« いつも自分の味方でいよう | トップページ | フォーラム »

2008年2月21日 (木)

おい、おい、どうする

いや、びっくりしました。

昨日、友人が突然うちに来て、「23日に地域のフォーラムがあるので、たかこさん、体験発表してください」と言われました。

そのフォーラムというのは、だいたい多くて20人~30人の女性が集まり、聴講します。

私のほかに、もうひとり、発表する人がいたのですが、その人が出来なくなり、時間を長くとれるようになりました。

原稿用紙5枚くらいにまとめて発表し、そのあと聴講者から質問を受けたり、終了後も雑談をするということです。

主に自分の病気体験を語るのだそうですが、ネタが多すぎて、何をどうまとめようか苦戦してます。

自分は半生記を書く癖があるので、自分の生い立ちから書くこともできるし・・・。
波乱万丈記みたいに。

しかし、原稿用紙5枚ということは2000字だから、病気の発覚から現在までの経緯をかこうか・・・。

入りは、やっぱり発病した当時はこんなに大変だったのに、今ではこんなに良くなりましたって触れてから、起承転結にいこうか。

やっぱり、感動的になるように。

カリスマ的になるように。

聴講者の涙を見たい。

拍手喝采を受けたい・・・。

などと、書く前から、いろいろ欲が出てきてしまいました。

いっけない、あと2日しかないじゃん。

これから入稿しなくちゃ。

人前で話すことに慣れているHiroさん、sanchanさん、あがらないコツ教えてください。

追伸 sanchanさん宛に、「いつでも自分の味方でいよう」のコメント欄にHiroさんからコメントが入ってるので読んでくださいね。

|

« いつも自分の味方でいよう | トップページ | フォーラム »

コメント

たかこさん!

ビッグ・チャンスですね!しかし、23日って明後日だよね???
たかこさんの場合は、「ネタ」には困らないと思うので、自分のこれまでの人生をどう「編集」するかにかかってますよね。

ぼくは人前で話す前にいつも少し緊張します。心地よい緊張感ですね。大学で話す場合などは原稿を用意することもありますが、ほとんどは話すことを箇条書きにしたメモだけ準備します。

あがらないコツは、出だしを失敗しないことかなぁ。いわゆるお笑いで言う「つかみはOK」の状態にするというか。。。私の場合は、メチャクチャ笑わすか(いわゆる自虐ネタです)、メチャクチャ敬意を表すか(もちろん心の底からです)、のどちらかですね。

その上で、聴衆の反応を見て、用意した原稿を99%変えてしまうことも多々あります。皆の必要としていることが出だしで見えるんです。しかし、話す内容は誰かの言葉の引用でなく、自分の実感と体験です。

よくたかこさんの話しもさせてもらっています。その出会いから今に至るまで尊敬の念をこめて。

こんなことをほぼ毎日のように繰り返して、短い場合は1分ぐらいから長い場合は90分程度の話しを楽しんでいます。自分は話すのが好きなんだな、と思います。みなと共感するのが好き。

話しが終わった後の質疑応答とか、これも緊張の一瞬ですが、毎回、しばらく考えた後、不思議と適切な言葉が浮かんでくるんですね。質疑はお茶を濁さない、真正面からあらためて考えてみる、という姿勢で望むと、豊かな出会いがもたらされると思います。

大成功に終わることを、これが新たな出発になることを祈っています!

投稿: Hiro | 2008年2月21日 (木) 23時22分

Hiroさん、アドバイス、どうもありがとうございます。

とっても参考になります。

昨日、3時間かけて、A4サイズコピー用紙6枚分を完成しました。

自分でいうのもなんですが、傑作です!

いよいよ、明日。

突然決まったことと、雪が降るそうなので、聴講者があつまるのかとか心配です。

今日は繰り返し読みの練習です。昨日は緊張していたのですが、今日は落ち着いてます。

Hiroさんのアドバイスを胸に頑張ります!

投稿: たかこ | 2008年2月22日 (金) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おい、おい、どうする:

« いつも自分の味方でいよう | トップページ | フォーラム »