« 恒例行事・韓流アナ? | トップページ | 複雑な母の日 »

2008年5月 7日 (水)

喜怒哀楽を表すことの重要さ

薬の減量は順調に進んでいます。
もう一ヶ月を過ぎたでしょうか。

睡眠薬3錠、頓服を3錠をぬるま湯でのみ、30分くらいは上半身を起こしていること。

それを守ると眠れるようになりました。

今度は3錠から2錠半にできればなあと思います。

それまでは、医者に申告せずに自分勝手な飲み方をしてました。
一刻も早く、苦しい症状から逃れられるように。

喜怒哀楽の感情はあります。

なのですが、感じるだけで、

悲しいのに涙が出ない

楽しいのに笑えない

怒っているのに怒れない

感情を、周りの人に伝わるように、表情や声や動作にでなかったりしました。

訓練によって、前よりは表わせるようになりました。

とても辛く、苦しいのに、それが表わせないので、心の不調に気付き、治療を受けるのが遅れました。
それだけ、家庭にも学校にも、病気や障害について、情報が行き届いていなかったってことでしょう。こんなことが続けば、自分と同じような人が続出します。

これは、死活問題にもなります。

厳しい訓練を受けた盲導犬が、老犬になり、引退しました。
その後、ガンにかかりました。
しかし、厳しい訓練によって、自分の意思表示を抑制することを身につけられた犬は、ガンが進行して、苦しいのに、痛いのに、ワンと鳴くことができず、治療が遅れてしまいました。
我慢しきれなくなって、震えたりするなど、身体的に顕著な異常がでてから、初めて発見されました。

かわいそ過ぎます。

苦しい時に泣く

痛いときに悲鳴をあげる

それが、どんなに大事な行為でしょうか。

喜怒哀楽を表わすこと。

心の病になり、それさえ、表わせなくなる前に、(表わせるうちに)賢明な行動をとることです。

普段、おとなしい人(つまり、言葉・動作・表情に出せない人)が、感情を爆発させ、人に危害を加えてしまいました。

逮捕されてからはじめて、アスペルガー症候群という障害があることが判明しました。

こんなこともあるのです。

病気も、障害も、のちの世代に、自分と同じような思いをさせないため、主張していき、啓発活動、再発防止に取り組んでゆかなければなりません。

|

« 恒例行事・韓流アナ? | トップページ | 複雑な母の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129130/41123347

この記事へのトラックバック一覧です: 喜怒哀楽を表すことの重要さ:

« 恒例行事・韓流アナ? | トップページ | 複雑な母の日 »