« つぶらの死から6日 | トップページ | おじの死 »

2010年12月 8日 (水)

出会い

日曜日に私の住む町内で福祉のイベントがありました。

福祉のほうのボランティアもやっているので前々から出席することになってました。

各ボランティア団体が日頃の成果を発表するステージもあります。

サプライズとして、地元で最も有名な劇団の皆さんが登場し、南京玉簾や獅子舞踊りを披露してくれました。

その中に素敵だな~と感じる男性がいました。

舞台終了後、来賓者全員で会食をしました。

なんと、その男性が偶然私の隣に座ったんです!

挨拶から始まって、たまたま劇団の歴史に少し詳しかった私は、男性と話をしました。

笑顔で対応してくれ、とても感じの良い方でした。

話の流れを見て、私は「メール交換してもいいですか?」と聞きました。

すると、「いいですよ」と返事が。

私は持っていたメモ帳に名前とメアドと住所を書きました。

彼に渡すと、「じゃあ僕も書きます」と書いてくれたのです。

私が「あっ、電話番号書くの忘れた」といってメモ用紙をもう一度もらって書くと
「僕のも書きますね」と携帯番号まで書いてくれたのです。

彼は、プロ野球選手のダルビッシュ有さんに似ています。
(最近、世間を騒がせた方なので、別の有名人に例えようとしましたが、例えるならこの方しかいない)。

いわゆるイケメンくんですが、衣装を脱いだ私服はとても質素で、好感が持てました。

「じゃあ、是非舞台の公演も見に来てくださいね」と言われ、食べ終わった彼はその場を去り、他の劇団員と一緒に帰っていきました。

「ああ、肉食系女子が炸裂してしまった~」

家に帰って自分の行動に顔が熱くなりました。

その後、さっそくメールしてみましたが、返信はありません(笑)。

初対面だし、私より3才年下です。

それに、劇団に入ったばかりの駆け出しだそうです。

稽古に公演に慌しい毎日を送られていることでしょう。

私のほうがお姉さんだし、節度を持って接しようと思います。

役者という世界に飛び込んで必死で毎日を生きている彼の休日は、とても貴重なものだと思います。
だからお姉さんの私は、プライベートの彼を邪魔するようなことはできません。

私は、彼の一ファンとなり、舞台を見に行って楽屋に激励をしに行くくらいの関係になるのが望ましいと判断しました。

それに、私も物を書くようになって狭い地域ですが世間に名前を知られてきたし、介護の仕事に就いて2ヶ月なので、あまり軽々しいことはできないと思っています。

お互い自分のことに精進すべき立場の人間です。

なので、私の恋愛はまだまだ先になりそうです・・・。

|

« つぶらの死から6日 | トップページ | おじの死 »

コメント

こんにちは。

素敵な男性との出会いがあってよかったですね。
まあ、普通にメールのやりとりをしているだけでも、そこから恋の花咲くこともあるでしょう。あきらめないで!

投稿: kenji | 2010年12月 9日 (木) 08時08分

コメントありがとうございます。

考えれば考えるほど、弟的存在として見守るのもよいかなあと思います。

私の病気の話しもしていないし、実家が九州の方なのでハードルは多いと思います。不安もあります。

応援してくださったように、まずはメールから交友してみたいと思います。返事がなかなか来ませんが(^^;)

投稿: たかこ | 2010年12月 9日 (木) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出会い:

« つぶらの死から6日 | トップページ | おじの死 »