« ひとりの良さ | トップページ | 市町村による福祉の格差 »

2008年9月23日 (火)

原田泰治美術館&ガラスの里

今日は諏訪へ行ってきました。

原田泰冶美術館とガラスの里ミュージアムです。

休日とあって混んでいました。

原田泰冶さんの絵は、アクリル絵の具による風景画です。

全国を旅して、心に留まった風景を切り取って描いています。

そこに描かれている人々は、目や鼻や口がなく、のっぺらぼうですが、どんな表情をしているか背景の景色から想像できるようです。

どれも温かい絵です。

ガラスの里ミュージアムは、ガラス細工が展示されています。

作品によっては一つの花瓶を完成させるのに5年とか10年かかっています。

やはり、一朝一夕で完成させるのではなく、長い歳月をかけて、心がわりすることなくしかも一つの芸術品を完成させるプロの芸術家には敬意を表します。

楽しかったのですが、コーヒーを飲んだ後、乗り物に乗ると酔ってしまいます。
なんて繊細な体なんだ・・・。

|

« ひとりの良さ | トップページ | 市町村による福祉の格差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原田泰治美術館&ガラスの里:

« ひとりの良さ | トップページ | 市町村による福祉の格差 »