« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

更新が遅れる理由

このところ、休日は29歳の女性らしい日々を過ごしています。

実を言いますと、今月に入って彼氏ができました。

今まで、男の子の友達はいたのですが、相思相愛の関係で男性とお付き合いするのは初めてかもしれないです。

相手は、自分より10歳年上の素敵な容姿をした優しい方。

年齢のせいもあって、結婚をせまってきますが、私はまだ主婦になれる自信がありません。体調の問題もあるので。

楽しくお付き合いしていきたいと思います。

自分でも20代最後の夏を思いっきり楽しみたいので、ブログの更新が遅れることがあるかもしれませんが、あしからず。

デートで巡った素敵な場所(スポット)を紹介していけたらと思います。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、上田市中央2丁目交差点から、上田わっしょいの模様を中継しました。

市民1万人が参加し、今夜8時45分までお祭りは続きます。
踊りに飛び入りで参加することもできます。

大勢の市民が御みこしを担いだり、楽しそうに踊っていました。

西尾くんは、上田青年会議所の青年4人と上田わっしょいのキャラクター「わっちょいくん」、上田市長の母袋さんの7人で、「わっしょい7」を結成し、踊りを踊っていました。わっしょいの踊りは、難しくなく、誰でも踊れる振り付けだと思います。

ちなみにこの「わっしょい7」は、今夜限りの結成で、センターは上田市長です。

西尾佳の歴史コレクションは、上田わっしょいの歴史について教えてくれました。

1971年に長野びんずるを参考にしてできた。

1972年に上田わっしょいの影響を受けて、松本ぼんぼんなど県内にお祭りが広がった。「わっしょい」とは、みこしを担ぐ掛け声ではなく、みんなで楽しく掛け声をしようと名づけた、とのことです。

今週も勉強になりましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

疲れやすい

昨日は、一日中外出してました。

街を歩き回り疲れて更新できなかったのです。

朝7時に起きて、午後3時くらいに疲れのピークがきました。

これは、加齢のせいでしょうか。

ふだん運動をしないから?

それとも、病?薬の影響?

よくわかりませんが、少なくとも昔は、もっと体力があったように思います。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

27時間テレビで、長野放送の応援団長を務めました。

正直言うと、毎年、まともに見たことがなかったのですが、今年はテーマのとおり笑える場面が多かったです。

これダネの歴史コレクションは、今回は、めちゃコレとして紹介されました。

今年の見どころは、さんま、スマップが東北を笑顔にする。
矢部さんの100キロマラソン。
FNS歌へた自慢でした。

歌へたいいですね。音痴さをひけらかして、人を笑顔にする、発想が良いですね。

西尾くんも元気いっぱい盛り上げていました。

お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

胸キュンとしたヒト

私の通うデイサービスは、設立されて8年になります。

職員18人のうち、3人だけ男性がいます。

その一人、入社して5年ほどになる男性職員が今日を最後に、退職されました。

30代半ばの介護福祉士。

新たな勤務先へ移り、ケアマネージャーを勤めるそうです。

人づてに聞いた話によると、地元の進学校をでて、その後進学されたかは定かではありませんが、全く別のジャンルの仕事に就いていたそうです。

第二の人生として、介護の道に進まれたとのこと。

穏やかな人柄。真摯な仕事ぶりで、社会人の鏡のような人でした。

やはり、自ら介護の道を志し、入った人は、やる気が違います。

私が「おはようございます」というと、微笑んだ優しい瞳で「おはようございます」と私の瞳を3秒ほどとらえながら、いつも挨拶を返してくれるのでした。

仕事柄ということもありますが、いつも優しい口ぶりで、お年寄りのわがままにも応えているのでした。

そんな男性の姿に、私はいつも胸がキュンとなりました。

今日は、お赤飯を炊いて、いつもより少し豪華な昼食で、男性の門出を職員・利用者全員で祝いました。

5年もの間ほぼ毎日利用していたおばあさんが、「淋しい」と口にしました。

男性は、「じゃあ2人で写真を撮りましょうよ」とその場にいた女性職員にツーショットを注文。

名刺を取り出し、おばあさんへメッセージを書いて渡しました。

私も思わず「私も欲しい」と言いました。

「本当に!じゃあ、愛してますって書こうか?」

「ああ、いいですねえ」

男性とのやり取りを聞いていた職員が笑いました。

家庭がある方なのでメッセージはなしの名刺を受け取りました。

男性は、私の気持ちを見抜いていたのでしょうか。

別れは、淋しいですが、立派な男性職員との思い出を大切にしたいです。

新たな仕事先でも頑張って。近い場所なのでまた顔を出します・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

今年の夏、スイカ

土曜日や、日曜日は、ご存知のとおり、西尾アナ情報に精を出しています。

今日も頑張って書いたので、私の情報は(笑)短めです。

今年の夏は、熱くなりそうです。

行動範囲が広がった分、休みは友人と会うことが多くなりそうです。

今までが、インドア派だったので、たくさんの思い出を作りたいです。

20代最後の夏なのでね。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、松本市波田のスイカ畑からの中継でした。

西尾くんは、麦わら帽子をかぶり、首にタオルを巻いて、長靴姿で登場しました。
スイカの名産地を歌っていて今回も元気いっぱいでした。
スタジオから、服装を指摘されて「スイカ泥棒みたい~」と言われてましたが、カメラが移り変わり否定していましたね。

農産者のご夫婦がスイカの出荷風景を再現してくれました。

スイカのつるは長い。

つるの先を旦那さんが切って、奥さんに向かってポ~ンと投げると、見事にキャッチしました。西尾くんも挑戦してましたね。
うまくキャッチしていました。

とれたてのスイカを西尾くんが食べていて、おいしそうでした。
スイカをのこぎりのような包丁で切ると真っ赤な果実が現れました。
とれたては、歯ざわりがよく、濃厚な甘みだそうです。
品種は、まつりばやし777(スリーセブン)。

波田の昼と夜の温度差がスイカ栽培に適しているそうです。

黄色いスイカもありました。品種は、「こがね」。
味は、果実がやわらかく、甘さ控え目。

チームスイカといって、JA松本ハイランドの職員が3人で組み、よりよいスイカが育つように栽培のアドバイスをしています。これは、心強いですよね。

西尾佳の歴史コレクションでは、スイカの歴史について教えてくれました。

スイカの原産地は、南アフリカの砂漠地帯。

昭和以前は、「鉄カブト」といわれる黒いスイカが主流でした。

松本平の畑は、95パーセントがスイカ畑で占めているそうです。

今週も勉強になりました。

明日まで松本市和田のスイカ村で、2011すいか祭りを開催しています。

確か「土曜はこれダネを見たよ」というと、1800円の大玉スイカを、1000円に値引きしてくれるそうです。

P.S 今週のスーパーニュースの対応素晴らしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

大女優に遭遇

今日はブログを更新する日じゃないのですが、思わず皆さんに話をしちゃいたい出来事があったので書きます。

昨日のこと。

地元で何気なく散歩していたんです。

そしたら、犬とたわむれる見たことのある女性が。

女優の岸本加世子さんだ。

小柄で、年齢を感じさせないかわいい方。
テレビと変わらない飾らないしゃべり方をする方でした。

すごい楽しそうにワンちゃんと遊んでいるなあと思ったら、ドッグスクールに犬を預けていて、1ヵ月ぶりに愛犬と再会したそうです。

とても元気のいいシェットランドシープドッグ。

名前は、「とどろき姫子」ちゃんというそうです。

そのドッグスクールの経営者が、私のいとこの友達。

週1回のペースで、岸本さんは、東京から長野へ来ているそうです。

ドッグスクールには、北野武さんや、所ジョージさんの犬も預かっているとのこと。

こんな近くで芸能人に会えるとは・・・。

私の住む場所は、信州でもマイナーな土地だから、芸能人の穴場スポットになっているのかもしれませんね。

P.S ちなみにこの記事は、経営者ご本人もブログで上に挙げた芸能人の犬を預かっていることを公開していること、岸本さんがトーク番組で犬を預けていることを公にお話ししていたので紹介しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

金鵄祭

梅雨が明けましたね。

長野も暑い。クーラーのないうちは余計暑いとしか言葉が出てこないので、お楽しみのこのコーナーをメインにいきましょうか。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、長野市の長野高校の文化祭からの中継でした。

文化祭の名前は、金鵄祭というのですね。

長野高校は、県内でも1、2を争う進学校ですね。
その影響か中継先も男子生徒が多かったように思います。
何百人もの生徒が集まって大変盛り上がってました。

男子生徒が女装をして美しさを競い合うミスコンが今日行われ明日も開催するそうですね。そういえば・・・私の学校の文化祭でも、男子生徒が女装して登場する出し物がありましたよ。女の子はこの時期、身体は丸みを帯びてきますが、男子生徒は引き締まっていて、女子生徒よりはるかに脚線美の子がいます。

金鵄祭の目玉企画を紹介してくれました。

まずひとつは、ビデオコンテスト。

クラス単位で、30分以内のドラマを制作し、発表します。
監督、演出、脚本もクラスの代表がやっています。

3年4組は、「らぶのーと」という題名の作品。
ある生徒がノートに意中の人の名前を書くと、その人に好かれます。
確か、女子生徒が、男子生徒の名前をノートに書くと自分のことを好きになってくれるというストーリーでしたね。
だから、男子生徒の名前をノートに書けば書くほど、多くの男子生徒からもてるのです。

この時、西尾くんが女子生徒に、「ドラマじゃなくて実際に好きになることはないのですか?」と質問しましたが、「ない」と答えてました。

ほかに、侍がタイムスリップして、長野高校の生徒のもとにやってきます。
「武士道」で、現代の弱腰な青年を鍛えなおすというストーリーの作品もありました。これは、3年6組ですね。

2つ目の目玉は、校内で人気のある先生を呼び、先生の得意分野を講演してもらう企画です。

明日、数学の先生が、映画の話をしてくれるそうです。

これは、貴重な講演ですね。

西尾佳の歴史コレクションでは、長野高校の歴史について教えてくれました。

いつもこのコーナーの冒頭に西尾くんは、カメラの前に集まった人たちに、歴史コレクションのタイトルコールをお願いしています。

西尾くん「ではこのコーナーいきましょう!西尾佳の歴史コレクション、略して」

集まった人たち「歴コレ~」

というふうに。

今回も何百人もの生徒にコールしてもらいました。

長野高校は、今年創立112年。
1899年に開校しました。

甲子園に3度出場しています。

金鵄祭は、学校の象徴の鳥、(校章でしたっけ?)「金のとび」に由来しているそうです。

今回も勉強になりましたよ。

ちなみに、金鵄祭は明日も開催し、午前10時~午後15時30分まで公開しています。

P.S NBS月曜スペシャルも観ました。

佐渡のおいしいグルメをたくさん食べていて羨ましかったです。
あわびの踊り焼き、おいしそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

近所の空き巣、雑誌の付録

私の住む田舎はここ数年で都会化してきました。

商業施設の増加、アパート・マンションの建設、パチンコ店の乱立、国道の4車線化。

小学生の頃は、あたりは田んぼでしたが、見違えるようです。

うちは、町の中でも、商業施設に近く、山方の人からすると“都会”だそうです。
(都会の方から見ると全然田舎ですが・笑)

都会化にともない、パトカーや救急車の音を聞く日も多くなりました。

一昨日、このブログにもよく登場する私の行きつけの美容院に空き巣が入りました。

母の話によると、店員が出勤し、店内に入ると、窓ガラスが割られており、金庫から現金が盗まれていたそう。

うちから徒歩1分で行ける距離です。
深夜の犯行らしいのですが、私は全く気づきませんでした。

人ごとではないと思いました。
戸締りをきちんとしなくては。

犯人は、お金がありそうな家を狙うのでしょう。
その辺は、うちは築30年の家ですので、空き巣の心配は多分ありません・・・。

。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。。・。

最近の女性ファッション誌は、付録が充実しています。

気分転換のため、先月と今月つづけてファッション誌を買いました。

書店コーナーを見渡して、気に入った付録がついている雑誌を探します。

先月は、ステディ。今月は、MORE。

2つとも20代の女性がターゲットの雑誌。

今回買ったMOREの付録のトートバッグが可愛くて気に入っています。

詳しくは、こちら↓

www.s-woman.net/more/dpm/

デザインもいいし、まちが広いのでたくさん入ります。
素材も丈夫で、雨の日もぬれても心配なさそうです。

690円で、この完成度は素晴らしいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

おじいさんの願い

7月7日は七夕。

今日、勤務先のデイサービスの職員と利用者で七夕飾りをしました。

折り紙を短冊形に切って、それぞれ願い事を書きました。

お年寄りは、「自力で歩けるようになりますように」とか、「あるがまま」など余生を前向きに暮らしたい願いが多かったように感じます。

96歳になる元気なおじいさんは、職員18人全員に向けて、メッセージを短冊に託しました。

真ん中に、メッセージ、左下には、相手の氏名。とても達筆です。

今年1月に入ったばかりの30代の女性職員には、「努力あるのみ」

ある30代の男性職員には、「早く嫁さんを」

私には、どんなメッセージが書かれるんだろうと、ドキドキしていたら、
「元気に愉しく(たのしく)」と書きました。

なんか、私の中で予想していた、おじいさんのメッセージでした。

短冊を私に見せると、「もっと元気になって、皆に冗談を話せるくらい楽しくしていなさい」と仰いました。

そうだ、大正・昭和・平成と生き抜いてこられたおじいさんには、私のこともお見通しなんだ。

私は、もともと口数が多いほうではないし、どちらかというと聞き役。

たぶん、表情にもあまり変化がないかもしれない。

昼間は、薬の副作用で、頭がボ~っとしています。

所長以外、職員も、もちろんお年寄りたちにも、私が病気であること、薬を飲んでいることを知らせてません。少なくとも自分の口からは言ってません。

周りに悟られないように、振る舞っているつもりでした。

でも、私は、他の職員に比べて元気がないな~と、おじいさんは早くから気づいていたのかもしれません。

おじいさんのメッセージ肝に銘じたいものです・・・。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

☆西尾佳アナ情報

今夜のこれダネは、長野市の南長野運動公園からの中継でした。

ここは、JFLの長野パルセイロのホームグラウンド。

(今夜は、これダネの放送中に私の住む地域に大雨・洪水警報、雷注意報の気象情報が速報で出ました。なので、激しい雷にビクビクしながら見ていました)。

長野県内には、長野パルセイロと松本山雅というJFLのチームがあります。

明日の午後、両チームの試合があって、長野県民は注目しています。

中継先には、長野パルセイロのサポーターが集まっていました。監督、選手も出演しました。

西尾くんも、影響を受けて、いつも以上に気合が入っていましたね。

西尾佳の歴史コレクションでは、長野パルセイロの監督、薩川了洋さんの経歴について教えてくれました。

静岡県出身で元日本代表の名波選手と高校の同級生。

Jリーグ横浜フリューゲルス時代に、天皇杯2回優勝。

就任一年目で長野パルセイロをJFLへ昇格させた、とのことです。

とても素晴らしい監督が長野にいらしてくれましたね。

歴コレの中で、個人の経歴を紹介したのは、異例のことではないでしょうか。

これからも、好人物が登場する場合、また皆が驚くようなデータを紹介してください。

今週も勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »