« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

桜金造似の白猫

犬と会話ができるようになった私ですが、猫とできるようになるには、まだまだ鍛練が必要なようです。

私の家の斜め向かいにあるお宅に2匹の白猫がいます。

たまに、うちの庭に散歩にやってきます。

性別はわかりませんが、一匹は身体が大きくて美人顔。もう一匹は、チビでおもしろい顔をしています。顔の大きさの割には、顔のパーツが中央に集まっています。桜金造と呼んでいます。顔だけで判断すると雄だと思います。

しかし、猫ってどういう神経をしてんでしょうね。

うちには、野良猫もやってきます。牛乳でおびきよせて、警戒しつつも近づいてきました。美味しそうに音をたてて飲んだかと思うと、お礼も言わずに帰っていってしまいました。

「おまえらは、情というものを持ち合わせていないのかっ」て思います。

白猫の美人のほうは、顔を上げて、足を真っ直ぐにして、優雅に歩きます。
私の姿を見ると、しばらく凝視し、何事もなかったように目的地まで、よそ見をせずに歩いてゆきます。

桜金造のほうは、私が現れると、ビクリとしたように止まり、2、3歩後退りをしたかと思うと、くるりと向きを変え、帰っていってしまいます。

先日もそうでした。

洗面所の窓を開けると、10メートルくらい向こうに、桜金造が家のほうに歩いてくるところでした。しかし、窓を開ける音に反応し、私の顔を見たまま立ち止まってしまいました。
急に歩くのをやめたので、片足が上がったままです。
「だるまさん転んだかっ」て突っこみたくなりました。

見つめ合うこと2分。動きが止まったままです。相変わらず、マヌケな顔をしています。

私が窓をもう数センチ開けると、ビクリとしました。
年寄りがお化け屋敷に入って進んでいったときに、急に子供だましのようなお化けが左から飛び出してきたような反応です。

若者のポジティブなビクリとは違います。反射神経が鈍った年寄りのネガティブなビクリです。
ビクリとして、顔だけを数センチ後ろに仰け反ります。

これが、桜金造のいつもの反応です。

また2分くらい動きが止まり、その後、向きを変え、まっくらさんぼうに家に帰っていってしまいました。

そういえば、昨年の夏には、ちょうど先日と同じ場所にいて、お尻を背の高い草にこすりつけてました。かいーの、かいーのの動きです。

「それは、間寛平さんのパクリだぞっ」ていってやりました。

ホントに猫の頭の中って分かりませんよね。

桜金造と私の距離が縮まるには時間がかかりそうです。

ちなみに、私に懐いてるほうの白猫との会話は、ペットのカテゴリーで、昨年の8月か9月に書きました。興味がある方は、バックナンバーで見つけてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

断薬は危険です

去年の今頃は、母さんが腰痛と高血圧で入院していたんだっけ。
家で2週間ぐらい様子を見ていたが、激しい痛みで、本人が苦しそうだったので、駒ケ根の親戚に迎えに来てもらった。
親戚に看病してもらって、本当に助かったな。

親戚に看病をしてもらうまでは、私自身は、医者にも行けなかった。

99年から常用していた抗うつ剤も切れ、あとの5種類の薬も2週間のあいだ断薬。
夕食後に抗うつ剤を2錠、じんましんの薬を1錠、寝る前に睡眠薬と安定剤を10錠~14錠。
いまからするとすごい量を飲んでいた。

それを一気に止めていたから大変なことになった。断薬は、副作用と同じくらい(いや、それ以上に)恐い。

まず、消化液がどっと増えてくる。唾液があふれ、喋るたびによだれが垂れそうになる。胃がいつもぴちゃぴちゃ言っている。
これが、正常な人間の身体の働きなんだろうけど、すごい違和感。

暑くないのに汗が出る。悲しくもないのに、目の周りが涙で濡れている。

お腹がゆるくなる。トイレが大変。正露丸なんて、単なる気休めに過ぎない。

急に五感が鋭くなるので、まぶしい、痛い、うるさい。
自分の身の回りにあるもの、すべてが刺激的に映り、感じ、聞こえる。

拡声器から流れる広報なんかも、いつも聞いているのに、自殺した人間があの世から助けを求めてくるように聞こえて、恐い。

それと一番深刻だったのは、不眠症状。

2週間、寝た、という記憶がない。うとうととした記憶も。
そんなふうだから、朝も夜も時間の感覚がなくなる。
2週間という時間が、なんの妨げもなくひとつの塊だった。目も常に充血していた。

このように、医師の相談もなく、独断での断薬は、とても危険なことです。やめましょう。

この間、たくさんの友人・知人に電話をかけたり、メールを送りました。このブログを読んでいる方にも。励ましにホント助かりました。

あとで電話料金の請求書を見たら大変なことになってました・・・。

そういえば、母がいないこの隙にと思って、男性に告白し、メールの交換や、電話で話しをしていたっけ。
恋愛感情もあったが、純粋な友人関係でけっきょくは終わったけど。

ジントニックなんか飲んで、泣きはらした。

ちょうど、ZARDが亡くなった時期で、「永遠」とか「この愛に泳ぎ疲れても」を何度聴いたことか。

でも、夢のような時間でした。

ちなみに、その方は先日書いたF氏じゃありません。そんな、おこがましいことできますか・・・。

営業マンでした。

恋愛はいつも直球勝負ですから・・・。こんなこともあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

かなづちの貴方に

来月あたりから、プール開きの学校もあると思います。

この時期、水泳が苦手な児童にとっては、憂鬱です。

私の周りにも、プライドの高い子で、泳げないことで、恥をかくのが嫌だといって、不登校になってしまった子がいます。
のちに、水泳の授業がない通信制の高校に進みました。

私自身も、水が恐くて、水泳の授業のときには震えていたことがあります。

水泳が苦手であることの理由に次の点があると思います。

水が恐い。

他のみんなが泳げるのに、自分だけ泳げないのが切ない。

息継ぎがうまくできない。

その苦手意識が過度になってしまうと、皆から笑われる、恥をかくのが恐い、イジメにあうのではないか・・・。そんな被害妄想にさいなまれて、学校に行くことすら恐くなってしまうでしょう。

1時間の中で授業についてゆけない児童は取り残されてしまいます。

たしか5年生くらいから、泳げる児童と、泳げない児童をレベルに合わせて、班分けも行われていました。

海なし県だし、昔の人のように川で泳ぐことなんてないし、大人になっても泳げないことで日常生活で困ることはほとんどありません。(事故とか災害とか別として・・・)。

泳ぐのが苦手でも、立派な大人になっている人もたくさんいます。

そんなかなづちの貴方に朗報です。

これは、私が高校生の時に実際にやっていたことです。

慢性鼻炎だった(運よく)私は、息継ぎがうまくできませんでした。

耳鼻科の医師に診断書を書いてもらい、担当の体育教師に提出して、水泳をしなくてもいいことになったのです。
診断書を書いてもらうのに6000円ほどかかりました。

通信簿の体育の成績は10段階評価で3になりますが。

水泳の時間、私はプールサイドで、みんなの泳ぎを眺めたり、先生の助手として、脱衣所の管理とか、授業で使った道具を集めたりとかしてました。

水泳ができないことで、自分を責め、追い詰めてしまい、不登校になってしまうような現代っ子には、こんなケースもあるんだと知って欲しいと思い記事にしました。

自分の場合は慢性鼻炎だったので、これが許されたのだと思います。

この例のほかにも、診断書などの証明できるものがあれば、可能なのかもしれないです。

☆西尾アナ情報

得意料理は卵焼き!

今週も私が応援している長野放送の西尾佳アナウンサーの情報をお届けします。

今夜は、上田市の千曲川から、つけば漁の紹介でした。
あいにく雨の中でしたね。

ウグイをしとめる仕組みがよくわかりました。
昨日の天気の良い中での取材よかったですね。ご苦労様です。

ウグイの塩焼き美味しそうに食べてましたね。私は生まれてから一度もウグイを食べたことがありません。機会があったら、今回紹介された場所に行ってみたいです。

西尾さんは、いつも言葉での表現の仕方が上品で好感が持てます。

毎回、私の独断と偏見ですが、紹介しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

愛は無償のもの

愛は無償のもの。

なんて、素敵なんでしょうか。

相手にしてあげた分だけ、自分に返ってくるものだと思っていました。

それに、相手がしてくれた分を自分がしてあげるものだとも思ってました。

報酬を払った分だけ、愛がもらえるなんて、くだらない発想でしたね。
それでは、ホストクラブになってしまいます。

そんな人になりたいし、そんな人とも出会いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

芸人Fの美談・西尾アナ情報

今だから言えることは、いつもこのブログでさらけ出していますが、1年経ったいまだから言えることを書きたいと思います。

昨年の4月末のことです。芸人Fを逆ナン(?)しました。そうなのかどうかは、読み進めていく中で判断してください。

いまは、番組名も変わり、曜日もかわりましたが、ふかわりょうさんが担当するNHKラジオの短歌番組がありました。

私は、普段、エッセイを主に執筆をしていますが、短歌にはそれほど興味がありませんでした。

2年前まで、TBSで爆笑問題が司会のバク天というバラエティー番組が放送されていました。
その中のコーナーで、ふかわりょうさんが、番組の女性ADを2回くどいていたことがバラされ、本当にその女性ADに気があるのか検証しようというのがありました。

ふかわさんの楽屋に隠しカメラを設置し、女性ADが入室。ふかわさんの反応を見る模様が放送されました。

そのときのふかわさんが、女性に対して紳士的で優しい対応をしていたのです。
普段、テレビに出演している彼とは、ギャップがありました。
育ちのよさが垣間見れ、相手のことを達観したような対応に好感が持てました。

そういえば、以前、テレ朝の黄金伝説の節約生活にふかわさんのご両親3人で出演されていて、仲むつまじい様子が放映されました。
音楽一家で、ふかわさんがピアノを弾き、お父さんがたしかバイオリンを弾いてました。

そんな、ふかわさんの良い一面が、私のイメージの中で重なって、気がつくと、公式HPを見るようになりました。

スケジュールの中に、ふかわさんがMCをつとめる短歌番組があって、聴くようになったのです。

ラジオでは、声のトーンが低くて、バラエティー番組では、存在感を出すためにわざと大きな声出しているんじゃないかと思うくらい、普段はおとなしい方なのかなという印象を受けました。

その頃、私は、身近でも歌人と交友を持つようになりました。

それも影響して、短歌をつくるようになりました。

自作の短歌をふかわさんの番組に投稿したところ、後日スタッフから、採用の知らせの連絡がきました。本人が希望すれば、当日の生放送で電話から自作の短歌を読み上げた後、ふかわりょうさん他、出演者と会話をしてくれないかとの内容でした。

しかし、あちらの都合で土壇場で番組の放送内容を変更したので、当日、私の短歌はアナウンサーによって朗読されました。

そのときの、連絡をしてきたスタッフのやり取りの中で、私は勇気を出して、ふかわりょうさんに自分の書いた熱烈な応援メール、ラブレターに近いもの(?)をコピーして渡していただけるようお願いしました。

スタッフは、気づかってくださり、本人に渡して下さいました。

その日の番組で、ふかわさんは機転をきかせて、「今日思ったのですが、人には色んな青春時代があるんだな~と思って」と私の闘病をストレートには出さないものの、そういった応援メールの内容に触れた会話を続けてくれました。
自意識過剰なのかもしれませんが、ふかわさんは、聴いてる人の中には、私のような人間もいるということをちゃんと把握して、会話を広げていたのです。

それに、いつもこのスタジオに入る前は、気合を入れていたのだが、それは先週までで、今週は嬉しい出来事があったとも言っていました。

私は、自作の短歌が全国の電波にのったのと、ふかわさんの心配りに触れて感無量でした。

☆西尾アナ情報

私が応援している、長野放送の西尾佳アナウンサーの情報を紹介しています。
本人もこのブログを読んでくださっています。

昨夜のこれダネは、長野高専の航空ロボット製作部からの中継でした。

ロボットサッカー大会の世界大会に進出するほど、素晴らしい技術を持ったチームです。

すみません、女の私はあまりこういうことに詳しくないので、うまく書けませんが、ロボットにパソコンでプログラミングしたチップを取り付けて、リモコンで操作するそうです。

小さなサッカー場を模った上で、ロボット同士がサッカーをしていました。

西尾さんが実況をしていました。将来、スポーツの実況をする機会もあるのでしょうか。

普段、情報番組に出ているアナウンサーが実況するところを拝見すると見とれてしまいます。

それに、5月11日には、NBSハチポカップフットサル大会に出場したのですね。

西尾さんは、これダネチームのゴールキーパーとしてご活躍されてました。ご苦労様でした。

ご活躍に今週も元気をもらえました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月16日 (金)

不登校、大人は賢明な対処を

今回は、医療の力が必要な場合の不登校児を前提に書いてゆこうと思います。

これは、私の例です。全ての不登校児に当てはまるとは限らないので、そのへんはご了承ください。

一番大切なのは、本人のストレスの原因となるものが何なのかをハッキリ把握することです。
ストレスの原因となるものから、距離を置くことです。

中には、甘えに見え、根性を鍛えなおすことで治そうとする人がいますが、それは間違っています。
私も、いろんなことをさせられましたが、今となっては、無駄な行為でした。

根性を鍛えなおすも何も、脳や神経の働きが正常じゃないのですから。
それは、無謀な行為です。
医療の力が必要になります。

病気によっては、経過を見ないと医者も診断名をつけられないこともあります。
なので、心療内科に通い、どうおかしいのか、気づいた症状は、積極的に医者に言いましょう。
それで、経過を見て、投薬治療もされ、病名も顕著になってくると思います。

それに家族の理解が大切です。

私の子供時代からすると、周りがごちゃごちゃ言うことが減ってきたように思います。
実際、私の親戚も、私の時には、騒いでいましたが、2、3年前に親戚の中学生が不登校になった時は大人しかったです。
テレビのコメンテーターも、いじめから自分を守るために、“勇気を持って学校に行くことを止めること”を訴える人もいるのですから。

世間体など気にせず、本人の意思を最優先してください。

世間体と、自分の子供の命、どっちが大切でしょうか。天秤にかけてください。

勉強だって、遅れをとっても、元気になったら、やればいいのですから。
そのときの本人のやる気しだいで、いくらでも、遅れを取り戻すことはできます。

私は専門家ではありませんが、自分の経験を話していくことで、今後自分と同じように苦しむ子供が増えないためにも、少しでも力になれたらと思います。

ある医者は、不登校児の8割くらいに、統合失調症やうつ病が隠れていると言っていました。
どうして、こんな大事なことが発表されないのでしょうか。

それは、騒ぎになることへの考慮だと思いますが、発表され、世間に知られることで、早い段階で、本人を苦しみから救うことができるというメリットもあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

社長!・ブリザーブドフラワー

日曜日に丸大食品工業株式会社社長の位高勉さんの講演を聞きに行ってきました。

社長は現在73歳。

病床だった青年時代を経て、33歳の時に一念発起し会社を立ち上げ、現在は8店舗を抱える、年商20億円の社長になるまでの経緯をお話ししてくださいました。

なんとか型?なんとか性?(すいません、重要なとこ忘れました)胃下垂で苦しみ、まったく食事ができない時代をユーモアを交えて自虐ネタにしてました。
巧みな話術で、プロの噺家のようでした。
偉い方なのに、ここらにいるおじいさんのような田舎言葉がいいです。

以下は、話された内容をそのまま再現してみました。

今日いらしている皆さんは、バクバク食べてそうなばかりの人たちですけどね、腹が空かないほど切ないことはないですよ。
朝おきても腹が空かない、昼になっても腹が空かない、そのうち夜になっても腹が空かないんで困りましたよ。

それに一時期、深刻な不眠症になりましてね、午前0時になるころには、目が冴えてきて、午前3時くらいまで寝れないわけですよ。

医者が診てもですね、こりゃ、20歳までは、生きれないと言われましてね、近所の人も、
あの家の息子の葬式はいつだいって噂話をしてましたよ。

生まれてきたからにゃあ、仕事にも就きたいし、美しい女性と恋愛をしたいわけですよ。

それが21歳くらいですか。

医者にもさじを投げられた病気が、30くらいになるころには、良くなってきてですね、女運がでてきて、女性と恋愛もできるようになって、今の家内とであったわけです。

嫁に来たばっかりのときは、近所の人に言われたそうですよ。
あんた、えらい息子の所に嫁いできたもんだね、いつ死ぬかわからないよ。苦労人だね。
家内はどう感じてたかは、聞いてないですけどね、そんなこと言われてましたよ。

33歳の時に、いまの会社を立ち上げましてね、最初は従業員8人から始めました。
それが、軌道に乗ってですね、金運にも恵まれて、いまは県内に8店舗、従業員250人います。

昔は、あの家の息子のようにはなるななんて、言われていたのがですね、今じゃ、あの家の息子のようになれって言われてるんですよ。
そう言われるまでに、50年かかりましたよ。

こんな感じでした。

一度、諏訪インター店に行った時、背広姿で、まさに社長!という風格が漂ってる人が、レストランで食事をしているのを目にしたのですが、あの方がそうだったのかと思いました。

人生どう転がるか分かりませんね。

素晴らしいサクセスストーリーでした。

まだまだお若いですが、もっと長生きして、またお話しを聞きたいと思いました。

☆西尾アナ情報

3日も遅れてしまいました。これダネ見ました。

ながの東急からの中継でした。

母の日に毎年、カーネーションを贈っているのですね。素晴らしいです。

ブリザーブドフラワーを紹介してました。

素敵な花束をもらっても、数日もすれば、しおれてきてしまいます。
でも、このもらいたてのような花の状態を保ち続ける方法があるのです。

私は、ドライフラワーまでしか知りませんでした。

ブリザーブドフラワーについて、分かりやすく説明したHPを見つけました↓

http://www.maruho.ne.jp/syohin/PHsetumei.html

こんな夢のような方法があったのですね。

西尾アナの花束は色のバランスが良くて、綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

複雑な母の日

今日は母の誕生日。高齢で私を生んだので、かなりの歳です(笑)。
そして、明日は母の日。

「おめでとう」と言うだけで、たいしたことは、毎年してやれません。

プレゼントをあげていたのは、いつまでだったのだろう・・・。思い出せません。

子供の心がわかっているお母さんなら、手紙を渡されたら、内容に涙を流して、大切に保管してくれるでしょう。
うちの母は、「ありがとう」と受け取っても、その辺に置いておくので、日が経つにつれてくしゃくしゃになって、ゴミ箱にいってしまうことがありました。

明るく、元気な母です。女でひとつで育ててくれた母です。

感謝はしています。愛情も感じてます。

生まれる直前に、父が亡くなったので、父の生まれかわりだ、と言われ、他の子供にはない重圧を受けてきました。
それに、心無い親戚に、「母は身体が弱いので、長生きをしないと思うが、よろしく頼む」と言われました。
それが、成人してからなら言い返せるのですが、小学生の時に言われたので、すごいショックを受けました。
事実、そんなの親戚の勝手な憶測で、母はいまも健在です。

更年期と私の不登校が重なり、朝学校に行く前にぐずっているとき、母からはずいぶんと肉体的にも精神的にもダメージを受けました。恨んだ時期もあります。

病気で倒れた時もあります。

私は、子供の頃から、周りの子とは同じような生活ができないのだな、と悟っていました。

だから、私は自分の人生がとても短いものだと思っていました。

小学生の時は、自分は中学生にはなれないと思ってました。
つまり、中学生になる前に自殺をするか、事故かなんかがあって、私の人生に幕を下ろしてくれるような出来事があるのだと考えていたのです。

将来を描けるのは、運命に恵まれた人です。

周りからすると、私は恵まれた面もありますが、心はそのときから孤独でした。

私は現在26。子供の頃からすると、未知の年齢です。この年まで生きていることは予測できなかったので、この年齢まで生きてこられた自分に、なんか戸惑いを感じることもあります。

それに将来もわかりません。

3年ほど前から、いい出会いに恵まれて、自分の人生はいい方向に開けていってますが。

落ち着いている時はいいですが、時に、ふと、母と一緒にこの世から消えてしまいたくもなります。まだまだ、自分の病気や障害に理解不足のところがあります。

このブログを読んでいて、私の人生を推察できる人もいると思います。

誰か手を握って。私は、人の体温がほしい・・・。

心はそう思ってるのに、つぶやけないです。

人に甘える方法を知らない人が、死んでゆくのでしょうね。

愛しい人に「俺は助けてあげられないけど」なんて言われちゃったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

喜怒哀楽を表すことの重要さ

薬の減量は順調に進んでいます。
もう一ヶ月を過ぎたでしょうか。

睡眠薬3錠、頓服を3錠をぬるま湯でのみ、30分くらいは上半身を起こしていること。

それを守ると眠れるようになりました。

今度は3錠から2錠半にできればなあと思います。

それまでは、医者に申告せずに自分勝手な飲み方をしてました。
一刻も早く、苦しい症状から逃れられるように。

喜怒哀楽の感情はあります。

なのですが、感じるだけで、

悲しいのに涙が出ない

楽しいのに笑えない

怒っているのに怒れない

感情を、周りの人に伝わるように、表情や声や動作にでなかったりしました。

訓練によって、前よりは表わせるようになりました。

とても辛く、苦しいのに、それが表わせないので、心の不調に気付き、治療を受けるのが遅れました。
それだけ、家庭にも学校にも、病気や障害について、情報が行き届いていなかったってことでしょう。こんなことが続けば、自分と同じような人が続出します。

これは、死活問題にもなります。

厳しい訓練を受けた盲導犬が、老犬になり、引退しました。
その後、ガンにかかりました。
しかし、厳しい訓練によって、自分の意思表示を抑制することを身につけられた犬は、ガンが進行して、苦しいのに、痛いのに、ワンと鳴くことができず、治療が遅れてしまいました。
我慢しきれなくなって、震えたりするなど、身体的に顕著な異常がでてから、初めて発見されました。

かわいそ過ぎます。

苦しい時に泣く

痛いときに悲鳴をあげる

それが、どんなに大事な行為でしょうか。

喜怒哀楽を表わすこと。

心の病になり、それさえ、表わせなくなる前に、(表わせるうちに)賢明な行動をとることです。

普段、おとなしい人(つまり、言葉・動作・表情に出せない人)が、感情を爆発させ、人に危害を加えてしまいました。

逮捕されてからはじめて、アスペルガー症候群という障害があることが判明しました。

こんなこともあるのです。

病気も、障害も、のちの世代に、自分と同じような思いをさせないため、主張していき、啓発活動、再発防止に取り組んでゆかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

恒例行事・韓流アナ?

今年も行きました。駒ケ根から帰ってきました。

今回はどこの店でソースカツ丼を食べようか考えていたのですが、駒ケ根に親戚があります。
半年振りに顔を出して、昼食をごちそうになってきました。
ソースカツ丼も楽しみにしてましたが、こういう結果となりました。
でも、元気な顔を見せれてよかったです。
話しづらい話題もあって、借りてきた猫状態でしたが・・・。

駒ケ根高原は穴場だといいましたが、今日はとても混んでいました。
だんだんと知られるようになってきたのですね。

ソースカツ丼で有名なお店は、列ができてましたよ。
田舎に住んでいる私からすると、行列ができていたら、空いている店で食べようと諦めるのですが、都会の方は慣れているのですね。
とくに、ガロ、レストハウスかみじま(名前あってる?)、明治亭は、並んでました。

今回はどこかに寄るわけでもなく、大田切川の上の歩道をゆっくりと歩きました。
それにしても、水がきれいですね。

ご飯を炊くのを忘れたので、サークルKの弁当で、これから夕食です。
午後4時くらいにセブンイレブンに行くと、弁当・おにぎり類がありませんね。

☆西尾アナ情報

昨夜は、蓼科バラクライングリッシュガーデンからの中継でした。

スイセンの色に黄色のシャツが似合ってました。

ダジャレが出ていましたね。また機会があったら、やってください。

白樺湖までは行ったことがあるのですが、蓼科にはあまり行ったことがありません。
一度行ってみたいと思いました。

珍しい花がたくさんありました。北海道出身の西尾さん、本州には変わった花はありましたか。

言っていいのか迷いましたが、西尾さんが出てきた時、長野にも韓流のながれが来たのかなと思いました。最近の○○王子というのも、韓流の影響かなと思うのですが、キルト王子の西尾さんもそうなのかな。採用した方、あってますか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

清里

ガソリンが上がりましたね。

うちの母も、5月に入る前に、満タン入れました。

こういうとき、ハイブリッドカーとか電気自動車だといいですね。
もっと、もっと普及して欲しいです。

うちの町には、廃油で走るバスがあります。

近くのお店に行くのに、車を使わず、歩いている人も増えてきました。

GWの真っ只中、頭が痛いですね。

駒ケ根高原は、車で行く場合、穴場でおすすめの地なのですが、電車だと駒ケ根駅から、バスに乗らなくてはいけません。

電車で行く旅だと、山梨の清里高原がいいですね。小海線の高原列車に乗って、降車できるので。
行楽地としてはメジャーで、この時期混んでますが、昨年行って、とっても良かったです。
車窓から、桜が咲いているのが見えるかもしれません。

駅前を散策してから、萌木の村というところへ行きました。

高原の中に、ペンション風の可愛らしい建物が点在しています。

その建物は、レストランだったり、雑貨屋さん、クッキーのお店など、目を楽しませてくれるお店がたくさんあります。

施設内には犬も連れてゆけます。しつけのできた可愛いワンちゃんがたくさんいて、触れ合ってきました。たくさんの犬がいても、フンだとか、ごみ一つ落ちてなくてきれいでした。まさに清い里という感じです。

中央に、広場があります。それにメリーゴーラウンドカフェがありました。

説明するよりもHPを見たほうが、詳細がわかりますね。

http://www.moeginomura.co.jp/

清里の駅を降りて、どこに行くわけでもなく、街の雰囲気を味わいながら、歩くだけでも楽しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »