« 地デジ購入、ローメン | トップページ | 悶々 »

2010年9月21日 (火)

私が救われた唄

人間関係でストレスを感じてイライラしたとき、どうやって解消させますか。

私は今月に入って試すようになったのですが(笑)激しい音楽を聴くことです。

パンクロック。ザ・ブルーハーツをよく聴いています。

ザ・ブルーハーツのリンダリンダとか、TRAIN-TRAIN、情熱の薔薇は知っていたのですが、幼かったので記憶が定かではありません。

YOU TUBEで毎晩のように聴いていますね。

なぜザ・ブルーハーツかといったら、人間くさくて脳髄にしみわたる歌詞で、ライブのパフォーマンスがカッコイイからです。

それにもうひとつ、決定づけるエピソードがあります。

学生時代、保健室登校していた時期がありました。

そのちょっと深刻な内容を手紙にして、よく聴いていたラジオのDJに送りました。

そしたら、番組で紹介されたのです。

翌週、番組を聴いたリスナーから「保健室登校の方へこの唄を贈ります」とリクエストしてくださったのが、ザ・ブルーハーツの「青空」でした。

確か、長野の諏訪市の方。

とっても感動し、感謝しました。

そのことを最近思い出し、ブルーハーツを聴き始めたのです。

(宮崎あおいさんがearth music&ecology のCMで歌っていますよね)。

頭を振り、上半身をふり、全身をぐちゃぐちゃにして聴くとよりストレス発散になります。

この方々の歌うスタイルは激しいものですが、私は正座をして聴きたい曲もあります。

解散後、甲本ヒロトと真島昌利で結成したTHE HIGH-LOWS→ザ・クロマニヨンズも聴いてますよ。

YOU TUBEの画面にラインナップされたものを無作為に選んで聴いています。

お気に入りの曲はたくさんあります。

どうやったら素晴らしいフレーズが浮かんでくるのでしょうか。
歌詞を読んでるだけでも涙が出そうです。

YOU TUBEやネットの情報ではありますが、甲本ヒロトさんはTHE HIGH-LOWSの時代に死にたいと思った時期があったそうです。
でも、ダウンタウンの番組をみて笑えたので、「自分はまだまだ生きていける」と思ったそうです。そのときの出来事をきっかけに歌にしたのが「日曜日よりの使者」だそうです。

松本人志さん自身も「日曜日よりの使者」がお気に入りの曲とあげてます。

真実かは分かりませんが、そんなことを知って「日曜日よりの使者」は感慨深い曲です。
正座をして聴きたい曲です。

来年の4月には、ザ・クロマニヨンズが私の地元に来ます。行きたい。けど、ひとりじゃな~。私の周りにファンがいなくて。

|

« 地デジ購入、ローメン | トップページ | 悶々 »

コメント

私もブルーハーツ好きです。リアルタイムで聴き、歌い(叫び?)続けてきました。

例えば、古い歌ですけど、「パンク・ロック」とか聴くと、なぜかぐしゃぐしゃに泣けてしまいます。

投稿: Hiro | 2010年9月22日 (水) 18時34分

コメントありがとうございます。

「パンク・ロック」YOU TUBEで聴きました。
私も目頭が熱くなってきました。

これからブルーハーツの曲をもっと知りたい、全曲知りたいです。

投稿: たかこ | 2010年9月23日 (木) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が救われた唄:

« 地デジ購入、ローメン | トップページ | 悶々 »