« 心身ともに健やかに | トップページ | ひとりの良さ »

2008年9月16日 (火)

WINDS・あるホテル

実は、昨日、舞台鑑賞のため、飯田市に行ってきました。

いま電車に乗って家路に着いたところです。

日帰りの予定でしたが、終電にはのらず、アポなしで空きのあるホテルに行き一泊してきました。

その舞台は今井雅之さん作・演出・主演の「THE WINDS OF GOD」という舞台です。

舞台に出演する役者さんと私は友人で、応援するために行きました。普段メールをしていますが、再会したのは昨年の2月以来。

地元のお菓子屋さんで買ったを差し入れを手に楽屋へ向かいました。

チケットを取るとき、「WINDS」飯田公演実行委員会にTELをしたのですが、
その委員長というのがなんと今井雅之さんのお友達だったのです。

私は実は出演している役者Aさんとかれこれ3年くらい親しくしてますよ、というとびっくりしていました。

チケットの手配から、会場に着くまで、まめに委員長さんと連絡を取りました。

なんか、同じ舞台に出演する役者さんと友人だということで意気投合し、楽屋でも親切にしてくださいました。

私の友人Aさんも、舞台前と終演後の慌しい時、いろいろと気にかけてくれて嬉しかったです。

あと、なんと今井雅之さんとも話す機会がありました。
私の近く、あと10センチでKISSが(笑)できるんじゃないかという至近距離で会話しました。
3年前の舞台の感想と今井さん用の気持ちばかりの差し入れを渡したからです。

でも、こうやってお話しができたのは、Aさんと私が知り合いだからということです。

今井さんも「あっAさんと友達なんだ」と驚いてらっしゃいました。

テレビで見ると、ちょっと恐そうですが、本物は腰が低くにこやかで、礼儀正しい方でした。
細身で顔が小さいです。

いろんな人にお世話になり、心から感謝しています。

この舞台は平和について心の底から考えさせられます。3年前とは、また違う新しい趣向をいれていました。

舞台のカテゴリーで、2005年10月の記事に当時の感想を書いてあるので、また読んでください。

そして、機会があったら是非、会場に足を運んでご覧ください。

終電で帰る予定でしたが、事情で乗ることができず一泊しました。

タクシーの運ちゃんに、空きのありそうなビジネスホテルを紹介してもらい一泊しました。

どうも、安いな~と思ったら、ちょっと思い当たることが。

そのホテル、一家心中があったのです。首吊り自殺。

シングルルームに入って、壁にシミがないか確かめました。でも、私の部屋はシングルだから大丈夫かなと。
一度、心霊現象らしきものを体験したことのある私は、変なほうに物事を考えると恐くなってしまうので、窓の景色をながめたりして、ほとんど眠らず一夜を過ごしました。

なにか、幽霊らしきものが出ても、そのうち供養してあげようと思うようになりました。
きっと、計り知れないような苦しみをかかえて逝ったのだから・・・。

でも、なにも起こらず、帰ってこれました。

なんか、一日にいろんなことが体験できた内容の濃い一日でした。

また、舞台については、日を改めて書きたいと思います。

明日は、心の健康を考えるつどいの最終打ち合わせ、あさっては、また別の当事者の会の出席です。

ブログの更新ができるか分かりませんが、ご了承くださいm(__)m

|

« 心身ともに健やかに | トップページ | ひとりの良さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WINDS・あるホテル:

« 心身ともに健やかに | トップページ | ひとりの良さ »