« 調子が | トップページ | 繊細 »

2009年5月17日 (日)

愛しい人を忘れる勇気

一線を超えた恋愛が悪いとは、一概にも言えない。

小説の世界で自分と重ね合わせるか、空想するだけで、ブレーキかけなきゃ。

お互いに楽しい時間をすごせて、相互作用になって、男女の関係にさえならなければ。
別れるときも、さわやかに別れられれば。

禁断の愛が実るなんて、きっと一握りの人間。

私も、そこまで欲望を走らせる度胸はない。

恋愛と一緒にしてはいけないけれど、

あれだけ好きで、毎日3杯は飲んでいたコーヒーも飲まなくなって一ヶ月になる。

一時期、お酒が好きで3日連続で飲んでいたときもあった。
お酒に飲まれてしまったほど。
それも、ここ数年、一年に1、2度飲むくらい。今年に入ってからは一滴も飲んでいない。

相手との関係を断ち切ろう。

弱った時に、相手に甘えようという発想をなくすように努力しようと思う。
相手に依存することを。

メールアドレス帳からは、削除した。

近いうちに写真も処分してしまおうと思う。

相手との思い出に浸って楽しむようなこともやめよう。

もう一歩で心も身体も破滅してしまう寸前だった。

きっと、天国にいる祖母と父が救ってくれたんだ。ここで止めなさいと。

そう割り切った今、私は元気を取り戻してきました。食事もおいしい。

こんな潔いこと書いているけれど、
彼という選択肢をなくしたかもしれない私は今後どうなるんだろう。

この思いは私が勝手に決めただけで相手はどうとるか分からない・・。

深入りして、身も心も破滅するような恋愛はやめよう。自分に言い聞かせてる。

これからは、自分のために生きよう。

☆西尾アナ情報

どきどき見ました!

当時幼かった私は、忘れてしまったコーナーもありました。
水島祐さんは、ナレーションをしているのを聞きますが、テレビに登場するのは、全国放送では、ここ最近ではほとんどないと思うので、貴重でした。

夕食生中継!ご苦労さまです。上小牧アナと重ねてました。なつかしい。

すごいご馳走でしたね。おやきがおいしそうでした。

他局の番組をいう方がいて、私もドキドキしながら見てましたよ。

無事に終わってよかった!元気をもらえました!

|

« 調子が | トップページ | 繊細 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛しい人を忘れる勇気:

« 調子が | トップページ | 繊細 »