« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

ハムスター天国へ

このブログでもよく紹介したハムスターが一昨日死んでしまいました。

うちへ来て2年1ヶ月。

ジャンガリアンハムスターの寿命は2年~2年半ほどのなので、天寿を全うした形になります。

オスで名前は「つぶら」といいます。瞳がまん丸かったので、そのまま付けました。

私の28日の日記を掲載します。

「午後11時40分、つぶら死んでいる。ハウスの底をたたいても反応なし。
こんなにも突然お別れの日がやってくるとは。昨日は元気だったのに。いつものようにリンゴをやるとシャリシャリと音を立てながら食べ、長い間リンゴの前にいた。回し車にも乗った。

外へ仕事へ行くようになって、最近はあまり構ってやれなかった。
昨日久しぶりに手の平にのせると落ち着きがない様子だった。

発見した時は、もう冷たくて硬くなっていた。カタツムリの殻のように横になって丸まっていた。まん丸かった瞳を軽く閉じ、黒い瞳に元気だった頃の健やかな輝きを残していた。

私は、つぶらが生きていた時、つぶらを題材にした歌を詠んだ。
今年の6月頃だった。
つぶらの瞳は、夏空の一等星を譲り受けたように輝いていて健やかだと。
連載している広報誌にも載った。

私が病気で苦しんでいる時、顔を洗ったり、毛づくろいをしたり、後ろ足で立って前の手を垂らしたり、可愛いしぐさを見せてくれて楽しませてくれた。
私の四角い心の角が丸くなっていく気がした。

寒い季節には、巣の中にチップ(敷材)をくわえて運んで、ふかふかの寝床を作った。
暑い季節には、チップをはねのけ、巣から出て少しでも暑さから逃れられるような自由な体勢で眠っていた。
動物の防衛本能を見せてくれた。

必要な時に必要なだけエサを食べ、水を飲む。
強く摑まれたら噛み付く。

自分の身は自分で守る。

生きていくとは、こういうことか・・・。

小さな小さな透明のプラスチック越しから、つぶらは、私に生きる基本を教えてくれた。

韓国からやってきた貴方を、開店したばかりのホームセンターで見つけた。
たくさんのハムスターが入っている窮屈そうなケースから、私は貴方を選んで、店員に少しも抵抗することなく取り出されて、うちにやってきた。

2年1ヵ月の間、うちで飼われて、つぶらは幸せだったかい?

私は幸せだった。

母と私2人しかいない家に元気でお茶目な小さな男の子がやってきて・・・。

さよなら、つぶら。

貴方は、この冬空の一等星に本当になってしまったのですね。」

どんなに小さな動物でも、大切に育てると立派な家族の一員です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

痩せてる事に感謝した日

痩せていることで、日ごろ同情されることもありますが、今日痩せていることで人の役に立てる出来事がありました。

職場で調理のおばさんが「ちょっと誰か身体の細い人来てくれる?」と言ったので、周りを見まわして自分しかいないので行きました。

調理場の床下は野菜などを保管してあります。

床下の奥の隅のほうにキャベツが1つ転がっていました。
本来なら、おばさんが床下の中に入り取り出せれば済むことなのですが、床下の入口の両側に重いダンボールが置いてあり、入口のスペースは、だいたい60cm×60cmくらいしかありませんでした。

私は中に入り、キャベツをとろうとしましたが、目いっぱい手を伸ばしても届きません。

おばさんから、ほうきを渡され、ほうきの柄の部分でキャベツを手前にやると、ようやく手が届きキャベツを取り出すことができました。

おばさんに「助かったわ~」と言われました。

身体が薄っぺらいことで、こんな人助けができるとは。

今日ほど自分の体型に感謝する日はありませんでした(笑)。

狭い隙間に入れるということは、地震などで崩壊した家の中に入り安否確認もできるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

主役奪われた1日

今日はブログを書く日でした。

2日おきに書くというのが今の自分に合っているペースだと思います。

自分ってつくづく嫉妬深いんだな~と思う出来事がありました。

今日は、自分より5歳若い女の子が施設にやってきました。
イラストを描くのが得意で、各地の老人施設をまわり、ボランティアでお年寄りの似顔絵を描いている方です。

お年寄りの顔の特徴をよくとらえていて、色合いもよく、かわいい上手なイラストでした。
プロ並みのイラストです。

美術系の学校を出たわけではなく、イラストを描くのが好きで、お年寄りの喜ぶ顔を見るのが励みで続けているそうです。

利用者も職員も「上手だね~」とか「先生」と呼び、もてはやしていました。
それに女の子は私よりも、お年寄りとの関わり方がうまかったです。

私たちと一緒に昼食をとっていきました。

昼食中も職員から質問攻め。

私も若いのにボランティアで無償で描くなんてすごいな~、上手いな~と感心しましたが、主役を女の子にとられてしまって寂しかったです。

職員と女の子の会話がときどき耳に入りながらも、心の中で「自分だって中学時代は美術部に所属していて1年生の時に、2年生や3年生の先輩を抑えて、地元の夏祭りのポスターコンクールで優秀賞を勝ち取ったんだよ~」と叫んでました。

喉元まで出かかったのだけれど、今日1日だけ主役の女の子だから、花を持たせてやりました。

悪く言えば嫉妬しやすい、よく言えば負けず嫌いな自分。

私はイラストでは今日の女の子には敵わないので、「短歌の女王」としてこれからも君臨していきたいと思います・・・。

今日は、昼食後、お皿洗いをしました。
小鉢やお小皿、ご飯茶碗、味噌汁のお碗、湯飲み茶碗など、180枚洗いました。

ときどきお皿洗いもします。

お湯で洗うので、私の黄金の右手がガサガサです。

でも、いい花嫁修業ができています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

鼻水を止める方法

私は一日に婦人科の薬1錠と心療内科の薬を5種類12錠飲んでいます。

常用し続けることで、人前に出ることが可能になりました。

外に出て仕事をするようになってから、もうひとつ共存する薬が増えました。

鼻炎用内服薬のプレコール持続性鼻炎カプセルLです。市販薬です。

先月の末に、お風呂に入った後、遅くまで起きていたため、湯冷めして、職場で鼻水が止まらなくなって大変な思いをしました。

化粧は落ちるし、絶えず水のような鼻水がでてきて、ティッシュで拭いているので、利用者が私を眺めています。恥ずかしかった。

朝鼻水が出ると、前回のようにならないように、神経質になってしまいプレコールを飲みます。

それが自分には効いて一日無事に過ごせます。

あとひとつ発見したことがあります。

鼻水が頻繁に出る日は、夜マスクをして寝ます。

翌朝起きると、鼻水が全くでない。念のためにプレコールを飲むと、確実に鼻水が出ることはありません。

自分の体質をよく知って日頃から健康管理するのが大切ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

最近の2つの楽しみ

小さなことでも楽しみを作るのは、生きていくのに大切なことですよね。

楽しみにしていることは、たくさんありますが、2つを紹介します。

私は単純な人間なので、ささいなことで喜びを感じます。

ひとつは、病院の帰りに好きな食べ物をテイクアウトするか、外食することです。

病院は、うちからちょっと離れた都市にあり、私の地元にはない食べ物があります。

病院の周辺のおいしい店をインターネットで調べます。

ちず丸をプリントアウトしてお店に行くことがよくあります。

病院で痛いことをされるわけでもなく、通うことは苦痛ではないのですが、病気と日々闘っている自分にご褒美を与えるために美味しいものを食べます。

もうひとつは、大切な人に手紙を書いて、返事を待つ期間が好きです。

自ら手紙を書くことで楽しみを作るのです。

これは、必ず返事をくれる人に書きます。

心をこめた手紙を書き、あの人はどんな反応をしてくれるか、返事を待つ間、いろいろと想像するのが楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

