« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

甲状腺の数値が低い

先日体調を崩したのが気になって、昨日総合病院の内科へ行ってきました。

立ちくらみ、頭から血が引く感じが続いていたので。

血液検査をした結果、貧血の症状は見られないとのこと。

ただ思いもよらない診断結果が。

甲状腺の数値が低めと言われました。

正常値の6分の1。

医者から話をされたとき、私は貧血の頭がまだあったので「こうじょうせん?」って何のことだか分かりませんでした。

「こうじょうせん・・・」「ああ甲状腺ね」と頭の中で漢字に変換するまで時間がかかりました。

違う病院の内分泌外科の紹介状を書いてもらうことになりました。

8月4日に紹介状をもらいにいきます。

その病院というのが、家から車で30分。
電車だと、なんだかんだで半日がかりです。

もし通うことになれば、心療内科、産婦人科に加え内分泌外科と3つの病院に通うことになります。

心療内科、産婦人科と内分泌外科は逆の方面にあります。

薬の量をこれ以上増やしたくないし。

ところで、私は甲状腺という名前を知っていただけで、詳しいことを知りませんでした。

ネットで調べています。

喉仏の下にある、内分泌系。

甲状腺機能低下症の症状を例にして私に当てはまるのは、「元気がなくなる」、「疲れやすい」、「脱力感」、「寒がり」、「集中力低下」ですね。

心の病の症状にも似てますね。

あと、微熱がたまに出るのと、声がかすれる、のどがいがらっぽいのが気にはなってました。

甲状腺と言われてから、甲状腺が口癖になっているし、つい喉仏のしたに手がいってしまいます。

来月中に内分泌外科へ行き詳しく診てもらおうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

カット、プッチンシリーズ

天気の良い日が続いているのと比例するように、穏やかな気分が続いてます。

美容室へカットへ行ってきました。家から徒歩1分の店。

夏はだいたいショートカット。
洗うのがラク。涼しいから。

今回はこだわりがあってボブにしてもらいました。
見ようによってはショートカットですが(笑)。

髪の毛の量が多いので、カット(切る)というよりすいてもらいました。

髪を霧吹きで湿らせて、カットし、ほぼ完成したらシャンプーですすぐ。リンスをつけて洗い流し乾かしてみて、再び最後のカット。ワックスでセットしてもらいます。

シャンプーをしている時の気持ちよさといったら。

ハーブのシャンプーを使用していてスーっとするし、頭皮をマッサージしてくれます。
指の腹でしっかりやってくれます。

至福のひと時です。

思わず「もっとやってください」と言いたくなりました。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

Bigプッチンプリンのソーダ味ソースを食べました。

水色系というのは、食欲を抑える色。
ダイエットをしている人がごはんを食べ過ぎないように着色料で青とか水色に着色するといいなんて聞きますが。

見た目と違って美味しかったです。

170グラムもあるので食べ応えがありました。

HAPPYプッチンプリンは、400グラムもあるそうですね。
実際見ましたが、すごい大きさ。

ひとりで食べきれるかな?

やっぱり家族で分けて食べるんですよね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

がんばれ信州球児

今日、高校野球の長野県大会の決勝が行われました。

松商学園対松本工業でした。

松本市内にある学校同士の決勝となりました。
しかも、400メートルしか離れていない距離にある、まさにお隣同士の学校です。

3回表に松本工業(以下松工)が2点先取します。
しかし、その後松商学園(以下松商)が逆転しリードが続きます。

5対3で迎えた9回表。松工にとっては最終回になってしまうのか。
このまま松商が守り続けて軍配が上がると思っていました。

9回表のツーアウトからランナーが出て、ヒットが2本出て気づいてみれば、松工が同点に追いつきます。

延長の10回表に入って松工がさらに一点を加え、10回裏も守り抜いて、見事松工が初優勝しました。

私はテレビ観戦していて燃え上がってしまいました。

松商は私立。松工は県立。

松商のほうも地元中学出身の選手が今回は多かったのですが、ほとんどが地元中学出身の公立高校の松工が甲子園に行けることが、とってもうれしくて。

両校とも頑張った好ゲームでした。

今シーズンはエース柿田投手を中心として闘ってきました。

甲子園でも柿田投手がいつもどおりの投げができればいい試合ができるんではないかと期待が膨らみます。

がんばれ信州球児。

私は高校野球が好きでよく諏訪湖スタジアムへ予選を見に行きます。
9回ツーアウトから同点に追いついて逆転して勝ってしまうという逆転劇に何度か立ち会ったことがあります。

感激します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

心の変化

ここ数年にないとても落ち着いた5日間を送っています。

前回の記事に書いたように自分の中でどーんと構える決意をしたのもあります。

それに影響が大きいのは、やはり日曜日におじさんに会ったことかもしれません。

ガンと闘い、死と向かい合わせにいる人と会話したことで無意識のうちに私の心の中に変化が起きたのかもしれません。

自分で勝手に高い理想を掲げて、あくせくしていた日々。

素直になれず、人を傷つけたこともありました。

苛立ちを感じ、自分のことが嫌いになることもありました。

私このままどうなるんだろう・・・。

周囲の励ましもあり、ここまで這い上がってくることが出来た自分。

でも、生きていれば新たに悩みが出てくる。

深みにはまった7月でした。

おじさんを励ますために母と向かった日曜日。

逆に励まされました。

「死んだら、あっち(天国)の様子を見てきて、どんなだったか報告してあげる」
とか、「今度会った時は布被っているわ」、「おまえたちが茶飲み話していたら俺も出て加わるから」といって両腕を前に折ってお化けのポーズをしてくれました。

とても明るかったです。

夜寝て次の日目が覚めたら「今日も生きている、今日も生き儲けしたな」そんな毎日だと言います。

「だから私も生きているだけで幸せ。自分で息できるだけ有難い」と思うようにしたいと思って。

一生この穏やかな状態が続いてほしい、と願います。

穏やかであれば、人に八つ当たりすることもなくなるのだから。
人を傷つけずにすみます。

日曜日のおじさんと過ごした時間を肝に銘じたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

気が楽になりました

梅雨が明けたのに、一昨日くらいまで鬱陶しい気分でした。

昨日今日と今月からの気分の落ち込みは一体なんだったの?と思うくらい調子がいいです。

10年来のお付き合いになる認定心理士さんに先日お電話したら
「たかこさんのブログも読んでいるし、実際お会いしたこともありますが、たかこさんは十分結婚できる可能性がありますよ」と言ってくださいました。

「ちょっとお休みするのもいいですね」と言われました。

今まで続けていたことは、ほどほどに。
深夜0時までに布団に入ることを目標にしています。

それと、周りから結婚をせかされても、気にしない、私は私の道を行く!流れにまかせよう!とおとといの夜強く決意し(笑)ど~んと構えることにしました。

とっても気が楽になりました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

おじさんの見舞い

前回書いた記事を削除しました。

深夜に書くとまともな内容が書けません。

特に恋愛などの個人的な思い出は、他者にはブログの文章だけでは伝わりません。
二人のだけの思い出とし、他者に伝えるものではなく自分の心の中にしまっておくのが最良の方法だと思いました。

これからは、一切書かないようにしようと誓いました。

コメントとトラックバックありがとうございます。

客観的な意見をくださると参考になります。
トラックバック先もばっちりブックマーク登録しましたよ。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

今日はガンで闘病中の伯母の旦那さんの見舞いに行ってきました。

手術が不可能なところにガン細胞があるそうです。転移もしてます。

本人は手遅れだったといっています。

顔はやつれて少し痩せた印象を受けました。

70を過ぎています。

私の小さい頃のお父さんがわりのような人です。

本人は冗談をいい、いつもよりも、とても明るかった。
気丈にふるまっているかもしれません。
死を待つだけといってますが、母と私で奇跡は起こるよ、と思いついた励ましの言葉をかけてきました。言葉をかけたというよりは、会話の間を埋めるため思いついた言葉を並べていたのかもしれません。

私はガンの人と向き合うのは初めての体験です。

行く前は、どう接していいか、構えていましたが、何気なく相手を気遣い、普段と変わりない雑談でいいのかなと思いました。

車がほしくて困っている人2人に自腹で車を買ってあげたり、衣食住に困っている人がいると食事を運んだりして、人に尽くしてきた人が、どうしてこんな目に遭うのか・・・。

本人も「俺は人に尽くしてきたのにどうしてかな・・・」と呟いていました。

私は本人が望むような結果になるよう祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

脳貧血+食中毒?

今日6日ぶりに外出しました。

服にゆとりがあります。痩せました。

セブンイレブンでくじを2回引いたら、どん兵衛天ぷらそばが当たりました!
やったあ。

でも、油っぽいものは当分食べられませんね。

昨日には、ようやくお風呂にも入れました。

日曜日は気持ち悪くてこのままダメなのかと思いました。

立ち上がった瞬間、全身の血の気が引いていった。母に倒れ掛かり引きづられて布団へ。顔が真っ青で唇も青くて死人の顔だったそうです。一瞬意識を失いました。

激しい立ちくらみはありませんが、頭部から血が引く感覚は毎日ありますね。

立ちくらみとお腹をこわす症状が同時にきたのが気になります。

朝起きて立ちくらみが起きた後、お腹が痛くなりました。

脳貧血は、下痢をして水分を失ったとき(身体が水分不足のとき)にも起こるそうですね。

前日は異常にお腹がすき、久しぶりに間食をしました。
昼食から2時間しかたっていないのに。
シーフードピザとツナロールパンを食べてウーロン茶を飲みました。
魚介類がよくなかったのでしょうか。

食中毒は、原因になる食品を食べてから12時間~24時間の潜伏期間があるそうですね。食べてすぐ下すのではないみたい。

あと寝るまでに水分をとっておけばよかったのかもしれません。

こんな時季だから食品も傷みやすいのでしょうね。

そんなわけで食品管理に気をつけましょう。
それに、水分をこまめにとりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

体調崩す

日曜日から調子が悪く寝ています。

前日に食べたものが良くなかったのか、お腹を崩し、強い立ちくらみがして母に支えられて布団へ。

ブログが思うように更新できません。

何が原因だったのでしょう。

いまも少し吐き気、貧血があります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

美丘

とてもハマっているわけではないけど、石田衣良の「美丘」を読んでいる。
明日からドラマが始まるみたい。
前に借りたこともあった。
読み始めたのは、原作を読んでおいて、脚本家によってどのように脚色されているかドラマを見て確かめたいから。

原作を読むと、夜9時台に放送しちゃっていいのと思う内容。

暴力シーンあり、SEXシーンあり、美丘が下ネタを話すシーンもある。

9時向けにそれなりに脚色はされていると思ったな。番組のHPを見て。

美丘役は吉高由里子さん。原作の美丘のイメージからすると吉高さんじゃ可愛すぎじゃないか。

金原ひとみ原作の「蛇にピアス」の映画の主役に抜擢された時、監督の蜷川幸雄さんに脱ぎっぷりがいいと褒められていた。ヌードを披露した。

そんな男気もある吉高さん。
ラブシャッフルで玉木宏さんと共演した時、吉高さんの男気っぷりに、玉木さんは首ったけだったそう。それから交際が始まった。

私は美丘も男気あふれる人だから、同じく男気あふれる吉高さんがどのように破天荒な美丘を演じるか楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

薬の飲み合わせ

昨日も不安定な気分になった。今の私の症状って心の病の症状なのか?

それとも、婦人科の持病からくる精神的症状?

両方の先生に聞いても飲み合わせは問題ないといいますが、婦人科と心療内科の両方の薬を飲んでいます。

男性も読んでいるブログなので書きにくいのですが、
月経前症候群と1年前に診断されました。ホルモン療法で中用量ピルを飲んでいます。

心療内科のほうでは、5年前に抑うつ神経症、自生思考(統合失調症のなかの症状)もあると診断されました。

ほかに抗うつ剤、睡眠薬、精神安定剤、抗精神病薬を時間帯は違いますが飲んでいます。

これらの薬を飲んでいて、先週、死にたいという症状が出たのでしょうか。

気になりますね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

やっぱり

月の恋人の最終回を見た。

予想的中。

ロンバケと同じ展開。

キムタクのことを一番健気に想っている女性と最後はくっつく。

実際の恋愛もそうであってほしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

ヤバかった

3月頃から比較的元気な日々が続いていた。

落ち込みがあったとしても、2時間ほどで治まった。

お風呂に入れば、けろっと治っていたほど。

一昨日から深く沈み、昨日の昼食後からヤバくなった。

コントミン1錠にデパス1錠を飲んで、ちょっとだけ理性を取り戻すが、重い雲に覆われていた。

昨日の半分は死神にとりつかれていた。

原因はいろいろある。ここ2週間ほどで自分の周りの状況が変わった。

私はショックを受けるのに人より時差がある。

お葬式中に人が泣いていたとすれば、私はお葬式が終わって数日して涙が出てくる。

自分の周りの状況のほかに6月30日の韓流スターのショックが昨日になってどっと押し寄せてきたのか。

ヨンハはこの世にいない?

細いコードでそんなに簡単に逝ってしまえるの。

でも、そうしたらハムスターは誰が育てるの?

母はどうするの?

とりあえず生きなきゃ、と理性のかけらが私に言った。

「早く寝たほうがいいんじゃない」

母の前ではいつもと変わらない自分を演じていた。
その何気ない一言に、午後9時に布団に入る。10時にいつもの薬を飲む。

今日の午前1時20分に目が覚めて、オードリーのオールナイトニッポンを聴いていた。

その頃には、落ち着いてきた。

W杯も見て、パラグアイの敗北を見届けた。

そして今、パソコンに向かっている。

これは、たぶん婦人科の持病の精神的症状からきたものだと思う。

うつ病で発作的に亡くなった人の気持ちがわかった。

もうこんな症状が二度と私を襲いませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »