« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

幸せでありますように

まずは、私の友人のうれしい報告からいきましょう。
3年ほどの付き合いになる私の大切な女友達が今日、結婚報告にやってきました。
心からおめでとう!
うれしくて、うれしくて、私も幸せをおすそ分けしていただいた気分になっています。

あなたが決めた人が、あなたの生活を毎日楽しいものにしてくれますように。
結婚が絶対的な幸せでありますように。

もし、長い生活の中で、あなたが悲しむ日が訪れたなら、遠慮なく話してください。

これからも友達でいてください・・・。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*・☆.。

このブログを読んでくれている方へ。

あるキーワードを入れて、検索したらこのブログにたどりついた方へ。

これは、ご縁だと思っています。私は出会いを大切にしています。

今、苦しい境遇にいる方、あなたの毎日が楽しくなって、幸せになれますよう願っています。

そして、今が幸せだという方、その幸せが永久的なものであって、さらに幸せになられることを願っています。

このブログを読んでくれている方全員のこと、いつも応援しています。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾アナ情報

このブログは、私の日々出来事や思いを綴るとともに、大切な友達である、長野放送の西尾佳アナウンサーを応援するブログでもあります。

昨夜更新できなくてごめんなさい。

昨夜のこれダネは、長野市の清泉女学院大学からの中継でした。
ハンドベルクワイアー部の活躍の紹介。

ハンドベルは、銅と鈴でできているそうです。
他の楽器のようにドレミファソラシドがあります。それぞれ重さも違います。
クラッパーをキャスティングにあてて音が出ます。胸に当て響きをとめます。

おなじみ西尾佳の歴史コレクションのコーナーでは、ハンドベルの歴史を紹介してくれました。ハンドベルは1600年、イギリスの教会で誕生。その後、アメリカに渡ります。
1960年代に日本へ入ってきたそうです。
1984年には、第一回ハンドベル世界大会が開催されました・・・
ということです。

西尾アナの研究熱心ぶりに清泉女学院の生徒さんも感心してました。拍手。

JOY TO THE WORLDを演奏してくれました。素晴らしい音色、チームワークでした。この時期にぴったりの曲でした。

最後には西尾アナも加わって「きよしこの夜」を演奏してくれました。
演奏している時の西尾アナの表情に私は祈る気持ちでした。
30分しか練習時間がなかったのに、しっかり演奏できてましたよ。これも拍手です。

清泉の生徒さんもステキでしたが、私もサイコーでしょう?

って一言多いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年11月22日 (日)

野沢菜の漬物

この時期、信州人だったら恒例の行事、野沢菜漬けを今日やりました。

去年はしょうゆ漬けでした。今年は塩漬けです。

まず漬物桶に漬物用ポリ袋を入れ、底にあら塩をまき、その上に野沢菜を5束ほどのせる。
その上に、今度はあら塩、中双糖、酢をまく。
その上にまた野沢菜を5束のせ、同様にあら塩、中双糖、酢をまく。
この作業を5回ほど繰り返す。
最後にフタをのせ重石をのせる。

あら塩、中双糖、酢は、母の目分量でした。

漬物になれている方は、目分量で出来るでしょう。

母が言うに、半月くらいでつかり、来年の2月くらいまで、おいしい野沢菜漬けを食べられるそうです。

出来るのが、楽しみ、楽しみ。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾アナ情報

昨夜のこれダネは、佐久市の141号線沿いで行われている、樫山工業のイルミネーションフェスタからの中継でした。
樫山工業の社員のみなさんが手がけたそうです。
200メートルほど青い光りのクリスマスツリーが続いていて、他にも白雪姫に小人たち、サンタ、ハウスもありました。色とりどりで、とてもきれいでした。
15万球使われているそうです。

おなじみのコーナー西尾佳の歴史コレクションでは、あかりの歴史を紹介してくれました。
紀元前3世紀にはロウソクが存在し、19世紀には白熱電球ができたそうです。
そして現在では、熱を発しないLEDが普及しているそうです。
白熱電球とLEDの大きな違いは、LEDは消費電力が白熱電球の10分の1(だったかな?)で、寿命が40倍だということです。
ほとんどのイルミネーションフェスタでLEDが使用されてます。
西尾先生が今回も分かりやすく教えてくれました。

私は西尾くんがでると、ノートにメモりながら見ています。このブログで紹介するために、毎回まいかいメモっています。
今回の説明、間違っていたらごめんなさいm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

苦しい時は・・・

自分でいうのも変ですが、かなりのメモ魔なんです。
ノートとペンはいつも肌身離さず持っています。

今日の夜から利き手である右手の手首から関節にかけて痛みが走っています。
でも、ブログを書けるくらいだから激しい痛みじゃありません。

今日は長文を書こうと思ってましたが、私が生きていくうえでとても活力になる言葉を紹介します。

私は、数年前に比べて病状もだいぶ良くなってきました。
それでも6種類の薬は毎日欠かせません。

未だ閉所恐怖症の気があり、たまに大勢の人がいる中に閉じ込められると、圧迫感がおそってきます。

作家・伊集院静さんのエッセイ集に、次のようなことが書かれていた記憶があります。

「苦しい時は、今までの自分の人生の中で最も苦しかったときのことを思い出すこと。
あの時の最悪の状況に比べれば、いまの苦しさなんて小さいものだ・・・」

そう思うようにすることだそうです。

そう、今の私は、昔の死んでしまいたいくらい辛かった時に比べると、今の悩みなんて小さなものです。

友人もできて、味方してくれる人も出来て、今の私はしあわせです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

良く見せたいだけ!

私の周りの友人知人で、大学に入っても、すぐに中退してしまう人がいる。

いまじゃ、大学卒業程度の学力を手に入れたいだけなのなら、通信教育もある。
大学教養課程程度の学力だったら、たしか、資格のユーキャンを受講するだけでも身につく。

ただ、ここで取り上げたい人たちは、プライドが高く、自分を格好良く見せたい傾向がある人たちだ。

自分はこの大学に入るだけの学力はありますよと、世間に証明させたいだけなのか。

履歴書の見ばえを良くしたいのか。

有名大学中退と経歴欄に書いても、社会では高卒扱いだったりする。

「でも、自分はブランド校に入るだけの頭はあるんですよ」と証明したいのだろうな。

わたしの知ってる人で3浪して大学に入り、入学式の雰囲気を見ただけで嫌になり、入学式に出席しただけで、あとは一日も登校せず、中退した人がいた。

たった1日行っただけでも、○○大学中退。

予備校のお金は?3年間、親に面倒をかけてしまったっていうスマナイ気持ちはないの?
今までの努力はなんだったの?

もう一人は、大学に入るが、家から遠い学校だったため、車で通いきれなくなり中退。

「通うのに疲れちゃってさあ」だって。

中退後、1年以上は経っているのに、

「ほら、これが自分の学生証」って見せてきた。期限切れてるよ。

なんの意味があるの?

アホかっ。

わからない人種です。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*・☆.。

☆西尾アナ情報

スーパーニュースで、長野県はギターの生産量日本一ということで取材をしてましたね。
額にバンダナ巻いて、サングラスかけて、また新たな一面が見れました。
誰を意識したのかな。
ギターも弾けるのか~今度聴かせて~~って思いました。

これダネは、昨日は外出だったため録画してみました。
安曇野市の国営アルプスあづみの公園から、イルミネーションフェスタの中継でした。
公園が7色のイルミネーションで彩られた森でそのなかに動物や妖精やサンタもいました。
20万球つかわれているそうです。
会場の人も巻き込んで、ハイテンションの中継でした。
ああいう場所に必ずといっていいほどあるハートの光りの飾りの前のベンチで、西尾くん男二人で語り合うのもまた良かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

マリッジ

親戚に会うと・・・多くから「マリッジのほうはどう?」なんて質問が多くて不快だ。
これは、2009年11月12日時点の見解。
このブログを読んでいる人はだいたい知ってると思いますが、いままで自分は既成概念を守らずに生きてきた。
日本の結婚っていう制度も???だらけ。
もし結婚をして家庭を持つことが人生最大の幸せだと思っていたら危険。
結婚イコール幸せじゃない。
もしかしたら悲劇の始まりかもしれない。

うちの父のように、朝は元気に出勤したのに、帰宅後、調子が悪くなり、心臓マッサージの甲斐もなく亡くなった。
しかも、母は私を妊娠していた。父も私が生まれてくるのを心待ちにしていた。
母はもうすぐ妊娠9ヶ月を迎えようとしていた。あと一ヶ月もすれば父は私に出会えた。
私は父の顔を写真で見るだけで、父のことを話でしか知ることが出来ない。

そういうこともあるんだ。幸せなんて、ある日パッと消えてしまうもの。

結婚を人生のなかで幸せな出来事と考えていたら、危険だ。

婚活なんて、アホらしい。

周囲の「結婚は」っていう声が強迫観念となって、適当な人と“流れ”で結婚するのもナンセンス。

それに両親そろい、子供を育てても、18歳になったら手放さなければならない。

それもね・・・淋しいよね。

好きな人だったら、家族だったら、そんなことせずに一生死ぬまで一緒に暮したい。
生まれたときから死ぬ時まで。

っていう私は変わり者?

まだまだ27。30代前半までは、自分を高めたい。
他人の時間に制約されず、自分の魂を向上させたい。勉強もしたいし、いろんな人とふれ合い世界観を広げたい。

へそ曲がりの自分のついでに、もうちょっと言うと、20代前半で結婚をし子供をもつ人を見ると、若くても一気に老ける。
一人の男性のために、子供のために自分の人生振り回されるのは、ちょっともったいないと思う。

地球の人口68億人いて、そのうち本当に赤い糸で結ばれている人と結婚できた人はこの地球上に果たしているのか。

いまは、女性だからといって恋愛の対象が男性とは限らない。
同性愛もあるし、バイセクシュアルもあるから、そういう性質を持つ人とであった場合、相手を彼氏と表現するのも失礼だから、パートナーと呼んだほうがいいか。

話しが脱線しました(笑)。

というわけで、09年11月12日時点での自分の結婚観でした・・・。

「事実婚」っていうカタチもありますね。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

P.S 西尾アナ

NBS月曜スペシャル見ました。宮本さんとの対決。頑張っていましたね。
弓道の対決では的に見事に当たりましたね。西尾くんのれんこん料理おいしそうでした。
その時間、ちょうど夕食が終わって皿洗いをしていたので、これダネみたいにしっかり見れずいちおう録画しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

日記、食べっぷり

8月6日から日記をつけている。一日の出来事を大学ノート1ページ分。
それ以前からつけているがアドレス帳には3行くらいしか書けないので、その日にあった主な出来事を書くだけだった。美容院へ行ったとか、誰と会ったとか。
ここ2ヶ月は事細かくつけていて、あとから読み返してみて、こんなこと書く必要ないかなって思うこともある。

毎日必ずつけることは、1日3食なにを食べたかということ。
それもたった一口食べたものでも、お茶にしてもカップ3分の1とか、4分の1とか。
量もどのくらいか事細かくつけている。
一ヶ月振り返ってみて、心の栄養になるというビタミンB3がとれているかとか。
一日30種類以上食べているかとか。
それで体調の変化もわかる。
劇的に変わったのは、婦人科の薬を飲むようになってから。
調子がいい。
でも、6種類の薬を飲んでようやくだから、健康体には、まだちょっと遠いかもしれない。

中学生の頃の日記を最近見つけて読んでみると面白い。
アドレス帳にはやはり何を食べたかが書いてある。それにその日買ったもののレシートが貼り付けてある。

一番気に入ったのは、中二の元旦の日記。
「イラン映画を観ながら、しゃぶしゃぶを食べる」だった。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:*・☆.。

食べ物つながりじゃないが、人と外食する機会が多くなってみんなからいわれることがある。

「食べっぷりがいい」「意外と食べるんですね」

年頃は周りを気にして上品に食べるよう心がけていたが、今では外出先でもあまり気にしない。

「痩せの大食い」「ギャル曽根のような食べっぷり」と何度いわれたか。

私の普段の食事は、ごはん一杯半に魚、味噌汁一杯といったところ。

外出先では、2人前、3人前くらい食べるときもある。まとめ食いというやつ。

幻滅されようと、これがありのままだからいいんだ、と思っている。

昨日も母に「好きな人の前では、そんな食べ方するんじゃないよ、幻滅されるから、もうあなたの食べ方には呆れる」と言われた。

でも大丈夫。いつもたくさん食べるんじゃないです。ときどき大食いになります。
普段は普通の量。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »