« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

改築終了など・・・

お風呂、脱衣所、洗面所、トイレの改築工事がほぼ終わりました。
いつだったか、大工さん一人ですべてを仕上げることを書いたような気がしますが、他にもいろんな業者さんが入ります。
水道屋、瓦屋、左官屋、電気屋、内装屋、板金屋、お風呂のユニットバス関係の方、生コン車も入りましたね。
でも、大工さんが長い時間作業をしてました。
携わった皆さんが一番神経をつかい労働をしていますが、一ヶ月間いろんな方が家の中に入ると、お茶を出したり、気づかいもするので、母も私もちょっと疲れました。
みなさんのおかげで新しいお風呂もトイレも完成しました。
こまめに掃除して大事に使いたいです。
最近のトイレって、人が近づくと、自動でフタが開き、用を足して立ち上がると、自動で水が流れるのですね。すごい。

「自分が造り上げたものを人に渡すことに淋しさを感じることもあります」

「これを、ご縁に工事が終わっても、うちに遊びにいらしてくださいよ」

母と大工さんのこんな会話がありました。

建造物は職人の汗の結晶でもありますね。
木にも壁にもきっと職人の想いが沁みこんでいるのでしょう。
その想いを大切に使います。

家の北側と西側一部は、2009年の最新の建造物ですが、南側や東側は02年にちょっといじっただけで昭和56年のままです。
家の中を移動することで、28年間タイムスリップ(笑)することができます。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*・☆.。

普段あまり連続ドラマを見ない私ですが、「相棒」と「リアル・クローズ」をたいてい見ていて、「チャレンジド」は毎週しっかり見ています。
今夜も佐々木蔵之介さんの迫真の演技に感動しました。
俳優の演技を見て涙を流すって初めてのことじゃないのかな。そのくらい素晴らしいです。
正直いうと、失礼ながら佐々木蔵之介さんのことをあまり存じ上げていなかったです。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
☆西尾アナ情報

今夜のこれダネは塩尻市の大門商店街から「ハッピーハロウィーンinしおじり」の中継でした。
塩尻がもっとも歴史のあるハロウィーンイベントだと、おなじみ「西尾佳の歴史コレクション」で教えてくれました。今週も勉強になりました。
毎回、中継先の歴史を西尾くんが教えてくれます。
自分だったら絶対に収集できない、ためになって楽しい、そして深い「おおそうだったのか!」という情報を紹介してくれます。見逃せないですよ。

塩尻の子供たちは、ハロウィーンの日に「トリック・オア・トリート」といえば、色んな人からお菓子をもらえます。いいなあ。
魔女(?)に扮した西尾くんが子供たちにお菓子をあげてました。
子供たちもハロウィーンにちなんだかわいい服装をしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

紅葉

水曜日にバスハイクで蓼科の白樺湖に行ってきました。
晴天で、まさに紅葉狩り日和。
ひとつの山に赤や黄色や茶色などの色づいた木があって、それが湖の水面に映ってそれはそれは綺麗でした。
白樺湖でも、杖突峠の諏訪湖が見渡せる展望台でも、みんなから、「では一句」といわれ、
「突然ふられても出来ませんよ」といい、大笑いしました・・・。

紅葉狩り行きましたか?

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。
☆西尾アナ情報

昨夜は長野市の長野商業高校の長商デパートからの中継でした。
学校全体が模擬株式会社になっていて、ほんとうに一つのデパートのようになっています。
歴史は長く大正時代から続いています。
農産物、水産物、生活必需品、車まで、生徒が売っています。
社長を務める高校生がそれはもう社会人並みに受けこたえがすごくて賢そうでした。
西尾くんは長商デパートのCM作りが長野放送で行われたみたいで夏ごろから密着していましたね。それにたくさん買い物をしていましたね。買い物袋からポテトチップスが透けて見えました。私もよく食べます。今週も元気いっぱいの中継でした。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

ケノーベルさんTBありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

温泉、食の祭典

おととい母と一緒に地元の温泉へ行ってきました。
浴槽のタイルの上には檜らしき木があって、腕をのせることができます。
木のいい香り。
水が一滴も入っていない100パーセント温泉水でだぶだぶ。
貸切風呂で入浴時間1時間を超えると加算されてしまうので、前半30分はのんびり。後半はそそくさしてました。
入浴してから数時間たって寝たのですが、湯冷めしない。

肌がツルツル、すべすべしてるから、数日くらいお風呂入らなくていいか。なんて。

なんとかお風呂のほうは入れてます(笑)。ビジネスホテルなんていってましたが、ただでさえ出費が多いので家で過ごしてます・・・。

温泉ってずいぶん前に入った以来なので、こんなに気持ちいいものだとは思いませんでした。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*・☆.。

☆西尾アナ情報

今夜のこれダネは、長野市のビッグハットで行われている「こだわり食の祭典」からの中継でした。全国各地のグルメが施設内に集結してました。
西尾くんの故郷の北海道小樽市にある花月堂という洋菓子店の小樽ロールがすっごい美味しそう。ロールケーキで中も表面も生クリームたっぷり。
北海道の方言で「なめらうまい」。「とてもおいしい」そうです。
「もちティラミス」なんてのもありました。
他にも、つんくプロデュースのお好み焼き。東京東池袋のラーメン屋さん(店の名前忘れた)などがありました。
いつも元気にお伝えしてくれますが、今夜はいつもよりもさらに明るく見えました。
このブログ、最近、明るい記事が増えてきたので、その影響もあるのかな・・・。
って自分の思い込みです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月14日 (水)

お大工さんを尊敬

家の中の工事が今日から始まりました。
夕方にはお風呂場のほとんどが解体されていました。
私が生まれた時から、住んでいてる家。
古くなったとはいえ27年間使ったお風呂場。
残骸を見てちょっと淋しい気持ちもしました。

亡くなったおばあちゃんの背中を流したな。母と流しっこしたな。
小学校の時は、よく色んな友達が遊びに来て、一緒に入ったお風呂だな。
生前のお父さんもきっと働いて疲れた身体をお風呂につかって休めていたのだな・・・。

今月末には、昭和56年製だったお風呂も脱衣所もトイレも、最先端の建造物になります。

それに今回の工事で心から尊敬しているのは、女手一つで家を守ってきた母ともうひとり。お大工さんです。

解体から完成まで建築会社をやっているご夫婦二人だけで造られます。
旦那さんが解体したのを奥さんが片付けています。
朝早く来て、夕方まで。
たった一人で仕上げていく旦那さんすごいな。お大工さんって本当に凄い。

心の底から尊敬してます。

どうか無事故で、無事に工事が終わりますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

連載

まだ、外工事なので、ブログの更新OKです。
それに、家の中の工事でも、更新できる日があるかもしれません。

そんな、工事中のさなか、今日は埼玉の親戚が突然来客。
父の弟です。
先日のヒロシの民泊の話題で盛りあがりました。
今日来た叔父さんにしてみれば、自分の実家に泊まったことになります。
埼玉ではオンエアされなかったので、実家でビデオ録画したのをみたそうです。

もうひとつ話題になったのは、私が書いた詩が今月の地元の広報誌に載ったので、よろこんでくれました。

そう、そう。
前にも書きましたが、私の町内全戸に配られる広報誌の連載がほぼ決定しました。

いちおう詩ですが、まあ・・・散文的なときもあれば、これは短歌か?俳句か?川柳か?というときもあります。

今回載ったのは、5作品が57577で、残りの1作品も31文字(いや前後か)におさめました。

短歌ですが、編集委員は詩だと受け止めたようです。まあいいです。
自分も勉強不足なので。

こんな私を採用してくださって、ありがたいです。

数ヶ月前からお話しを頂いてましたが、病状がすぐれず、今月号からになりました。

精神疾患の治療と並行して、婦人科のホルモン療法をするようになって心も身体も前に比べて、落ち着いてきたからです。

今回は大きく載せてくれましたが、編集の都合上、ひっそりと作品が載ることもあると思います。

町民のみなさんが目にして、ほっこりとした気持ちになる作品を創りたい。載せたい。

淋しげな詩であっても、どこかに光りが隠れている作品を書きたいです。

たぶん、毎月の連載になるかもしれませんが、細く長く続けていって、町民が私の名前を覚えてくれて「広報誌の詩を書いてる人ですか?」と認識してくれる日が来るのが、目標です。

このブログに載せたいとも思いますが、著作権の問題だとか、ブログのイメージとはやや違った作品だったりだとか、私の意思もあり載せられませんが、ご了承ください。

いつか機会があったら読んでください・・・。

☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆*:;;;:**:;;;:*☆

今夜の西尾アナ。
↑なんか、面白い始まりになりました。

茅野市の尖石縄文遺跡公園からの中継でした。
西尾くんも縄文人のかっこうをしてのリポート。
他の人は衣服の上に着用でしたか、西尾くんは本当に縄文人の気持ちになりたくて、あえて腕も脚も出していたのが良かったです。でも、風邪引かないか心配です。

縄文時代は、長野県が日本一の人口密集地だったと教えてくれました。
今回も勉強になりました。

自分も昔、授業で火を起こしたことがあります。あれは感動です。

あと、いのしし汁などの縄文人の食事も出てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

3週間入浴できない?

台風18号が接近しています。
長野はいま雨が降っていて、風もなく落ち着いてます。
どうか、各地で被害がでませんように。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

実は、こんなことブログ上で書くことじゃないですが、
今月いっぱい水まわりの改築工事を行うことになりました。

なので、思うようにブログを書く時間がとれないかもしれません。
ご了承ください。

父が残してくれた大切な家。
築28年ともなるとガタがきて、あちこちが傷んできます。

また快適な家になったら、うちに遊びに来てください。

それで、困るのが、工事中は洗濯ができず、お風呂にも入れません。
本当に困った。どうしよう。
悩んでいます。
3週間ほど工事がかかるそうなので・・・。

先日のヒロシさんの民泊させてくださいではありませんが、
誰か私を泊めてください。いや、泊まるなんて迷惑になりますので、お風呂を貸してください。なんて・・・。
実をいうと恥ずかしながら大衆浴場とか、温泉とかは苦手なんです・・・。

気を使わせるといけないので、家から近い格安のビジネスホテルに泊まってお風呂に入ろうかなと思います。コインランドリーもあるだろうから。

それで、宿泊先から毎日家のほうには顔を出して、ハムスターの世話をしにゆきたいと思います・・・。

格安のレオパレス21を借りようと思って、電話してみたらペットの持ち込み禁止でした。

そんなわけで更新が遅れるかもしれません・・・。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*・☆.。

☆西尾アナ情報
10月3日の午前中に旅番組に出演していました。
現役東大生タレントの加藤ゆりさんを助手席に乗せ、西尾くんの運転で長野県内のグルメスポットを周っていました。
長野の北から南まで、西尾くんご苦労さま。
お肉を中心にたくさん食べていましたね。
一緒にいた加藤ゆりさんに嫉妬した私でしたが、今回の旅の最後に西尾くんにプレゼントしたのが、加藤さん著の本だったのでホッとしました。
あれで、加藤さん手作りの品をプレゼントしていたら、もっと嫉妬してしまったと思います。

これダネでは、歴史通・城通の西尾くんが元気に松本城の歴史を教えてくれました。
今回も勉強になりました。
あの日、うちからもまん丸いお月さまが綺麗に見えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

津久井克行さん

classの津久井克行さんが私の地元にライブ&トークショーで訪れたのは、2002年の7月のこと。
母も誘って行った。
私は最初、友人に誘われたとき、「ああ、夏の日の1993を歌っていた人か」という認識しかなかった。
その時は、すでに解散しソロで活躍されていた。

高校生のころから音楽活動をはじめ、米軍キャンプやライブハウスを中心に活動をしてきたこと。

「夏の日の1993」が大ヒットしたのは、30代前半で遅咲きだった。
紅白出場を果たし、当時の自分は天狗になっていた、と振り返っていた。

しかし、その後は、売れなくなり、音楽活動だけでは生活することができなくなった。
家族を養うために、理科で使うフラスコなどをつくるガラス工場で働いていたこと。
今までスターであった自分が、工場では年下から仕事のことで怒られたりして、プライドが傷ついたことなどをお話ししてくださいました。

話の合間に、「夏の日の1993」やビートルズの曲を歌ってくれました。

「今日は長距離移動だったので、のどの調子が悪いんだけど・・・」と言っていましたが、CDそのままの歌声。

とてもファンとの距離が近い、温かみにあふれたライブ。
会場には、津久井さんの奥さんとまだ小さい女のお子さんが来ていた。

津久井さんを支えてこられた奥さんは、津久井さんの苦労話に時おり涙を流していた。

ライブ終了後、私は色紙を手に真っ先に津久井さんのところに駆け寄った。

「こんにちは。ライブ、とても元気をもらいました。いま、私、壁にぶち当たってるんです」

「そうなんだあ・・・。」

と、津久井さんの優しそうな表情を見て、私は、つい当時の境遇を話してしまった。

「名前は?漢字でどう書くの?」と私に聞いて、なかなか漢字が思い出せないらしく、
傍らにいた娘さんが「パパ、なんで(漢字が)わからないの~」と話していたのが微笑ましい。

名前も入れて下さった、筆力のあるサイン。
写真撮影にも応じてくれて、撮り終わった後、私に「頑張ってくださいね」と言ってくれた。

多くの会話をしたわけではありませんが、忘れられない一日でした。

そのとき、母は、奥さんと話をしていた。

私が後で「なんの話をしていたの」と聞いたら、

「素晴らしいライブでした、と言ったらね、ありがとうございます、
自然の多い良いところですねえ、と言っていたよ」と教えてくれた。

今回の訃報に接して
奥さんや、あの頃はまだ小学生低学年くらいだった娘さんの気持ちを思うと言葉になりません。最期を看取られたそうです。

つい最近、classを再結成したというニュースを耳にしたときは、充実した日々を送られているのだなと、うれしい気持ちになりました。

今年2月にガンが見つかって闘病中だとは全く知りませんでした。

それでも、8月6日にはライブに出演したのですね。

私は、昨日のスーパーニュースの芸能コーナーで、亡くなったことを知って、あの1日のことをつい最近の出来事のように思い出しました。

また、あの歌声、生で聴きたかった。あのフレンドリーな津久井さんにもう一度会いたかった。

心からご冥福をお祈りします。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

西尾くん、午前の番組もこれダネも見たよ。
感想は明日以降に書くね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »