« 連載 | トップページ | 温泉、食の祭典 »

2009年10月14日 (水)

お大工さんを尊敬

家の中の工事が今日から始まりました。
夕方にはお風呂場のほとんどが解体されていました。
私が生まれた時から、住んでいてる家。
古くなったとはいえ27年間使ったお風呂場。
残骸を見てちょっと淋しい気持ちもしました。

亡くなったおばあちゃんの背中を流したな。母と流しっこしたな。
小学校の時は、よく色んな友達が遊びに来て、一緒に入ったお風呂だな。
生前のお父さんもきっと働いて疲れた身体をお風呂につかって休めていたのだな・・・。

今月末には、昭和56年製だったお風呂も脱衣所もトイレも、最先端の建造物になります。

それに今回の工事で心から尊敬しているのは、女手一つで家を守ってきた母ともうひとり。お大工さんです。

解体から完成まで建築会社をやっているご夫婦二人だけで造られます。
旦那さんが解体したのを奥さんが片付けています。
朝早く来て、夕方まで。
たった一人で仕上げていく旦那さんすごいな。お大工さんって本当に凄い。

心の底から尊敬してます。

どうか無事故で、無事に工事が終わりますように・・・。

|

« 連載 | トップページ | 温泉、食の祭典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お大工さんを尊敬:

« 連載 | トップページ | 温泉、食の祭典 »