« すいません。 | トップページ | “反面教師”へ天罰を »

2008年11月30日 (日)

一寸の虫にも五分の魂

最近いろいろと立て込んでまして、ブログの更新ができません。

そんな中でも勇気づけられるのは、友人の活躍!

癒されるのは、ペットのハムスター。

大の犬好き、猫好きである私は、そのどっちかを飼いたいと思っていました。

ホームセンターの犬猫より、可哀想な運命にあるペットを飼って、可愛がってあげたいと思ってました。

これから自分がどういう運命になるか悟ってるような、寂しい目をしたペット。

私は子供の頃から、ハムスターや小鳥、ウサギなどは飼ってきました。

でも、どのペットにもお別れのときがやってきます。

うちは盆地で山に近いので、中には、野生の動物にやられて、無残な姿で見つかったこともあります。

ペットは家族。

命の大きさは、身体の大きさによりません。

しかし、大きな動物の場合、亡くしたときのショックは大きい。猫や犬だったら、15年一緒に生きてゆかなければならない。

将来、飼うにしても、命の尊さ、世話のしかたを知っておかなければ。

母は「一寸の虫にも五分の魂」と言います。

ハムスターを見ていても、一挙手一投足が愛おしい。

目で私に訴えてくるのです。

手に乗せたときのハムスターのやわらかさ、温かさは、私を心の底から笑顔にしてくれます。

寿命は3年といっても末永く一緒にいたい。

ヒマワリの種を食べるのが苦手みたいです。表面の殻は剥けても、中身を餌場の中に落としてしまい、見つからず、餌場の中に頭を突っこんで探している時があります。

大麦が好きなようです。

私の手の上に乗せて食べさせることもあります。

寒さを感じると、パインチップ(ハムスターのケースの中に敷いてあるもの)を口にくわえて巣箱に運んでいきます。

生きよう、生きようと思って行動しています。

それに睡眠薬が欠かせない私からすると、熟睡できてるのがうらやましい。

ハムスターから健やかさを教えてもらってます。

☆西尾アナ情報

西尾アナがテレビに登場して以来、長野放送のファンでもあります。
一昨日の金曜日のスーパーニュースを西尾アナが担当していました。

今日は家にいたのでこれダネ見ました。

西尾さんがスイッチを押して、点灯したイルミネーションきれいでしたね。
まつぼっくりで作ったクリスマスツリー見事でした。
私も作れません。

イルミネーションはカップルで行くのがムードがあっていいですね。

28日はCREAMというイベントにも出たのですね。のってましたね。

なんか、普段にも増して内容の濃い一週間だったのかなと思います。

|

« すいません。 | トップページ | “反面教師”へ天罰を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一寸の虫にも五分の魂:

« すいません。 | トップページ | “反面教師”へ天罰を »