« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

本棚がほしい

私の部屋が本であふれかえってます。

ブックオフでサイコロ買いを重ねて、もうこれは、かなり大き目の本棚がないと、部屋が散らかってしまいます。

読書好きが高じてですが、このブログをとおして、本棚を譲ってくれる人を募集したいくらいです。

イーブックオフで注文し、きのう届いたのは、

五千回の生死 宮本輝                

ハリガネムシ 吉村万壱

ナラタージュ  島本理生
             
普通の愛  尾崎豊                  

君が壊れてしまう前に 島田雅彦
         
獄窓記 山本譲司
                     
愛の流刑地 上 渡辺淳一               
愛の流刑地 下            

最後の家族 村上龍
                  
東京タワー-オカンとボクと、時々、オトン-  リリー・フランキー          

不信のとき 上 有吉佐和子            
不信のとき 下

です。

一度、図書館で借りてもう一度読みたくて、購入したものもあります。

☆西尾アナ情報

今回のこれダネは、長野ノスタルジックカーフェスティバルからの中継でした。

70年代のアメ車がたくさん展示してありました。

アメ車に詳しいお笑い芸人のスマイリーキクチさんと一緒にやっていたのですが、西尾さんの突っこみが見れてよかったです。

展示してあるアメ車に、スマイリーキクチさんが乗り込み、車を発進させるのかと思ったら、エンジンは実際にはかからず、エンジン音の口真似をしながら顔を伏せると黒縁めがねにかけなおして、中本工事さんのものまねを始めました。

すかさず、西尾さんは「ただ、ものまねをしたくて、乗り込んだんじゃないですか」と突っこみを入れてました。
スタジオの末吉くんも、「あっ西尾くん(突っこんでくれて)ありがとう」と言っていて、微笑ましかったです。

あっ、それに西尾さんもおそろいの黒縁めがねをかけましたね。面白い一面も次回からも見せてください。

最後に、売店に場所を移し、ホットドッグの食べっぷりもよかったです。食べたいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

金言

クッキングパパのぐっさんに見とれて見始めたドラマでしたが、ドラマの中のあるセリフをきっかけとして、物思いにふけってしまいました。

ブログの更新も遅れています。

それは、人形職人役の宇津井建さんが言ったセリフです。

「人生ってのは、意外と長いものだから、じっくり、じっくり生きればいい」

ノートに早速メモりました。このセリフが、しばらく、私の頭の中を反芻して暮していきそうです。

いい言葉に出会おうとして、なにか本を読むときよりも(構えている時よりも)、
信念はあるのだけれども、無防備にしているとき、ふと、耳にした、目にした、言葉に救われることがあります。

一日のうちで、この言葉に出会えると、心が喜びます。

ドラマのセリフ

歌の歌詞

近所のおばさんたちの会話から、ふと、漏れてきた言葉

何気ないところに、金言は落ちていたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

これは大変だ

母は中性脂肪の塊だった。

母は、はきっりいって痩せている。なのに何故?

健康診断の結果が出て、基準値150未満のところ、523!

前回も「ここまで高い人、あまりいないですよ」とか保健婦さんに言われたっけ。

そうえいば、骨格の割りに肉付きがいい。プニプニしている。

夏になって、カキ氷をよく食べている。

夕食をまとめ食いする傾向がある。

別腹と言って、たまにチョコレートを食べている。

飴をかなり持っている。

運動をしない。車に頼っていて、歩くことすらしない。

私は、最近、母と顔を合わすたび「まさか、中性脂肪の塊だったとは・・・」とつぶやいている。

早速、ネットで調べてみた。ほうっておくと動脈硬化に!これは大変だ。お、おそろしい・・・。

見ていると、ショックで診断結果を引き出しの奥にしまってしまったので、
改めてみてみると523!

これは、なんとかしなければ。

9月に精密検査を受ける予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

飲めると飲めないとでは

「体調のほうは、どうなの?」

「・・・まあ、大丈夫だよ」

「店、オープンしたんだよ」

「知ってる」

「あまり根をつめないで、身体を大事にね」

「うん」

ガチャンっ・・・。

22時50分。こんな時間に誰から電話だろうと出ると、中学の級友からでした。

最近、うちの近所に飲み屋をオープンさせました。

20になったばかりは、定期的に飲みに誘われたものでしたが、ご無沙汰でした。

世間って、ものごとを大げさに広げる人がいて「あの家の子、体調が良くないらしいよ・・・」などと、まるで大病を患っているかのようなイメージを相手に与えてしまう人がいる。

物事が人から人へ繋がる途中、人の主観的なイメージを入れて、それをおもしろ可笑しく、噂話に発展させ、相手をひきつけようとしたり。
それが、飲む席だったら、世間話はセットのようなもの。酒のつまみ。

でも、級友には、信頼関係があるから、人から私のことを聞かれても、良いほうへ話しを発展させてくれると思う。

お酒か。今年に入って(ってもう8月)お正月に飲んだくらいかな。けっこう好きなんだけど。
薬の影響もあって飲めないのもあるし。

酔う時間がもったいないので、その時間を読書にあてたい。
これでは、これから社交を広めようとしているのに致命的だね。

お酒が飲める、飲めないとでは、人脈の広がりって違うと思う。

よし、級友の店に顔を出してあげようかな。

出会いに乾杯!なんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

身近な理解者

今日は、自分の管轄地域で行われる「こころの健康を考えるつどい」事前打ち合わせ会に参加してきました。

自分の意見を反映できる場所を、と考えていた矢先に誘ってもらい、ありがたいです。

昨日は、食事ものどに通らないほど緊張していました。

しかし、会議室に入ると、みなさん談笑したりして、和やかな雰囲気。
その緊張感は薄れてゆきました。

このつどいは、今回で14回目。毎年行われているそうです。

運営スタッフが、保健所職員、NPO法人代表、専門家などで、恐縮してしまいました。
今回は、前回の参加者の感想や様子などが入ったプリントが配られ、改善しながら今回はどんなことをするか決めてゆきました。

私は、当事者の意見を発表できる場があったらいいですね、と提案。

しかし、もっと全体の流れを事前に把握して、まとまった意見が言えたらよかったと思いました。

次回の打ち合わせでは、要領を得た意見が言えたらいいです。

やっぱり、地域では孤立してしまいがち。家族にも親戚にも理解してもらえない人もいると思う。

こうやって、ネットでコメントしあえる仲間も大切だけど、身近に悩みを打ち明けられる仲間をもつことが必要だと思う。

それに、一般にも心の病を理解してもらい、心の病を持った人が堂々と生活できるよう働きかけてゆきたい。

考えれば考えるほど、意見が出てくる・・・。

つどいが成功するよう、自分も力になりたいと思います。若輩者ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

影響を受けた人

私がいつか死んで、天国でまず会いたい人は尾崎豊です。

彼が生きた年月は26歳と5ヶ月。

私もいま26歳と5ヶ月。彼が亡くなった年齢です。

彼がなくなったのは、私が小5の時でした。I LOVE YOUや卒業は知っていましたが、彼の多くのことを知ったのは亡くなってからでした。

その亡くなりかたというのが、あまりにショッキングで、当時10歳だった私も衝撃をうけました。

あらゆる新聞記事や雑誌を読みました。テレビの特集もほとんど見たと思います。

でも、真実は彼の中にあるのでしょうね。

私は病気になるんじゃないかというくらい尊敬して、好きになったことがありました。今もそう。

人生の目標と掲げたことがありました。

人生のあらゆる転機の中で、尾崎豊の生き様を哲学として意識してきた、と言っても過言ではありません。

好きなアーティストは誰?と聞かれて、尾崎の“お”の音も声に出せない自分がいます。
自分の中であまりにも存在が大きいからです。

創作活動にかなり悩んでいたと時期があるといいます。自分や他人も傷つけることもあったといいます。
社会的には、許せないことなのかもしれないけど、なんか許してあげたくなります。

先日、NHKの知るを楽しむで、彼と親交のあった見城徹氏の話は印象的でした。

このところ毎晩のようにYOU TUBEの映像を見ています。

今日は、厳しい暑さが落ち着き、涼しい夜です。こんな晩に聴くと、かなりヤバイです。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

西尾アナ情報

大切なのはハートですね。ゴスペルとの競演、微笑ましく聞きました。

今日はニュース担当、ご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

生活音

なんだかんだ言っても、オリンピック夢中になってみています。

北島選手の金メダルには、涙が出ました。
いつも、強気で自信満々な北島選手が、試合後のインタビューで男泣きしたのはヤバかったです。
体操の内村選手、まだ19歳ですか。あん馬で失敗して、下のほうだったのに、逆転して、銀を取ったのも感動しました。

世界最高レベルの試合に見とれています。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*・☆.。

お盆だということで、うちの隣の家からも、子供のはしゃぐ声や、来客の笑い声が聞こえてきて、にぎやかです。
私、こういう生活音が大好きです。

うちの前の家は新盆だというのに、大爆笑したりして、故人はどんな気分なんだろうなあと思ったり。上品でインテリなダンナが、ハックショ~ンってくしゃみを連発したり。
私が昼食中、やっぱとなりのダンナが鼻を鳴らして鼻をかんだりして、食欲が失せたり。

斜め前の家は、子供が3人いるので、親子で崖の上のポニョを歌っている声が聞こえてきます。
中学生の男の子は、毎年この時期になるとトランペットの練習をしています。
どれも外れた音で、おならのような音を出しています。
やっと演奏できたとおもったら、パッパッパパーパーパッパというおなじみの音だったり。
去年とちっとも上達してないな~ 。

そして、毎日決まった時間に一番下の子が「ごはんで~す」とか「ばあちゃん、ごはん」と聞えてきて可愛いです。

家族が多いのっていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

合掌

死ぬこと以外の方法に、もっと楽に生きられる方法がなかったのか。

絶対にゆるぎないと思っていた哲学を持っている人も、自ら逝ってしまうことがあるのかと思うと、もう一体なにを信じればいいのか。

その人の分まで生きます。

数年前までは、こう言えました。

でも、いまは言えない。これは、亡くなった人に対して、傲慢だと思う。

その人に贈る言葉・・・何も出てこない。

ただ、ただ、安らかに・・・。祈りしか贈れない。

●追伸 世の中には、恋愛の“れ”の字も知らずに、亡くなっていった人もたくさんいます。

病になると、恋愛どころか、心身の正常な機能すらなくなります。

息が出来ること、喋れること、見れること、この当たり前のことでさえ、できることに喜びを感じている人がいます。

不自由を常とすれば不足なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

野菜生活

このパソコンのある部屋というのが、クーラーも扇風機もなく、そのうえパソコンを起動させると、さらに暑くなるので、なんか敬遠しています。更新も遅れてます。

カゴメ野菜生活を飲むのは、毎日の習慣です。一年くらい経つでしょうか。

1リットルパックを買うようになったのは、いつからか覚えてませんが、きのう気づいたことがあります。

バーコードを15枚分集めて送れば、もれなく、ちびまる子ちゃんエコバッグがもらえるということです。

なんか、ちびまる子ちゃんの顔があるな~と思っていたのですが、パッケージに注意深く目を落とすことなく処分していました。早く気づいていれば、15枚分は集まったと思います。

きのう気づいて、飲みかけが1パック終わって、2パック目に入ったので、あと13本飲まなくてはいけません。

締め切りは9月30日。

間に合うでしょうか。もらいたいです。

たしか、そういう、おまけものが欲しくて、集めていたような時期があります。

Jリーグチップスもよく食べました。懐かしいな。

☆西尾アナ情報

今夜のこれダネは、安曇野からヒマワリ畑の中継でした。

広い敷地にたくさんのヒマワリが咲いていて、とても見事でした。

今日、西尾さん、黄ばんだシャツ着てるな、洗濯し忘れちゃったのかな、って思ってましたが、ヒマワリの色に合わせて、黄色味のかかったシャツを選ばれたのですね。失礼しました。

たしか、桜中継の時も、桜にあわせてピンクの衣装を着てましたね。

自分で選ばれてるそうですが、その心遣いがなんとも言えないです。いや、好きです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

複雑

今回のオリンピックはあまり見る気になれません。

時差がないので、テレビをつければ否応なしに中継の映像が目に入ってくると思います。

選手たちの頑張りには、素直に応援したいのですが、華やかな裏側で、苦しい状況にある人たちがたくさんいます。

複雑です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

不思議な体験

厳しい暑さが続いてます。ちょっと涼しくなる話しをしたいと思います。

恐い部分もありますが、良い方向へ話しが進んでゆくので、最後まで読んでもらえれば幸いです。

それは、いまから7年前です。2001年の1月でした。

その頃は、抗うつ剤だけで、睡眠薬を飲まなくても眠れました。

夜中でした。自分の部屋でひとりで睡眠中、途中で目が覚めました。

真っ暗な部屋の中で、左を下に横にしてまた睡魔が襲ってくるまで、目を開いていたと思います。

すると、背中に誰かに押されてるような、強い圧力を感じました。

「そんなに押さないで」

そう思いながら、倒れないようにしていました。

「なんでこんなに重たいんだろう・・・。」

「お母さんがトイレの帰りに私の部屋によって、後ろで眠ってしまったのだろうか。寄りかかっているのだろうか」

いろいろ思案しました。

誰かが私の背中に寄りかかっているみたいです。

しかし、いままで、母が部屋を間違えて、眠ってしまったことなんて一度もありませんでした。

まさか!

そのうちに凄い恐ろしくなってきました。

恐くて、恐くて、その圧力は何なのか。誰が寄りかかっているのか、振り返って確かめることもできません。

「助けて!」

「おかあさ~ん」

「助けて!」

そう叫ぶんだけど、口が動くだけで、声が出ません。何回も絶叫しているんだけどダメです。

「ダメだ。どうしよう、どうしよう」

金縛り?心霊現象?

思案するたびに恐さが倍増してきます。

あれほど、恐い思いをしたのは生まれて初めてでした。

それから数分くらいして、手が動くようになったので、布団をひっかぶりました。

そのまた数分後、背中の謎の圧力はなくなりました。

しかし、ホッとしたのもつかの間でした。

布団の中で瞬きをして、目を開いた瞬間、布団の中が黄色くピカッと一回光りました。

なんというか、一瞬でしたが、眩しいほどの光りです。雷が落ちたみたいに。

「なんなんだこれは・・・」

いまは、こうやって冷静に文章にできていますが、そのときは、何が起きたのか疑問でした。

朝、目が覚めて(結局、そんな体験をしながらも、気がついたら眠ってました・笑)、圧力を感じた側に目を向けてみても何もありませんでした。

いつものように、ふすまの模様が目に入ってきただけです。

部屋の中にも異変はありませんでした。

これは、夢の中での体験ではありません。しっかり起きてました。

母に話すと恐がられ、「夢じゃないか」と言われますが違うのです。

私がそのとき、背中を向けていた側は、ふすまを隔てて隣が仏間です。

仏間には父の位牌と遺影があります。1月が父の命日です。

私は、その体験があってから、外に出歩けるようになりました。

地学の参考書がすごく欲しくなって、隣町の書店に電車に乗って買いに行きました。

帰りの電車が来る前に入ったスーパーのトイレの洗面所の鏡に映った自分は、意外に堂々としていたのを覚えています。

それ以前は、外に出れることは出れたのでしたが、引きこもりの症状が残っていました。

その日を境に外に苦になく出れるようになり、行動範囲が広がったのです。

物事を良い方向へ解釈するなら、こんな変化が起こりました。

「きっとお父さんが背中にパワーを送ってくれたんじゃない」

この出来事を現実のものだと解釈できるようになった母は、今ではこう言ってくれます。

*・゜・ *:.。..。.:*・゜*・゜・ *:.。..。.:*・゜*・゜・ *:.。..。.:*・゜*

前回のブログでトラックバックしてくれた方ありがとうございます。

早速、見させていただきました。

いま抑毛剤を使っている人や、永久脱毛を考えている人は必見です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »