« 複雑な母の日 | トップページ | 不登校、大人は賢明な対処を »

2008年5月13日 (火)

社長!・ブリザーブドフラワー

日曜日に丸大食品工業株式会社社長の位高勉さんの講演を聞きに行ってきました。

社長は現在73歳。

病床だった青年時代を経て、33歳の時に一念発起し会社を立ち上げ、現在は8店舗を抱える、年商20億円の社長になるまでの経緯をお話ししてくださいました。

なんとか型?なんとか性?(すいません、重要なとこ忘れました)胃下垂で苦しみ、まったく食事ができない時代をユーモアを交えて自虐ネタにしてました。
巧みな話術で、プロの噺家のようでした。
偉い方なのに、ここらにいるおじいさんのような田舎言葉がいいです。

以下は、話された内容をそのまま再現してみました。

今日いらしている皆さんは、バクバク食べてそうなばかりの人たちですけどね、腹が空かないほど切ないことはないですよ。
朝おきても腹が空かない、昼になっても腹が空かない、そのうち夜になっても腹が空かないんで困りましたよ。

それに一時期、深刻な不眠症になりましてね、午前0時になるころには、目が冴えてきて、午前3時くらいまで寝れないわけですよ。

医者が診てもですね、こりゃ、20歳までは、生きれないと言われましてね、近所の人も、
あの家の息子の葬式はいつだいって噂話をしてましたよ。

生まれてきたからにゃあ、仕事にも就きたいし、美しい女性と恋愛をしたいわけですよ。

それが21歳くらいですか。

医者にもさじを投げられた病気が、30くらいになるころには、良くなってきてですね、女運がでてきて、女性と恋愛もできるようになって、今の家内とであったわけです。

嫁に来たばっかりのときは、近所の人に言われたそうですよ。
あんた、えらい息子の所に嫁いできたもんだね、いつ死ぬかわからないよ。苦労人だね。
家内はどう感じてたかは、聞いてないですけどね、そんなこと言われてましたよ。

33歳の時に、いまの会社を立ち上げましてね、最初は従業員8人から始めました。
それが、軌道に乗ってですね、金運にも恵まれて、いまは県内に8店舗、従業員250人います。

昔は、あの家の息子のようにはなるななんて、言われていたのがですね、今じゃ、あの家の息子のようになれって言われてるんですよ。
そう言われるまでに、50年かかりましたよ。

こんな感じでした。

一度、諏訪インター店に行った時、背広姿で、まさに社長!という風格が漂ってる人が、レストランで食事をしているのを目にしたのですが、あの方がそうだったのかと思いました。

人生どう転がるか分かりませんね。

素晴らしいサクセスストーリーでした。

まだまだお若いですが、もっと長生きして、またお話しを聞きたいと思いました。

☆西尾アナ情報

3日も遅れてしまいました。これダネ見ました。

ながの東急からの中継でした。

母の日に毎年、カーネーションを贈っているのですね。素晴らしいです。

ブリザーブドフラワーを紹介してました。

素敵な花束をもらっても、数日もすれば、しおれてきてしまいます。
でも、このもらいたてのような花の状態を保ち続ける方法があるのです。

私は、ドライフラワーまでしか知りませんでした。

ブリザーブドフラワーについて、分かりやすく説明したHPを見つけました↓

http://www.maruho.ne.jp/syohin/PHsetumei.html

こんな夢のような方法があったのですね。

西尾アナの花束は色のバランスが良くて、綺麗でした。

|

« 複雑な母の日 | トップページ | 不登校、大人は賢明な対処を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社長!・ブリザーブドフラワー:

« 複雑な母の日 | トップページ | 不登校、大人は賢明な対処を »