« 風邪、ぶどう | トップページ | 津久井克行さん »

2009年9月30日 (水)

ポジティブ

来月、私の地元の合同庁舎内で、心の健康を考える集いというものが行われます。

主催は、保険福祉事務所。共催は、郡市精神保健福祉協議会。

長野県の南信地区の保健福祉事務所管内の当事者、家族、精神保健福祉関係者、ボランティア、精神科医療関係者などが参加する、内輪の集まりです。
160人ほど集まる予定です。

日頃、自分たちの会は、団体は、こんなことをしてますよ~という発表をします。

昨年は、私と母、コーディネーターさんを交えて、親子対談をしました。
このブログでも当日の様子を紹介しましたね。
生い立ちから病気の経過、そして今に至るまでの私と母の様子を体験発表しました。
それに自作の短歌や俳句の発表をし、150人の聴衆から大拍手を頂きました。
終わった後は、やって良かった~~無事にできて良かった~~と自分に拍手。

今年は、私の所属するグループ全員での発表。

坂本九の「上を向いてあるこう」の歌詞をメンバーが見事に替え歌の歌詞にし、
それをみんなで合唱します。

そして、私は自作の川柳を詠み上げ、作品の解説をします。

今年も自分の出番があって光栄です。

今日は、「上を向いてあるこう」の合唱の練習をしてきました。

歌うだけじゃなくて、ピアノの伴奏に合わせ、身体を上下左右に動かし、手にはカスタネットを持ちながら、手拍子します。

いや~それにしても、歌いながら踊るって疲れます。

歌に自信のない私は、みなの歌声が盛り上がるよう、歌よりも踊りまくっていました。

いま、家でも練習していますが、5分ほどで、汗ばんできます。

しかし、昔の自分と比べると160人の前で、川柳の発表をし、踊りを披露するなんて、恥ずかしくてできなかったよな・・・。

人間、変わるものです。ここ数年の私は特に劇的にポジティブになってます。

|

« 風邪、ぶどう | トップページ | 津久井克行さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポジティブ:

« 風邪、ぶどう | トップページ | 津久井克行さん »