« MRI受けてきました | トップページ | 私の病気って »

2010年9月 4日 (土)

騒いだ夏

MRIの結果は全体的に異常なしとのことでした。

医者は脳下垂体の様子を確認したかったようです。

脳下垂体も異常なし。腫瘍もなし。

年齢の割には成長ホルモンが多く分泌されている。

「この画像を見ると産婦人科で治療していることも、心療内科で治療していることも、理にかなっていると言えます。これからも治療を続けてください」

と言われました。

よかったです。

立ちくらみの原因になるものも見当たらないそうです。

MRIの検査をした理由は、「副腎の働きが悪いと身体がだるくなることがあるんです」というようなことを言われてしたのでした。

脳の様子を見て、医師から心療内科の治療も、産婦人科の治療も間違ってない、と言われたのが大きいです。ホッとしました。

この夏は、貧血だ、甲状腺だ、百日咳だ、MRIだ、と騒いだ夏になりました。
一時、4つの病院に通っていたことになります。

騒いだだけで、実際には異常がなかったです。

ただ、百日咳は反応でました。咳は今はおさまってます。

|

« MRI受けてきました | トップページ | 私の病気って »

コメント

こんにちは。

異常なしとのことで、よかったですね。
今の治療で問題ないとわかっただけでも、MRIを受けた意味が
あったといえるんじゃないでしょうか。

投稿: kenji | 2010年9月 4日 (土) 23時25分

コメントありがとうございます。

そうですね。受けた甲斐があると思います。

今通う病院も自分で決めて治療を受けています。
それが間違っていないか不安もありました。
医師の判断で良いといっていただけたのは(それも目に見えるMRI画像の確認で)安心になりました。

投稿: たかこ | 2010年9月 5日 (日) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129130/49346999

この記事へのトラックバック一覧です: 騒いだ夏:

« MRI受けてきました | トップページ | 私の病気って »