« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

来年も甘えさせてね。

今年一年、読んでくれて、ありがとうございます。

今年の下半期は、劇的に良くなりましたね。
当事者会に出席して以来、外出が増えました。
友達が増えました。

ボーイフレンドにも恵まれました。

フォ-ラムで講演ができ光栄でした!

来年も病気の啓発活動を引き続き行ってゆきたいと思います。

オファーがあれば、どこへでも飛んでゆきます。

それに、来年は売り物になるような本が書けるかな。

編集者に出会って早3年。

賞金2000万円出せるくらいなら、私を使ってくださいよ。Nさん・・・。

商業的な文章が、私には書けるかな。

皆さん、アドバイスください。

そして、ステキな男性の方々、来年も私を包み込んでくださいね。

ああ、年収1000万以上で、筋骨隆々のオールバックの似合う男に抱かれたい・・・。

・・・・・。

皆さん良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

ショック、クリスマス会

今年はクリスマスイブに、ホテルで一緒に祝う友人ができた。
今までのクリスマスイブの中で今回は最もハッピーな一日で終わってくれるだろう。
そう思いながら、帰宅した昨日24日の夜。

とても切ないニュースがありました。飯島愛さんが亡くなったのです。

私は、プラトニックセックスを読んで以来、飯島愛さんのことが好きになりました。
とても心が繊細な方なのだなと思いました。

発刊された当時は、母から「そんな本を読むんじゃない」と反対されたものでした。

自分とは正反対の人生を送ってきた方でした。憧れの人でした。
共感できる部分もあるのです。いつもひたむきな姿勢もステキだと思いました。

昨夜は、泣きながらプラトニックセックスを読みました。

一部の報道では、服用していた薬の中に、私と同じ睡眠薬が見つかったというのです。抗うつ剤も飲んでいたのですね。

ブログでの記事も見ました。一ファンでしかない自分ですが、メンタルヘルスには詳しいので、もし身近な立場であったなら、助けてあげたかったです。

死後一週間して見つかった。一人の寂しい部屋の中で、一週間も見つからず、遺体の一部は腐敗していたそうです。

こんなに世間が楽しんでいるイブにそんなことになるなんて・・・。

ショックでした。ご冥福をお祈りします。

☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆

話はガラッと変わります。

今日25日は、自分の住んでいる町内の当事者の会のクリスマス会でした。

メニューは、コーンシチュー、サラダ、シーフードとミックスベジタブルのピラフ、デコレーションロールケーキでした。

2時間くらいかけて19名でつくりました。

保健センターの中の栄養指導室で調理にとりかかりました。

4つのテーブルがあり、ここのテーブルはコーンシチューを作る係。ここは、サラダというように分かれて作りました。

私は、サラダをまず作り、早くできたので、デコレーションロールケーキにもとりかかりました。

日頃、料理はよくします。母と並んで作ります。母は私の包丁の使い方について何も言わないのですが、今回は、ケーキにトッピングする桃を切っているとき、私の周りに人が何人か見に来ました。

「たかこさん、薄さも均等に切れて、なれたもんですね」と見とれていました。

トッピングする苺があまったので、それをみじん切りにして、生クリームの中にまぜようと提案し、また包丁で苺のみじん切りを始めると、また「うまいね~」と言ってくれたのです。

一人のときは上手いか下手かなんて判断できないものですが、こうやって、大勢の中で調理をすると、褒めてくださるので自信がつきます。

計19名で、おいしく頂きました。私が作ったサラダもデコレーションロールケーキも美味しいといってもらえ良かったです。

P.S.男性の皆さん、私が奥さんになったら、毎日プロ並みの料理を食べることができますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

こんなクリスマス

昨年は、明石家サンタに電話をしました。
放送日当日、何十回と電話をしましたが、結局つながりませんでした。

これは絶対、景品が当たる!

自信満々のネタでした。

内容は・・・昨年の12月のバックナンバーを読んでもらえるとわかります。

爆笑できる医療ミス。

婦人科での出来事なので、男性の読者の夢を壊さないためにも今回は書きません。

今年は、かけずに済みそうです。

今年は人との出会いに恵まれた年でした!

午前中に、うちから徒歩1分の美容室に行きばっちり決めました!

明日は、友達とちょっとしたパーティー。明後日は母と。

これダネで、西尾アナがプロデュースしてくれたのが理想的なんですけどね。

ステキなホテルでね、蝶ネクタイの似合う人と向かい合ってね、クリスマスディナー食べてね、フォアグラも食べてね、洞爺湖サミットの出席者にも出されたシャルドネ飲んでね、
アルコールがまわってきてね、いい感じになってきてね、
お互いの口元をナプキンで拭いあってね、
ホテルを出てね、手をつないでね、

ホテルはホテルでも、また種類の違うホテルにいってね、

って、おかしな方向へいってますね(苦笑)。

まあ、こんな年もあっていいんじゃないでしょうか。

さて、今日は内藤大助の試合があるので、早めに夕飯食べて、お風呂にも入って見ましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

まだ難しい

今年の年末年始は、予定が埋まりにぎやかい。

昼間、外出し、色んな人と顔を合わせ、しゃべったり、身体を動かすと、
夜になって一人になったとき、ぐったりする。

例の件は、

いまだ心の病・精神障害に理解のない一部の教師の影響もあって、明るい方向へいかない。

これは、通学課程では難しい話かもしれないが、
学習意欲があり、ある程度の成績がとれ、生活態度にも問題のない生徒には、出席日数が足りなくても、テストを受ければ、単位が取得できるというのがあったらいい。

通信制ではなく、全日制課程で。

中学までの義務教育は、学校に登校できれば、教室に入らなくても出席扱いをしてくれる。

保健室登校なんかはそう。

でも、高校からはそうは行かない。

自分の田舎が遅れているからなのか、これが可能な高校はないのか。

これから心の病が増えていく、心の病の若年化も、予想されている。

対人恐怖、被害妄想の多い生徒に対して、なんらかの措置を与えてほしい。

懇願する。

☆西尾アナ情報

その歳で、フォアグラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

人生相談

最近、外出することが多くなりました。

スケジュール表を見ると売れっ子の芸能人みたいに埋まってます。

当事者の会への参加やフォーラムでの発表もありおかげでいろんな人に私の顔を知ってもらうようになりました。

それに若輩者の私ではありますが、人生相談に乗ってもらいたいという要望が出てきました。

今日も、当事者会のクリスマス会のあと、不登校のお子さんを持つお母さんから2時間半相談を受けました。

いろいろ考えさせられましたね。今後も私の出来る限り、精一杯とりくみたいと思います。

私でよかったら人生相談しますよ。

メールください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

聞き込み難航してます

私の高校時代の学年主任によって、私と同じように理不尽な自主退学勧告を受けた人。

あるいは、それ以外でも学年主任によって、理不尽な目に遭った人を探してます。

10年以上経つと時効になってしまうので、過去10年以内に被害にあった人を探しています。

昨年、私が通院している医院のカウンセラーに、聞いた話しです。

カウンセラーは、学年主任の在任時、高校でスクールカウンセラーを勤めていました。

「学年主任は(体育の担当です)11月の寒いときにも水泳の授業をし、生徒を泳がせていたので保護者からも非難の声があがった」そうです。

それも有力な情報です。近いうちにカウンセラーに会って、当時の状況をよく聞きたいと思います。

聞き込みが難航しています。

今晩も、高校時代の私をよく知る、現役の教師に電話をかけました。

私の母校に勤務していたのは7年前までで、学年主任のことはよく知らないそうです。

今は長野県内でも違う学区の高校に勤めているので、学年主任と会う機会もないそうです。

ちなみに学年主任は、今現在、私の住む町内の高校に2年前くらいに転任してきました。

私と同じ町にいるのです。

しかも高校生徒指導担当職員なのです。

今回思い当たる人に聞いてはいるのですが、未成年から教育を受ける権利を奪うことがどんなにいけないことか。

心の病を持った人から教育を受ける権利を教師の独断で奪ってしまうことがどんなにいけないことか。

今晩電話した教師は、あまり理解がありません。残念なことに。

この田舎では、都会ほど、困った時は人権擁護委員に相談するとか、司法書士に相談してみるという発想があまりありません。司法書士自体があまりいません。

だから自分に非があったんだと泣き寝入りしている人が多いのです。

その学年主任に、自主退学後、手紙を書きましたが、返事はきません。

「明日から一日も休まずに学校に来れないようだったらやめてもらう」そう勧告して以来、一向に聞く耳をもちません。

昔気質の体育教師。いまはもう52歳になるでしょうか。

一生懸命文面を考えた内容証明郵便を送っても、シカトされればおしまいです。

ほんとうに厄介な教師です。

☆西尾アナ情報

これダネ見ましたよ。

お菓子で出来たクリスマスツリー、美味しそうでしたね。

西尾佳とデートする気分になれましたよ。実際してみたい・・・。

私にクリスマスカード送ってくださいよ。

あと、これダネのメンバーの写真の入ったカレンダーを作るのを密着した取材で、アナウンス室が見れてよかったです。

Yシャツ姿で腕まくりしてましたね。貴重な映像でした。

好きですよ♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

こんな空間が広がってほしい

隣町にある、高齢者・障害者交流施設にたまに顔を出しています。

一昨日は、絵画教室が開かれ、私も参加しました。

長野市から先生がきて、クレヨンと絵の具を使って、自画像を描きました。

鏡を見ながら、自分を忠実に描く人、ほとんど見ずに自分のイメージで描く人。
様々でした。

私は、先生から忠実だと言われましたが、画用紙いっぱいに描く人が多い中で、私は画用紙の3分の2ほどしかつかわず、右より。
でたらめに描いたのですが、空間があるぶん、絵が動くと言われました。

やはりプロの見る目は違うなあと思いました。

名刺代わりのポストカードをもらいました。

そこの高齢者・障害者交流施設というのは、誰でも利用できます。

中は広くて、ペンションのよう。

空間も平和的。

施設内では、病気も障害も関係ない。

寝たければ寝ればいい。

話したければ話せばいい。

黙っていたければ、黙っていていい。

食べたければ食べればいい。

おならをしたければ?

すればいい。

なにも構えることはない。

人間本来の姿をさらけだしている。

なんか、空間の中にいると

imagine all the people living for today

というジョン・レノンの「イマジン」の歌詞が浮かびます。

日本語訳を読むと、海外に行く機会がない自分は大きなスケールで考えられませんが、みながこうであってほしいと思います。

それに最近は、自分が呼びかけることで

Yes,We can.といえる人ができて光栄です。

Yes,I can.では、限りがあるので。

なんか今日はスケールの大きい記事になってしまいましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

汚い教師

前回のブログで書いたように、これからいろんな人と話を持ちます。

外出し、人ごみの中を歩くこともあります。

昨日、インフルエンザワクチンを受けてきました。
24時間経ちますが、特に副反応はありません。

いくら予防接種を受けたからといっても、外出先から帰ってきたら、うがいや手洗いは必ずしなきゃいけませんね。

抗体ができるまでに3~4週間かかるみたいだから、この時期にしておけばいいですよね。

☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆

前回の記事を書いてから、身近な友人・知人の話を聞いてみました。
生徒自らが、「辞めます」と言い出すように、教師はわざと生徒に無理難題を押し付けるそうですね。難題ができないと生徒は辞めるはめになる。教師はそういうふうに仕向けると。

本当に汚いやり方だと思います。

それで泣き寝入りしている方は大勢いるはず。

理不尽な自主退学勧告を受けた場合、未成年者は、地域の人権擁護委員に相談するとか、司法書士に相談するという知識はありますか。

当時の自分の場合は、ありません。

勧告をした教師が悪いのか、自分が悪いのか、客観的な判断ができません。

自分の人生これからどうなってしまうのか・・・。毎日おびえていました。

生徒側にどんな理由があれ、未成年者から教育を受ける権利を奪った教師に罪がある。

私はそう思うようになりました。

参考文献も持っています。

自分の経験もふまえ、なんとか改善する方向へ持ってゆきたいです。

そんな教師が今ものうのうと生きていると思うと許せません。

☆西尾アナ情報

見てます。300万円のオーディオ見たかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

“反面教師”へ天罰を

ブログでも書いているように、私個人の力ではどうにもならない課題があります。

自分の過去に決着をつけたい。

それに心の病を持っている人の弱みに付け込んで、理不尽な申し立てをし、人生が奪われることがあってはならないです。

私の場合、高校の学年主任に不当な自主退学勧告をされ、それを余儀なくしました。

今でも心の病はマイナーですが私の学生時代はもっと関心がありませんでした。

スクールカウンセラーもいませんでした。

本人は一生懸命、やっているつもりでも、他人には「なんか動作が鈍い。なまけているのではないか」と映るのでしょう。

私は最近、大勢の前でも自分の主張ができるようになりました。フォーラムで発言したこともこのブログで紹介しました。

昔気質の学年主任であり、私のクラスの体育担当でもあった教師から
11年前「明日から一日も休まず学校に来れないようだったら辞めてもらう」と言われたのです。

私は、当時、心神耗弱状態でした。

どんな理由であれ、未成年から教育を受ける機会を教師の独断で奪ってしまうって、酷すぎます。

それに、心の病を持った人から教育を受ける権利を奪うということになったら人権侵害です。

教師たるものが。しかも学年主任という立場のものが。

自分の気にくわない生徒には、パワハラ(教師と生徒の関係の場合なんという?)をして、自ら辞めるように促すって・・・。

もう言葉にもなりません。

そんな大人がいるから、未来に希望を持てない子供が増えるのですよ。

私は、いま、人前にも出れるようになったところで、これが法的に解決できないか司法書士に相談中です。

11年前の事では法律上では時効だと言います。10年で時効だそうです。

しかし、同じ教師から理不尽な目に遭わされた、今現在遭わされている被害者が、10年以内にいるようだったら、法的に動きを起こせるそうです。

私一人での訴えでは弱く、私と同じような目に遭った人を探さなきゃいけないです。

自分の人脈をたどって、聞き込みをしなければいけません。

ようするに自分と同じような被害者がいれば、被害者の会のようなものを発足し、訴訟を起こしていくということでしょうか・・・。

それ以前に私個人で出来ることで、加害者にこの気持ちを通知したいところです。

今後の展開は、場合によっては、このブログでは紹介できなくなるかもしれません。

法律って、人の情けには残酷な部分があります。

たとえば同じ、弁護士という資格を持っていたとしても、人によって、裁き方が違いますよね。

日テレの行列ができる法律相談所という番組に登場する弁護士もみな個性があり、裁き方が違いますよね。

法律での裁きがいくかどうか判りませんが、この課題がよい方向へ進むよう取り組んでいきたいです。

この件に関して力を貸してくださった方に心から感謝しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »