« 眠れぬ夜は君のせい | トップページ | 衣替え »

2008年7月 2日 (水)

読書漬け

いま、図書館とブックオフに行ってきました。

今日からまた読書三昧になりそう。

以前購入した石田衣良のスローグッドバイは、半分ほど読みました。
あれは、東京都出身じゃないと書けないですね。東京在住の若者は、実際あんな恋愛してるんだろうな~と思います。石田衣良さんのSEX描写はきれいで好感が持てます。

図書館で借りた本は5冊。

「ハリガネムシ」吉村萬壱著

「人のセックスを笑うな」山崎ナオコーラ著

「赤い長靴」 江國香織著

「ナラタージュ」島本理生著

「人々の街角」内海隆一郎著

↑内海隆一郎の人々の・・・シリーズは、母が大好きなので。

を借りてきました。

色んな作家さんの本をまんべんなく読みたいです。
これらの本は、セブンアンドワイのHPの感想やアマゾンのカスタマーレビューを読んで決めました。

「人のセックスを笑うな」は、39歳の人妻と19歳の男の子の恋愛を描いた小説です。
いま、私が関心を寄せている軽い不倫ものです。

「ナラタージュ」も恋愛小説です。
高校時代の演劇部の顧問の先生と大学生になった主人公の女の子が再会して恋愛が始まります。

「赤い長靴」は、結婚生活10年目くらいの夫婦たちの生活を描いた作品だそうです。
江國香織さんの小説は以前から読みたいと思ってました。まずは、この短編集から入りたいと思います。

「ハリガネムシ」は、恋愛小説じゃないですが、なんかカスタマーレビューを読んで興味を持ちました。

ブックオフでは、

「重力ピエロ」伊坂幸太郎著

「せんせいけらいになれ」灰谷健次郎著

「くっすん大黒」町田康著

を購入しました。

3冊ともジャンルがぜんぜん違いますね。

灰谷健次郎さんは、「兎の眼」を読んでから好きになりました。

町田康さんは、あの独特の文体と奇抜な発想が大好きですね。なんだか笑えるし。後にも先にもあんな作家さんでてこないんじゃないかな。
いつも思うのですが、チュートリアルの徳井さんって、町田康さんに顔が似てるし、絶対小説読んでそうだな。ダメ男が物事を妙な方向へ妄想をふくらませていくキャラとかかぶるんですよね。私の中では。

伊坂幸太郎さんは、よく売上上位のほうに入っている作家さんで、どんなものを書いてるのかな~と不純な動機ですが買いました。

全部読み終わるのは、いつになるかわかりませんが、毎日こつこつ読んでゆきたいです。

|

« 眠れぬ夜は君のせい | トップページ | 衣替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書漬け:

« 眠れぬ夜は君のせい | トップページ | 衣替え »