« こんなクリスマス | トップページ | 来年も甘えさせてね。 »

2008年12月26日 (金)

ショック、クリスマス会

今年はクリスマスイブに、ホテルで一緒に祝う友人ができた。
今までのクリスマスイブの中で今回は最もハッピーな一日で終わってくれるだろう。
そう思いながら、帰宅した昨日24日の夜。

とても切ないニュースがありました。飯島愛さんが亡くなったのです。

私は、プラトニックセックスを読んで以来、飯島愛さんのことが好きになりました。
とても心が繊細な方なのだなと思いました。

発刊された当時は、母から「そんな本を読むんじゃない」と反対されたものでした。

自分とは正反対の人生を送ってきた方でした。憧れの人でした。
共感できる部分もあるのです。いつもひたむきな姿勢もステキだと思いました。

昨夜は、泣きながらプラトニックセックスを読みました。

一部の報道では、服用していた薬の中に、私と同じ睡眠薬が見つかったというのです。抗うつ剤も飲んでいたのですね。

ブログでの記事も見ました。一ファンでしかない自分ですが、メンタルヘルスには詳しいので、もし身近な立場であったなら、助けてあげたかったです。

死後一週間して見つかった。一人の寂しい部屋の中で、一週間も見つからず、遺体の一部は腐敗していたそうです。

こんなに世間が楽しんでいるイブにそんなことになるなんて・・・。

ショックでした。ご冥福をお祈りします。

☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆

話はガラッと変わります。

今日25日は、自分の住んでいる町内の当事者の会のクリスマス会でした。

メニューは、コーンシチュー、サラダ、シーフードとミックスベジタブルのピラフ、デコレーションロールケーキでした。

2時間くらいかけて19名でつくりました。

保健センターの中の栄養指導室で調理にとりかかりました。

4つのテーブルがあり、ここのテーブルはコーンシチューを作る係。ここは、サラダというように分かれて作りました。

私は、サラダをまず作り、早くできたので、デコレーションロールケーキにもとりかかりました。

日頃、料理はよくします。母と並んで作ります。母は私の包丁の使い方について何も言わないのですが、今回は、ケーキにトッピングする桃を切っているとき、私の周りに人が何人か見に来ました。

「たかこさん、薄さも均等に切れて、なれたもんですね」と見とれていました。

トッピングする苺があまったので、それをみじん切りにして、生クリームの中にまぜようと提案し、また包丁で苺のみじん切りを始めると、また「うまいね~」と言ってくれたのです。

一人のときは上手いか下手かなんて判断できないものですが、こうやって、大勢の中で調理をすると、褒めてくださるので自信がつきます。

計19名で、おいしく頂きました。私が作ったサラダもデコレーションロールケーキも美味しいといってもらえ良かったです。

P.S.男性の皆さん、私が奥さんになったら、毎日プロ並みの料理を食べることができますよ。

|

« こんなクリスマス | トップページ | 来年も甘えさせてね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショック、クリスマス会:

« こんなクリスマス | トップページ | 来年も甘えさせてね。 »