« 口唇ヘルペス、日本酒 | トップページ | 桜日和 »

2010年4月20日 (火)

打ち解ける話し

昨夜、1年ぶりに連絡が取れるようになった友人と居酒屋に行った。
友人は中学の時同じクラスで日系ブラジル人。
派遣切りのニュースが流れていた頃、心配をしたが、やはり昨年派遣切りにあい新しい職場に勤めているとのこと。
中学時代、一緒にいて一番心地良かった人。
13歳までブラジルで過ごし、両親の事情で日本にやってきた。
登校するのが苦痛だった私を見かけると、屈託のない笑顔を浮かべ、手を振ってやってきてくれた。優しい性格に何度も私は救われた。
相手のほうが、知らない国で当時日本語もあまりわからないという厳しい状況であったのに。

最後に会ったのは、一昨年の12月。
突然電話がかかってきて居酒屋で会った。
日本人と変わらないくらい日本語が話せるようになり、日本での生活も慣れてきたが、悩みがあると突然電話がくる。

昨夜も顔を洗って、さあ寝ようとしていたときに電話がかかってきて会うことになった。

近所の居酒屋で2時間ほど話した。
慣れない仕事のこと、恋人と別れてしまったこと。兄夫婦とその子供と一緒に暮しているので、ひとり暮らしをしていた時に比べ自由がないこと。
寂しそうだった。いつもの笑顔が見れなかった。

私が「自分のお相手は今はペットのハムスターだよ(笑)」といったら「自分は熱帯魚のグッピーだよ(笑)」と話して苦笑した。

私も悩みを話した。
お互いお酒が飲めない。私はウーロン茶。相手はコーラ。気分が高揚することもなく、沈殿した会話が続いた。

それでもあるキーワードをきっかけにして話は盛り上がった。

下ネタ。

こういう話になると相手は元気になっちゃって、そっちのほうは豊富なボキャブラリーで攻めてくる。笑った。笑った。

会話の間のとき、他の客の会話に耳をそばだててみると、OLらしき3人組もやはり、そっちの話になっていた。お酒が入ってる分けっこうな内容だった。

経験で言うと、話しが下ネタになると、一気にお互いが打ち解けた感じになる。なんなんでしょうね。
それをきっかけに心を開いて、ぶっちゃけ話に繋がってく。食事もおいしくなる。

下ネタと居酒屋は2つでセット。(って私、馬鹿ですね)。

カニの軍艦に、まぐろのにぎりに、馬刺しに、肉じゃがに、かにピザに、軟骨揚げに、鶏のから揚げにお腹も満足した。
居酒屋のメニューが私は大好き。こんなに何種類も一度に食べるって久しぶりだった。もちろん、2人で分け合って食べました。

別れ際、「寂しくなったら、いつでも連絡してよ」と言ってくれた。
心の底から「ありがとう~」と言った。
これから電話代かさみそうだな。

いい日だった。

|

« 口唇ヘルペス、日本酒 | トップページ | 桜日和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 打ち解ける話し:

« 口唇ヘルペス、日本酒 | トップページ | 桜日和 »