« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

今週の西尾アナ

西尾さん、キルトに挑戦されたんですね。

これダネ見て、驚きました。

タレントでキルト作家でもあるキャシー中島さんの息子さんに弟子入りをしました。

裁縫経験なしだということで、ちょっと心配でしたが、杞憂に終わり、うまくできてましたね。

NBSのキャラクター、ハチナを題材にしたキルトとても可愛かったです。

キャシーさんから『キルト貴公子』と絶賛されてました。

いろんなことに挑戦されている姿に元気をもらいました。

志賀キャラでは、ミス志賀高原とデートをしてましたね。

おいしい(?)仕事ですね。

ミスに抱きつこうとしたり、強制的に連れて行こうとしたり、なんか、西尾さんのかわいい一面が見れました。

でも、ちょっとミスに嫉妬しちゃいましたね。

長野県外に住んでいる皆さん、ローカルネタで、失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

一連の件について

深夜に更新するブログは、どういうわけか、恋愛を語ってしまいます。

薬を服用した後なので、あしからず。

最近、物騒な事件が多発しています。

経済的な理由で、進学を断念した。就職活動がうまくゆかない。

だからといって、見ず知らずの罪のない人を襲うなんて、理解しがたいです。

生きる選択肢はいくらでもあるんじゃないかと思います。

苦しい状況で、それでも前向きに生きている人を、この目で見て、自分の立場を知りましょう。

人生には、思いもよらないアクシデントがたくさんあります。

就職や進学に悩むどころか、不治の病と闘ってる人がいます。余命宣告を受けた人もいます。突然、大切な人を亡くした人もいます。

私自身、不登校を乗り越え、念願の高校に合格できたと思ったら、数ヵ月後には、病気が判明しました。学校に通うどころか、外に出ることも困難となり、命をつなぐ病院へ行くことさえままなりませんでした。

お先真っ暗。絶望。人生終わったかと思いました。
しかし、そんなことを意識できるのは、まだ余裕があるときです。

当時の私は、一日の多くの時間を、病状にさいなまれ、ただただ、それに耐えることに必死でした。

あれから10年近くの時間が経ち、周りに理解者ができたのと、自分自身の夢を支えに生きています。

2月には、障害者認定を受けました。この選択には、悩みました。
考え直して、同じ状況の人の痛みが少しでもわかり、人に優しさを分け与える人になれるのであれば、この選択に苦はありません。

他の人と比べると不自由がありますが、私は、幸せです。

山あり谷ありの生活ですが、暗闇を乗り越えた時に味わう、光が、たまらないのです。

まさに、それは生きる歓びです。

ここまで、自分を持てるようになれたのは、周りの人の助けです。

周りをひがみ、危害を与えることで、相手が苦しんでいるのを見て、一時的な快楽を得ることができますが、長い目で見た時、解決には至りません。

自分で自分の首をしめています。自殺行為です。

私も周りをひがみ、持ってはいけない感情を持った時があります。

たしか中学の時でした。

指導者が厳しい人たちで、私が言う、意見という意見を全て否定してきました。

この人は、私のことを嫌いなのだと思いました。

優しさの微塵も感じません。あまりの厳しさに何度も感情が爆発しました。

でも、それが魂に刻み込まれ、一種の強迫観念のようにもなり、心の中では、相手に恨みつらみを持っても、顔では笑顔をつくるようになりました。

こうなってくると、接してくる相手にいくら恨みつらみを持っていても、意地でも優しくしてあげようと思うようになりました。

自分が変われば周りも変わります。

そのうちに私自身、気がつくと、意識しなくても、自然と穏やかになりました。

「素直になったね」と言われます。

人と喜びを共有し合えるようになりました。

その結果、人と衝突することが減りました。

人と人との間で生じた問題は、やはり、人と人との間でしか解決できないのです。

こういうわけで、参考になるかは別として、自分はこういう過程で変わってゆきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

この思い止められない

*恋愛ネタが苦手な人は飛ばしてね(笑)。

結婚している人ばかり好きになってしまう

外で2人で会うのは、マズイから、メールの交換で愛を語り合うだけ

不器用なあなたはメールの返信も、味気ない

「ありがとう」「がんばってるね」「元気そうだね」

白い画面が目立つ、短い返信は、私への愛の重さだと思ってもいいのかな

遠くに住むあなた

会いたくても会えないあなた

写真を指でなぞるだけ

あなたは、消えてしまいそうだった私を救ってくれた人

名前を呟くたび、胸が砕けてしまいそうだわ

あなたは私の身体の一部

手に触れたい

抱かれたい

KISSしたい

どれも叶わない夢

夢の中であなたの指の記憶に私の指をからませてみる

それでも私は、あきらめない

無理やり言わせた「愛してます」の言葉を信じてる

「今年こそ離婚してください」心ではそう願ってます

罰当たりなのは百も承知で

例え妻帯者であれ、愛することは無条件に素晴らしい

いまの私を救うのは愛しかないの

写真を眺めるたび、好きという気持ちに拍車がかかる

ああ、恋は盲目ね

今夜は夢にあらわれてくれるかな

私を慰めてよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

薬の減量・母の事

風邪や疲労などで、病院にも行けず、薬を郵送してもらっている。

私が通院しているところは、主治医と面接できなくても、電話で診察してもらって、薬を郵送することができる。

薬を飲む量は、自分の判断で増減するようまかせられている。

ここ2年、増量傾向にあったので、このままではマズイと思い、おとといから、減量に挑戦している。

睡眠薬を4錠から3錠に。頓服を5錠から3~4錠に減らしている。

いままでは、薬を水で飲むと、すぐ横になってしまった。

おとといからは、薬を白湯で飲み、20分間は横にならないようにしている。

すると、瞬く間に眠くなってくる。

薬を服用したら、しばらくは横にならないで上体を起こしていたほうがいいと、テレビで言っていた。
飲んで、すぐに横になったのでは胃腸に届かない。

ちょっとした工夫で、薬の効能はここまで違ってくる。

「薬を減らせるといいね・・・」

母も、友人も、そう言っている。

━…‥‥━…‥‥‥…━…‥‥…━…‥‥‥‥━……‥‥━

母には、感謝の思いもあるが、私の病気のことにまだ理解が乏しい。

攻撃的で、頭がガンガンする。

もっと穏やかな口調で話すことはできないのだろうか。

私が反応が鈍いのは、病気のせいなのだが、それを未だ理解できず“性格が大人しいから”だと思っているところがある。

いろいろ挙げてるうちに、頭が痛くなった。

とりあえず、体力が落ちないように食事はきちんととりたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

いろいろ・・・

家から徒歩1分にある美容室に行ってきました。

私は髪が多いので、カット(切る)、というよりは、すいてもらいました。

小顔ボブカットのオーダーシートをもっていきましたが、完成してみるとショートに近い感じです。春に向けた髪形です。

うちから徒歩2分のところにもう一軒美容室ができて、最近、1500円カットの店もできました。アパート建設も進み、3棟建設中です。
ここ数年で、ずいぶんと街になりました。
徒歩5分以内に、飲食店、スーパー、ドラッグストア、ホームセンターがあり、便利です。
都会の人からするとまだまだ田舎ですが・・・。

私の風邪が治ったと思ったら、今度は母が風邪を引いてしまいました。

sanchanさん、明日のカウンセリング、微妙です。また連絡します。

追伸 西尾さん、今日、手紙を投函しました。
昨日のこれダネ!は、中継時間がいつもより長かったかなと思います。
土雛人形を作る、職人さんはすごいですね。一体、一体、顔の表情が違うのがいいですね。

そういえば、10年ほど前、長野市に一泊したとき、西尾さんの大先輩にあたるスーパーニュースの早川さんの出勤風景が見れました。テレビで見る表情と同じ、とても穏やかな表情をしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

地域戦隊カッセイカマン

久しぶりにお風呂に入れた!気持ちいい。

今日のNBSスーパーニュースに伯父が映っていた。

地域の行事で、インタビューに答えていた。

同じ県内でも、離れて暮しているので、元気にやっている様子が見れて良かった。

そういえば・・・

“地域戦隊カッセイカマン”っていうのを知っているでしょうか。

その名の通り、市町村を、活性化させようと、奮い立った若者が、ゴレンジャーみたいに扮して活躍する。

最初、登場した時、吹き出してしまったが、プロジェクトの一員が、親戚だと知ったとき、見方が変わった。(ちなみに今日のニュースに登場した伯父の息子です)。

夕方のニュースに、キャラクターが登場した後、親戚がマイクを握って、話しているのを見て知った(笑)。

子供の頃、よく遊んでもらった。

活躍してるんだな~。

たしか、NBSの近くに勤めていると、昔は聞いていたんだが・・・。

地域戦隊カッセイカマンって、楽しくていいと思うのですが、それ相応の効果をもたらしてるんでしょうか。(親戚、すまん)。

その後の情報を知らないもので・・・。

あっ、いま、西尾さん映った!!今日も良かったですよ。

春高バレー勝って良かったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

お風呂&休養の大切さ

おかげさまで先週の水曜日から引いていた風邪は落ち着いてきました

声も相撲取りから、本来の美声(?)に戻りつつあります。

しかし、お風呂には入れません

人様にはお見せできないような容姿で、ブログを書いております。

せっかくの美貌が台無しです。(って自分でいうなって・笑)。

つまらない質問ですが、あなたは、最高何日間お風呂に入らなかったことがありますか?

ちなみに私は、2週間くらいです。学生の時に41度の熱を出して、入院していたときです。

━…‥‥━…‥‥‥…━…‥‥…━…‥‥‥‥━……‥‥━

今回の風邪で、丸々一週間、家事も炊事も母まかせでした。

しっかり休ませてもらって、気付いたのは、今までの生活があまりにも尋常じゃなかったということです。

それまでは、毎日、書くか、構想を練ってるか、読書をしてるかの毎日でした。

頭の中につねに言葉が渦巻いていて、落ち着く暇もなく、息苦しかった

それに、東京の出版社に送る原稿をああでもない、こうでもないと、書いては消す、書いては消すの繰り返しでした

体験記はハードルが高いとわかっていても、どうしても全国で出版できるような原稿を完成させることで躍起になってました。

結果的にそれが、病気の悪化へと繋がっていたのです

私ってアホですね・・・。

今回の風邪をきっかけに休養の大切さがわかりました

いまは、頭の中がすっきりしています

☆プロフィールの後半を更新しました。
興味のあることも追加しました。見てくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

西尾ワールド

今回の風邪は、関節痛があります。

37度台の熱が続いてます。

声が相撲取りみたいになってますよ(苦笑)。

ルルアタックIBを飲んで寝ます。

━…‥‥━…‥‥‥…━…‥‥…━…‥‥‥‥━……‥‥━

西尾さん、今週も元気をありがとうございますm(__)m

布団の中でテレビを見てました。

昨日は志賀高原スノービレッジからの中継でした。

病床の私からすると、元気そうな西尾さんが羨ましかったです。

回を増すごとに、ご成長なさってるなと思います。

滑り台、途中で止まってしまいましたが、楽しそうでした。

屋台があって、スタジオに「何を食べたらいいですかね?」と問いかけているところが新鮮でした。
宮本アナが「ラーメン」って言って、屋台に行くと、申し合わせたようにラーメンがでてきて、面白かったです。

