« 影響を受けた人 | トップページ | 飲めると飲めないとでは »

2008年8月20日 (水)

身近な理解者

今日は、自分の管轄地域で行われる「こころの健康を考えるつどい」事前打ち合わせ会に参加してきました。

自分の意見を反映できる場所を、と考えていた矢先に誘ってもらい、ありがたいです。

昨日は、食事ものどに通らないほど緊張していました。

しかし、会議室に入ると、みなさん談笑したりして、和やかな雰囲気。
その緊張感は薄れてゆきました。

このつどいは、今回で14回目。毎年行われているそうです。

運営スタッフが、保健所職員、NPO法人代表、専門家などで、恐縮してしまいました。
今回は、前回の参加者の感想や様子などが入ったプリントが配られ、改善しながら今回はどんなことをするか決めてゆきました。

私は、当事者の意見を発表できる場があったらいいですね、と提案。

しかし、もっと全体の流れを事前に把握して、まとまった意見が言えたらよかったと思いました。

次回の打ち合わせでは、要領を得た意見が言えたらいいです。

やっぱり、地域では孤立してしまいがち。家族にも親戚にも理解してもらえない人もいると思う。

こうやって、ネットでコメントしあえる仲間も大切だけど、身近に悩みを打ち明けられる仲間をもつことが必要だと思う。

それに、一般にも心の病を理解してもらい、心の病を持った人が堂々と生活できるよう働きかけてゆきたい。

考えれば考えるほど、意見が出てくる・・・。

つどいが成功するよう、自分も力になりたいと思います。若輩者ですが。

|

« 影響を受けた人 | トップページ | 飲めると飲めないとでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身近な理解者:

« 影響を受けた人 | トップページ | 飲めると飲めないとでは »