を殺すこともできない人で、ネズミが引っかかっても、林に行って逃がしてやってたそうです。

ネズミの動きを見ているうちに私も可愛くなってきました。

殺してしまうという母を振り切って、私はしばらく飼いたいと言い張りました。

「害獣だけど、なんてかわいいんだろう・・・」

家の庭の日陰に置かれたネズミを私は5分おきくらいに見に行くようになりました。

しかし、ネズミとの生活も長くは続きませんでした。

一日目の夕方には、ピンク色の鼻が、赤味を増してきました。

次の日には、動きが衰えてゆき、ついに死んでしまいました。

それからも、うちにネズミが出るたび、気持ち悪いという母の反対を押し切って可愛がりました。

洗面所の穴から顔を出した2センチくらいの子ネズミを、缶におびき寄せました。

子ネズミはひっきりなしに鼻を動かし躊躇している様子。

3分の2くらい身を乗り出すとそのままスコンッ。

私は、折ったパスタの先にはちみつをつけてやると、身体の大きさに合わないくらい大きい音を立てて舐めだしました。

ペチャぺチャぺチャ。

よほどお腹がすいていたんだな。

その後もつついたり、缶に耳を当てました。

子ネズミは私の言うとことを聞き、素直に愛撫を受け入れてくれました。

しかし、母に見つかってから、庭に逃がしてやりました。

父が建ててくれた我が家は築27年。

今年も何匹かネズミがやってくるでしょう。

母にネズミの心境を代弁します。

「干支は鼠だよ。今年はやってきても見逃してチュウだい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

こんな愛の形

七草粥たべましたか。

うちは田舎なんで、せり、なずなとかは裏の土手でとれました。

母は新年から「今年こそいい人がみつかりますように」って躍起になってます。

私は、普段はのん気にしていて、前々から目に付いた人に、ある日突然告白して、交際をスタートする。それでスピード入籍できればなんて・・・。

昨年このパターンでいって、成功したかと思ったら、相手が妻帯者で、一ヶ月で終わりました。

相手はいい人で、「僕はあなたの幸せをただひたすら陰から祈ることしかできません」と言ってくれました。

ダメになってからも顔を合わせる機会がありますが、いつも笑顔を私に向けてくれます。

スワンの馬鹿というドラマがありましたが、あの主人公のような人です。

きっと職場でも、家庭でも、いい人。

ちなみに営業マンです。

ドラマのように、私にメールをする時は、妻子にばれないように家のトイレにこもって送信していたかもしれません。

実際、主人公の演技で、あの人のシーンが浮かんでくるようでした。

それに真面目で、正義感があって、優しすぎて、見ていて可哀想になるくらいでした。

いつもいい顔して、頼まれたらNOと言えない人。

早世するんじゃないかと心配になりました。

この世の中にあんないい人いたんだなって。

生い立ちと、母が退院してきたばかりで、弱気になっていた私を忙しい合間を縫って、メールや電話で支えてくれました。

そんな人と出会えた事自体が幸せで、とても素敵な一ヶ月でした。

関係がなくなっても、私も彼の悩みが解決するよういつも陰ながら祈っています。

出会ってからも、終わってからも、愛が深いがために、奥さんに嫉妬するなんて事、一度だってありません。

ただひたすら、陰からお互いの幸せを願いあっています。

事情があって、会う機会はありますが、挨拶するくらいで、それ以上の私語は禁じられてます。

悲しさもありません。

こんな愛の形もあるのです。

いまの私からして

まだまだ結婚なんて遠いことなんです。

母は孫の顔が早く見たいと焦らせますが、子供を作る機能がダメなんで無理ですね。

将来的に治るかもしれませんが。

それに結婚している人を好きになってしまう傾向にあるので、このへんも直さないといけません。

そんなわけで、母の希望には添えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

徳永さん

年末に風邪を引いて、それが続いてます。

元旦から2日連続で鼻血出しちゃいました。

でも、心は元気です。

ユーチューブで、紅白の映像が見れるんですね。

徳永英明さんの色んな曲を聴きながら書いてます。

昨年の金スマでの生い立ちを見てから、よく聴いてます。

徳永さんのルーツに惹かれて、もっと知りたくなって、曲を好きになる。

私利私欲がなくなり、ただ人々のために自分の歌声を提供する。

お人柄にもお声にも透明感があります。

そんな人間になれたらいいですね。

金スマを見る直前まで、私は心が苛立ってました。

母への不満が爆発寸前でした。

しかし、どうしても徳永さんのことを知りたいといって、母が見たいドラマを我慢して裏番組の金スマにチャンネルを譲ってくれました。

なぜでしょう。

徳永さんの歌声を聞いて、苛立っていた気持ちが、不思議と消えてゆきました。

私は人からガラス細工のような心の持ち主だといわれました。

ここ最近、そのガラス細工が欠けたり、ひびが入っていました。

ガラス細工のすき間に、彼の歌声が滲みこんでいって、もとのガラス細工(私)に、戻してくれました。

私は、ダイアモンドになれなくても、ガラス細工のまま生きていってもいいのですね。

徳永さんが教えてくれました。

2008年は彼の歌声が、私の毎日を包んでくれるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月 1日 (火)

明けましておめでとう

今年もよろしくお願いします。

いま外出先から帰ってきたところです。

これから昼食です。

紅白良かったな~。

特にコブクロ、槇原、徳永。

生まれてはじめて最後まで見ました。

どんな一年になるのかな。

自分らしく誰にも真似できない変わった年にしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »