« 本棚がほしい | トップページ | 藤岡藤巻、西尾アナへ連絡 »

2008年9月 3日 (水)

羅列した文から・・・

*今日あったことを、詩ともいえるし、散文ともいえる文で表わしました。羅列した文から自分がどんな日を送ったか、みなさん想像してください。

私の町の電車のドアは手動式

今日は、やたら中学生の集団が多いこと、みんな同じに見えるけど、自殺志願者はいないかな

あらあら、私は、正面を向いてるけれど、視界に入るよ車掌さん

レースの胸元覗いてる

目の保養になったかな

でも、私は一番左がタイプだわ

下から突き上げられるように振動する、そんな揺れに運ばれて

電車賃200円の揺れに運ばれて

降りた先は見慣れた場所でした

慣れた町並みだと思っても歩いてゆくと景色って全然違う

道路際の店先に熟れたバナナがおいてある

あのレストランのお坊ちゃん、今日はシフトじゃないかしら

開いた玄関の覗く階段には各段、置物が置いてある

そんなことを思いながら、辿り着いた先は、これまたなじみのある場所でした

なじみのソファに、なじみの会議室

でも、出会ったメンバーはみな初めての方ばかり

厳かな場所だと思っていた私はしばし拍子抜け

これは井戸端会議の延長か

昼食代わりにリンゴを食べるおばちゃん

夜遊びに疲れて眠そうなおにいさん

表情が一定のその他のみなさん

一生懸命な進行役

唖然としたままの私

そんな中で始まりました当事者の会の下半期の予定話し合い

一見さんの私は、ほとんど相槌打つばかり

ときどき口を挟むけど、私の動揺ぶりは伝わったかな

なんか面白いこと言ってやろう

でも、なかなか言えない

そんな間にも予定は埋まってく

当初の予定より改善点が山ほどありました

渡されたプリントはほとんどの当初の予定がボールペンで消され

「こりゃ、プリント(予定表)作った意味がないじゃないか」と突っこむお隣さん

心の中で大爆笑する私

進行役に今度の会合で意見発表してください

そう言われ、やや緊張する私

そのうちになんかお腹の調子が悪くなってきた

夕べ眠れなかった

例の症状が襲ってきた

残り30分で私は退席し

1階のソファで休んでました

お隣さんだった方が、うちの近所だということで車で乗せて来てもらいましたお家まで

最後に連絡先を何気なく聞かれ

「こんどどこか行かないか」と誘われて

半分、助かった、でもいまのアレはナンパじゃないかと半分、心で苦笑する

でも、無事に帰ってこれました

待たせたねお母さん

まあ、こんな日でした

|

« 本棚がほしい | トップページ | 藤岡藤巻、西尾アナへ連絡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羅列した文から・・・:

« 本棚がほしい | トップページ | 藤岡藤巻、西尾アナへ連絡 »