立ち眩み治まる

あんなに悩んでいた立ちくらみが10月からありません。

今年の7月~9月に立ちくらみで病院へ行ったことを連日のように書きました。

治まった原因は、デイケア施設の昼食にあるのではないかと思います。

ごはんに、野菜やお肉たっぷりの味噌汁、肉か魚の主菜、煮物、酢の物、フルーツなど、いつも4~6種類のおかずがついてきます。
余分に作った日は、おかわり自由です。

学校の給食のようで、ボリュームがあります。

私にはちょうどよく毎回おいしく食べてます。

お年寄りも多くの方が完食しています。

仕事中に立ちくらみになることは一度もありません。

物事も体調も良い方向へ向かっている気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

作品展示

短歌と詩を創るのも、続けています。

あす一日だけですが、今まで作った短歌や詩をとある場所に展示することになりました。

町の小さな会場の一角です。

100人以上の方には見ていただけると予測しています。

原文を筆で書いてほしいと言われましたが、自信がないのでワードで作成しました。

HGP行書体で打って、プリントアウト。

それを、それぞれの作品のイメージに合うような色の厚紙に貼り付けました。

まわりを折り紙で作った薔薇の花で飾りました。

本当に即席な感じです。

いつか、腕が上がってきたら、もっと、もっと多くの人に見ていただける個展でも開きたいと思います。

その時は、このブログを読んでいる方にも、ご案内します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

同じ服を着てる人

昨日、病院の帰りにユニクロに寄った。

テレビコマーシャルで流れている、プリントフリースを買うため。

職場ではお年寄りと接する時、服が汚れることがあるので、職員の皆さんはトレーナーとかパーカーとかシンプルな服装で来る。

自分もあまりファッショナブルな服を着ていくわけにもいかないので、「シンプルときたらユニクロだ!」と思って行った。

モデルの女の子が羽織っているのと同じのを買おうと思っていた。

そしたら、やっぱCMの影響か、一番売れていた。

ということは、街を歩けば、CMのモデルが羽織ったプリントフリースを着ている人に出くわす可能性がある。

「あっ、あの人も私と同じのを着ている」って。

私は、自分と着ているものが同じ人に出くわすのが、すごく嫌なので別のプリント柄を買った。

女性の人はこう思う人がけっこう多いんじゃないかと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

一ヶ月

介護の仕事についてから一ヶ月が経ちました。

利用者はみな決まった曜日に来るので顔見知りです。

慢性疾患を持っている私ですが、今のところ順調に通えてます。

健康管理に気をつけるようになったことと、常用薬を毎日飲んでいるので、症状が緩和されているのかもしれません。

毎回楽しく、人と接することで心の栄養をもらっています。

近所の方々が畑で採れたものを施設に差し入れしてくれます。

今日は、柿とキウイフルーツでした。

利用者と職員で分担して渋柿を干しました。

枝の回りのへたをとる人、皮を剥く人、紐に柿の枝を縛りつける人。

私は、紐に柿をつけました。

施設内は、干し柿製造工場のようでした。

すごい量だったので。

爪を押すと痛いです。

というわけなので、長い時間キーをたたけません。

今後の私の進路でも占おうと思いましたが、またいつか書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

紅葉狩り、力が必要

デイケア施設の職員と利用者たちと紅葉狩りに行ってきました。

外出を希望したお年寄り6人と、スタッフは私を含めて3人。

2つの車に分かれていきました。

普段から外出の機会が少ないお年寄り。

天気が良い日で、外出希望者がいれば、たまにドライブへ出かけます。

施設から車で20分ほどした山のなかに湖があり、湖岸に植えられたもみじなどの木々や、バックの山の紅葉が綺麗でした。

山が赤、黄色、茶色に紅葉していてパッチワークのようでした。

雲がほとんど見当たらない真っ青な空に燃えるように赤い紅葉が見事にマッチしてました。

今日はやたら県外ナンバーの車や観光バスが来て賑わっているなあと思ったら、祝日でしたね。

祝日なのに「今日出勤です」っていう大人に憧れていて、カッコイイなと思っていましたが、自分も今日このブログで使えて自己満足しています・・・。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

介護の仕事に少しでも携われてて思うこと。

私は、家で重いものを持つことができない母に代わって、米10キロを運んだり、灯油18リットルを運んで「自分って力あるじゃん」と思っていました。

が、介護の現場では、自分は力に関しては役立たずなこと。

2メートルほどのソファーの片側を持つ時、重さに耐え切れず、他の職員に運ぶのを代わってもらったことです。

ガリガリ体型の私には、物理的に重いものを持つのは無理なのか?と思いました。

翌日、両足が少し筋肉痛になりました(笑)。

お風呂の介助などをしているスタッフは相当力がないといけないですよね。

力では劣るけど、他の部分でスタッフを支えてカバーするとしよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »