« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

エコバッグ、西尾くん\(^O^)/

いや~寒いですね。

昨日の朝は前日より10度も低かったそうです。

コタツを用意するには早いし。

居間にいるときは毛布を膝にかけて、寝るときはドライヤーで(笑)足を暖めてました。

冷え性の私には辛い季節がやってきました。

風邪に気をつけましょう。

先月あたり書いたと思いますが、カゴメ野菜生活の応募者全員サービス。
バーコード15枚集めて、ちびまるこちゃんのエコバッグがもらえるというやつですが、あさっての消印まで有効です。
一ヶ月半飲み続けて、なんとか15枚集まりました。

うちにエコバッグはあるのですが、なんで、こんなに必死に飲んだのだろうと思うほど集めました。やっぱおまけものに弱いからかな。
スーパーに行った時、目立つと思います。

☆西尾アナ情報

西尾くん、昨日は、すごかったですね。

フリークライミングで108度の傾斜がある岩場(?)を登ってましたね。
初めてなのに凄いです。

でも、頂上にいってから、ロープを伝って降りるとき、悲鳴が聞えてました。身体をぶつけてましたが大丈夫ですか。

高所恐怖症の西尾くんが、下を見ずにひたすら上へ前進している姿、かっこよかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

市町村による福祉の格差

明日の最低気温8度だそうです。私の住んでいる長野県南部はそういう予想が出ています。

この気温は冬ですよ。ストーブが必要か?コートを引っ張り出さなきゃいけない。
この間、半袖だったから、これは極端すぎるか。

でも、日中は18度。本当にどういう服装をすればよいか迷います。

小泉元首相辞めるの残念だな。二男もいい男。孝太郎は優しい顔だが、弟は男らしく凛々しい顔。けっこう好きだな~。自分と同じ学年か一つ上。
期待してます。

政治の話になったついでに書きたいことがあります。

障害者・高齢者が集える施設がうちの町は少ない!

他市町村の施設を利用するようになって気づきました。
当事者会のメンバーも少ないし。
それを敏感に感じて、賢明な人は引っ越してしまっているのでしょうか。

隣町の施設は、今年の3月に完成して木造平屋建てだが、134.97平方メートル。
その中に、交流室、サロン、ホール、相談室、多目的トイレ、給湯室があります。
なんか、室内は軽井沢のペンションのようでした。

当事者だけではなく、一般の人ももちろん無料で利用できます。

気軽に会話をしながら、当事者への理解が広がれば良いと思います。

それに比べてうちの町は・・・。町長の理解がないそうです。ほんとうに残念。

良いところは、町の保健福祉課の皆さんが熱心で親切なこと。

私が病院へ薬をもらいに行けなかったときに、わざわざ保健婦さんが20分もかけて代わりにもらいに行ってくれて命拾いしました。

施設も、職員もすべてが充実するのは難しいが、市町村によって格差があることを痛感しています。

町長さんに直談判したいくらい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月23日 (火)

原田泰治美術館&ガラスの里

今日は諏訪へ行ってきました。

原田泰冶美術館とガラスの里ミュージアムです。

休日とあって混んでいました。

原田泰冶さんの絵は、アクリル絵の具による風景画です。

全国を旅して、心に留まった風景を切り取って描いています。

そこに描かれている人々は、目や鼻や口がなく、のっぺらぼうですが、どんな表情をしているか背景の景色から想像できるようです。

どれも温かい絵です。

ガラスの里ミュージアムは、ガラス細工が展示されています。

作品によっては一つの花瓶を完成させるのに5年とか10年かかっています。

やはり、一朝一夕で完成させるのではなく、長い歳月をかけて、心がわりすることなくしかも一つの芸術品を完成させるプロの芸術家には敬意を表します。

楽しかったのですが、コーヒーを飲んだ後、乗り物に乗ると酔ってしまいます。
なんて繊細な体なんだ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

ひとりの良さ

母の実家で巨峰を作っています。

それを遠方に住んでいる親戚に毎年この時期に送ります。

その宛名書きを毎年(いや、お中元もお歳暮も年賀状も書くことはほとんど全て)筆不精な母に代わって書いています。

いや~、うちの母は、外様には愛想がいいが、人使いが荒い。

お米のとぎ方、お皿の洗い方一つでも厳しい。

でも、このおかげで人から「ずいぶん親のしつけが良かったのですね」と言われる。

最近、いろんな用事で家にいないことが多い。母親のうるささから解放されるのがこんなに楽なのかと思っている。
先日、ホテルのシングルルームで過ごした時間がいかに平和だったか。

これから、月1で近場を旅して一泊したいくらい。一泊どころか、しばらくホテル住まいでもいいと思った。

ある人に話すと、一種の対人恐怖症だね、と言われた。

誰か私を救って~~。

☆西尾アナ情報

お諏訪祭りからの中継でした。雨の中ご苦労様でした。

高島城はとてもなじみのある場所です。4年近く諏訪には通っていた時期がありました。
花見をよくします。

お城が様々な色にライトアップされて暗闇の中に浮かび上がりきれいでした。

雨の中のほうがかえって、また素敵だと思いました。

西尾くん、さすが歴史好きだけあって、テンションが高かったですね。
クイズの出題しているところ、博学ぶりがかっこよかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

WINDS・あるホテル

実は、昨日、舞台鑑賞のため、飯田市に行ってきました。

いま電車に乗って家路に着いたところです。

日帰りの予定でしたが、終電にはのらず、アポなしで空きのあるホテルに行き一泊してきました。

その舞台は今井雅之さん作・演出・主演の「THE WINDS OF GOD」という舞台です。

舞台に出演する役者さんと私は友人で、応援するために行きました。普段メールをしていますが、再会したのは昨年の2月以来。

地元のお菓子屋さんで買ったを差し入れを手に楽屋へ向かいました。

チケットを取るとき、「WINDS」飯田公演実行委員会にTELをしたのですが、
その委員長というのがなんと今井雅之さんのお友達だったのです。

私は実は出演している役者Aさんとかれこれ3年くらい親しくしてますよ、というとびっくりしていました。

チケットの手配から、会場に着くまで、まめに委員長さんと連絡を取りました。

なんか、同じ舞台に出演する役者さんと友人だということで意気投合し、楽屋でも親切にしてくださいました。

私の友人Aさんも、舞台前と終演後の慌しい時、いろいろと気にかけてくれて嬉しかったです。

あと、なんと今井雅之さんとも話す機会がありました。
私の近く、あと10センチでKISSが(笑)できるんじゃないかという至近距離で会話しました。
3年前の舞台の感想と今井さん用の気持ちばかりの差し入れを渡したからです。

でも、こうやってお話しができたのは、Aさんと私が知り合いだからということです。

今井さんも「あっAさんと友達なんだ」と驚いてらっしゃいました。

テレビで見ると、ちょっと恐そうですが、本物は腰が低くにこやかで、礼儀正しい方でした。
細身で顔が小さいです。

いろんな人にお世話になり、心から感謝しています。

この舞台は平和について心の底から考えさせられます。3年前とは、また違う新しい趣向をいれていました。

舞台のカテゴリーで、2005年10月の記事に当時の感想を書いてあるので、また読んでください。

そして、機会があったら是非、会場に足を運んでご覧ください。

終電で帰る予定でしたが、事情で乗ることができず一泊しました。

タクシーの運ちゃんに、空きのありそうなビジネスホテルを紹介してもらい一泊しました。

どうも、安いな~と思ったら、ちょっと思い当たることが。

そのホテル、一家心中があったのです。首吊り自殺。

シングルルームに入って、壁にシミがないか確かめました。でも、私の部屋はシングルだから大丈夫かなと。
一度、心霊現象らしきものを体験したことのある私は、変なほうに物事を考えると恐くなってしまうので、窓の景色をながめたりして、ほとんど眠らず一夜を過ごしました。

なにか、幽霊らしきものが出ても、そのうち供養してあげようと思うようになりました。
きっと、計り知れないような苦しみをかかえて逝ったのだから・・・。

でも、なにも起こらず、帰ってこれました。

なんか、一日にいろんなことが体験できた内容の濃い一日でした。

また、舞台については、日を改めて書きたいと思います。

明日は、心の健康を考えるつどいの最終打ち合わせ、あさっては、また別の当事者の会の出席です。

ブログの更新ができるか分かりませんが、ご了承くださいm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

心身ともに健やかに

今週は、なかなか充実した一週間でした。

一気に友人知人が増えました。

私は気を抜いていると自由奔放なことをしゃべってしまうので、相手を思って気を使って話すことを大切にしたいと思います。

なんだかんだあって、昨日と今日は貧血気味。

ああ、なんて繊細な身体なんだろう。

サプリはずいぶん前から飲んでるのにな。素人判断ではやはりいけないか。

深夜に思いたって筋トレをしました。腕立て伏せ50回、腹筋70回くらいは続けてできるようになりました。

心も身体も健やかになりたいと痛感してます。

☆西尾アナ情報

スタジオからって新鮮ですね。

開口一番、「今日は気合入ってますよ~」が、うれしかったです。
自意識過剰か?ひとりで喜んでました。

私は西尾さんみたいな人、いや、西尾さんが理想なんですよ。

男性も美容矯正してもらえるのですね。
ああいうイベントが家の近くでも行われたらなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

返事を待つ苦痛

10年近く親交のあるカウンセラーさんにブログの感想を聞きました。

「読んでいてひやひやすることもありますね」

「どういった部分がですか?」

「脱毛クリームのこととか。私には書けないですね」

そういえば、トラックバック一覧を見ると永久脱毛に関しての記事ばかりですね(笑)。

直接、感想を聞けるのはありがたいので、これからも忌憚のない助言をお願いしますm(__)m

週に2回読んでいて、元気そうにしている様子や楽しそうな様子が伝わってくるとも言われました。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*・☆.。

前回の記事でも触れましたが、その男性とは、友人として接することになりました。

その後も電話があり、直接会って話しもしたのですが、明るく前向きで、年上ということもあって話す内容も充実しています。

こういう友人が欲しかった。なんか、会話をしていると症状が吹き飛んでしまいます。
やはり明るく楽しい方っていいですね。

ちなみに今回は身だしなみは、きちんとしていました。

センターなどに顔を出すようになってから、一気に多くの方と知り合えて、生身の人との付き合いが、いかに大事か実感しています。

ときには創作活動で頭の中が厚い雲に覆われて、殺伐とした心境のときもあります。

それに輪をかけるように、好意を持つ方にメールをいくら出しても、忙しいのか返事が来なかったりします。遠くに住んでいる方の場合、メールというのは、相手と自分の気持ちを確かめ合う重要な手段です。

ほとんど会うことができません。

メールでの言葉のキャッチボールは、直接会ってなくても、相手の体温を近くに感じなくても、
感情がうまく言葉に表れ、欲している言葉が返ってくれば、スキンシップ以上に心の過敏な部分が刺激されます。

デジタルの0と1には、ときに人の血が含まれると思うのです。
(実際には含まれるはずがありませんが、それくらい感情を体温をメール文に注いでいるということです)。

心が繋がっているから、それをいちいち確かめなくても、いいのではないかというのが相手の思いだそうです。

欧米のように、明快な好きだ嫌いだのサインや、はっきりYES.NOを言うのは好ましくないそうです。そういうデリケートな気持ちを言葉にしないことが日本人の美徳であるのに、とも言っていました。

人間づきあいの難しさを痛感します。

とくに恋愛となると命がけになります。

前回、盲目的な恋は好ましくないというような記事を書いたばかりなのに・・・。

その相手に、このブログの存在を1年前に教えました。そのときに読んでくれただけで、その後アクセスがありません。

読んでくれて、この思い、察知してくれればいいのですが。返事がくるといいのですが。

ため息ばかりついて、吐き気をもよおすほど、気にしています。

話しが飛んでしまいましたが、そんなことありませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 9日 (火)

語ります、ちょこっと恋愛。

地域の精神医療に強い関心のある私は、センターに顔を出すようになり、「上伊那こころの健康を考えるつどい」の事前打ち合わせ会に誘われ、スピーチをする運びとなりました。

本番は11月。

自分自身の経験を心血注いで、原稿を仕上げ、当日は熱い弁論をしたいと思います。

このつどいは毎年行われていて、今回で14回目。

出席者は150人から200人くらいだそうです。

子供の頃は人前でしゃべるときは、すごくあがってしまったものですが、回数を重ねるごとに慣れてきました。

スピーチで、ポイントとなってくるのは、原稿の内容はもちろんのこと、一文一句、噛まないで、大きな声で相手によく伝わるように読むことでしょうか。

私は、そんなことがある度、自分の聞く声は、相手にはどのように伝わるのか、テープに録音して確認します。

自分の気になる点は、ほとんど役に立っていませんが、昔、英語の発音練習を集中的にやったことがありました。英語は無声音があります。破裂音、摩擦音というのもあります。

舌の動きを変えたり、前歯と唇の隙間で音をだしたり、舌の先と歯の隙間から音を作ったり、唇をまるくすぼめたりしますよね。

それにkとgの音は、喉の奥に魚の細かい骨が引っかかって、それを吐き出すような音をつくります。

それをつづけると舌の筋肉のつき方とかに影響がでるのでしょうか。

日本語を話すのにも影響がややでるようになりました。

あと、服薬の影響で舌が微妙にうまく回らないことがあります。

日本語をなるべくうまく発音し、大勢の前でもおかしくないきれいな日本語を使う。

こう考えると、アナウンサーの方のご苦労がわかります。早口言葉や発声練習、ブレスの位置、読む早さ等の訓練が必要なことが。
やはりプロの方には頭が下がり、尊敬します。(西尾さん)。

大勢の前で喋るのは、緊張しますが、将来的には文章だけではなく、もっともっと、大勢の皆さんの前でできるようになりたいです。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*・☆.。

さて、こうやって様々な場所に顔を出すようになると、人脈が広がります。
当事者会などからのお誘いもあります。

先日、初参加した会は、30代から50代のかたが主で、私が一番年下だったので恐縮しましたが、和気あいあいとしてました。

それで、ちょっとびっくりしたのが、私より10歳ほど年上の男性と二人きりになる機会がありました。その際「今度どこかへ行きませんか」と誘われたのです。

相手の方とはその日を入れて、2回しか面識がありません。

家が近いので帰りは車で送ってくれるようになりました。次回からも、拾っていってくれるとのことです。その心づかいには、とても助かりました。

会に顔を出す以上、連絡が必要なので、連絡先の交換をしました。
すると、早速TELがきて、レストランに誘われました。私は躊躇しましたが、相手がもうひとりお友達を連れてくるというので気を許したわけです。

しかし、行きと帰りの車内で相手が自分の家族の経歴、自分の経歴を話すと、「彼女になってください」「付き合ってください」と告白してきたのです。
帰りには念を押して「さっきのことよろしくお願いしますよ」と言われたのです。

この件については、会の担当者や会を開く会場に常任するカウンセラーにも相談しました。

この話しをすると「えっえぇ~」ってなりましたが、話し合い、相手には毅然とした態度をとり、一線を引いて接することになりました。

それ以降も電話があり、映画に行かないかと誘われるのですが、「会だけに自分は参加したいのでご理解ください」と断りました。

私は、男女関係なく、友人になれるので、話し方にも隙があったのだと思います。

相手は、人あたりが良く、いい人だと思います。会でも、センターの職員からもある程度の信頼が置かれてます。

しかし、接していて、やや常識力に欠けると思うのです。私が言うのもおこがましいですが。

細かい点で言うと、鼻毛が出ているし(笑)、身なりや礼儀、マナーが・・・って感じです。

母にも話したら、心配されました。

それに年頃になると、自分自身が焦ってなくても、特に30代前半から半ばの男性が「結婚を前提に・・・」ということがありました。以前にも。

好意を持って下さるのは嬉しいのですが、自分に自信のない男性の場合、能書きを並べたり、家族や親族がいかに偉大か強調してくるのです。

自分を良く見せようとしているのでしょうが、能書きや地位とか名誉とか金銭面を魅力に思い、それに惹かれて、恋愛関係にはなりません。それで、もし付き合いを始めてもいい方向へ発展するでしょうか。

大事なのはハートです。

恋愛をすると周りが見えなくなり、盲目的になることもあります。

理想としているのは、相手の内面にお互いが惹かれあい、そうなると、相手の表情や言葉も愛しくなります。

相手が足りないことをもう一方が補い、助け合う。お互いがお互いを必要とし、お互いがお互いを触発し、心を高めあうパートナー関係。それがいいです。恋焦がれすぎて自分の身を破滅させるような恋愛は自分で自分の首を絞めているようなものかな。そうなってしまうと。

なんか、スピーチの話しから始まって、熱く語ってしまいました(笑)。

先輩方いかがなものでしょうか。

また今度、私にご指導くださいm(__)m

でも、自分は今は、世間に微力ながら、心血を注ぐことにしか関心がないです。

若輩者ですが、このブログを読んだ方、オファーお待ちしております・・・。なんて(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

藤岡藤巻、西尾アナへ連絡

今日は夜9時から10時くらいにかけて、バケツをひっくり返したような激しい雨が降りました。なんだこの降りかたは。
うちの屋根瓦を突き抜けるんじゃないかと思うほどの亜熱帯気候のような雨。

地球温暖化の影響で、異常気象になることは私が中学生の頃からずっといわれて来たことで、それが現実になったのだなと実感しています。

「どうかこれ以上降りませんように。洪水したり、土砂災害がでませんように」

人の一念が、空に届くかどうか分かりませんが、願いたい気持ちです。

実は、いま頓服と睡眠薬を服用したところで、目がとろんとした状況です。

さて、話題をかえます。

このブログを開設して、もう3年になります。
「ブログを始めてみたら」と私に提案してくれた人というのが、崖の上のポニョで有名になった藤岡藤巻さんのお友達の方なんですよ。たしか50に近い方です。
なので私は藤岡藤巻さんの友達の友達だったんです。
だった、というのは、最近その友達と音信不通になってしまったんです。

たしか3年ほど前、「藤岡藤巻を応援しよう」という応援掲示板なるものを元友達が開設しました。その当時から私はけっこうファンだったので、書き込みをしたら、藤岡藤巻さんから返事をいただけたのです。

ポニョでは、主に歌っている大橋のぞみちゃんが、かわいいのでスポットが当たってますが、その両側にいるおっさん(藤岡藤巻)にも注目して欲しいですね。

中年の哀愁のこもった歌とか、実に面白おかしく、同世代の人には共感できるような味のある歌を歌ってます。

ぜひ、YOU TUBEかなにかで、彼らの歌を聴いてみてください。

先日、日テレの行列のできる法律相談所に出演してたのですが。のぞみちゃんばかりに質問がいってしまい、藤岡藤巻は両側でただ立っているだけでした。
テレビを見ながら「しんすけさん、この二人はただのおっさんじゃないですよ。藤岡藤巻だって凄くいい歌うたってるんですよ。中年の間ではカリスマ的存在なんですよ」と呟いてしまった私でした。

☆西尾アナ情報

今夜のこれダネは、長野市中央通からNAGANO大道芸フェスティバルの中継でした。

路上パフォーマンスショーを背にして、CM前にパントマイムをしたり、シガーボックスができると見せかけて、思ったら、3つ並んだボックスをくっつけていただけでした。
でも、品のある面白さでよかったですよ。

あと、西尾アナに追伸です。
実は、今年の11月5日に午後1時から伊那市の合同庁舎で行われる「上伊那心の健康を考えるつどい」で、私は体験発表をする運びとなりました。
といっても5分程度です。

平日水曜日の午後1時からだし、私の登場時間は5分か、とれて10分程度なので、お誘いしようか迷ってます。おそらくその日はお仕事でしょう。
でも、主催者は、当日のつどいの模様をできたらマスコミにも来て欲しいと言っておりました。
長野放送さん、もし可能であれば、スーパーニュースなんかで流して欲しいですね。

いかがでしょうか?西尾さん。

また、詳細が決まったら、こちらからも連絡します。
それに、11月5日水曜日午後1時に伊那市に来れるかどうか、スケジュールのほうを教えてもらいたい気もします。
もし良かったら、手紙をください。

忙しいようだったら、無理しないでくださいね。また、別の場所で発表できる場があるかもしれませんから・・・。

*西尾アナとは知り合いなんです。このブログも、よく読んでくれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

羅列した文から・・・

*今日あったことを、詩ともいえるし、散文ともいえる文で表わしました。羅列した文から自分がどんな日を送ったか、みなさん想像してください。

私の町の電車のドアは手動式

今日は、やたら中学生の集団が多いこと、みんな同じに見えるけど、自殺志願者はいないかな

あらあら、私は、正面を向いてるけれど、視界に入るよ車掌さん

レースの胸元覗いてる

目の保養になったかな

でも、私は一番左がタイプだわ

下から突き上げられるように振動する、そんな揺れに運ばれて

電車賃200円の揺れに運ばれて

降りた先は見慣れた場所でした

慣れた町並みだと思っても歩いてゆくと景色って全然違う

道路際の店先に熟れたバナナがおいてある

あのレストランのお坊ちゃん、今日はシフトじゃないかしら

開いた玄関の覗く階段には各段、置物が置いてある

そんなことを思いながら、辿り着いた先は、これまたなじみのある場所でした

なじみのソファに、なじみの会議室

でも、出会ったメンバーはみな初めての方ばかり

厳かな場所だと思っていた私はしばし拍子抜け

これは井戸端会議の延長か

昼食代わりにリンゴを食べるおばちゃん

夜遊びに疲れて眠そうなおにいさん

表情が一定のその他のみなさん

一生懸命な進行役

唖然としたままの私

そんな中で始まりました当事者の会の下半期の予定話し合い

一見さんの私は、ほとんど相槌打つばかり

ときどき口を挟むけど、私の動揺ぶりは伝わったかな

なんか面白いこと言ってやろう

でも、なかなか言えない

そんな間にも予定は埋まってく

当初の予定より改善点が山ほどありました

渡されたプリントはほとんどの当初の予定がボールペンで消され

「こりゃ、プリント(予定表)作った意味がないじゃないか」と突っこむお隣さん

心の中で大爆笑する私

進行役に今度の会合で意見発表してください

そう言われ、やや緊張する私

そのうちになんかお腹の調子が悪くなってきた

夕べ眠れなかった

例の症状が襲ってきた

残り30分で私は退席し

1階のソファで休んでました

お隣さんだった方が、うちの近所だということで車で乗せて来てもらいましたお家まで

最後に連絡先を何気なく聞かれ

「こんどどこか行かないか」と誘われて

半分、助かった、でもいまのアレはナンパじゃないかと半分、心で苦笑する

でも、無事に帰ってこれました

待たせたねお母さん

まあ、こんな日でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »