« 原稿できました | トップページ | いよいよ明日 »

2008年11月 2日 (日)

原稿はしょる事になった

皆さんにまず謝ります。すみません。

私は今回のフォーラムで、弁論をしたかった。

しかし、場所は合同庁舎。こういう場所なので、私の原稿は、ほとんど精神コーディネーターさんに省略されました。書き直されました・・・。仕方のないことです。

ブログを読んでいた方に期待をもたせるようなことを書いてしまって、すいません。

大検の受検の際、私は別室受験を望んだのですが、文部科学省の許可がおりるまで時間がかかったこと。発病していた私に高校の学年主任が「明日から一日も休まず学校に来れないようだったら辞めてもらう」と言い放たれたこと。

それは、悲しみ、恨み、憎しみであります。それらも主張したかった。

それに今回の「心の健康を考えるつどい」は他に寸劇や、ピアノの演奏や、施設の皆さんが歌ったりして、あまり時間がとれないし、聞きに来ている皆さんの楽しいひと時を、私の感情のこもった政治家並み(?)の弁論によって、その場の雰囲気を違ったものにしてしまったのでは、申し訳ないです。

このつどいは各々での練習はありますが、当日発表するみなさん全員が集まって5日に向けてリハーサルをすることもありません。

みな、ぶっつけ本番なのです。

不安もありますが、母と私と精神コーディネーターさんで息を合わせて、親子対談をしたいと思います。

そして、いつか、今回は主張できない、弁論もまた別の機会にやらさせてほしいです。

5日、頑張ります。

☆西尾アナ情報

真田幸村の格好、決まってましたね。

大谷さんの天気予報のときも、お手伝いなんかしちゃって、私を応援してくれているようで(私、自意識過剰か)うれしかったです。

スケッチ、うまく完成していましたね。色づかいが、西尾くんの心の中を表わしているようでした。

西尾くんのポエムに、私のこたえは・・・ピンク色です。

これからもよろしく。

|

« 原稿できました | トップページ | いよいよ明日 »

コメント

そっか・・・。聞いてくれる人があっての原稿ですから、別の人から冷静に直しが入るのもいたしかたないかもしれませんね。

しかし、今回、原稿にしたことはいつか必ず日の目を見るはずです。そのことだけは確信を持って言えます。

投稿: Hiro | 2008年11月 3日 (月) 20時20分

心強いお言葉です。ありがとうございます。

自分と同じような苦しみを味わっている人が、少しでもいい方向へ物事が進んでいくよう、どこかで主張したいです。

きっと自分と同じような人はいると思います。

説明すれば理解してくれる人が他にもいるはず。

投稿: たかこ | 2008年11月 3日 (月) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原稿はしょる事になった:

« 原稿できました | トップページ | いよいよ明日 »