一口食べて「おいしいです」じゃなくて、「うまいです」の一言も良かったですよ。

これからも“西尾ワールド”で、私たちを魅了してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

かぜ

かぜをひいてしまいました。

昼間は落ち着いてるのですが、夜になると38度台の熱が出ます。

なので、ブログの更新がおくれるかもしれませんが、お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

長谷川義史先生

一昨日、絵本作家の長谷川義史さんの絵本ライブに行ってきた。

わが街の有志が企画して、大阪から先生を招いたのだった。

会場の大広間は満員。おそらく200人~300人くらい集まったのではないか。

親子連れがほとんどで、私はちょっと浮いてたのかな。

自作の絵本の読み聞かせ、模造紙に絵を描きながら物語を語るパフォーマンス、ミニギター の弾き語りを魅せてくれた。

大阪弁での、ユーモアのある語りに、子供も、大人も大爆笑。

終了後はサイン会。

私は、先生に手紙と数枚の原稿を渡すため、サイン会が終わるのを待っていた。

今回のライブの主催者に、自分の事情を話したら、気づかってくださって、話す時間を設けてくださった。

先生に自分の事情を話しながら、お渡しすると、帰ってから、原稿を読むと言ってくださった。

何度も「ありがとう、ありがとう」と言ってくださった。

ありがとう、が大阪弁独特のイントネーションだった。

ライブとは違い、物静かな印象を受けた。

お疲れのところ、対応してくださって、ありがたかった。

帰り際、「頑張ってね」と声をかけられた。

あの日から今日で3日目。

先生、読んでくれたのかな、どう思ってくれたんだろう・・・。

何だか気持ちが落ち着きません。

ドキドキしてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

末吉画伯

今日は温かい一日でした。

春も近くにやってきてるようです。

この季節に、私は毎年まぶしさを感じていて、気持ちがついてゆけないところがあります。

これダネ見ました。

『灯台もと暗し』って言葉がありました。

自分の身近な場所のよさに気付くきっかけになりそうです。

長野市の、ハチポ館から、末吉くんの個展の中継でした。

西尾さん、今週は『笑顔』が光っていました。

芸人の末吉くんが、番組内で県内の各地を伺い、人とのふれあいの中で印象に残ったことを、最後に絵にしています。

いままでおじゃまして、出来上がったのが13枚。

個展を開くのには、まだ少ないので、大きなキャンバスに、さらに表現しようということになりました。

末吉くんの個性と温かさが表れる超大作が完成しました。

数日間という時間のなかで、一生懸命、描いている姿がとても印象的でした。

番組の出演者は、個展を陰からサポート。

西尾さんは、絵を額にいれる作業をしてました。

みなさんが、支える様子に、涙が出てしまいました。

さらに、過去にその地域で出会った2名を会場に招き、番組の生放送中に似顔絵を完成。

見事に仕上がってました。

末吉くん、『画伯』っていう肩書きが増えた感じです。

これを機会に、『灯台もと暗し』を卒業したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

日赤病院での体験

私は今の医院に通う前は、諏訪の日赤病院に通ってました。

総合病院なので、身体に病気を持った人もたくさんいました。

診察を終え、時間があるときには、エレベーターで最上階に行きました。

そこは病棟で、本当なら、見舞い客意外は、あまり立ち入ってはいけなかったかもしれません。

エレベーターから降り、左の角を曲がると、入院患者や見舞い客が憩う、小さなラウンジがあります。

新しい木製のテーブルと椅子があり、前面ガラス張りの窓からは諏訪湖が一望できます。

私はなぜか、いつもそこに行くと、不思議な力をいただけるのです。

いつの日だったか、中年の男性と看護婦が向かい合わせに座り、将棋をやっていました。

男性は、寝巻き姿で、薄手のニット帽を被っていました。

抗がん剤で髪の毛が抜け落ちたのだと思います。

計り知れないような、痛みと苦しみと闘っているのだと思います。

もしかすると、常に死と向き合っていきているのかもしれません。

治るかわからない病と闘っている人、余命を宣告された人、死を意識している人・・・。

そんな状況にある人って、その日まで、私が頭の中で考えていたのは、常に孤独と不安がつきまとい、陰鬱な日々を送っているのだろうなと思っていました。

しかし、その男性は違っていた。

とっても明るくて、肌につやがありました。

将棋も終盤にさしかかっていたのでしょうか、将棋をひとつさすと
「俺、なんか頭に血が昇っちゃいそうだな、あっはっははは」と高い声で笑っていました。

この人って闘病中?

私は、ドラマなどで見る、ガン患者の姿が脳裏に浮かびました。

あのテレビの中での俳優とは全然違う。あれは、まさに演出だったのだな・・・。

私が目の当たりにした実際の患者は、こんなに元気そう。

イメージと現実は違うものなのだなと思いました。

闘病している患者、その看病をする家族、医者、看護士、職員、見舞い客・・・。

日赤では様々な人間模様が見れました。

それらの人々が崇高に見えました。

ここは、人のいる数だけ感受性が交錯する神聖な空間。

私はそれまで被害者意識がありました。どうして私だけが・・・。

悲劇のヒロインだと感じていました。

人って他人の幸せと、自分の幸せを天秤にかけるところがあります。

人と悩みの大きさ比べをするところがあります。

はかって、比べて、自分のほうが、まだ恵まれているなと感じます。

それは、とても不謹慎なことかもしれませんが、私は日赤に通うことで、被害者意識が薄れました。

もっと、もっと大変な状況の中で必死に生きようとしている方々がこんなにもたくさんいる・・・。

私は自分の浅はかさを知りました。

いまでも、諏訪にいくと、たまに日赤の最上階に行くことがあります。
(周りの迷惑にならない程度に)。

そこに身を置くと、いつも自分の小ささを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

雛人形&西尾アナ情報

明日はひな祭り。

実はまだ雛人形を出してないんです。

うちのはガラスケースに入ってるので、一体一体ならべる必要がありません。

年に一度のことだし、お雛様が可哀想なので、これから出そうと思います。

(^た^)(^か^)(^こ^)

西尾さん!

これダネ見ました!
松代からの中継でした。

五人ばやしの衣装、似合ってましたよ。

布のミニ雛人形、西尾さんの個性がでていて良かったです。

投扇興は、難しそうですね。頑張っていましたね。
夢浮橋は、うまさだけじゃなくて、運も必要だなと思いました。

志賀キャラでは、意外な一面が拝見できました。

大雪の中で(スキー場だから当たり前だけど)ご苦労があったと思います。

スキーうまかったです。

ラップを歌ってるの最高でした!

西尾アナの情報と出演中の番組情報が載っているNBSのHPは↓です。

http://www.nbs-tv.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »